2018年09月12日

半田高校創立100周年記念柊祭訪問記 (2)

新聞部の後輩たちを訪ねている間に「そこそこの時間」になったので、もしかすると校長先生をお待たせしているかも知れない、と思い、慌てて事務室に行って受付で声を掛けたら、直ぐに校長先生が校長室から出迎えに出てきてくださった。半田高校のHPでお見かけしたままのお顔である。当たり前だけど。

校長先生も半田高校のOBで、我々が21回生、校長先生が28回生、つまり、我々の7年後輩ということになる。それでかどうかは不明だが、終始「敬意」をもって接してくださった。我々が在籍していた当時は、校長は我々より40歳も年上で「校長と言えば雲の上の人、近寄りがたい存在」だったが、もう私のほうが年長だし、どの先生も腰が低くていらっしゃって、父兄と接する時とは違っているような・・・、そんな感じがした。父兄に対してとOBに対してとでは気の遣い方が違って当然だろうけど、それを抜きにしても、とても気さくなお人柄で、こちらも緊張しないで済んだのは有り難かった。

私とA君を校長室に招き入れてくださり、お忙しい中、しばし歓談。直ぐに事務職員の男性が冷たいお茶を出してくださって、それも助かった。だからどう、ということは無いのだが、新聞室の私の1年先輩が前々校長の水野君であることを伝えたり、校長先生に「21回生ということですと今の同窓会長の永田さん(元愛知県副知事)と同期ですね」とのお話が出て・・・。現役時代しっかり勉強した人はみんな「そこそこの地位に就いて活躍しているんだなあ・・・」と改めて思った。

そうだ・・・、この方が校長先生でいらっしゃるなら、20年くらい前から抱いている構想を話してみよう。同窓生のみんなが互いに恩恵に与れる話だし。近いうちにお手紙を出させて頂こう。

DSC05989.JPG
校長室で記念撮影 (澤田 哲校長と;当たり前だが向かって右が校長先生)

校長先生、 Facebook をおやりとかで、当ブログでの「顔出し」も快く承諾してくださった。

それにしても、50年前の学校祭のパンフレットを一部お送りしただけなのに私なんかの訪問をこんなふうにご丁寧に歓迎してくださるのは意外でもあり嬉しかった。やはり思い切って行って良かった。


                          続く



 悪天候で順延になっていた体育祭は本日12日(水)に開催されるようです。



posted by poohpapa at 04:46| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする