2018年11月12日

なんか、好かんなあ・・・

かの福沢諭吉は、「世の中で一番醜い事は、他人の生活を羨む事です」と言っていて、それにピッタリ当て嵌まる「貧乏人の僻み」かも知れないけど・・・、この男はなんか好きになれないなあ・・・。

人のことは言えないけど、顔に全く教養が滲み出ていないし、苦労人にも見えない。

たまたま事業が当たっただけのことで、チャラい印象しかない。

人間、ある意味、「カネの使い方(稼いだおカネをどう使うか)でその人の本質が判る」と私は思っていて、この男がこのまま事業で成功を続けていたとしても、「50歳を過ぎたら自分の職責を通して社会に恩返しする生き方をしよう」などとは考えないのではないか、と思う。wikipediaによれば、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした(公財)現代芸術振興財団の会長らしいけど、支援の対象がねえ・・・。



と・・・、ここまで書けば誰のことだか9割以上の人が判ると思うんだけど・・・、





ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの創業者である前澤友作氏、である。43歳にして総資産26億米ドル・・・。そりゃあね、女は金持ちになびくものだろうけど、この男がフリーターだったりしたら、つまり、カネが無ければ何の魅力も無さそうに思える。貧乏人の僻みじゃないよ、ほんと。

人気タレントと交際するのも宇宙旅行を企画するのも「稼いだカネを何に使おうが個人の自由」だけど、なんか生き方が美しくないんだよね。自分がスタートトゥデイの社員だったら、よほどの高給を貰わなきゃアホらしくてやってられないだろな、と思ったりして・・・。何より、ZOZOTOWNを利用しようとは思わない。それにしても、失礼ながら、衣類の通販でそんなに儲けられるものなのかねえ・・・。

自分が生きているうちに、この男が「自己破産したニュース」を見てみたい。ただし、見たいのは「破産する姿そのもの」ではなく、心から支援してくれる友人が周りに何人残っているか、なんだけど。事業に関しての才覚は有るんだろうけど、このまま死ぬまで大金持ちでいられる、なんてことは無いだろうな。

言えるのは、カネの本当の有難味も怖さも、まだ知らないんだろうな・・・、ということ。大きな挫折を経験して、そこから這い上がってきた時に、人間、ホンモノになる、と私は思う。

言うまでもなく「羨ましく思う」のと「僻む」のは全く別物、だから、僻んでないよ、ほんとだってば(滝汗)



posted by poohpapa at 05:26| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする