2018年12月29日

ハゲオヤジ?、いえハグオヤジ、私のこと (*´з`)

昨日、いちおう年内の仕事を終えて伊勢丹に向かった。いちおう、というのは今日も店に出るから、である。当社の入居者募集物件を同業者さんが案内してくださるし、昨年退去なさったお客様が午前到着便でカレンダーをお送りくださるから。そのお客様が毎年送ってくださるのはJR東日本のカレンダー。ご主人がJRにお勤めなのだ。非売品で、とてもキレイな写真のモノ。鉄道マニア垂涎のカレンダーで、それはいつも伊勢丹のスタッフで当社のお客様でもあるNさんに差し上げている。電車が好きな年頃の息子さんがいるから (^◇^)

夕方、ワイン売り場や日本酒売り場はとても混雑していて、試飲して買おうとしている客で黒山の人だかり。私は何をしに行ったかと言うと・・・、馴染みのマネキンさんであるUさんとしばらく会えなくなりそうなので顔を見に行きがてら菊水の濁り酒をタダで飲ませてもらいに行ったのである (意地汚い 💧

私は下戸だが菊水の濁り酒は飲めるし、まあ一昨日に5本購入しているから赦してもらえるだろう。試飲用の酒は大きめのプラスチックのカップになみなみとよそってあって、そこがUさんらしいところ。気前がいい。

で、タダ酒を飲んでるだけじゃ申し訳ないので「さくら」として販売に協力。そこにやって来たのが妙齢のご婦人二人組。なんでも、東京の外れ、神奈川との境目あたりから立川のシネマシティにクイーンの極上音響の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観に来た帰りらしい。物凄い音で、感激して涙を流したとか。

とても親しみやすい人たちで、会って直ぐに20年来の親友状態。何十年も付き合っていても親友どころか友だちにもなれない人もいれば、会ってすぐに親友になれる人もいる。このお二人はそういう人。どちらも頗る人柄が良く、いろんな価値観が私とよく似ている。正直で、バリアが無いのが嬉しい。

たまたま私が試飲している傍に来て、「持って帰れるかどうか」で悩んでいたので、Uさんと一緒に「ここでしか売ってないし、今買わないともう飲めないよ」とセールストーク。私は不動産屋を辞めてもマネキンで食っていけるかも知れない。そうだ、Uさんとは私の再就職のためにもっともっと仲良くしておこう。昨日買ったフェルマータの食パン15斤は、もちろんUさんにもNさんにも差し上げている。

で、菊水の濁り酒売場にもう一人スタッフがいて、私はてっきり日本人だと思っていたら中国人。話を伺うと、さらに少しだけ韓国人の血も流れているとか・・・。私の嫌いなパターンである。Uさんも私の価値観と同じだが、Uさんが凄く可愛がっていることから「いい娘さん」だと判る。私も「この人となら国籍に関係なく付き合っていける」と思った。性格も明るくて前向きで努力家。中国人はハズレも多いが、彼女は反日では無さそう。

「このまま日本人になっちゃえば?」と言うと、「そのためには日本人男性と結婚しないと・・・。誰か紹介してください」だと。心当たりは有るから今度紹介することにした。

で、菊水の濁り酒の試飲販売は年末まで続くが、彼女は昨日でお仕舞い。6時半には上がって今日中に新幹線で新潟まで帰らなければならない。天候が大荒れで新幹線が動いているかどうか不安だったが、どうにか帰れたみたい。帰る前に名刺を頂いているから後で電話してみよう。面白いことに、彼女とはさっき知り合ったばかりだが名前は呼び捨て。そんなのも気にしない人。外国の人は親しくなれば敬称は付けないし。

「ゴルゴ13て知ってる?、そのゴルゴ13の万年筆があるんだけど、使う?」と訊くと、ゴルゴ13は知らないようだったが万年筆は使うとのことだったので1本差し上げた。お別れの前に「もうしばらく会えないね。ハグしていい?」と訊くと、「いいですよ」とのこと。遠距離恋愛かよ!?、という話である。伊勢丹の酒売場でしっかりハグ。写真も撮らせて頂いた。他のスタッフはみんな呆れていることだろう。次に顔を合わせるのが怖い。

実は、これだけで終わらなかった。前述の妙齢のご婦人の二人組ともすっかり意気投合。そのお二人とも酒売場の前で軽くハグ。私は何をやっているんだか・・・。まあ、ちゃんと商売の話もしているけどね。

そのお二人の写真がこちら、

DSCN2170.JPG
スケベったらしい顔をして肩まで抱いて・・・。この写真は顔出し掲載OKの許可を頂いている (*^_^*)

この写真を撮っている時、別の売り場にいたNさんが食パンのお礼を言いに来てくださったようで、しっかり現場を見られていたみたい。後でメールが来て判った。やばい・・・、弁明しておかなければ。弁明も何も無いか・・・、見たままが事実なんだから。私は大切なお客様を一人失ったかも。

日本酒売り場とワイン売り場の中間で、試飲のカップに入っている酒が無くなると取りに行ったりして・・・、Uさんがその様子を見ていて、空になりそうになる度に届けてくれて、その一角はもうほとんど居酒屋状態。私は凄く楽しかったけど伊勢丹のスタッフからは顰蹙をかっているかも。そんなために場所を提供しているのではないんだし。ではあるが、売り上げにも貢献してるんだから赦してもらおう (おい

閉店時間までいて、駅の改札まで見送る際、荷物は私が持たせて頂いた。荷物持ちは男の仕事だから。改札の前で「今度飲みに行こうか」という話になって、お二人が改札に入る前に再びハグ。

私と知り合えたことを「宇宙の(なんたら)」と言って凄く喜んでくださった。でも「なんたら」って言葉、何だったかなあ・・・。仕組み、いや、原理・・・、違うな・・・。と言っても、お二人とも宗教とは全く無縁だけどね。年末、たった1時間半で3人も・・・。私も、思いもしなかった素敵な出会いに感謝。

さて、中国人スタッフと併せて延べ5回のハグ・・・。私のことは今日からハグオヤジと呼んでくれ!



posted by poohpapa at 06:15| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする