2018年10月26日

帰国できて、はたして良かったのかな・・・

3年もシリアで拘束されていたフリージャーナリストの安田純平氏が帰国した。

炎上覚悟で言うけど、私はちっとも「良かった」とは思わない。どんな思惑があっても、縁もゆかりもない他国が多額の身代金を支払ってくれる、などとは思わないから、裏があるのでは、と勘繰っているし、ヘタしたら日本が後々膨大なツケを払わされることにもなりかねないのでは、と危惧している。もしかして、密約があって、表向きはカタールが身代金を支払ったことになっているけど、出したのは日本かも。

だいたいが、紛争中の国に取材に行くなら自己責任で行けよ、と言いたい。銃を持った男二人の前に座らされて「助けてください」というパネルを持っている写真を見た時に、おそらくは身代金を払わせるために「日本語でそう書け」と強制されたんだろうけど、そうであっても、「ダメだこいつ!」、と思った。

フリーのジャーナリストにとっては極めて危険な地域に出向いて取材することは「ハイリスク・ハイリターン」で、命の危険もあるけど無事に還って来た時にはマスコミに持て囃される。某戦場カメラマンのように、似たようなことが起きればワイドショーからも常にお呼びが掛かって、自らの名声が高まる。

「こういうフリージャーナリストのお陰で紛争地帯の詳細な状況を知ることが出来るから彼らの存在は有意義」と言う人もいるけど、そして、ロイターもタス通信も共同通信も、自前でなくフリージャーナリストから情報を得ている部分があるとしても、日本人が敢えて遠く離れた紛争地帯に潜りこんで取材する必要は感じない。何か起きれば母国に多大な迷惑が掛かるし、時に野党によって政争の具に使われることになるから。

こういう記事 ↓ があって、私も全く同感。とくにフィフィの意見には強く賛同。

高須院長、安田純平さん「英雄なんかではない」 フィフィのツイートに同調

落ち着いたら、あちこちの局のワイドショーに呼ばれるだろうけど、この顔が出たら私はチャンネルを替える。どうせMCもコメンテーターもヨイショするだけだろうし、本人は永遠に「勘違い」することだろう。

あ・・・、「とくダネ!」で異彩を放つ古市憲寿氏がいたわ・・・ (^◇^)




【 補足 】 かれこれ3年ほど前のフィフィのブログの記事にこんなのがある。

この記事、以前も紹介したけど、

サウジアラビアとイラン何が起きてるの?

これは実に解かりやすい。ヘタな政治評論家やジャーナリストも顔負け、であろう。

フィフィは非常に聡明で、日本人以上に日本人だと思う。間違っても(島田紳助が言うように)駱駝の娘ではない。けっこう批判も受けているようだけど、そんなの一定数は必ずいるし、私は大好き (^^♪

posted by poohpapa at 05:44| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする