2018年08月04日

エアコン修理の優先順位・・・、ちよっと怖い話 (^◇^)

今年は連日の猛暑で、「エアコンが効かない」とのクレームが立て続けに入っている。

のだが・・・、どういうワケか、そういう連絡をしてくるのは生活保護の入居者が多い。偶然なのか必然なのか・・・、管理物件数が少ない当社でも4件連絡があって、うち3件が生活保護世帯。生活保護世帯の入居率は当社の管理室数の1割くらい、なのに、エアコンのクレームは3倍、てことは、率で言えば30倍にもなる。

もちろん、エアコン付きで貸していれば貸主側に修理や交換義務があるのは当然のこと。幸い、うちの家主さんは皆さん快く「修理の依頼をして頂いて、必要があれば交換してください」と仰る。いくら寿命がきた設備であっても、安い家賃で貸していてのエアコン交換はキツイものがあるであろうに。

で、私が手配するのだが、もしメーカーのサービスを呼んで、「これはもう部品がありませんね、交換するしかないかと思いますよ」と言われたなら、何もしてなくても出張料が別に掛かる。それなら最初から交換してしまったほうが、出張料の分だけ安く上がる。なので、いつ取り付けたのかを調べて、家主さんには交換を勧めることが多い。問題は・・・、電器屋さん、である。うちがいつも頼んでいる電器屋さんは腕も良くて良心的なのだが、私同様一人でやっている。しかも、この時期は他からも依頼が入る。

当然に、入居者からすれば「暑くて寝られないから早くやってくれ」ということになるが、「急ぎでやってくれ」と言うのはこちらの勝手であって電器屋さんの事情にも配慮しなければならない。物件は多摩地区に広く存在しているから一日に2台の交換が難しかったり、入居者の都合と合わないこともある。かと言って、後々のメンテナンスなど考えると量販店など他の店には頼みたくない。家主さんも、うちの電器屋さんの技術力とサービスの良さは知っているから、だいたいがその電器屋さんを指定してくる。

ま、よそで頼んでも「では明日伺います」にはならなくて1週間、10日待ちは当たり前の状況。で、どうしても順番に交換して頂くことになるのだが・・・、電器屋さんから「どういう順番でやりますか?」と訊かれて、心の中で「ニヤリ」と笑った。優先順位は私が決められるのだから、普段からあれこれ常識外のクレームを言ってくる奴は後回し。いつも感じ良く接してくれる入居者を優先することになる。

つまり「いつもお世話になっています」と言ってくれる人が先で、「こんなのそっちでやってくれて当たり前だろ!?」という感じで感謝の気持ちの無い奴が後。「いつ来てくれんだよ、早くしてくれよ」としつこく電話してきても早くはならない。言えば言うほど遅くなる。それくらいの差をつけなければやっていられない商売。まあ、それでも1週間も掛からずに全部の交換を終えているから早いほうだとは思う。

正直、30年来の付き合いの電器屋さんは私が言えば「うちの仕事を最優先してくれる」のは判っているが、「○○コーポの203号室は最後でいいし、他からも急ぎの依頼が入っているだろうから、よその仕事を先に入れてもらって構わないよ」と伝えてある。そう言っておいても優先してくれる。

これ、まだエアコンの修理くらいの話だから「この程度の差」で済んでいるが、大災害が起きたなら「もっと大きな差」がつくことになる。公正公平に、なんて言っていられない事態になることも考えられる。入居者は、自分が「普段どんな態度で不動産屋(管理会社)と接しているか」、胸に手を当てて考えてみるといいだろう。




posted by poohpapa at 05:31| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする