2019年01月20日

怖い誤解・・・

以前も書いたけど、生きていて何が辛いかと言えば、「空腹や貧乏なんかでなく、人から誤解を受けること」だと思う。しばらく悩んでいたけど、誤解されたままでいることは死ぬより辛いし、ハッキリさせておきたい。

この問題は放置できない。誤解が膨らんで独り歩きし始めたら恥ずかしくて生きてはいられない。


先日・・・、あまり天気が良くなかったのに、青いカバーの掛布団を一枚だけ庭に干すことになった。それはうちのの掛布団なのだが、ご近所の人からは、色柄からして、どう見ても私の掛布団だと思われるだろう。しかも晴天時に布団を全部干していたのならともかく、今にも雨が落ちてきそうな天気にその一枚だけで・・・。

ご近所の人からすれば、「はは〜ん、ご主人、尿漏れを起こしたか、それともオネショでもしたかな」と思われかねない。これじゃノルン用のペットシーツを買って帰るところなど見られたら、「いよいよ介護用の尿漏れパンツを使うようになったか」と誤解されかねないかも。うちの近所には「放送局」みたいな人は大勢いるから、そういう噂はアッと言う間に広がるもの (*´з`)

実はここ数ヶ月、ノルンの粗相がヒドくなった。同日にカーペットと畳の上で1回ずつ、そして布団の上にも1回していたりして。ノルン用のトイレは2ヶ所に用意してあって、いずれもその前でしている。トイレに辿り着くまでに我慢できなくなったのか・・・。そういう日が来るのを覚悟はしていたが辛い・・・。飼主よりノルンのほうが辛いんじゃないかな、と思う。もちろん、我々は布団の上にされても怒ったりはしない。

1年ほど前からキャットタワーにも登らなくなったし、おしっこの回数も量も増えつつある。老化は、我々が思っているより早く、確実に進んでいるんだろう。この1年、果たしてもつんだろうか・・・。

どこで粗相をしようが飼主の私を「ふーーー」などと威嚇しようが、生きていてくれればいい。

夕方、仕事から帰って、うちのに最初に訊くことは、「ノルンは大丈夫だった?」で、変わりが無ければホッとする。今はそれが日課になっている。Xデーが来る日が怖い・・・。

posted by poohpapa at 04:57| Comment(9) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする