2018年03月18日

本当の勇気と国家観を持たない政治家

村上誠一郎(自民党;愛媛)のことである。

マスコミが執拗にモリカケ問題で安倍総理を追及しているのに乗じて、野党だけでなく自民党内にも安倍批判をする議員が出ているが、そういう輩に正しい国家観と勇気があるとはとても思えない。

「戦後体制の超克」というブログで詳しく出ている。

【緊急拡散】村上誠一郎は、自民党を去れ!

私からすれば、「自民党を去れ!」でなく「日本を去れ!」である。いくら安倍さんと政治理念が違っていたとしても、あるいはモリカケでの政権の対応を批判したくとも、今このタイミングでこのような発言をすることが国益に適うのか、全く見えていない。韓国の大統領と同じ低レベル。しかも、仲間が疲弊している時に後方から石を投げるような卑劣さ。本当に勇気があるなら、言うのは今ではなかったハズ。

同じような奴が、石破茂である。あの男は顔が不細工で、一見すると「だから逆に誠実そう」に見えるけど、村上同様、卑怯で国家観も無い。マスコミに乗っかって巧妙に足を引っ張る姑息な男である。

どちらにも共通しているのが人相の悪さ。少なくとも、政治家の顔ではない。「男の顔は履歴書」と言うが、だとすると、どちらも碌な経歴は重ねていないと判る。とくに村上の顔は酷い。あの顔と目を信じられる有権者がいることが信じられない。まだ野党候補のほうが良かったりして・・・。

「今はそんなことでいつまでも騒いでいる時ではない」と言う野党が現れたなら国民の支持を得られそうなものだが、とにかく「安倍政権を倒す」「閣僚を辞任に追い込む」ことしか念頭にない。北朝鮮が本州を飛び越えてミサイルを発射しても「モリだ、カケだ」と騒いでいるだろう。日本国土に落ちても、か。

トランプとブタが会談して直接的なぶつかり合いが避けられたとしても、たまたまであって、日本の将来に亘る危機が回避されたワケではない。拉致被害者が帰ってくるかどうかも判らない。目の前の戦争が回避されたとしても、それだけで喜んでいる場合ではない。北が本当に核を放棄するとは思えないし。

野党は何がしたいか解かりやすいし期待もしていないからまだしも、自民党から村上や石破のような国家観を持たない姑息な政治家が出てくるのは赦せない。物事を深く考えずに「既に中韓が深く浸透して牛耳っているマスコミ」に影響されて簡単に流される国民ばかり・・・。

私は「安倍さんが最後の防波堤」くらいに思っているのだが、これから日本はどこに向かうのか・・・。

posted by poohpapa at 06:17| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする