2019年01月19日

いろいろあった一日・・・

昨日はハードな一日だったので、店を閉めてから、うちのと伊勢丹の試飲コーナーに行ってきた。

ワインは、今週は1080円セールなのだが、それが馬鹿にならない。20種類近いワインを試飲してみると、「この味で、なんで1080円?」というワインが何本もあった。うちのと二人で飲んだ量は・・・、

ソムリエールさん曰く、「グラスワインで4杯半くらいになりますかね」とのこと。凄い量だが、8本も購入したから赦して頂こう。今回試飲用に出しているワインの大半はソムリエールさんが自腹を切ったものとかで、それには驚いた。いくら1080円均一の安いワインと言っても、それを全て気前よくなみなみと注いで飲ませてくださるのは凄いこと。ソムリエールさん、女性ではあるが、なかなかの男前である。

実は他にも用事があった。立川で一番美味しいフェルマータというパン屋さんの食パンを12斤購入して、それを伊勢丹のスタッフや近所の家主さん、お客さんに配るのが目的で、もちろん、おカネは頂かない。フェルマータの食パンは、舌が肥えたソムリエールさんや伊勢丹のスタッフが本当に喜んでくれる。いちおう、買いに行く前に「(今回は)要りますか?」と訊くのだが、皆さん「ほしい、ほしい」と満面の笑み。あれを見ちゃうと「食べたきゃ自分で買いに行きなさい」とは言えなくなる。本当は、ただ「いい顔」をしたいだけだったりして。

それと、グロッサリーセール(お歳暮の解体セール)での買い物も目的。グロッサリーセールで買って、先に清算を済ませたヨーグルト缶飲料「L-92」も、伊勢丹のスタッフに「飲みますか?」と訊いて配ったりしていた。帰宅する時には24缶のうち残ったのは半分ほど。うちのは呆れるけど、皆さん喜んでくれているんだからいいではないか、と思う。私の思い込みではないと信じたい・・・。

グロッサリーセールではバームクーヘンも買っていて、プレーンと苺味があって、帰宅して食べてみるとどちらも美味しい。私は断然苺味がお勧め。プレーンは残りが10ケース以上あるそうだが、苺味は残りが2ケース。それで馴染みのスタッフのUさんが「店頭に並べないようにしておきますね」と笑う。私が大人買いしてあちこちに配る、とよく解かっている。仕方ない、2ケースとも引き受けて、またあちこちにバラ撒くことにしよう。

もののついでに、Uさんに「屠蘇散て、もう置いてないでしょうかね」と訊くと、他の部署に問い合わせて探してくれて7袋在庫があったのだが・・・、「全部持ってって」と籠の中に入れる・・・。「おい、押し売りじゃねえか」と文句を言ったのだが、店側からすれば全部買ってくれればキレイに片付くのだから、そりゃあそう言うか。私は本来は下戸だがお屠蘇は大好き。年末に2袋買った屠蘇散はもう使い切っていて、それで探していた。


順番が前後するが、昨日、出勤前の朝イチに、親しくしている地元のNPO法人の役員の方から電話が入って、「うちの娘が一人暮らしを始めるので部屋を探してやってもらえないか」とのことで、急遽、午前中の予定を変更して対応。お父さんとおみえになった娘さん、溜息がでるくらい「いいお嬢さん」だった。いろいろ希望条件を伺って物件を探し、27日の日曜日にまとめて案内することになった。

話し込んでしまって次の予定に被さってしまったので、この後はアタフタ。3時過ぎに、店から徒歩45分の「けやき台団地」にある法人まで徒歩で契約書を届けた。バスが行ったばかりで、待つのも辛いし。

その後に家賃の督促で入居者を訪ねた。家賃を13ヶ月も滞納して開き直っていて、出てきたのは病弱な奥様。その旦那も昨日救急車で運ばれたとか。既に退院していたが本人が出てきて対応することは無かった。

何度も支払いの約束を一方的に違えられているから「今月中に完済してもらえなければ契約解除、もう一日も待たない」と伝えてあって、奥様は「近々良いご報告が出来ると思います」とは言っていたけど、全く期待などできない。時間稼ぎにはもう付き合えない。気が重くなる仕事である。

そこから徒歩でパン屋さんに向かい、食パンを12斤も抱えてだから、帰りはさすがにバス。途中、昭和第一学園前のバス停から生徒が50人ほど乗り込んできて車内は超満員。途中で降りるのは無理なので、全部持って先に伊勢丹に向かった次第。ワインの試飲は、夕方、うちのと出直した。

いつになく忙しかったし、いろいろあったけど、概ね心地よい忙しさだった。皆さんに感謝。

posted by poohpapa at 06:21| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする