2018年07月21日

アパートの火事

昨日、うちのと Jonathan's で遅めのランチをとっていると、携帯に電話が・・・、

見知らぬ PHS の番号である。出ると、「〇〇さんですか?」と訊かれたので、「違いますよ」と答えたのだが、「この電話は〇〇さんのお電話ではありませんか?」と重ねて訊く。〇〇、というのは私の独立前の元社長の名前。よく、古い名簿で営業電話が掛かってくるから「どうせ営業だろう、そんな古い名簿を使ってんじゃねえよ」と思ったのだが・・・、様子が変・・・。それで用件を訊いてみた。すると・・・、

「実は私、立川消防署のものですが・・・、そちらで管理している○○アパートで火災が発生しまして・・・」と言う。「それを先に言ってくれよ」くらいの話である。たぶん、古くから入っている入居者から連絡先を訊いたんだろう。ご高齢の方だと、私の名前でなく前の社長の名前で憶えていたりするもの。

「直ぐにこちらに来られますか?、間取り図なんかもあると助かるのですが・・・」と言われたので、「それだと一度店に戻ってからになりますので1時間くらいは掛かってしまいますが・・・」と答えると、「では近所に立川消防署の支署がありますので、そちらに先に来てください」とのこと。「火元はどの部屋ですか?、怪我人はいますか?」と訊くと、「火元は102号室で、本人が少し怪我をした程度です」と言う。

安堵した。直ぐに家主さんと保険会社に連絡して、アパートに向かった。先ず消防署の支署に寄り、アパートに行くと、本人は救急搬送された、と聞いていたが既に戻っていた。「火元は102号室」と聞いて、私は「まあそうだろうな・・・」と妙に納得していた。102号室、ゴミ屋敷状態である。40歳前後の独身男性の一人暮らしで、6部屋ある貸室は全て1Kなのだが、「モノが捨てられない」性分で部屋の中は段ボールの山・・・。ん?、何処かで見た光景・・・、と思っていたら、私の長男の部屋だった (おい)

「どうして火事になっちゃったの?」と訊くと、「コンロの火をつけようとしたらボーッと燃え上がっちゃって・・・」と言う。台所もユニットバスの前にもゴミや段ボールが山積みで、煙突効果で炎が一気に上がったんだろう。それより、これでどうやってトイレに入っているのかが不思議なほど。以前から玄関前のビニール傘が徐々に増えているので、「部屋の中もたいへんなことになっているだろうな・・・」と思っていたのだが、想像以上で、リアル「ゴミ屋敷」だった。しかも、他にも大問題があった。

猫を飼っているのである。そうでなくても狭い部屋にこの荷物とゴミ・・・、そして衛生状態・・・。猫にとって「良い環境」であるハズがない。ヘタしたら猫も巻き込んで焼死である。

私が、「今晩、飯、食べられる?、カネあるの?」と訊くと、しばしの沈黙の後、「1万5千円あります」と言う。「そのおカネ、今、あなたのポケットに入っているの?」と訊くと、再び沈黙した後で、「あの箱のどこかに・・・」と言う。それで「おカネは無いな」と確信した。「私はいつもカードケースに2千円だけ現金を入れていて、これを置いていくから、ちゃんと晩ご飯を食べて、水分もしっかりとりなさいよ」と言って渡すと、「後で返します」と言う・・・。「返さなくていいよ、お見舞い代わりということで」と言うと、泣きだした・・・。ま、「返さなくていい」と言って渡すのにはちょうどいい金額だと思う。

この男性は、生活苦ではあるけど家賃は常にキッチリ遅れずに振り込んでくる人である。家主さんも「このままずっといてくれるかなあ・・・」と心配していた。出ていったら次が入らないから、という計算ずくの話ではなく、「追い出されたら行く所が無い」と知っているから、である。実は、隣の101号室は家主さんが事務所として使っているから、102号室の室内がどんな状態、つまり、ゴミ屋敷になっている、とご存知である。普通なら、ボヤ騒ぎを起こしているのだから「出ていってもらってくれ」になるもの。私も、家主さんの言葉に驚いたし、話していて声が詰まってしまった。本人に家主さんの言葉を伝えると、やはり泣いていた。追い出される、と覚悟していたようで・・・。そりゃあそうだろう。

もちろん他の住人の皆さんは不安になっているだろうから、夜になって電話して、「片付けが一段落したら挨拶だけはしておいてね。それと、猫のことを一番に考えてやってください。今のままで猫が幸せだとは私には思えませんから」と伝えて、業者に依頼してゴミの片付けをすることで話が纏まった。ただし、次におカネが入るのは8月6日とのことで、「それまで待ってもらえますか?」と言うので、「それはダメ。支払いを待ってくれる業者を探すから、片付けるのは先行してやりましょう。火種が無くても自然発火することもありますから怖いんで」と言うと納得してくれた。

有り難いことに、消防署でも「今晩は1時間おきにアパートを見回ります」とのことで、なかなか行き届いている。みんな、自分の知らないところで、いろんな人の仕事や善意で「生かされている」と判る。

「生きているといろいろ嫌なことが起きるけど、負けないで頑張ろうな」と伝えた。嫌なことが起きた時に「だから人生って面白い」と考えられる人は幸せだし、「どうして私ばかりこんな目に・・・」と悲観する人は鬱になる。私は前者だが、それは、私の愚痴に辛抱強く付き合ってくださる人が周りにいっぱいいるからに他ならない。

家主さんにご報告して、昨日の仕事はそれでお仕舞い。今日は保険会社に問い合わせたり、その後の様子を見なければならない。それにしても、頭がフラフラする・・・。


別のアパートで、部屋をキレイに使ってくれてはいるがいつも家賃が数ヶ月遅れていて、その都度の連絡もなく、こちらから電話すると、悪びれることも無く「ああ来月の末には必ず」と、まるで「待ってくれるのが当たり前」のように言う男がいる。それでいて約束どおり入らないから「どうなっているんだ!?」と訊くと、「予定が狂って、入金が来月になっちゃったんで、来月末には必ず」と言う。「申し訳ない」とは言うが心が籠っていない。私もつい言葉を荒げて「アンタの『絶対間違いない』は常に信用できないんだよ」と言うのだが、笑って「いやあ、今度は間違いなく」と返す堂々巡り。家主さんと相談して事前に「最初の約束どおり振り込まれなければ退去してもらう」と決めて通告もしてあったので、入居者の要望は蹴って「出ていってくれ」と伝えた。夫婦ともに高齢で、奥さんは病弱だし、猫も飼っているから気の毒には思うが、我慢には限度がある。

支払いを(今回も)猶予したら舐められるだけ。いや、もう十分に舐められているか。

「8月中にはカネが入る」と言っていたんだから、それなら滞納家賃の清算も出来るだろう。それが出来ないなら支払期限を猶予したとしても、また約束を反故にされることになる、と後になれば判る話。

火災の男性とは全てに対照的な話であって、こういうのは「最後は人柄がモノをいう」と思う。

posted by poohpapa at 04:22| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする