2018年10月23日

沢田研二のドタキャン考、芸能界の不思議

沢田研二が埼玉アリーナでの公演を「主催者側が9000人集めると言っていたのに7000人しか集まっていないから」とドタキャンした件を、いろんなワイドショーで取り上げているが、どこも沢田研二を擁護するかのような発言ばかり。私からすれば「7000人しか集まっていない」のでなく「7000人も集まってくれている」なのだが、それほどに、遠くから駆け付けてきてくださるファンもいるのにドタキャンできる神経が解からない。

7000人、と言えば、生活保護率が東京都で1位2位を争う立川市の生活保護者数(約5500人)より多い。私の高校時代の全校生徒数が1450人で、毎月曜に運動場で行われる朝礼には1400人くらいの生徒が出ていたハズで、段に上がって生徒と向き合った時に「けっこう生徒がいるもんだ」と思ったけど、そのちょうど5倍・・・、そんなにいたら圧倒される。比較する例えがおかしいだろうけど、ま、それくらい凄い数である。

だいたいが、「プロなら、たとえ観客が一人でもやれよ」と言いたい。観客の数云々、と言っているが、他人様のサイトで「沢田研二が原発反対の活動をしていて、コンサートでもやっているから会場の使用を止められた、という話もありますよ」と教えて頂いたが、それだとドタキャンになるタイミングで「使わせない」と言ったことになるから、それが原因であったとしても一番の理由はやはり観客数か。

多くのコメンテーターが「気持ちは解かる」と擁護していて、地方から来たファンも「赦せる、また頑張って」と言っていたりして、「こいつら、馬鹿か!?」と言いたくなった。誰も厳しい意見を言わないのが不思議だ。「カメラの前で正直に理由を語ったのは評価できる」などと言ってるMCもいて、「評価なんかできるかい、そんなもん!」である。こいつらみんな(何かあって)「明日は我が身かも」と心配しているのか。

これ、主催者側がコンサートのチケットを売り出して、それを購入した人がいれば、沢田研二本人も含めた主催者とチケットを購入した人との間に「契約関係」が成立している、と考えられる。やるかやらないか、は本人の気分次第、でなく「やらなければならない」もので、やらなければ契約違反、と考えるのが妥当だと思う。ドタキャンを喰らったファンが集団訴訟でも起こせばいい。ま、ファンはやらないだろうけど。

我々の業界で言えば、賃貸借の契約も済ませて契約金も支払っていて、それで貸主から「やっぱ、や〜めた。貸さないよ」と言われるようなもの。有り得ない話なのだが、芸能界ではアリということか。

昔、松竹新喜劇に藤山寛美(女優藤山直美のお父さん)という伝説の役者がいて、自分の公演の当日券を購入するために朝早くから並んでくれているファンのところに必ず出向いて、一人一人と握手してお礼を言っていたという・・・。この沢田研二のコンサートのドタキャンのニュースを見た時、うちのに「これ、沢田研二が皆の前に出ていって、一人一人に握手してお詫びを言えばいいのにね」と話した。保存してなどいないだろうけれど、藤山寛美の爪の垢でも煎じて飲め、と言いたいくらい。

「ゴメンで済めば警察は要らない」、である。元々そんなに好きな歌手ではなかったが、この件で益々嫌いになった。奥歯に物が挟まったかのように腰が引けた意見しか言わない奴らも、である。



posted by poohpapa at 07:23| Comment(10) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする