2018年10月12日

高山祭旅行記 1 「なごみ」はこんな感じ

立川駅から乗っても新宿駅から乗っても旅行代金は同じで、どうせなら少しでも長く乗っていよう、と、貧乏人根性丸出しで新宿駅から乗車した「なごみ」の様子。以前の記事のリンク先のほうが解かりやすいけど。

DSC06283.JPG
入線してきたところ、重量感、いや、威圧感がある

DSC06285.JPG

DSC06286.JPG
漆塗りのような漆黒の色合いで、鏡のようなボディは周りの景色を映し出す

DSC06288.JPG
3号車は座席が9席しかないVIP車両

DSC06299.JPG
9席のうち3席も空いていて、私は2列目の一人席。2席を一人で使っていた人も・・・

DSC06292.JPG
こちらは一車両32席の一般車両、それでも相当に豪華な作りで、1−2配列

DSC06296.JPG
網棚ではなく航空機のような頭上収納

DSC06324.JPG
清潔感溢れるトイレ、言うまでもなく、うちのトイレより立派

DSC06321.JPG
男子の小用トイレ、ドアの上半分はガラスで、使用中かどうか一目瞭然

DSC06326.JPG
洗面所

DSC06290.JPG
通路、今回は乗客が少なくて閉まっていたけど売店なのかも

DSC06306.JPG
見慣れた立川の景色だが、中央線の窓から見るのとでは一味も二味も違う

立川に停車した際、窓のスクリーン(カーテン)を上げていたら、見たこと無い列車が停まっているからか、まあ、みんな覗きこむこと覗きこむこと。わざと知らん顔していたが相当な優越感 (*^_^*)

DSC06304.JPG

座席にはテレビモニターが付いていて、運転席からの景色をずっと見ていた。運転士になった気分が味わえる。もちろん、テレビ番組もゲームも楽しめる。飛行機と違ってイヤホンは使い切りのもの。量販店に並んでいるような「箱に入ったまま」の状態で、次の人に使い回ししないようになっていたので使わずに持ち帰ってきた。「なごみ」のもの、と言っても百均で売ってるようなイヤホンだろう。

DSC06318.JPG
新宿駅で買った駅弁

予め調べておいて、売店のお姉さんに「四元豚のトンカツ弁当をください」と言ったら、「ああ、こちらですね」と言って三元豚の弁当を出してきた。いいじゃねえか、数字を一つ間違えただけなんだから (恥

DSC06319.JPG

甲府を過ぎたあたり(12時過ぎ)に食べる。冷めてしまってはいたけど、なかなか美味しかった。ただし、お茶を買うのを忘れてしまい、車内販売も自動販売機も無く、何度も喉に詰まらせて、死ぬ思いで食べた。

DSC06331.JPG
松本駅で降りて、乗ってきた車両を見たら、グリーン車の表示が・・・。

どうせなら「VIP車両」とか表示してもらいたかった (おい

ま、一度乗ったから、もうVIP席はいいかな、と思う。美味しいお菓子と一緒で、一度経験すれば満足。ずっと誰かに「乗ったことあるよ」(食べたことあるよ)と話していられるのだから。

posted by poohpapa at 05:58| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする