2018年09月30日

おカネ、有るところには有る、の続編

こんな記事があった。

【関西の議論】私財200億円超…日本電産創業者の永守重信氏、相次ぎ寄付する理由
株式会社 産経デジタル   2018/09/27 06:32

青森でも、ある資産家が億単位で県や町に寄付をしている話もある。ほとんどが企業でなく個人。日本はアメリカなどと違って、事業で成功して財を成した人が社会に寄付する、という話はあまり聞かない。アメリカなんかだと、大学や病院、公共施設の名前に寄付した個人名が付けられて半永久的に名前が残るようになっていたりするが、そういうのは日本ではあまり聞かない。日本人はそういうのは好まないからだろうか。

ただし、ふだん施設や社会福祉団体に寄付したりしなくても、災害が起きた際には著名人の多くが寄付しているけど。えへん、私も東日本大震災の際には月給の1.5倍くらいを義援金として送らせて頂いた。貯金の中から、でなく、消えた年金に抗議する意味で年金の支払いをとめていて、差し押さえになる直前くらいの限界まで粘って、その時が来たら一括で払えばいいか、と貯めていたカネで、そんなの支払っても受け取る年金額が千円くらい増えるだけだろうから、それなら義援金として送ったほうがカネが生きる、と判断したから。

うちのにそう話したら快く賛成してくれたから、ということもある。うちのは私以上にカネに綺麗で、そういうことで反対されたことは一度もない。返ってこないことが判っていても、である。それは嬉しい。カネに関しては私同様、「無ければ無いで生きていける」と思っているから。ま、楽天的なのだ。

で、今回は永守氏の寄付により新しく建てられる(成人式もできる)会館に氏の名前が付けられるが、ご本人は不本意だったよう。だが、年齢的に言っても、これから何かの選挙に立候補したり、事業での取引に利用したり、という意図は全く無いのだから構わないと思う。売名行為、なんて非難する奴がいたとしたら、「自分も同じように寄付してから、自分が態度で示せ」と言いたい。そんなのは僻みでしかない。

家族に対して遺す分は別に確保してあるんだろうけど、これだけいろいろ寄付をしても、永守氏のご家族は反対なさらないだろうな、と思う。ある記事で読んだが、遺産相続で揉めるケースは、ほとんど一人当たりの取り分300万以下のケースであって、億単位で遺してもらった遺族が揉めることは少ないらしい。

私も100億の案件が両手数で纏まったなら、6億のうちから立川市に3億くらいは・・・、絶対に寄付しない。1円たりとも、である。それなら隣町に寄付したほうがマシだし。

カネの使い方、カネに対する考え方、価値観なんかで、その人の本質がよく判る。大金を手にして人が変わって浪費して、アッと言う間にドン底に落ちたりすると「カネは怖い」と言われるが、本質を見抜かれる、という意味でもカネは怖い、と思う。私は「カネに汚い人間」とは付き合わない。それは親父の教えでもある。永守氏のような奇特な住民がいる自治体は幸せだが、永守氏のご家族もお幸せだろう。

クロアチアに旅行した時、聖人の巨大な銅像の足を触ると金持ちになれる(幸せになれる)と言われて、並んで触って真鍮磨きをして喜んでいたが、そんなでは永遠に永守氏の域には達しないことだろう。

posted by poohpapa at 05:41| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする