2019年02月04日

人間、ではないけど、一昨日入った訃報

一昨日の夕方、旅仲間の茨城の歯医者さんからメールが届いた。

「うちのハッピーが、さっき4時半に亡くなりました。21歳と半年でした」とのこと。

ハッピーちゃん、ご夫妻が愛してやまなかった飼猫、である。

家に帰ってご主人の携帯に電話すると、出ない。それで奥様の携帯に電話したら出られて、ずっと泣きながら話していらっしゃった。一緒にいると、猫談議に花が咲くこともあるし、とても可愛がっておられたのが伝わってきていて、うちのノルンも今は具合が悪いから他人事ではない。

今日、荼毘に付されるようだ。お坊さんも呼んでいるとか。土曜日、亡くなる1時間ほど前から奥様がお腹をさすっていらっしゃったとか。10日くらい前までは年老いてはいたものの元気で、最後は苦しまずに眠るように亡くなったようだ。ただ、ずっと目は開けていたようで、可愛がってくれていた飼主さんのことを目に焼き付けて死んでいったものか。21歳と半年・・・、人間で言えば100歳を超えているから、ま、大往生ではある。

それにしても、土曜日の夕方亡くなって、今日が荼毘、旅仲間さんの歯科医院は日月が休みだから、昨日はハッピーちゃんのご遺体にゆっくり1日寄り添って、今日月曜に荼毘・・・、まるで飼主さんの都合まで考えてくれていたかのような亡くなり方である。利口な猫だった、と伺っているが、たしかにそうかも。

歯医者さんご夫妻、20年ちかく前に同じトルコ旅行で知り合って、トルコが20年ぶりの大雪に見舞われてスケジュールが大幅に狂って、参加者の多くが現地ガイドさんに文句を言って詰め寄っていたが、我々と歯医者さんご夫妻だけは一切の文句を言わなかった。そのトルコ旅行はそのまま終わってしまったが、のちにスペインを旅していた際に、バレンシアのデパートの入口でバッタリ会った。その後にプラド美術館でも・・・。

何も打ち合わせしていたワケでなく、日本から遠く離れたバレンシアのデパートの入口でバッタリ会う、なんてことは、時間も場所も「まさにピンポイント」で、これ以上の奇跡は無い、と思えた。

これはもう「この人たちと付き合いなさい」という天の声だと思った。それからというもの、ポルトガルにもご一緒したり、東京ディズニーランドやディズニー・シー、更には、私のクレジットカードでの特典で「クラブ33」にもご一緒している。昨年の5月には、私の「これから横浜の『みなとみらい』に遊びに行ってきます」という記事を読まれて、奥様と茨城から飛んできてくださって、一緒に観光させて頂いたりもした。

うちのが、奥様のことをいつも「日本一素敵な奥様」と言っていて、私もそう思う。もっと言うなら、「旦那は歯科医師といっても、あの旦那には勿体ない」 「美女と野獣」だと思っているほど。お医者さんの奥様でありながら控えめで、どこまでも謙虚で優しいし美人。つくずく、世の中、不公平で不条理だと思う。

それはともかく、21年も家族の一員として共に暮らしていたハッピーちゃんが亡くなったこと、さぞかしご心痛のことと思われるが、なるだけ早く普段の生活にお戻り頂けたら、と心から願っている。

うちの共々、遠く立川から茨城のハッピーちゃんのご冥福をお祈りさせて頂きたいと思う。

posted by poohpapa at 05:41| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは「無理」というもの

うちの店と自宅は徒歩3分くらい。昨日、夕方6時過ぎに店を閉め、7時に、いつものように軽い夕食を済ませて、風呂に入っている間に携帯が鳴ったようだ。うちのが「おとうちゃんがお風呂に入って直ぐ電話が鳴ってたよ」と言うので発信者を見たら、近所の連棟式の貸家に住む生活保護の老婦人・・・。

時間的に「隣の部屋の爺さんがうるさくて寝られない」というクレームじゃないだろうし、「刺身を買ってきたから来てくれ」かな、と思って「どっちにしても嫌だなあ・・・」と思いながらも電話すると、出ない・・・。しばらくして向こうから掛かってきて「渡したいものがあるんだけど、今来れる?」と言う。

用件は後者だった・・・。「いや、今お風呂から上がったばかりだし、湯冷めしちゃうからキツイわあ」と言うと、「今日中に食べてもらわないといけないんだよ、恵方巻」とのこと。いやいや、夕食も済んでるし。

そういうことなら事前に連絡を入れておいてくれると有り難い。そうすれば、夕食の支度もしないし風呂にも入らないでいたのだから。距離にすれば100mくらいのものだけど、風邪をひいたら辛いし、今日中には食べられない。そう伝えると、怒って「じゃあ、おっぽっちゃう(棄てる)しかないね」と言う・・・。

は?、それって、私の所為??

そう言えば、たしか去年も恵方巻を頂いていたような・・・。だけど、事前に連絡が無ければ「今年ももらえる」とは考えないもの。だいいち、うちには「節分に恵方巻を食べる」なんて習慣は無い。それどころか、コンビニから始まった「節分には恵方巻を食べる、という習慣の押し付け」を不快に思っているほど。

最後は老婦人も「ごめんね」とは言っていたが、「まあ、明日でもいいわ」とも言っていて、「棄てるんじゃなかったんかい!?」である。賞味期限と、縁起モノだからということで「昨晩がリミット」だったかと思うのだが、もしかして、「明日の朝取りに来て一日遅れの恵方巻を食べろ」ってこと??

この老婦人、(一方的であっても)厚意を無にすると激怒するタイプだから扱いが難しい。

今日、店に出る際に立ち寄って声を掛けたほうがいいんだろうな・・・。はあ、憂鬱・・・。


posted by poohpapa at 04:52| Comment(6) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする