2019年02月19日

2つ前の記事に、「Stettler」のリンクを貼りました

私が伊勢丹のスタッフUさんからバレンタインデーに頂いた「 Stettler 」のチョコレートのリンクを一昨日の記事に貼らせて頂きました。遠藤沙耶さ〜ん、ご覧になってくださいな (^◇^)

いちおう、こちらにもURLを貼っておきますね。

http://www.chocolaterie-stettler.com/

左側の「 Line Up 」から、一番上の「 Pave de Geneve 」をクリックしてください。

こちら では、他の生チョコも紹介しています。一番上が「 Stettler 」ですね。

https://myrecommend.jp/sweets-103/

ハリケーンさんや沙耶さんが仰るように、口どけの柔らかさは含んでいる水分の関係なんだ・・・。

高価だけど、今からでも手に入らないか探してみよう。来年、生きてないかも知れないし・・・ 💧

posted by poohpapa at 06:05| Comment(1) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日が15周年の記念日

平成16年(2004年)2月19日に当ブログを開設していますので、今日で15周年になります。長らくのお付き合いに心から感謝申し上げます。当初に知り合って今もお付き合いさせて頂いているお仲間さんや読み手さんがたくさんいてくださって本当に嬉しいですね。寂しいのは、大好きだったブログが既に閉鎖されていたりすることで、いまも毎日記事を更新なさっているのは「たなぼた」さんくらいかなあ・・・。

旅行中や体調が悪い時、気分が乗らない時は休みますが、積み重ねてきた記事数が5674話(1ヶ月平均31.5話)頂いたコメントが13956件。誹謗中傷コメントでなければ、ほぼ全部に返信しています。長く続けているので累積アクセス数も2000万を超えました。「思えば遠くに来たもんだ」、ですね。

度々書いていますが、ブログを始めたきっかけは、私が帰宅して仕事の愚痴をいつものようにうちのに話していたら、「そんなにいろいろあるならブログでも始めれば?」と勧めてくれて、うちのが私に「ブログがどんなものか」を説明するために先に猫ブログを開設して、「ブログっていうのはこういうもので、コメントも入ったりするから、それに返信したりするの」と教えてくれました。いい教育者になれそう (^◇^)

元々が文章を書くのは得意でしたからそういう手間は全く苦になりません。あとは、見ず知らずの誰かが読んでくれて意見を書き込んでくれる、それに対して返信する、というキャッチボールが何より楽しいですね。だから続けていられるんでしょうね。これね、批判ではなく、コメントが入っても全く返信していないブログもあって、「どうしてなんだろ?」と不思議に思います。勿体ないことしてるなあ、と思うのですよ。

トラックバック、最初は受けていたりしていましたが、思うところあって止めました。

思えば、素敵な出会いもたくさんありました。ブログをやってなければ出会えなかったであろう方たちともお近づきになれました。逆に、結果的に嫌な別れ方をしてしまった方たちもいます。ま、それは仕方ありません。「ナニそれ!?」と言いたくなることも度々でしたが・・・。

今から2年ちょっと前、立川支部の役員さんから「坂口社長、嫌われてますねえ。坂口社長の名前が出ると『ああ、ブログの人ね』と言う人もいますよ」と小馬鹿にされましたが、全然かまいません。後で記事にしますが、「人間、嫌われるようになって初めて世の中に役に立つもの。誰からも嫌われない人が社会に役立つ、なんてことは有り得ない」と私は確信していますので。もちろん皆から嫌われるようじゃダメですが。自分で言うのもナンですが、「私を嫌う人」より「私を支持して好きでいてくれる人」のほうが遥かに多いことでしょう。

そういう比率、中学、高校時代からあまり変わってないように思います。だいたいが、支持率100%の大統領や首相、国家主席がいたなら、そんなの「気持ち悪い」と思うのですよ。安倍総理でさえ、支持と不支持40数%で拮抗していて、それくらいでちょうどいいくらいの話じゃないでしょうか。

「ああ、ブログの人ね」と言った人、たぶん見下して言っていて、間違っても尊敬の念を抱いていてくれるとは思えませんが、何か信念をもって続けているものがあるんでしょうかね。ブログを長く続けているから偉い、なんてことはありませんが、少なくとも、私の真似は出来ないことでしょう。狭い世界ですから名前を聞けば私も「誰だか」判るでしょうけど、そんなこと言うようじゃ、どうせ碌な同業者(碌な人間)じゃないと思います。

いろいろありましたが、これからも続けてはいきたい、と思っています。ただ、20周年は迎えられるかどうか・・・。自分がそれまで生きていられるのか、ということと、不動産業界が時代の波に飲み込まれて衰退して、5年後に果たして本業が成り立っているかどうか、全く先が読めないものですから。

ともあれ、明日から16年目に突入します。今後ともどうぞ宜しくお願いします

posted by poohpapa at 05:44| Comment(14) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする