2019年01月25日

今度はメチャウマの「ういろう」を頂いた

定休日である一昨日、先日「ベンツ」のカレンダーを送ってくださったお客様から電話があって、「竹取物語を送って頂いたから」と、名古屋の本物の「ういろう」を送って頂けることになった。たまたま上京されていて「立川か、近くまでお届けしましょうか?」と仰って頂いたのだが、先方様はお車なので、いつどこでどう手渡しするかが難しく、結局、クール便で送って頂くことになった。

私は愛知の出身なので「ういろう」と言えば「青柳ういろう」か「大須ういろう」のイメージ。ラジオから流れる「青柳ういろう」のCM、「白、黒、抹茶、あがり、珈琲、柚子、桜」というフレーズは頭に擦り込まれている。羊羹と似た形で売られているので、わりと最近まで「ういろうは羊羹の一種」だと思っていた。

「本物の・・・」と言うのにはワケがある。愛知では、「ういろう」と言えば青柳か大須で、とくに青柳のシェアは圧倒的だが、醤油で言えばキッコーマンみたいなもの。海外でも醤油の代名詞のようになっているが、水で薄めて比較してみると他と比べて味は劣ると判る。大量生産だからか、スーパーの特売で1ℓ のペットボトルのものが98円でよく売られていて、小豆島醤油などと比べると更に差は歴然。それほどに青柳や大須との違いは歴然としている。そんなの同時に食べ比べなくても判る。

お送り頂いた「ういろう」は名古屋の「御菓子司 菊屋」という小さなお店が無添加に拘って丁寧に手作りされた物。あ・・・、その菊屋さんでは「ういろう」ではなく「ういろ」と称しているみたい。

生産量が少ないからその日の午前中に売り切れてしまうそうで日持ちもしない、製造日も含めて3日目が賞味期限。てことは、水曜日に製造された物を手渡しされたとしても金曜日までに食べ終えなければならない。それが「白」「黒(黒砂糖)」「抹茶」と3本も届いた。「うわっ、賞味期限までに間に合うかな・・・」と危惧したのだが・・・、杞憂だった。一人で一度に1本でもイケるくらい美味い。大袈裟な話でなく、今まで食べてた「ういろう」は何だったのか、というくらい他のモノとは似て非なる味。うちのも、珍しく「これは美味しいね」と喜んでいた。そういう笑顔を見るのは幸せ (*^_^*)

で、「ういろう」特有のねっとりした食感なのだが意外とサッパリしているし飽きがこない。今まで知らなかった「美味しいもの」を教えて頂いて大感謝。無限ループになりそうだけど、食べ終えて直ぐに改めてお礼の電話をさせて頂いて、「また私も何か見つけたらお送りしますね」と約束した。

そういうキャッチボールは楽しい。人生を豊かにしてくれるもの、と信じている。


ところで、昨日の木曜日、朝から猛烈にテンションが下がった。そのワケは・・・、

8時少し前、インターホンが鳴る・・・。「え?、こんなに早くに宅急便?、もしかして、もう『ういろう』が届いたのかな」と思っていたらモニターに映っていたのは隣のTさんだった。出ると、「オタクが出した生ゴミ、カラスが突いているから片付けてよ」とのこと。指定された時間、指定された場所に、指定された袋に入れて出しているのだから文句を言われる筋合いも無いハズ。カラスは、餌になるものを探していたんだろうけど郵便物の封筒みたいなのを散らかしている。それを隣のオヤジが箒で集めていたので私が拾おうとしたら、「こっちはいいから、その袋を別の袋に入れ直しなさいよ」と怒って指示を出す・・・。

嫌だ!、である。細かな話だがゴミ袋は有料なんだから、もう一枚重ねて、なんてことはしたくない。家に持ち帰ってガムテープで穴を塞いで改めて出すことにした。と言っても、収集する時間帯は日によってマチマチでゴミ収集車の音を聞いて直ぐ出す、なんてことは難しいからどうしたものか、と悩むところ。

うちのも私も、朝、隣のオヤジと顔を合わせてしまったら「今日はツイてない」、と一日を占っているほど。以前も、表通りを歩いていたら、車から降りたTさんが歩行者(自転車?)と揉めていて、「私はアンタの為を思って言ってるんだよ」と大声で言っているのが聞こえた。ま、相手が左右を確認せずに飛び出して事故を起こしそうになったんだろうとは思うが、相手のほうに同情してしまった。

生きていると、嫌なこと、辛いことはたくさんある。そのほうが多いくらい。だからこそ人生は楽しい。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(10) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする