2019年03月10日

TBSの「ニンゲン観察!モニタリング」に嵌ってる (^◇^) 

息子の連れてきた結婚相手が超人気女優・土屋太鳳だったら両親は・・・

売れない芸人である息子のお母さんの人柄が素晴らしい。世に「息子を溺愛するあまり判断が常に偏る母親」は多いが、息子のことより相手の土屋太鳳を気遣っていて極めて常識人。父親は寡黙だが母親と同じ。こんな両親に育てられたら真っ直ぐ育たないワケがない。いっそ「仕掛け」でなく結婚してしまえば、と思う。


次いで、

超人気俳優福士蒼汰が店員だったら 気付く? 気付かない?

この回の、最初の客であるお姉さんの驚き方が可愛い。本当にファンなんだろうな (*^▽^*)

コメントで「うざい」とか言ってる人いるけど、ここまで喜んでくれたらタレントとしても本望だろう。まあ、私も、一口食べる前に写真とか撮らないのかな、とは思ったけど・・・。2ショット写真とかも。

他にも楽しい企画がいっぱいあって、「ニンゲン観察!モニタリング」でストレスを発散している。

こういうの観てると、うちの店に希ちゃんが変装して来てくれないかなあ・・・、と思う (来るワケない)

ここんとこ気分がドヨーンとしているので、なんか刺激が欲しいもの。もちろん楽しい刺激ね (^◇^)

posted by poohpapa at 05:13| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

風邪で苦しんでいる間の出来事と昨日のこといろいろ

昨日、午前中に府中の伊勢丹に行ってきた。府中店で京都展が開催されていて、そこに馴染みのスタッフUさんがいるから、である。Uさんに、岩手のたぁさんから送ってもらった「かもめの玉子」のイチゴ味一箱と、依頼を受けていた海老煎餅を届けに行ったのだ。海老煎餅は日持ちするが「かもめの玉子」の賞味期限は、次に立川店に派遣されるのを待っていたなら微妙・・・。Uさんは期間限定で出される「かもめの玉子」は大好きだが、私も仕事をしているので立川の近くの店舗に派遣されている時でないと届けられない。府中はギリギリの距離である。渡せなければ自分で食べるか他にバラ撒くしかない。

Uさん、「本当は府中には来たくないんだよね、悪いね」と言っていて、もしも元妻とかその家族とバッタリ会ったなら気まずいのはよく知っている。京都ポークのブースにいて、そこに京都から来ているAさんから「坂口さんにはいつもいっぱい買って頂いて・・・」と挨拶された。他のブースのスタッフも立川で見掛ける顔が多い。そんな中、「茶の菓」のマールブランシュのお姉さんから「いつも有り難うございます」と挨拶された。そのお姉さん、私のほうは見覚えが無いが向こうはしっかり覚えているようで、なんだか怖い・・・。だが、うち用に5枚入りのを2袋購入したらこっそり5枚もサービスしてくれて驚いた。こっちは意識していなくてもしっかり見られているなら、これから伊勢丹の催事場や地下を不景気な顔して歩けない。


悪質な風邪で苦しんでいる間に、母校から立派な「半田高等学校百年史」が送られてきていて、その本文中に私の名前があった。それはちょっと嬉しい。本の後ろには、その百年史の記念事業に1万円以上寄付した人の名前が載っていて、知ってる名前も何人かあった。私は同窓会の会員になっていないので要請も来ないから一銭も寄付していないのだが、それでも送られてきた。寄付をした者と制作に協力した者には無償で送ってくるらしい。たいした協力はしておらず、ただ50年前の文化祭のパンフレットを送っただけのこと。内容的には「相変わらず権威主義の気風なんだなあ・・・」と思うフシもあるが。

申し訳ないので、母校に「蜂蜜太郎」4ケース(48袋)を送らせて頂いた。その旨を母校に電話したら校長先生から丁寧なお礼の電話を頂いた。今年退官なさるとの話が出たので、事前に校長先生がお酒を飲まれるかどうかリサーチした上で、伊勢丹のソムリエールさんお勧めのワイン、2012年モノの「ボーヌ・ロマネ」をご退職祝いに送らせて頂いた。「そんなOBが一人くらいいてもいいだろう」と思うから。

私と校長先生との接点は、昨年、母校創立百周年の文化祭を見るために母校を訪問した際、校長室に温かく迎え入れてくださって歓待して頂いたことのみ。私が現役時代に校長室に入ったのは「何か問題を起こして呼び出された時」くらいのもので、OBになった今、歓迎をして頂いてとても感動した。

ところで、その立派な百年史の本は3000円を支払えば誰でも購入できるのだが、私の後輩であるM君が私に送るべく母校の事務局に申し込みをしに行ったら、校長先生から「坂口さんにはたいへんな協力を頂いていますので既にお送りしてあります」と言われたんだとか。そんなふうに言われるのも恐縮だが、後輩のM君が私に送ろうとしてくれていたのにも感激。そんなふうに気を遣ってもらえる先輩は私くらいのものだろな。

高校時代の先輩や後輩、あるいは恩師からも折に触れていろんなものを送って頂いているのは、私も相手のことを気に掛けているからに他ならないと思う。どっちがどれだけ得したとか損したとかでなく、そういうハートのキャッチボールができるのは凄く幸せなことだと思う。資産は無くても私は勝ち組なんだろう。


昨日は秋田のBさんからもお見舞いの電話を頂いた。秋田、今年は湯沢なんかのスキー場では例年通りに雪が降っているそうだが秋田市内の積雪量は凄く少なかったようだ。電話で話していたら、実に興味深い話を伺うことが出来た。去年、カマキリが草に卵を産んだ高さが地上から30cmくらいの位置。例年はもっと高い所に産んでいるとか。カマキリにとって、卵が雪に埋もれてしまうことは卵の死滅を意味するから、誰に教えられていなくても「その冬の積雪より上」に産むんだとか。そんな低い位置にカマキリが卵を産むのを見て、秋田市民は「そんなに積雪が少ないなんてことは考えられないから、どうしちゃったんだろうね」と話していたようだが、結果は、積雪はカマキリの産んだ卵より下・・・。昆虫の本能、予知能力というのは物凄い。昆虫を観察していれば気象予報士なんて要らないかも。

地球が絶滅する時に一番最後まで生き残るのは昆虫だと言われていて、それがよく解かる。


昨日は昨年の1月から15ヶ月連続して家賃を一銭も払っていない入居者が店に来た。2日前に「流し台の下が水漏れしているから直してくれ」と依頼を受けていて、たしかにそういう修繕は家主さんの義務ではあるけど、向こうは15ヶ月も家賃を支払うという義務を全く果たしていない。「やってくれないならくれないでいいんだよ。こっちでやるから」と言って出て行ったが、修理しなければそんなのまで「家賃を払わない理由」にされかねない。今までも毎月「いつ払う、絶対に間違いない」と言っていて、私が「いつも裏切られているから信用できない」と言うと、「私が間違いないと言っているんだから待ってなさいよ」と同じことを言い続けていた。奥さんが病弱だから、と家主さんも私も同情して待っていたけどもう限界。

私がこの仕事をして30年、「例の気違い」と並んで最低の客、クズである。

これじゃ病気もよくならないや・・・。


posted by poohpapa at 05:57| Comment(9) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

ちょっと変わったご縁で、とてもよいお客様に恵まれた (*^_^*)

体調は悪くても、ずっと店を閉めているワケにはいかないもの。どのみち、店に出ていても同業者さんから空室確認の電話が入るだけで、飛び込みのお客さんなど来ないから、他人様に風邪をうつすことも無い。この2週間、風邪の引き始めの最初の2〜3日は寝込んでいたが、その後は店に出ていた。

で、ほぼ体調が戻った4日の夕方、お客様を案内することになった。ワケあって当社の管理物件を当社で案内するが、申込みは同業者さんから、ということになる。その経緯はいずれ書きたいと思う。

約束の4時に時間どおりに来店した女性は、楽器ケースを背負っていた。とても感じの良い女性で、物件を見て頂くと気に入ってくださり、借りて頂くことになった。その部屋は・・・、うちの店の斜め上の部屋。そのまま家主さんに会って頂いたのでそれで審査も完了。驚いたことに、4時にご来店頂いて審査も完了して精算書を渡すと、6時には契約金が振り込まれていた。案内〜申し込み〜審査〜精算書等を渡してお帰りになる〜契約金の入金、までがたったの2時間。この仕事をして30年になるが、当然に、今までの最短記録である。

2時間でも十分に早いが、もし世間話をしていなければ1時間で完了していたと思う。

風呂無しの部屋で、今の住まいに荷物が入り切らなくなり物置代わりに借りたいとか。たまたまヴァイオリンを習っていて、下も両隣も無いから音出しも気兼ねなく出来るので練習場としても使える。

私も音楽は大好きなので、「それ、ヴァイオリン?、見せて頂いても宜しいですか?」と訊くと、快く「いいですよ」とケースから出してくださった。50年ぶりくらいにヴァイオリンに触れたが、自分が弾けない楽器は手にするのも怖い。「何か弾いて」とお願いすると一曲奏でてくれた。「タイスの瞑想曲ですね」と言うと、「そうです」とのこと。実によく響くヴァイオリンで、値段が気になったので訊くと・・・、

「130万です。でも、これでもプロからすればおもちゃだと言われています」と謙遜して仰る。とんでもない、素晴らしく良い音で鳴っていたのだから。たしかにヴァイオリンの値段はピンキリだが、高ければ「よく鳴る」とは限らない。現に、正月の特番の「芸能人 格付けチェック」でも、億の値段のストラディバリウスと50万の練習用ヴァイオリンを比べて常に皆が正解するとは限らないのだし。

「どうしてもヴァイオリンが弾きたくて5年前から始めた」とのことだが、本当にヴァイオリンという楽器が好きなのが十分に伝わってくるから聴いていてとても心地よい。そういう思いは音色に現れるもの。

うぉっほん!、クラシック音楽を1曲弾いてもらって曲名がスッと出るあたりは私もまだボケてはいないかも。「タイスの瞑想曲」は誰もが聴き覚えのある曲だろうけど曲名が出る人は少ないんじゃないかな。

で、そのお客様から「渡辺茂夫さんて、ご存知ですか?」と訊かれた。初耳である・・・。

5歳でヴァイオリンを始め、7歳でコンサートを開き、11歳で世界の名だたるオーケストラとも共演しているのだが、たまたま来日していたハイフェッツに認められ、14歳でニューヨークのジュリアード音楽院に留学することになったとか。「たられば」や「もし」が無かったなら、ジュリアード音楽院に留学していなければ、世界でも最高のヴァイオリニストになっていたのでは、と言われていたらしい。

そのあたりはお客様が教えてくれた貴重な動画を是非ご覧頂きたい。

天才バイオリニスト 神童・渡辺茂夫 
「よみがえる調べ 天才バイオリニスト 渡辺茂夫の半生を追う」1996年放送 スペースJ

(テレビ朝日「驚きももの木20世紀」の1998年5月22日放送分)

信じて頂けないかと思うが、4分34秒あたりから流れるメンデルスゾーンの Vn 協奏曲の第一楽章の音を聴いた時、私は涙が溢れてきた。それまで、この曲のベストの演奏はアイザック・スターンだと思っていたが、一瞬でひっくり返された。以前も書いているが、私は、特定のピアニストの音色の違いを聴き分ける耳を持っているし、音楽に関する感性は他人より優れていると自負している。その私が、出だしの音を聴いただけで泣いてしまったのだ。それほどの演奏家のことを知らなかったのも恥ずかしく思った。

番組の動画を観ていて、私は「もしかすると一種の人種差別で潰されたのかな」と思った。選べなかったであろうけど、師事する相手を間違ったのかな、とも・・・。世界は違うが、野茂もイチローも「基本と違う、そんなんじゃダメだ。俺の言う通りにしろ」と無理やり矯正されていたなら活躍はしていなかっただろう。

お客様が、数年前に発売された渡辺茂夫氏のCDを貸してくださるとのことなので、お借りしたらPCと3台のウオークマンに収録しよう。こんな出会いもまた、不動産屋冥利に尽きる、と思えて嬉しかった。



posted by poohpapa at 03:53| Comment(9) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

病み上がりの肩慣らし (^◇^)

先ず、コメントの返信、少しずつさせて頂きますので、あと数日のご猶予をお願いします。返信の順番が前後するかも知れませんが(多分します)、それもご容赦頂けると有り難いです。宜しくお願いします。



しんどい2週間が過ぎ、ようやく普段の体調に戻ってきたので、火曜日、久しぶりにうちのとバーミヤンでランチを摂ることに。火曜日は弱冠23歳の美人マネージャーさんがホールを担当している曜日でもあるのだが、この2週間のその前は2週続けて姿を見ていない。ということは1ヶ月もマネージャーさんにお目に掛かっていない、ということ。ま、単にシフトの関係だろうけど、いささか禁断症状気味である。

マネージャーさんがいたら、先日、岩手のたぁさんが送ってくれた「かもめの玉子」の期間限定イチゴ味をお裾分けしようと思ってポケットに入れておいたから、もしもいないと辛い。持ち歩くと潰れるから。

ちなみに、たぁさんが「どれくらい送ってくれたか」と言えば・・・、おっきな段ボールで、

DSC06855.JPG
大袖振まめ餅が3箱、隣のクーラーボックスの中は「ばっけ」(蕗の薹)

DSC06856.JPG
「かもめの玉子」期間限定のイチゴ味が8箱と猫グッズ、猫柄のトートバッグ2種

DSC06857.JPG
猫グッズはこんな感じ。たぁさんも猫を飼っているからうちのの趣味はよく解かっている

DSC06860.JPG
地元では「ばっけ」と呼ばれる蕗の薹、これを全部、直ぐに天婦羅にした

たぁさんは、「私がバラ撒く前提」でいつも多めに送ってくださる。それを相手(母子家庭の入居者さんとか)によっては箱ごと差し上げたり、バラして配ったりしていて、皆さん凄く喜んでくださる。ん・・・??、そういうのを「他人の褌で相撲を取る」っていうんだっけ・・・。ま、いいや (汗)

でもなあ・・・、この一月ちょっとで3度もこれくらいの量を送ってくれているから、カネのことを言ったら失礼だけど3万くらいは使わせているんじゃないかな、と心配になる。しかも、たぁさんは退去したお客様なんだし。


で、バーミヤンに行くと・・・、最初、マネージャーさんの姿は無かったが、途中から出てきた。

手招きしてテーブルに呼び寄せ、「これ、期間限定のかもめの玉子のイチゴ味、美味しいよ。他のスタッフに内緒ね」と言って先ず1個渡し、「これ、彼氏の分ね。持ち帰って二人で食べて」ともう1個差し出したら、「うわあ、有り難うございます」と2個目を受け取ろうとする・・・。そこで、意地悪を言ってやった。

「おい、客商売してんだから、彼氏がいても『わたし彼氏いないんです〜』と言わなきゃダメだろ!」と言うと、「だって、いるんですもん」と笑う。仕方ないから2個目も渡した。もちろん、彼氏がいるのは薄々判っていた。以前に「熱海に行ってきたので」とお土産を頂いていて、熱海なんか一人や女子会で行く所ではないだろうから、「あ、彼氏と行ったな・・・」と判った次第。むしろ、いないほうがおかしい (*^▽^*)

「我々もこの2週間は体調を崩していてこちらに伺ってなかったけど、その前の2週間もマネージャーさんのお顔を見てなかったから、もしかして産休を取ってるのかな、と思ってましたよ」と強烈なセクハラ。「違います!」と怒っていたけど、前回のミカン味同様、かもめの玉子のイチゴ味も喜んでくれた。

ところで、バーミヤンの今の「餃子フェア」のメニューをうちのが気に入っているが、13日で終了するみたい。「あと2回くらいは行きたい」と言っているので行くつもり。マネージャーさんがいてもいなくても。

posted by poohpapa at 04:53| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

明後日あたりから記事の更新を再開したいと・・・

記事の更新をしていないのに毎日訪問してくださっている読み手さんがいらっしゃって感謝しています。更新を休んでいる間にもネタは溜まっていて、昨日も素敵なお客様にお越し頂きましたので追い追い記事に。

昨晩も8時に寝て今朝は4時起き・・・、寝る時間が早くなって、すっかり爺臭くなりました💧

なんか、自分がブログを開設しているのをすっかり忘れていました。他人様のブログには訪問してコメントを入れたりしていますが。休んでいると、自分で言うのもナンですが、15年間もほぼ毎日記事を更新してコメントに返信している、ということは凄いことだと思えます。お仲間さんにも数人しかいません。

なので、私のことを(名前が出た時に)「ああ、ブログの人ね」と陰で小馬鹿にしていた同業者のオバサンに対しては、「できないだろうけど、自分でやってみてから言いなさい」と言いたいですね (^◇^)

先に、溜まっているコメントの返信からしなければ・・・、すみませんです。

posted by poohpapa at 04:19| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

いっそインフルエンザのほうが良かったかも・・・

先週の火曜日から(たぶんインフルエンザでなく)悪質な風邪で体調を崩していてブログの記事の更新も休んでいるけど、こんなに「しつこい風邪」は初めての体験。うちのにもうつったけど、もうほぼ回復している。こんななら「いっそインフルエンザだったほうが良かったかも」などと思ったりして・・・。

熱は無くほぼ平熱で推移しているけど咳が凄い。たぶん、自律神経失調症で定期検診を受けた際の病院の待合室か薬局に薬を貰いに行った時にうつされたかな、と思う。この時期、病院も薬局も行きたくないもの。不特定多数の人が行き交う駅頭やデパートよりどこより、ピンポイントで「病気の人」が来ている場所だから。

何日か仕事も休んだけど、その間にも同業者さんから申し込みが入ったり、クレームの処理をしたり、いろんな出来事があった。それは追々書いていきたい。

まあ、それにしても、「相変わらず韓国は勝手なことばっかり言ってるな・・・」と呆れる。10日も記事を書かずに休んでいると、逆にいろんなことがよく見えてきたりする。そういうのも元気になったら書こう。


ところで、うちの入居者さんで某国立病院で長く婦長(看護師長)を務められた旅仲間のMさんからメールで有益な情報を頂いた。とても参考になるのでご本人の了解の下、メールをご紹介させて頂きたい。医師ではないので診断は出来ませんがご参考までに、ということで、とても解かりやすく書いてくださった。友人の中に一人不動産屋がいると助かるもの、と思っているが、婦長さんはもっと有り難い (^◇^)


風邪(?)
治りましたか?
最近
インフルエンザではなく風邪をひいて長引いている友人や元部下からのメールが来てまして
流行っているようです

通常
38度以上の発熱など酷い症状は3日くらいで軽減しますが
その他風邪症状が完全に治るまでは1〜2週間かかることもあります

もし
38度以上の熱が1週間以上続くようなら
肺炎を起こしている可能性があるので病院へ…
 知人は2週間近く熱が続き(38度以上)
 風邪薬や解熱剤を飲み続けて熱を下げ
 無理に仕事を続け
 2週間後にとうとうふらふらになり
 救急にかかったら肺炎通り越して肺膿瘍になってました

また
辛い咳が続く場合は咳喘息の可能性もありますので
咳が続くようなら病院へ
 私の同級生がまさに今
 風邪ひいて咳喘息になり辛い咳に悩まされています
 私も咳で肋骨折ったことがありますけど…2回も!

また
風邪に続いて副鼻腔炎(これも細菌の二次感染)になってしまうこともあります
そうすると鼻汁が多くて後鼻漏(喉に流れる鼻汁)が気管に入って咳がひどくなることもあります
鼻汁が多かったり目の下が重かったり黄色い鼻汁が出るなどある場合は耳鼻科にかかった方が良いでしょう
そうでなくても鼻汁が多いのは
上気道の粘膜の炎症で過敏になっていると思われるので
気温の変化や埃や花粉や受動喫煙は避けた方が良いです
加湿はした方が良いです

以上


いずれにしても、自分で「風邪だろう」などと決めつけずに医師の診断を仰ぐのが一番なんだろな・・・。

posted by poohpapa at 05:04| 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする