2019年01月31日

Jonathan's スマイルキャンペーン

先日、「一年に何回も無い充実した一日」で、荻窪での案内をした際に Jonathan's で食事した、と書いているが、会計を済ませたら、スタッフが籤引きの箱を出して「8枚お引きください」と言う。

「 Jonathan's スマイル キャンペーン」という企画で、利用代金1000円につき1枚引けるもの。利用代金は8千円を超えていたが、プラチナカードを持っているのでそこから5%引きになって実際に支払ったのは7600円ほど。それで「8枚どうぞ」と言ってくれるのは気が利いていて感動モノ。バーミヤンなんかでも過去に何度も同様のキャンペーンを開催していて、利用代金が2980円でも「2枚どうぞ」だから。

そういうのは厳密にやらないで四捨五入でいいと思う。100円の単位が500円に満たないで捨てる客もいるのだからそれで「とんとん」だと思うし、繰り上げてもらった客は喜んで「また来よう」になるもの。

以前も書いているが、プラチナカード・・・、60歳以上の客が会計時に提示すると代金が5%引きになるもの。聞こえはいいけど、実際は年寄りカードで、本来なら呼称は「シルバーカード」とすべきだろうけど、いくら割引きになっても「シルバーカード」だと抵抗がある。それで名称を、色が似ている「プラチナ」にしたものか。

世の中に「ゴールド」より上の「プラチナ」に値するような年寄りなど滅多にいないけどね (^◇^)

あ・・・、JRなんかも、シルバーシートの呼称をいっそのこと「プラチナシート」に替えればいいのにね。シルバーだと年寄り専用席のイメージで、妊婦の方なんかは利用しにくいんじゃないかな、と思う。

それはともかく、引いたら、中に「特賞」が入っていた。特賞は・・・、

厚切り!やわらかひれかつ膳」(税抜き1299円)が無料、というもの。他の7枚は、「和牛の旨み!豪州産プレミアムビーフ100%ハンバーグ&海老フライ <デミグラスソース>」や「タンドリーチキン&メキシカンピラフ」や、サラダ、デザートの割引券。けっこう同じ賞がダブっているが、率にすれば3割引きくらいにはなっているから使わない手はない。プラチナカードを併用すれば35%引きくらいになるし。

で、昨日、うちのと早速ランチに行ってきて特賞を始めとして、頼んだ料理とドリンクバー、全てを籤やクーポンで賄った。なので腹いっぱい食べて支払いは1400円ほど。Jonathan's にしては滅茶苦茶安い。頼んだ料理が全て籤とクーポンで、それでもってプラチナカードを出すのだから、こんな嫌な客はいないものだろう。

だから、というワケではないが、先日伊勢丹の解体セールで買ったバームクーヘン2種類をマネージャーさんに「スタッフの方がいつもとても感じ良く接してくださるので、一口ずつにしかなりませんが、ホールスタッフの方のお茶菓子の足しにしてください」とお渡しした。もの凄く恐縮されてしまった・・・。「(私が気に掛けている)Sもおりますので呼んで渡しましょうか?」と仰るが、「いえいえ、これはスタッフの皆さんで」とお伝えした。そのSさんとは「お別れ会」を考えているし。

まあ、そんなふうに気を遣う客なんて他にはいないんだろうな、とは思う。意に反して相手に気を遣わせることもあるだろうし、良くも悪くも、私は普通じゃなく「変わっているんだろうな」、と自覚している。

posted by poohpapa at 05:08| Comment(6) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする