2018年12月26日

電池交換したのにフル充電しても4時間しか通話できないガラケー・・・

およそ1年前、ガラケーのバッテリーの持ち(保ち)が悪くなってきたので交換したのだが・・・、

以前のバッテリーと新しいバッテリー、最初からほとんど変わらない。前のは一度フル充電すると一週間くらいはバッテリー切れにならなかったのだが、同じように使っていても、それが1〜2日で切れてしまうようになった。交換した充電池も毎朝フル充電しているのだが、昨日、トータルで4時間くらい話しただけで夜には話している最中に「ピッ、ピッ」と警告音が鳴り、1分も経たないうちに「ピーー」と鳴って切れてしまった・・・。

強制終了は初めての体験。もっと話したかったのに・・・、これじゃ私より早漏である(おい

というか、電池交換した意味が無い。交換しても、同じように1日しかもたないのだから。今さらauショップにクレームを言いに行ってもしょうがないけど、もしかして、ワザとそうしているのかな、とさえ思う。

あと数年で今のガラケーは使えなくなるし、物理的に、スマホに替えるしかないのか・・・。趣味である「懸賞の応募」も最近は Twitter とか facebook から、というのが増えてきているし。Twitter も facebook も、当然に line もやらない私としては選択肢が狭くなっているのが辛い。スマホを持っている仲間は「凄く便利だよ」と勧めてくれるが、便利さ故に、便利さに慣れて退化していくであろう自分が怖い。

Twitter も facebook も line も、人間関係を壊すことになるリスクのほうが大きいように思うし。言いたいことがあれば、直接会って話すか、遠方にいる相手なら電話で話せばいい。

人間、多少の不便さを感じながら生きていたほうが良いように思う。カネも、使い切れないほどの資産を有しているより、ちょうど良い豊かさで生きている方がいい。「美味しんぼ」の中に出てくるが、「トンカツを食べたいな、と思った時にいつでもトンカツが食べられるくらいがちょうどいい」、と、私も思う。

さて、意地を張っていても仕方ないし、そろそろ宗旨替えするか・・・。

posted by poohpapa at 04:28| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする