2018年12月12日

DHCテレビ「ニュース女子」で見覚えのあるビルが・・・

先週の水曜日は休日出勤になってしまったので、今日は2週間ぶりのお休み (^^♪


数週間前の話、DHCテレビの「ニュース女子」を録画して観ていたら、積水ハウスが地面師から55億円を騙し取られた事件を詳しく解説していて、その中で、〇〇ビルという聞き覚えのあるビルの名前が出ていた。

うちで管理している貸家の入居者が関係している企業が入っていて、私も1年ほど前に訪問したことがある。そのビル、10階建で、番組によれば「いくつかの詐欺グループが入っている」とのこと。たしかに、都心にありながら普通のオフィースビルと全体的な雰囲気が違っていて、私が訪問した企業も(詐欺グループではないけど)不思議な企業。この会社、何をやって儲けているんだろ・・・、と疑問に思った。

営業マンが朝のミーティングの後、直ちに担当地域に出向いて飛び込み訪問をしたり、電話でアポイントを取って訪問する、などという営業活動をしているようには見えない。社内に事務机が無いし。

紹介を受けて社員の部屋探しをさせてもらったのだが、相手のあることなのに、どういうワケか社長が「早く契約を完了しろ」と私をせっつく。挙句に「俺は〇〇(紹介者)と違って甘くはないぞ」と恫喝もどきの言葉。どうにか契約は完了したが、仲介業者にそんな口の利き方をするかねえ・・・、と不思議に思った。紹介者や入居する社員の方はとても腰が低くて感じ良いのだが、社長は政治家や著名人との交流もあって頗る横柄。

ただし、社員やその家族にはとても優しい表情を見せる・・・、そのギャップが怖い。社員からは慕われていそうだが、自分より下、と思える相手には頗る横柄な口の利き方をする。私とは逆、私は権力や権限を持っている相手には「馬鹿野郎!、テメエ、ふざけるな!」などという口の利き方をすることもあるが、自分がカネを払う客の立場の場合、店員に横柄な口の利き方はしない。そういうところで隠れていた真の人間性が出る。

中国の不動産売買も手掛けているようで、政治家から情報を得て動いているのか、事務所に誰も社員が常駐していなくて、一般の住居で言うところの「生活感」が無い。私が訪れた直前まで会議中だったようだけど。事務所に置いてある調度品も主に中国のもので、一般的な事務所にはそういうものは置いていないだろう。

ニュース女子を観ていて、あのビル(事務所)に入った時に感じた違和感、気持ち悪さ、というのはこういうことだったのか・・・、と思った。まるで、まだ何かの事件の被害者の霊魂がビル内を彷徨っているワケあり物件に入ったかのような・・・。不動産屋はそういうふうに鼻が利く時がある。だから怖くなる。

私は「直感」は働くが「霊感」みたいなものは無い。たまに、お客さんを案内してドアを開けて部屋に入った瞬間に「この部屋は嫌です。あそこの隅に誰かいて、こっちを見ています」などと言って怯える、なんてことがある。もちろん、私には見えないし、後で管理会社に事故物件だったかどうかを確認しても「いいえ、全くそんなことはありませんよ」と言われたりするのだが・・・、見える人には見えるようだ。

そっか・・・、不動産屋に行って「断る時にどう言っていいか分からない」という気の弱い人は、最初から「私は霊感が強いもので・・・」と言っておけば、断る時に「何か見える・・・」と言えばよいのか。そう言われたなら、不動産屋には何も見えなくても「アンタ、嘘ついてるでしょ!?」とは言えないもの。

それはともかく、霊感には縁のない私でも、そのビルに入った瞬間に「なんか気持ち悪いビルだなあ・・・」と感じた違和感(感性)は正しかったのかも知れない・・・。と、改めて怖くなった。

posted by poohpapa at 06:01| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

ノルウェーのおとぎ話なんだとか

Lufthansa ドイツ航空から、クリスマスシーズンに合わせて「さまざまな国に、さまざまなおとぎ話 – ルフトハンザよりお届けします」というメルマガが届きました。前置きに、

妖精トロールは、ノルウェーと切っても切れない関係です。何千年も前からスカンジナビアの森を闊歩していたと言われます。今では飾り物として親しまれる空想上の生き物で、ノルウェーのマスコットとも言えるでしょう。しかし、トロールはずっと人気者だったわけではありません。それを伝えるのが、今回ご紹介するスカンジナビアのクリスマス童話です。

とありまして、タイトルが「ドブレフィエルの猫」で、ノルウェーのおとぎ話と言うのですから、てっきり、「ノルウェージャン・フォレストキャットの話かな」と思っていましたが・・・、違いました。


ドブレフィエルの猫


昔むかし、ある冬のこと、フィンマルクからコペンハーゲンに向かう男がいました。男はたくましい白熊と一緒です。デンマーク王への贈り物にするつもりでした。クリスマスの夜、男は雪に覆われた山小屋に辿り着きます。そして一晩寝かせてほしいと頼みました。

山小屋の主人ハルボルはこの日、自分と家族の寝床さえないんだと答えます。毎年クリスマスイブには、乱暴なトロールたちが山小屋に押し寄せるというのです。しかし、男はそれにひるみませんでした。ハルボルを説得し、自分はベッドで、熊は暖炉の陰で寝かせてもらうことになりました。

ハルボル一家は夜に向けてトロールのために食べ物をたっぷりと並べ、それから安全な場所に隠れました。その手荒な訪問者たちは、晩餐に人間を同席させなかったのです。男と白熊は、逃げろという注意をよそに、のんびりと寝床につきました。

真夜中になる頃です。扉が激しく開き、乱暴なトロールたちがドタドタと入ってきました。夢中で食事にかぶりつき、ワイワイと騒ぎます。その一人が暖炉の陰にいる熊に気づきました。熱いソーセージを熊の鼻に突きつけ、声をかけます。「猫ちゃんよ、ソーセージが欲しいかい?」

目を覚ました熊は腹を立て、トロールたちの様子を窺いました。小さいトロールや、大きいトロール。太ったトロールや、痩せたトロール。しっぽのあるトロールもいれば、無いトロールもいます。熊は前足を高く持ち上げると、唸り声を上げてその邪魔者たちを追い払いました。これで朝まで安心です。次の日、男と熊は朝早く出発していきました。

一年後、森でハルボルが薪を割っていたときのことです。近くでトロールの声が聞こえました。「ハルボルよ、あの大きな白猫はまだいるのかい?」ハルボルはチャンスだと思い、こう答えます。「ああ、まだいるよ。子どもが7匹産まれたんだ。親猫よりも大きくて、いたずらだよ。」するとトロールは言いました。「じゃあ、二度と来るもんか。」それからというもの、ドブレフィエルのハルボルのもとにトロールが現れることはありませんでした。

              – アスビョルンセン&モーの原作の翻案


翻訳がマズイのか、あまり面白い話ではなかったですね (^◇^)

それより、こちらの話のほうに興味が湧きました。

猫は死期が近づくと姿を消すのは本当か エンジェルタイムの重要性  NEWS ポスト セブン

うちのが田舎で飼っていた数匹の猫(ほとんど野良で、家に出入りしていた)が、ある日、急に姿を見せなくなって、ずいぶん経って家を建て直す時に、床下から白骨化した猫の死骸が出てきたとか・・・。

毎日餌をくれる人にも心を許さない・・・、野良で生きていくのは大変ですね。


少し早いですけど、どうぞ良いクリスマスを♪





posted by poohpapa at 06:05| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

「 PayPay 」 騒動記

昨日の夕方、仕事を終えてビックカメラに行った。長く使っていたカメラバッグがカメラの重量に耐えきれず壊れてしまったので、下見に行ったのだが、B1に下りて、一番奥のバッグ売場に行こうとして、途中の腕時計売場で CITIZEN の腕時計のケースを覗きこんでいたら、販売員に声を掛けられた。

「今なら、付いている正札の価格から1万円引きで、なおかつポイントも1割付きます。しかも、PayPay で支払うと20%キャッシュバックがあって、40人に一人は全額タダになります。もしもソフトバンクユーザーなら確率が10人に一人、になりますよ。PayPay の登録も直ぐできます」だと・・・。

「キャッシュバックの上限額が設定されているので、今日で20%キャッシュバックは終了するのでは、と言われています」とも言う。客を煽って急かしている雰囲気では無さそう。

声を掛けてきた男性は30代半ばと思しき「とても感じが良い」販売員だったのだが、「ごめん、私はガラケーだから PayPay は利用できないと思うよ」と伝えると、「たぶん大丈夫ですよ」とのこと。

実は、欲しい腕時計がある。CITIZEN の eco-solar 電波時計「 CC4004-58E 」 ( \ 230,000 + 税 )である。 eco-solar 電波時計なら、この夏、 Casio の「GST-W300G-1A1JF」( \ 40,000 + 税 )を買ったばかりで、そこそこ気に入ってはいるのだが、文字盤の視認性が悪い。ハッキリ見えるのは白い長針と短針だけ。3つの小窓の中はデジタルになっていて文字の表示が小さい。なので、白内障のせいかも知れないが、カタログの写真のようにはハッキリ見えない。照明ボタンを押しても小窓までは灯りが届かない。それで悩んでいた・・・。

「 Casio のは誰かにあげて、買い直すか・・・」ということ。今なら、娘への貸金を返させた分があるから何とか手が届く。そもそも定価の2割引きくらいで売っていて、その正札からさらに2割と1万円のキャッシュバックがあるなら定価の4割引きくらいにはなるから、これ以上の好機は無い。

販売員も感じが良いから、これもご縁だろう、と思っていたら、販売員が「念のため、ガラケーで PayPay が登録できるか訊いてきますね」と奥に引っ込んで、直ぐに戻ってきて言うには・・・、

「すみません、私の知識不足で、ガラケーでは登録できないそうです。申し訳ありません」だと。

「だから言ったじゃねえか!」である。それで断念した。まあ、そういうご縁だったんだろう。

販売員に、「気にしなくていいよ。たぶん、それは私にとって『買うな』という天の声だったのかも」と言って、さらに「あなたは押し付けがましいところが無くて、とても感じが良い素晴らしい販売員だと思いますね」と褒めた。お世辞なんかでなく心から褒めたのだ。商談にはならなかったが、喜んでくれた。

というワケで、私が、この CITIZEN の、いや、他の eco-solar 電波時計 を買うことも、もう無いと思う。



あ、ついでに、半世紀も前に流行った曲、松山恵子の「だから言ったじゃないの」を貼っておく (^◇^)

posted by poohpapa at 06:03| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

若くて可愛くて、一芸のあるタレントは大好き

眞嶋優ちゃん、というんだ・・・、覚えておこう。AKB だの乃木坂だのに所属していないんだね。

サッカーボールを自在に操る制服女子

男子がやるのはたまに見るけど女子では珍しいかも。

他にも、乃木坂46 の生田絵梨花ちゃんなんかも凄い。実用英語技能検定2級、日本漢字能力検定準2級、実用数学技能検定3級、書道検定準7段に合格、書画展で金賞などの受賞歴があるし、クラシックバレエも習っていて、それでもって容姿端麗ときたら、世の中なんとも不公平である。

ただ「可愛いだけ」で売ってるアイドルより、芸を持っているアイドルが好き。あ・・・、


私はロリコンではないからね。この世で、成熟した女性の魅力に敵うものは無い、と思ってるからさ。


あと、タレントじゃないけど、こんなのも「凄いな」と思った。

スノボ女王が女性初の大技を見せつける

雪も、このくらいになると岩盤と同じ。バランスを崩したら怪我では済まないもの。「なんで好き好んで、こんな危険なことするかねえ」、とは思うけど、技を決めた本人はさぞかし気持ちいいんだろうね。


とまあ、本日は手抜き記事 (^^;

posted by poohpapa at 05:42| Comment(7) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

退去なさったお客様と会食

一昨日、先月末に退去なさったお客様から、「明日、お時間ありますか?」とのメール。

「午前中なら大丈夫ですよ」と返信したら、「では11時ごろ伺います」とのこと。その後で、「もしお時間が合うようなら食事でもしましょうか」と送信したが、返事がない・・・。うちのに、「もしかすると明日はお客さんとランチするかも知れないから、お昼は家にあるもので済ませることにしようか。事前に何かの連絡は入るだろうけど今のところ読めないから、1時までに戻らなければ先に食べてて」と伝えておいた。

返信してこない人ではない。「用件だけ伝えられればいい、ランチを一緒に摂るのは嫌だ」ということでもないだろう。まあ、おみえになってから考えよう」と思っていたのだが、お昼近くなっても現れない・・・。

原因は・・・、

ソフトバンクのシステム障害だった <`ヘ´>

「なんだよ、スッポかされたのかよ」と落胆していたのだが、お客さんは「ならばお昼前くらいに伺いますね」と返信をしていて、それが届いていなかったのだ。こちらとしては「11時ごろいらっしゃる」と思って待機していて、先方は「ではお昼前に」と送ったつもりでいるのだから、それは噛みあわないもの。

まあ、それでもお会いできて、ランチを楽しむことが出来たのだが、ソフトバンクのシステム障害がうちの店にまで影響してくるとは思わなかった。ま、お陰で、街の中のどこに公衆電話があるか知ることが出来た。私のauだって、いつ何時システム障害が起きないとも限らないし。それにしても近所には1ヶ所しか無かったが。

ところで、お客様は国家機密に関わる職種のキャリアウーマンで、仕事の話は一切できないから、話は(いつもとは逆に)プライベートの話になる。帰りには「今日は私が出します」と言って伝票を取ろうとする・・・。「今日は」と言っても、昨日が初めての会食だし、女性に出させるワケにはいかない。基本的に「何かの事情が無い限り女性に支払わせることはしない主義」だけど、そう言って頂けるのは嬉しい。

「今度、17日の夜勤の翌日、夜勤明けに近所のパン屋さんで焼き立てのパンを買ってお持ちしますよ」とのこと。なかなか評判のいいパン屋さんらしいから楽しみ (*^_^*)

退去はなさったが、私との付き合いは長く続くことになると思う。




posted by poohpapa at 06:38| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

元々あまり好きではない(大嫌いな)夫婦だけど

ちょっと前、12月3日の時事通信社の記事、

宮内庁次長「叱責と受け止め」=秋篠宮さまの大嘗祭発言 

率直に言って、日本には皇室というものがあったほうがいいとは思うけど、この夫婦だけは大嫌い。旦那は苦労知らずの典型的なボンボンで、女房は日本で一番腹黒くて計算高い女。全く尊敬などできない夫婦。

その旦那のほうが物議を醸す発言。私からすれば、韓国の徴用工判決なんかより気になる。

記者会見で大嘗祭への公費支出に異議を唱え、自身の考えに「(宮内庁が)聞く耳を持たなかった」と発言した。それに対して、宮内庁の西村泰彦次長は、「(宮内庁が)聞く耳を持たなかった」と発言されたことについて、「閣議で了解された事項への反対をなさっているものではなく、宮内庁に対するご叱責と受け止めている」と述べているが、きわめて大人の対応で、立場上そう言わざるを得なかっただけの話なんだろうな・・・。

今の皇太子殿下も、かつて宮内庁に対して「雅子の人格を否定するような・・・云々」という発言をなされているが、それとはワケも意味合いも違う。

大嘗祭にかかる費用はおよそ22億円と言われていて、「それは宗教的行事であって憲法違反の疑いもあるから国費でなく皇室の私的な費用から出すべき」って、オマエは左翼かよ、と言いたくなる。馬鹿な国民が喜びそうな発言だが、だいたいが私費でポンと22億円も出せるなら、皇室予算は今より遥かに抑えられるのだし、先にそっちを提案すればいい。オマエの長男が天皇になる時に、はたして同じことを言うのか、という話。

これねえ・・・、宗教がどうの憲法違反だの費用負担が、と言ってるけど、暗に(遠回しに)皇太子殿下を批判して、皇太子殿下の評価を落とそうとしているように思えてしまう。「皇室の方々も自由に意見が言えるようになったのは良いこと」と考える人もいるだろうけど・・・、私はそうは思わない。「開かれた皇室」でなくていい。

下衆な表現になるけど、私は子供の頃から「天皇も人間、切れば血も出る、屁もたれる」と思っていて、貧乏な家庭環境にある自分と比較して、幼心に「この人たち、働かなくても美味しい物をいっぱい食べられるんだろうな・・・」と僻んでいた。それは誤解なんだが、皇室は僻みの対象でしかなかった。

大人になるにつれて、ようやく「日本には皇室という存在が必要」と思うようになってきた。皇室が無ければ、日本国民は一つに纏まれないし、政治家はやりたい放題で裏金造りに邁進して国は荒廃するだろうから。ま、それは今もそうなんだけど、もっと酷くなることだろう。韓国を見ていれば判ること。

22億円・・・、国費で出して何が問題なのか。大切な国事、つまり公的行事であって、そんなことで「宗教色があ・・・」と言うなら、閣僚の靖国参拝を批判する輩となんら変わらない。

人間、苦労をして、それが身に着いてないとダメだね。もしかして、国民へのご機嫌取り??

だったら、そんなに生活費が貰える皇室から先ず自分たち一家が離脱してから言えよ。

などとまあ、言いたいことを言っていられるんだから、日本に生まれて本当に幸せである。

posted by poohpapa at 05:36| Comment(2) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

いろいろあった一日・・・

昨日は水曜日で、「毎日が定休日」のようなヒマな店の「本当の定休日」であったのだが・・・、

10時半ごろ、ある入居者さんから携帯に電話が入った。携帯に直接でなく、店に掛けてきた電話の転送のようで、「この後は店にいらっしゃいますか?」と言う。「いや、今日は定休日だから家にいるんだけど・・・」と言うと、「あ、そうか、水曜日でしたね・・・。実はこないだ話した同僚二人の部屋探しをお願いしようか、と思って・・・。私も同僚も今日やっと同じ日に休めることになったので・・・」とのこと。

そういうことだと「他の日にしてくれ」とは言えないもの。他の店に行かれる心配はないのだが、お客さんの気持ちには応えたい。それで、「じゃあ今から店に行くから来て」と伝えて店に来てもらうことにした。

お客さんと同僚の仕事は建設会社の鳶職。休みは不定期なので、私の都合に合わせて頂こうとしたら来年になってしまうだろう。相手のあることなので自分の都合だけを押し付けるワケにもいかないもの。

20分後に店に来てもらって部屋探し開始。だが、店に入ってきた同僚二人を見て驚いた。41歳、とのことだが「全く同じ顔」をしている・・・。双子だったのだ。もう5年も会社の寮に入っていたが「そろそろ出たい」とのことで、独身である兄弟が同じ部屋に住むのでなく別の部屋で暮らしたい、とのこと。二人とも独身なのに苗字が違うので、どちらかが過去に結婚したことがある、とか、両親の離婚で別々に引き取られたのかな、と思って訊くと・・・、実はこの双子の兄弟、壮絶な苦労をしていた。

3歳の時に両親に捨てられ、いろいろな経緯を辿って親族ではない別々の家に養子縁組されていたのだ。だから「親の顔は覚えていない」とのこと。鬼平犯科帳の中の小房の粂八の言葉を借りるなら、「自分の生い立ちが判らないということは、この世の中に何も無いということ」であって、離れ離れになっても兄弟が寄り添って生きてきた半生というものは、いかばかりだったであろうか。

親に捨てられた経験は無いけど、私にはその心情が痛いほど解かる。

紹介者のTさんも若い頃はやんちゃをしていて、たぶん、他の店に行って今までの素行をありのままに話したなら「絶対に部屋は借りられない」ような人。警察のお世話にもなったし背中に彫り物もある。だが、初めて来店した時にTさんの顔(眼)を見て、「この人は信用して大丈夫」と思ったから当社の管理物件に入って頂くことにした。あれから8年・・・、一度も家賃滞納やトラブルを起こしていない。だからTさんが連れてきた人なら信用する。なんでも、10年前に大阪の現場で知り合ったとか。

ま、「例の気違い」の時みたいに、相手の人格を見誤ることもあるけど、それは「お客さんのお役に立ちたい」という思いが先行していたからに他ならない。「例の気違い」のおかげで疑り深くなった (^◇^)

部屋探しは途中ランチを挟んで5時近くまで掛かったから、普段の営業日と同じようになってしまった。別々の物件に申し込みしたうちの一件は保証会社の審査が通らなかったので、私には「カードでの支払いの滞納は無い」と言っていたけど、本人も忘れている「何かの事情」があるんだろう。今日、別の保証会社に当たることになっていて、たぶんそちらもダメだと思う。その時は次善の策を考えよう。


家に帰ると、高校時代の先輩からリンゴが届いていた。私が今までの人生の中で一番お世話になった人、可愛がってくださった人、と言っても過言でない先輩である。社会人になってからもお世話になっているし。今は会社を経営していて、ロータリークラブの会長や市の教育長まで務めていた先輩である。

そして、かつてのブログ仲間さんからも地元の特産品が届いていた。私より、うちのが喜びそうな品物である。てことは・・・、酒の肴、つまみにピッタリのもの、ということで・・・(爆

超人気ブログだったからブログをお辞めになったのは寂しいけど今もお付き合いが続いているのは嬉しい。きっと、どちらかが死ぬまで続いてくれることだろう。私は、本当に「人に恵まれている」と思う。

贈り物は、「今日一日頑張ったことへのご褒美」みたいなものかも、と都合よく受け止めていたりして。

でもって、人生(あと一週間で)67年になろうかという歳になって初めての経験もした。店でトイレに入って、「あれ?、ポコチンが出せないぞ」、と思ってパンツを探ったら・・・、


後ろ前に穿いていた・・・。呆けたのかなあ、いつも気を付けて確認して穿いてんだけどなあ・・・ 💧

まあ、いろんなことがあった定休日だった (*´з`)

posted by poohpapa at 05:55| Comment(6) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

中学時代の同級生が亡くなった・・・

私も間もなく67歳になるのだから同級生が誰か亡くなったとしても何の不思議もない。我々の中学の時代は一学年381人もいて、昨年までに同窓会の万年幹事に訃報が届いているだけでも38人、ほぼ1割。所在不明で連絡が取れない同級生と「今後の連絡は不要」という同級生が併せて3割程度いるから、そのうちの1割が亡くなっているとすると、50人くらいは他界していると思われる。

先日、中学時代からの親友Mちゃんに用があって電話したら、「O君が亡くなったよ」とのこと。てっきり「だいぶ前、春とか夏に亡くなっていて最近になって喪中葉書が届いたのか」と思っていたら、亡くなったばかりで、これから葬儀とのこと。

O君は中学時代に前期の生徒会長をしていて、私とは通学路が同じだったので一緒に登校していた時期もあった。体格も良く、外観は私よりずっと丈夫そうだったけど、心臓が弱く、死因は心不全だとか。

小学校の時は一緒に鼓笛隊に入っていて、練習中にふざけて私がO君にキスをしたことがある。ブチュー、なんてもんじゃなく口の中に舌を入れてやったのだが、「気持ちわる〜」と言って倒れて相当に長い時間起き上がれなかったことがある。本当に気持ち悪かったんだと思う、私も気持ち悪かったから。私には「そういう趣味」は無かったので、あくまで「ふざけて」の話。O君との思い出と言えばその話。

家族葬で行われるとかで、同級生を代表して男子の万年幹事であるH君が参列するらしい。女子の万年幹事の I さんに「家族葬で行うということなら、ご遺族の意向を酌んで葬儀には参列しないで、後日あらためてご焼香に伺うほうがいいのでは」と提案したけど、同窓会としては「伺う」ことで話が進んでいるみたい。地域によって特有のしきたりとか風習があるだろうから、余計なことを言ってしまったかも。

それにしても、同窓会もだんだん寂しくなるなあ・・・。出席してくださる恩師も二人だけになったし。

最近はテレビのワイドショーで取り上げられる著名人の訃報が気になるようになった。「俺より若いじゃん」とか、「もう大往生だよな」とか、いろいろ考える。私もあと何年生きられることやら・・・。だが、自分の余命よりノルンの余命のほうが気になる。今年の夏ごろからか、キャットタワーにも登らなくなったし、冬でも家の中で一番寒い場所を好んでいたほどだったのに、一日中ホットカーペットの上で動かない。

一気に歳を取った感じで怖い。夜中もホットカーペットの電源は切らずにいる。昨冬までは、寒くなると、うちのの布団に入ってきていたが、今はカーペットの電源を落としておいても朝まで動かない。人間で言えば70歳を超えているから、今はノルンと過ごす一日一日が我々の宝物。

そうだ・・・、しばらく停まっていたけど、正月休みを使って終活もそろそろ再開しよう。

posted by poohpapa at 05:51| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

へ・・・、これ、誰が置いてったの??

昼飯を食べに家に帰って、店に戻ると、遠目に、店のドアの前に大きなビニール袋が見えた。

うちの商店街はコーヒーカップやカップ麺の容器、タバコの空き箱など、いろんなものがポイ捨てされている。そういうのを片付けさせられるのは大嫌いである。ま、好きな人はいないだろうけど。

ついに袋ごとの生ゴミかよ、と思って近付くと・・・、様子が違っていた。袋の中を覗きこむと、なんと、大きな大根が1本。太くて長くて、ほとんど円筒状で先細りしていない。おでんに入れても食べ切らないくらいだし、しらすおろしでも食べるか・・・、いや、待てよ、それにしても誰が置いていってくれたんだろ、と思って手掛かりを探したがメモも名刺も何も残っていない。そんなことをしてくれるのは誰なんだろ・・・、と悩んでしまった。

そうだ・・・、前日、うちのお客さんで旅仲間のMさんが、やはり旅仲間のOさんを誘って国立を散策して八百屋で買い物をした、と言ってたからMさんかも、と思って電話すると・・・、「まさかあ・・・」だと。そりゃあ重たい思いをして大根なんか届けてはくれないわなあ、そんなタマじゃないし、と納得した。

だとすると・・・、あ、いつも何かと気を遣ってくれる生活保護のお年寄りかも、と思って電話すると・・・、「私じゃないよ、私は風邪で1週間も寝込んでて外に出てないもん」とのこと。これがお菓子ならなんとなく心当たりがあるんだけど・・・、大根というのがどうもねえ・・・。店の大家さんじゃないだろうし・・・。

1週間も寝込んでいたと言うから、「食べる物は有るの?、薬は飲んでる?。声を掛けてくれたらお遣いでも何でもするから遠慮なく言ってね」と言うと、「そん時はお世話になるね」と凄く喜んでくれた。

それにしても、こういうのを訊くのは難しい。ヘタすると何か催促しているように思われかねないから。

そうこうしているうちに、3時過ぎで約束をしていた高齢のご婦人に「何時ごろ来られそうか」訊こうと思って電話したら、「さっき一度寄って、店の前に大根を置いといたよ」だと。アンタだったんかい !?

ようやく判ってスッキリしたのだが、さっきの生活保護の老婦人から電話。「これからそっちに行くから待ってて」と言う・・・。「いや、3時に約束があってもう出掛けるんで、4時ごろ私のほうから行くから」と言ったのだが、聞きはしない。「食べ物を買いにコンビニに行くから寄るよ」とのこと。風邪をうつされても辛いし、逃げたかったんだけど、勢いに押されて「じゃあ待ってるわ」と言ってしまった。

待つことしばし、大きな紙袋を持った老婦人がやってきた。袋の中身はミカンとリンゴ・・・。それだけじゃ済まなかった。夕方には「刺身を買ったから帰りに寄って」と言うので寄ると、なんと、高価な中トロが二柵も・・・。私は「何かあったら遠慮なく言ってね」と言っただけのことで、まだお役に立っていないのに。これじゃまるでノーベル平和賞である (おい

どういうワケか、(私自身も前期高齢者だが)私はお年寄りにはモテる。店の前には「立川市と武蔵村山市の生活保護受給者の方の部屋探しはしません」と、理由を添えて貼ってあるのだが、先日も生活保護の老婦人が来店して、「他の店には行かないからオタクで部屋を紹介してほしい」と頼まれてしまった。こういうの、喜んでいいのか悲しむべきか・・・、たぶん喜ぶべきなんだろうけど (はあ

それにしても、このおっきな大根、どうやって食べよ・・・。半分は「しらすおろし;私の大好物」にして、半分はうちのに鍋で使ってもらおう。あ、おでんもいいか・・・。歳を取ると、喰うことが一番の楽しみ 💧

posted by poohpapa at 04:50| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

結核に罹ったボルネオ象ふくちゃん支援プロジェクトの結果

福山市立動物園の結核にかかったゾウ「ふくちゃん」を救いたい!

短い期間に、支援者929人から、目標を大きく超える 7,487,000円の支援があったとか。私は1000万に到達するかな、と思っていたのですが、それでも第三目標の500万の1.5倍もの支援が寄せられたのですから良かったです。私自身が929人の中に入っていられて幸せです。はい、自己満足でかまいませんよ。

あとは、ふくちゃんが早く元気になってくれることを願っています。本当は、寄付とかはあまり好きではないので普段はしないのですがねえ・・・。私が寄付するのは、大規模な災害や動物絡みの時だけ。赤い羽根募金なんかは好きじゃありません。動物絡みの募金も・・・、信用はしていないのです。ちゃんと不幸な動物の為に使われるのかな、支援したことが逆効果を生まないかな、などと考えてしまって。

でも、今月の半ばにはふくちゃんのビデオレターが届くそうで、楽しみにしています。


posted by poohpapa at 07:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はあ???

文氏、日本に未来志向の協力要請 歴史問題で関係悪化回避を 共同通信社

どの口から「未来志向」なんて言葉が出るのか。「日本との歴史問題は、経済など協力可能な他の分野と切り離して対応すべき」って、未来永劫反日の姿勢を貫いて日本にイチャモンをつけ世界中に慰安婦像(売春婦像)を設置しながら「こっちが困ってる時は日本が経済援助してくれて当たり前」ってことね。ハッキリ言うけど、日本で部屋探ししている韓国人(と中国人)、まあ半分以上がその思考回路で、他の国には無い傾向。

「私はアンタのことが大嫌いだけど私が困った時はアンタは援けてくれて当たり前」って奴が周りにいたら、「うん、その時は援けてあげよう」などとは思わない。隣人とは仲良く、というのはお花畑的思考。仲良くするのは理想だけど、誰とでも、というワケにはいかないもの。当然に相手を見ての話。

私が、この糞大統領、世界の指導者の中で唯一「私より頭が悪い」と思える男である。残念なことに、「駆け引き」だけで見たら、この糞が偏差値30くらいだとすると北の金正恩は70くらい。南の大統領が糞である限り「南北が対等に統一」なんてことは有り得ない。だいたいが、そういう意味ではもう手遅れ。


で、この記事 ↓ は秀逸、いかに韓国側の主張が的外れなのかを解かりやすく解説している。

"日韓併合は違法"とする徴用工判決の奇怪 PRESIDENT Online 宇山 卓栄


それにしても、恥も外聞もなく糞大統領が「日本との歴史問題は、経済など協力可能な他の分野と切り離して対応すべき」、つまりは遠回しに支援を要請している、ということは、韓国経済は相当に困窮している、ということか。韓国に進出している企業を除き、韓国経済が破綻しても日本は何も困らない。間違っても日本は韓国を支援してはならない。どうせ感謝されることも 親日国になることもないのだから。

度々書いているけど、日本史の授業、たいていは明治維新くらいのところで時間が足りなくなって終わってしまうけど、江戸時代までの歴史は教わっても大半が「教養」でしかなく、太平洋戦争の前から現在までは「教訓」になるものだから、日本史は逆から教えていったほうが良い。日本がアジア諸国に対して、とくに中国や韓国に対して何をして何をされたか、しっかり教える必要がある。

韓国だけでなく、話を盛って世界遺産にまでされた南京事件なんかを国民や世界に向けて発信している中国みたいな国もあるし、通州事件尼港事件こそ、事実に即して国民に教えるべきこと、だと思う。それは、中国やロシアを未来永劫「恨む」ためでなく、教訓とするために、ということ。

先週、DHC テレビの「ニュース女子」で、この通州事件と尼港事件を詳しく解説していたけど、日本のマスコミがこの二つの事件を取り上げることは稀なこと。日本のマスコミは誰に気を遣っているのか、或いは侵食されているのか、政権を攻撃する時や何かで日本がミスを犯した時には声高に伝えるけど、大切なことは伝えない。だから日本人の多くは(若者でさえ)今も「日本はアジアの国々に酷いことをした」と思い込んでいる。

日本人の国民性では外交戦に勝利することはできない。もう、いい加減「お人好し外交」は止めるべき。中国の故周恩来元首相の「外交とは形を変えた戦争の継続である」という言葉は実に真理である。


posted by poohpapa at 05:43| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

クリスマスケーキ、get(^^♪

東急ストアの懸賞でクリスマスケーキが当たった。昨日、当選通知ハガキ(引換券)が届いた。

クリスマスケーキ・プレゼント・キャンペーン

東急ストア(74店舗)とプレッセ(4店舗)合計78店舗で600名に当たる、というもの。均せば1店舗あたりの当選者数は7.7人、ということなので、まあ運が良かったんだろう。

最近は、ほとんどの懸賞がネットで応募できるオープン懸賞(商品を買わなくても応募できるもの)で、昔ながらの「商品を購入してハガキに応募シールを貼ったり、今回のようにレシートを貼らなければならないもの」は圧倒的に応募数が少ないと思われる。ま、それでも数千人は応募しているだろうけど。

例年、クリスマスケーキは買ってなくて、もし25日の夕方にでも駅のコンコースを通った時に半額くらいまで値下げしてたら買ってもいいか、くらいに思っているから、うちの食卓にクリスマスケーキが乗ることはなかった。当たった、と言っても5号で直径15cm・・・、それでも夫婦二人で食べるには十分。

クリスチャンではないけど、これでクリスマスの楽しみができた。ここんとこ、嫌なことが続いていたけど少しテンションが上がった。いつも行く立川駅南口店にも連絡が入るだろうから「この店舗で何人に当たったか」訊いてみよう。サービスカウンターのスタッフの人たちもきっと自分のことのように喜んでくれると思う (^◇^)

posted by poohpapa at 05:48| Comment(4) | 懸賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

逆はマズイだろうけど、これは赦されてもいいような・・・

大卒を高卒と偽り勤務 38年でバレて懲戒免職 神戸市職員 神戸新聞

高卒なのに大卒だと偽ったなら違法行為なんだろうけど、逆ならかまわないと思うのだが・・・。

世の中に「高卒にしか出来ない仕事」ってあるんだろうか・・・。求人条件に「高卒以上」とかはよくあるけど。人件費を抑えたいとか、上司が大学を出ていなくて部下を使いづらいとか、大卒にそんな仕事をさせたら後で文句を言われそう、とか、そんな馬鹿げた理由しか考えられないんだけど、自ら高卒だと偽っているんだから大卒の給料を求めているワケでもないし・・・。本当に高卒の人が一人押し退けられたくらいの話で、役所にとっては経済的な実害も無いハズだから。

懲戒免職、ということは退職金も支払われないワケで、それほどの不法行為を犯していたとは思わない。だいたいが、当時「本当は大卒」だと見抜けなかった雇用側にも責任があるだろう。もっとも、大卒だと偽っているなら確認するのは簡単だけど、大学を出ていながら高卒と言われたら確認するのは難しいとは思うけど。

市が匿名の通報を受けて、って、こんなことをチクる奴がいるんだ・・・<`ヘ´>

同じニュースの中で、

また15年7月〜18年10月、週1、2回、市役所2号館地下の喫茶スペースで1回20分程度休憩していたとして、建設局の課長級の男性技術職員(64)と住宅都市局の係長級の男性技術職員(64)を減給10分の1(1カ月)とした。

とあるけど、「週1、2回、市役所2号館地下の喫茶スペースで1回20分程度休憩していた」から処分、て、私なんか、サボる時はもっと大胆にサボってるけどね、自営業だから。

処分された3人はいずれも再任用職員とのことだから、大卒を高卒だと偽った職員も一度退職金は受け取っているか・・・。まさか、それも「返せ」とは言わないだろうな、「明日は我が身」にならないとも限らないから。もっと追及しなくちゃならんことが他にあるだろうに・・・。神戸市役所、おかしい ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 06:57| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする