2018年12月10日

「 PayPay 」 騒動記

昨日の夕方、仕事を終えてビックカメラに行った。長く使っていたカメラバッグがカメラの重量に耐えきれず壊れてしまったので、下見に行ったのだが、B1に下りて、一番奥のバッグ売場に行こうとして、途中の腕時計売場で CITIZEN の腕時計のケースを覗きこんでいたら、販売員に声を掛けられた。

「今なら、付いている正札の価格から1万円引きで、なおかつポイントも1割付きます。しかも、PayPay で支払うと20%キャッシュバックがあって、40人に一人は全額タダになります。もしもソフトバンクユーザーなら確率が10人に一人、になりますよ。PayPay の登録も直ぐできます」だと・・・。

「キャッシュバックの上限額が設定されているので、今日で20%キャッシュバックは終了するのでは、と言われています」とも言う。客を煽って急かしている雰囲気では無さそう。

声を掛けてきた男性は30代半ばと思しき「とても感じが良い」販売員だったのだが、「ごめん、私はガラケーだから PayPay は利用できないと思うよ」と伝えると、「たぶん大丈夫ですよ」とのこと。

実は、欲しい腕時計がある。CITIZEN の eco-solar 電波時計「 CC4004-58E 」 ( \ 230,000 + 税 )である。 eco-solar 電波時計なら、この夏、 Casio の「GST-W300G-1A1JF」( \ 40,000 + 税 )を買ったばかりで、そこそこ気に入ってはいるのだが、文字盤の視認性が悪い。ハッキリ見えるのは白い長針と短針だけ。3つの小窓の中はデジタルになっていて文字の表示が小さい。なので、白内障のせいかも知れないが、カタログの写真のようにはハッキリ見えない。照明ボタンを押しても小窓までは灯りが届かない。それで悩んでいた・・・。

「 Casio のは誰かにあげて、買い直すか・・・」ということ。今なら、娘への貸金を返させた分があるから何とか手が届く。そもそも定価の2割引きくらいで売っていて、その正札からさらに2割と1万円のキャッシュバックがあるなら定価の4割引きくらいにはなるから、これ以上の好機は無い。

販売員も感じが良いから、これもご縁だろう、と思っていたら、販売員が「念のため、ガラケーで PayPay が登録できるか訊いてきますね」と奥に引っ込んで、直ぐに戻ってきて言うには・・・、

「すみません、私の知識不足で、ガラケーでは登録できないそうです。申し訳ありません」だと。

「だから言ったじゃねえか!」である。それで断念した。まあ、そういうご縁だったんだろう。

販売員に、「気にしなくていいよ。たぶん、それは私にとって『買うな』という天の声だったのかも」と言って、さらに「あなたは押し付けがましいところが無くて、とても感じが良い素晴らしい販売員だと思いますね」と褒めた。お世辞なんかでなく心から褒めたのだ。商談にはならなかったが、喜んでくれた。

というワケで、私が、この CITIZEN の、いや、他の eco-solar 電波時計 を買うことも、もう無いと思う。



あ、ついでに、半世紀も前に流行った曲、松山恵子の「だから言ったじゃないの」を貼っておく (^◇^)

posted by poohpapa at 06:03| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする