2019年04月30日

やはり、最後の記事を追加

今、「とくダネ!」で、平成天皇と美智子皇后の今までの歩みを特集していて、涙が出た。

とくに、イギリスやオランダを訪問した際に「日本軍の捕虜だった我々に補償をしろ」などという抗議行動(デモ行進)があって、それを言うなら、「オマエらのほうが先ず世界中に謝罪しろよ」と言いたくなった。ただ、イギリスもオランダも中国や韓国と違って、その後はとくに抗議活動はしていない。日本の軍艦が、沈没するイギリスの軍艦の乗組員を全員救助したりもしていて、そういう情報が流れたからかな、ということもあるかも。

国家と個人は別と言っても、「オマエが言うか!?」と言いたくなる話は多いが、人間「そういうもの」だろう。完全な人間、完全な国家は無いし、望むべきも無いことだと思うから、ま、仕方ない。

私も子供の頃、日本の皇室が好きではなかった。「あいつら、何の苦労もなく、毎日美味しい物を食べているんだろな・・・」と、それだけであった。あとは、親父から「戦争で負傷した日本兵が亡くなる時に『おかあさ〜ん』と叫ぶと、上官が飛んで来て『天皇陛下万歳、はどうした(そう言え)』と言われて、『天皇陛下万歳』と言わされて死んでいった兵隊が何人もいたんだよ」と聞かされていたから、ということもある。

もちろん、今は違う。日本の皇室は世界に冠たる皇室、世界の皇室の規範である、と思っている。

こういう記事もあった。

雅子さまを支え続ける皇太子さま、これまでの歩みを振り返る NEWSポスト 2019/04/14 07:00

僭越ながら私は、現皇太子殿下こそが「男の中の男」と思っていて、殿下が令和天皇になられるのであれば日本は(国家としても皇室も)安泰だろう。ではあるが・・・、その次は解からない、と言うか、暗澹たる思い。私はその頃は生きてないだろうからどうでもいいけど、秋篠宮は夫婦ともに大嫌いだから。


うん、やはり、希ちゃん関連の記事が平成最後の記事でなくて良かった (*^_^*)

posted by poohpapa at 09:39| Comment(2) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成最後の記事は・・・、「希ちゃんのコースターを作る」 (おいおい

私がいつも自宅の机の上で使っている紙製のコースターは、6年前にドイツを旅した際にローテンブルグのレストランで使われていたもの。旅のお土産にしようと考えて、「これ、もらって帰ろかな」と現地ガイドさんに言ったら、「ちょっと待ってて」と言ってカウンターに行き、何枚か新しいのをもらってきてくださったもの。それをずっと大事に使っていたのだが・・・、どうも気に入らない部分がある。

ブロンドの天使が微笑みかけていて、構図としては最高だが、よく見ると・・・、顔が怖い (*´з`)

DSC07090.JPG
元々のコースター (いわゆる巨乳だけど垂れ気味のような・・・)

それで、ふと、あることに気が付いた。街の「KA・RA・DA factory 」(カラダファクトリー)という整体院がポケットティッシュを配っていて、その中に入っているミニチラシの佐々木希ちゃんの上半身の写真が元々の天使の写真とほぼ同サイズなのだ。だったら、希ちゃんの写真を切り抜いて上から貼ればいいのでは、と考えた。まあね、こんなの67歳のジジイが思いつくような話ではないのだが (^◇^)

それで作ったのが、こちら、

DSC07093.JPG
大きさは、ほぼ合っている

切り抜いた希ちゃんの写真を幅広な透明テープ(ガムテープみたいなもの)で貼っただけ。

二つ並べると、

DSC07094.JPG
贔屓目でなく、どう見ても希ちゃんのほうが可愛いし、まさに天使 ♪

最初に加工したのは切り方が雑で輪郭が合ってなかったから、もう一枚作り直した (典型的なA型)

DSC07095.JPG
未使用のコースターに貼ったのでキレイだし、眺めているだけで癒される (*^_^*)


ちなみに以前も記事にしたけど、これ は私の机の前。右下には、その KA・RA・DA factory の希ちゃんのA4クリアファイルが飾ってある。「今日もお疲れさま。明日もいいこと ありますように」とあって、眺めていると嫌な出来事も吹っ飛ぶ。他は、希ちゃんの直筆サイン入りポスター、ゴルゴ13の原作者さいとうたかを氏の直筆サイン入りの絵 (30枚限定で、うち2枚を私が所有)、それに手塚治虫氏直筆の色紙、それと、3年前に行って自分でデジイチで撮ったマチュピチュの写真。左下の希ちゃんの小さな写真は一番のお気に入り。

DSC07100.JPG


で、私の10連休はコレでお仕舞い。あとは・・・、A4の紙に「令和」をいっぱい印刷して店のいろんな書類の「平成」の文字の上に貼り付けたりとか・・・。けっこう面倒臭そう。既に作ってしまってある書類の「平成」に横線を引いて修正印を押して「令和」と書き換えると書類が汚くなるからしたくないし。

昨日も一昨日も、ヒマだった・・・。みんな旅行や里帰りしてるんだろうな・・・。とにかく、事故なく元の場所に帰ってきてくれることを祈りたい。それは、僻みや嫌味でなく、心からそう思う。


昨日、4月29日は毎年、郷里で母校の半田中学校の学年の同窓会が開かれる。夜になって(毎年参加している)親友のMちゃんに電話して、「今年は何人くらい参加していたの?」と訊いたら、「40人くらいだったよ。いつも(1学年381人のうち)50人くらい参加してたけど、去年あたりから減ったかなあ・・・」とのこと。新たな訃報はO君とMさんで、同窓会はいつも全員の黙祷から始まる。

いろんな同級生の近況の中で、いつも参加してなくて今年は参加していた同級生のNさんの話題になった。彼女は中学時代からピアノの名手で、全国規模の名だたるジュニアの音楽コンクールで優勝したり、NHKの学校音楽コンクールのピアノ伴奏を務めてくれていたのだが・・・、数年前にくも膜下出血で倒れ、発見が早かったものの今は歩行にも難儀しているとか・・・。そういう話を聞くのは寂しい。でも会いたかったなあ・・・。


さて、今日で平成も終わり・・・、素晴らしい出会い、辛い別れ、本当に「いろんなこと」があったなあ・・・。

posted by poohpapa at 06:21| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

うちにダイエットマシーンが届いた (*^_^*)

JCBのザ・クラス・カードの特典で「メンバーズ・セレクション」というのがある。ザ・クラスの年会費は54000円(家族会員は8名まで無料)で、年に一度「メンバーズ・セレクション」で2万円相当のプレゼントを頂ける。カタログが送られてきて選べるのだが、今までは私の旅行代金に充当したり、今年から無くなってしまったけどTDLのクラブ33に行ったりしていた。ま、セコイ話だが半分ちかくは元が取れる。

あとは・・・、世界中の空港で利用できる有料ラウンジの会員カード「プライオリティ・パス」がもらえて年会費は無料。本人と同伴者1名まで無料で3人目から2千円。海外に行かない人は恩恵が無いけど、その年会費だけでも一番上のクラスのプレステージ で本来なら$429(約47000円)で同伴者は1名から $32も掛かるから、ほぼ元が取れてしまう。私が海外旅行の幹事役になっていて航空券など手配した分のポイントは皆さんにラウンジを利用してもらうことで還元するようにしているが・・・、還元しきれておらず役得になっている。

ちなみに、JCBカードを利用したことで得られるポイントは全てTポイントに移行していて、何やかやで11万ポイントほど貯まっていたけど、それは先日スマホを買ったのでカードごとうちのに渡している。

その他にも「グルメ・ベネフィット」と言って、予約が必要だが2名以上で提携している 高級レストランでコース料理を注文すると1名分が無料とか、旅館やホテルのアップグレードなんかもあったりして。 何よりJCBザ・クラスを所有していることで、元々貧乏人の私が高級店に入ることに対して気後れしなくなったのが大きい。

特典はいっぱいあるけど私が使えるシーンは少ないからほとんど使っていない。子供たちにも家族会員カードを渡していて、プライオリティ・パス以外は家族会員も特典が使えるのだが、使っている様子は無さそう。「たまには高級レストランにでも行ってカードで支払えば俺が奢るよ」と言ってあるのだが。

ま、全く使わなくてもカードを所有しているだけで年会費が掛かるから、それを高いと見るか安いと感じるかは人それぞれだが私は安いと思っている。値上げされたら辛いけど、むしろ10万でもいいくらい。高いと思うなら持たなければいいだけのこと。私が所有していることで恩恵に与った友人も多い (^◇^)

などと、カードの自慢話がしたいワケでなくメンバーズ・セレクションの話 💧

いつも応募締め切りのギリギリまで何にするか迷っていて、昨年は、うちのの好物である鍋料理の材料とか海鮮丼の素などのセットにした。2万円相当であるから凄い量だが、それぞれの種類が美味しくて、うちのは堪能していたみたい。なので、今年は昨年に続いてうちのに選んでもらうことにした。

すると、「振動マシン バランスウェーブ ミニ」を選択。あれこれ悩んでいると話が振り出しに戻るのでサッサと申し込むと、昨日届いた。ミニ、ということになっているけどデカくて重くて場所を取る。

昨日、早速うちのも私も試してみた。初日なので効果のほどはまだ不明だが、効果があるようならダイエットを気にしている友人知人に勧めてみよう。台の上に5〜10分乗って立っているだけで、自分はとくに何もしなくていいから、ウオークマンで好きな音楽を聴いている間に終わってしまう。

とかく、日本人は「何もしないで痩せられる」 「美味しく食べてダイエット」というのが好きだから (爆

最近、毎朝「濃いめのカルピス」(490ml)を1本飲んでいるせいかお腹が出てきたので、(毎日は続けないほうが良いそうだから)一日おきくらいに乗ってみよう。結果、というか効果のご報告はいずれ。



posted by poohpapa at 04:24| Comment(8) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

官製10連休、恩恵に与る人ばかりではない

10連休、経済効果は2兆円 識者「過去に比べ圧倒的」 朝日新聞社  2019/04/27 20:08

こういうの、いつも思うんだけど、恩恵に与れる人、実は一握りではないかと・・・。連休だからこそ休めない人、普段どおりに仕事するしかない人、逆に、休まざるを得なくなって収入が減る人などなど、置かれている状況は人それぞれ。マスコミも海外旅行に出掛ける人ばかり取材して放映しないで頂きたい。

今回の10連休だけではない。ハッピーマンデーなんかは「いい迷惑」でしかない人たちも多いだろう。迷惑とまで言わなくても、3連休を取れる人を羨ましく、あるいは腹立たしく見ている人も多いのでは。国民の祝日はそれぞれに意味があって設けられているもの。それを国民へのご機嫌取りで移動してまで3連休にするのは如何なものか。そこには「休めない人」への配慮など全く無い <`ヘ´>

さて、うちはどうするか・・・、開店休業になるのは判っていても、定休日の水曜日だけ休むことになると思う。まあ、開店休業はいつものことだが、長く空いてしまっている部屋もあるのに、家主さんの手前、お客さんは来なくても問い合わせは入らなくても同業者が休んでいても、休むワケにはいかないもの。

今回の10連休で困ったこと、家主さんへの管理家賃の振り込み、である。26日(金)の3時までに3割くらいの入居者が家賃を振り込んできていないので、毎月なるだけ月末までに振り込むようにしているが、3件の家主さんは連休明けの振り込みになってしまった。本来ならそれで良いのだろうけど、いつも早めに振り込ませてもらっているから、もしかすると家主さんはGWの資金として当てになさっていたかも。

残り3件のうち2件は連休前には間に合わなかったが昨日ネットで振り込みの手続きをしたので7日の朝イチで入金されると思う。管理家賃・・・、例えば、4月分の家賃は3月末に振り込まれる約定になっているのだから、月が明けて4月の上旬(他社は概ね10日まで)に振り込んで管理報告書を発送すればいいのだが、うちはほとんど3月中か4月1日には(まだ家賃が振り込まれていなくても)振り込んでいる。

どうしてか、と言うと、(どうせ払わなくちゃいけないものであれば)支払いは早めに済ませる主義だから、である。先日も毎速(不動産広告媒体)の年会費の請求書を渡されて翌日すぐに振り込んだら配達の担当者が驚いていたけど当たり前のこと。当然に、店の家賃も26年間、一度も遅れたことは無い。それくらいだから、家賃が入っていない入居者の分も含めて、全員の家賃が入金されているものとして振り込んでいる。だから家主さんから「うちの入居者の方は皆さんちゃんと家賃を振り込んでくださって・・・」と言われることがあるけど、そうじゃなくて遅れている人の分を当社が立替えているだけの話。

家主さんが5%の管理料を払って当社に家賃管理を任せているのは、「誰の家賃がまだ」とか「どういうタイミングで請求したら良いか」とか「子供が産まれたばかりだから・・・」といった煩わしい思いをしたくないからこそであって、うちが「とりあえず入金になっている分だけ先に送って、後で振り込んできたらまた送りますね」というのでは5%を払う意味が無い、と思っているからである。

家賃管理料5%を払っていることを「管理料を払っている」と勘違いしている家主がいて、本来は家主がすべき仕事(たいへんな手間が掛かる仕事)を当然のように私に押し付けてきて「うちは管理料を払っているんだから」と言われたことがある。慢性的な滞納者もいて家賃の立替えも発生していたが、私はそれをいちいち家主に伝えないから、そう言われてしっかり説明したけど解かってはくれなかった。当社が管理を切られた際、次に管理することになった業者さんから同情されたりして。引き継いだ業者さんはとても良い業者さんで、今頃は苦労なさっているんじゃないかな・・・。

当社が頂いている5%は、あくまで家賃管理料。空室保証まではしないけど、十分に良心的な経営方針だと私は思っている。そういうのを「いちいち言わなくても解かってくださる」家主さんもいれば、「言っても解からない(解かろうとしない)」家主もいる。それは仕方ない。それが嫌なら不動産屋をやめるしかない。まあね、私もこういう性格だから、見えないところでしっかり差をつけているけど (怖っ

そうでもしなきゃやってられないのがこの商売。もちろん不法行為はしていないけどね。

というワケで、この10連休、うちが休まないのは、正直、「言っても解からない」家主さん向け、である。

posted by poohpapa at 05:28| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ついにスマホデビュー (トホホ)

昨日、ビックカメラに行ってスマホを購入してきました。

最初はいつものお姉さんが担当してくれていましたが、イザ申し込みの手続き、となるとベテランの男性に交代。なので、いちおう「この申し込みはAさんの成績になりますか?」と確認して、「はい、なります」との返事を頂きました。Aさん、入社2ヶ月とのことなので、こんな小さな契約でも自信に繋がってくれたら嬉しいです。ファミレスでいつも感じていますが、スタッフを育てるのは(ある意味で)客ですから。

で、1階のカウンターでの契約内容の説明に2時間、その後、別の用事を挟んで2階のサービスカウンターで初期設定やら保護ガラスを貼ってもらうのに1時間ほど、何やかやで半日仕事です。映画のタイトルではありませんが、「スマホに替えるだけなのに」(原題「スマホを落としただけなのに」)であります。

で、それではまだスマホが使えません。もしかすると、その間に、問い合わせの電話が入っていたかも知れませんから気が気ではありませんでした。たぶん、無かったと思いますが・・・、それも辛い (*´з`)

昨日は8時半に寝てしまいましたが、私が寝ている間にうちのが、一旦 iphone のクラウドに預けた「携帯に入っていた950件の電話帳」をスマホに移しておいてくれました。4時前に起きて、いろいろ試していて、うっかり知人に電話してしまい、切り方が判らなくて焦りました。使えるようになるのかなあ・・・。

スマホの色はピンクゴールドを選びました。私が使いこなせなくて、うちのに「おかあちゃんのガラホと交換しよ」ということになるかも知れませんので。黒でもいいかな、と思いましたが、どうせブック型のケースに入れて使うし。一昨年、クロアチアに行った時だっかなあ、経由地のフランクフルト空港の売店で購入していたネックストラップを持って行って、落とすことが無いよう最初から装着しておきました。

DSC07087.JPG
こんな感じです

価格は、いろんな特典を駆使してもらって専用ケース込みで133672円。かなりいいカメラが買える値段ですね。2階でやってもらった初期設定や保護ガラスの貼り付け5702円はポイントで賄いました。

とにかくデカイし重たいです。私が「これ(XS = 10S = テンS)ください」とAさんに言ったら、「小さいほうにしないで大丈夫ですか?」と訊いたほど。店から出て帰る途中、いつもの「スマホを操作しながら歩いている人たち」の手元を見ると、みんな凄く小さいのをいじってます。

まあ、いいオモチャが手に入ったので、GWは何処にも行かないけど、これで遊べそう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:30| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

今度はどんな格好で出てくることやら (^◇^)

ゴーン被告のことね (爆

posted by poohpapa at 09:29| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ、納得いかないんだけど・・・

同じく死傷者を出したバス運転手は逮捕され〇〇容疑者と呼ばれていて、池袋の暴走事故は〇〇さん・・・。逃亡の恐れが無いから逮捕せず任意で捜査をする、って、バス運転手もどこにも逃げられないだろうが!?

池袋のほうの元官僚は「アクセルが戻らなかった」などと明らかな嘘をついているし <`ヘ´>

この元官僚、一瞬にして最愛の奥さんと娘さんを失くしたご主人の会見をどんな思いで見ていたんだろ・・・。見てないか・・・。私なら、あんなに冷静で立派な会見は出来ない。パワーショベルで元官僚の家に突っ込むかも知れない。山口県光市の母子殺人事件のご遺族の本村さんの会見を思い出した。

警察もマスコミも世の中で最も(信用できそうで)信用できない組織、つくずくそう思う。



posted by poohpapa at 08:40| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな政治家もいるんだ・・・

何かを探して辿っていった先にあった記事、

岩田温の備忘録 政治学者岩田温の備忘録です。

というブログのその中の、ちょっと古い記事(それでも最新記事)だけど、

著作から見えてくる政治家の真実@ 〜鷲尾英一郎という政治家〜 2018年11月26日09:49

民主党の中にこんな政治家がいたんだ・・・と驚き。総理まで務めながら今も日本を貶めているルーピー鳩山やクズ菅みたいなのばっかりかと思っていたけど・・・。ま、「岩田先生推し」なら間違いない人物だろう。鳩山由紀夫と菅直人は歴代の日本の総理の中で、村山富市や宇野宗佑を凌ぐ最悪ツートップだと思っていて、そんな民主党の中にあってこんな立派な見識の政治家がいたとは・・・。

個人的には、自民党の中にいて安倍さんの足を引っ張る隠れ売国奴議員より、左翼野党の中にあって真っ当な主張をする保守系議員のほうが信用できる。当たり前である。

鷲尾英一郎氏の著作、「全身政治家」は是非読みたいと思う。併せて、大嫌いではあるが山崎拓の「YKK秘録」も読んでみよう。


何度か書いているが、「大切なのは、誰が正しいか、でなく、何が正しいか」である。民主党議員が言ってるから間違い、自民党議員が言っているから正しい、ということは無い。ましてや、若くて美人(イケメン)だからロートル議員と違って頭が柔軟で思想的に汚れていない、国民(市民)の声に耳を傾けてくれる、とは限らない。マスコミの情報や巷の噂に流されず、冷静に「その人の本質」を見ることが大切。

簡単に言ってしまうと、「あの人、好きだし仲良くしてるからあの人の言うことは(本当は間違っているのに)信じる」 「あの人のことは嫌いだから、あの人の言ってることは(本当は正しいのに)信じない、聞かない」というのがイケナイ、ということ。人間、ほとんどがこのタイプ。私も、気付いたのはわりと最近 💧

何度も書いているけど、

うちの全宅立川支部の役員も概ねそういう人たちの集まり。前支部長はその典型。私の10項目あまりの支部の運営に関する改善提案や業界に対する改善提案に「理事の総意として回答いたしません」というFAXを一枚流してきてお仕舞いだっだから。そうすることで「オマエの言うことなんか、理事は誰も聞かないよ」と示したかったんだろう。私は理事会の総意で、とは思っていない。前支部長の判断でもなく、もっと上、前々支部長とか元支部長に相談してのことだったのではないか。よしんば、理事会に諮っていたとしても「回答しないことにしたから」と報告だけしてお仕舞いになっていたんだろうな。

だいたいが前5年間での不動産仲介管理の売り上げが12600円という会社の社長が業協会の支部長になるのが不思議。推すほうも受けるほうも碌なモンじゃない。そんなんで、末端の会員が日頃どんなことで苦労しているか、困っているか、なんてこと解かるハズも能力も無いのだし。

あ、岩田先生推しなら間違いない人物、と考えるのもマズイってことか・・・。ま、この際はいいや(^◇^)


買ってまで読まない、という人も、せめて岩田温先生のこの記事だけはお読み頂けたらと思う。




posted by poohpapa at 06:31| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

目下の悩み・・・

携帯が壊れた・・・。機能的に、ではなく、二つ折りにする蝶番のバネが壊れてブラブラしている状態。そんなとこ、製品化する前に何万回も耐久試験をしていて滅多に壊れないものだろうけど・・・、壊れた。

どのみち、もうガラケーは使えなくなるのだから、この際スマホに替える、というのが自然な流れなんだけど、周りにも、このサイトでも、「俺は死ぬまでガラケーでいく!」と宣言している手前、スマホを持っているのを人に見られたくない。うちのが使っているようなガラホ(ガラケーとスマホの中間)に替える、という選択肢もあるが中途半端。それならアッサリ宗旨替えしたほうがいいかも。

たまに利用しているメルカリも、仕組みは不明だが、発送方法が「ゆうゆうメルカリ便」になっている出品のほうが安いし、それだとガラケーはもちろんPCからも購入できなくて、泣く泣く購入を見送っていたりする。様々なアプリを入れてレストランでの割引が受けられたり、仕事面でも、路線情報や地図が検索できて、不動産屋にあるまじき方向音痴の私には便利、と解かってはいるのだが・・・、どうも抵抗がある。

ネットで「これからスマホが使いこなせないような年寄りは生き残れない」という記事もあった。放っといてくれ!、ではあるが、たしかにそうなんだろうな、と思う・・・。それで考えたのが、三角トレード。

うちのがスマホに機種変更して、うちののガラホを私が使う、というアイデア。それだと「ガラケーが使えなくなったから止む無く」と大義名分が立つ。うちのは「私よりおとうちゃんのほうが必要だし、使えると思うよ」とは言ってくれるが、便利な道具だからこそ、あれば何かと頼ってしまい自分の頭で考えなくなってしまうもの。そのほうが「生き残れるかどうか」より前に脳が退化してしまいそうで大問題。

などとあれこれ悩んでいたが、ビックカメラに見に行ってきた。私が使っているauだけでなく、DoCoMoやSOFTBANKなどいろんなブースがあって、それらの通信会社から派遣されてきている販売員が客の来店を手ぐすね引いて待っている。商品を手に取ったりしたなら直ぐに寄ってきそうな雰囲気。

auのブースを少し遠くから眺めていると、販売員は男性3人女性一人。男性スタッフ3人とはよく視線が合う。「このオッサン、スマホなんか使えんのかよ、とにかく買わせりゃこっちのもんだけど」と思っているであろう雰囲気が伝わってくる。あの雰囲気で商品説明を受けたくない。女性スタッフは、というと、

中年のオバサンの相手をしているが、押し付けがましい雰囲気は無さそう。なので商談が終わるのを待って、その女性スタッフに相談することにした。それが大正解。機種の違いや機能、料金体系など詳しく説明してくれたし感じが良い。訊けば奄美大島の出身だとか。このまま進めば、いつものように「彼氏いるの?」とか訊いてしまいそうだったから、「後で、うちのと一緒に来ますね」と約束して帰ってきた。

翌々日、うちのと出直して一緒に商品の説明を受ける。近くにauショップもあるし、ネットで検索すると、私が気に入っている機種を数万安く購入できる方法なども出ていたが、それくらいのことで他から購入しようとは思わない。若くて可愛いお姉さんだから、ということでなく、そういう不義理はしたくない。

私が機種的に一番気に入っているのは iPhone の15万近くする機種。それだと一眼レフ並みの写真が撮れるとのこと。最も安い機種だと25000円くらいで購入できるが、どうせなら、と思ってしまう。うちのに、「あなた、これ使いなよ。おカネは僕のヘソクリで出してあげるから」と言ったのだが、逆に、「おとうちゃんが使いなよ。家計の予備費から出そうか?」と言ってくれて感激。

それは一旦辞退したのだが、「待てよ、ヘソクリもだいぶ減ってきているから、やっぱりここは家計の予備費からお願いしようかな・・・」と思い直してそう言うと、「さっき自分のヘソクリから出すって言ったよね」と態度を豹変。「二度と浮気はしません」と言いながら、直ぐ浮気したのがバレたような状況か・・・、さて困った・・・。

それで妥協案、「僕のTポイントが11万貯まってるから、Tカードをあなたに渡してビックのポイントもあなたに付ける、ということでどうかなあ」と言うと、それで商談成立。早速、昨日のバーミヤンでのランチは私のTポイントでお支払い。私も貧乏性で、そこまで貯まると「何にどうやって使うか」悩んでしまうので、それで良かったのかも。よって、年内は、いつものファミレスでのランチはタダで食べられることになった。

うちの曰く、「もうキャンセルは利かないからね」とのこと。それはいいのだが、お気に入りの長澤まさみのTポイントカードをうちのに持って行かれたのが辛かったりして (*´з`)

あとは・・・、その iPhone が本当に一眼レフ並みの写真が撮れるものなのか、が気になるところ。F1.8 の明るさで、奥行き感があって自然なボケ味が表現できる、とのことだが、それだと今持っている一眼レフの出番が無くなりそう。スマホのカメラが進化すると、もうコンデジだけでなく一眼レフもプロやマニアにしか売れなくなる、いや、製造されなくなって世の中から消えることになるかも・・・。

費用は家計の予備費から出してもらえることになったし、今日、ビックカメラに行ってこよう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:38| Comment(8) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

ちょっとグロテスクな写真の投稿 (*´з`)

と、言いますか・・・、見たくない写真だとは思いますので、ご覧になる方は自己責任で (おい

先日、お客様の案内をしていて、車止めに気付かずに躓いて吹っ飛んで、骨に異常は無く、徐々に痛みは無くなっているのですが、痣が凄いことに。私は自分では「痛いだけ」と思っていましたが、風呂から上がった私の脚を見て、うちのが「おとうちゃん、脚が凄いことになってるよ」と教えてくれて、記念撮影。

ほとんど年寄りのセミ・ヌード写真なので、こんなの公開したら明日からのアクセス数は激減するものと覚悟しております。では何の為に公開するかと言いますと、皆さんにも気を付けて頂きたいのです。kako さんからのコメントにありますように「大腿骨骨折」にならなくて幸運でした。ま、元々悪運が強いので。

いちおう、くれぐれも食事前にはご覧にならないよう。トラウマになっても当方は責任を取りません。

では、心の準備(覚悟)が出来た方からご順にどうぞ (*^_^*)

続きを読む
posted by poohpapa at 05:50| Comment(4) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

正直で飾らない人

上田まりえ 小中学校で「ずっといじめ受けてた」…「ブス」に苦しんだ告白の「補足」
デイリースポーツ/神戸新聞社  2019/04/23 00:12

私はまりえちゃん大好き。ぶっちゃけ、アナウンサーとしては「容姿に恵まれている」とは言えず、本文中に「お前はビジュアルが中の下なんだから」とスタッフから面と向かって言われた、とあって、それは私も同感。100点満点で言えば40点くらいの器量かな、と思う。たぶん私も同じくらいのレベルだろう。

だが、彼女は裏表がなく正直で、嫌なことを言われたりして辛い思いをした経験(苦労)がしっかり身に着いていて、人に優しく出来る人。「5時に夢中!」をいつも観ていてそう感じていた。その「ゴジム」で本番前に震えがくるほどの緊張感で押し潰されそうになっていたのは、そういうことだったのかも。番組の雰囲気からして、あの番組のスタッフなら無造作に言いそう。MCの「ふかわりょう」氏が後に、「まりえちゃんを支えられなかったことを後悔」と述べているからそうなんだろうな。主犯格は大川プロデューサーだったりしてね (^◇^)

やはり本文中に「詳しい話は割愛しますが、私は小・中学生のときずっといじめを受けていました」と明かし「いじめられた側は、大なり小なり、一生消えることのない傷を負うのだと思います。私にも何かしらの原因があったかもしれない。だから、理由を知りたかったし、何かあるのであればきちんと謝りたかった」とあって、普通は自分をイジメていた奴らを恨みたいところだろうけど、そんなふうに思えるのは立派。

うちのがよく「言ったほうは忘れるけど、言われたほうは一生忘れない」と言っていて、その通り。刺したほう(加害者)は忘れるけど刺されたほう(被害者)は傷痕を見る度に思い出すから忘れることは無い。

ただし、韓国が日本のことを「千年経っても日本の植民地にされた恨みは忘れない」みたいなことを言っているのは論外。道で韓国人同士が喧嘩して、倒れている人を病院まで運んで治療費まで出してあげた日本人を恨み続けるようなものだから。いつの間にか「自分に大怪我させたのは、この(病院まで連れて行ってくれた)日本人」という話になっていて、お人好しの日本人にイチャモンをつけて、その後の生活費まで出させようとしていて本当の加害者(同朋)を吊し上げる勇気も無い。そもそも憎む相手を間違っていて根拠も嘘だし。

ま、それはともかく、まりえちゃんには「心を癒して新天地で活躍してもらいたい」と思う。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご参考までに、まりえちゃんのブログから、

#顔⠀今回撮った写真の中で、これが1番好きかも…!⠀私はずっと自分の容姿に自信が...

「補足」

ぜひお読みになってください。きっと、まりえちゃんのファンになりますよ (*^_^*)

posted by poohpapa at 06:10| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

今日はノルンの誕生日

ブリーダーさんで繁殖させてるから生年月日が判るけど、あとは「動物園で産まれた」とかでない限り、普通は動物の誕生日なんて判らないよね。で、何歳になったか、と言うと・・・、14歳です。

ノルウェージャン・フォレストキャットの平均寿命は11歳〜14歳、ということで、平均寿命の上までは十分に生きていることになりますね。人間で言えば88歳まで生きたようなもので、ここから先は100歳超えを目指して生きてほしいものです。ノルンと暮らす毎日の一日一日が我が家にとって宝物です。

先日、必要があってノルンを抱き上げましたが、あまりに軽くなっているのに驚いて、涙がスーッと流れてしまいました。お袋をおぶって「軽くなったなあ・・・」と思うのに似ているかも。おぶったこと無いけど。

毎日が怖いです。朝起きてノルンの様子を見て、「ああ、今日も生きててくれた・・・」と安堵しています。

posted by poohpapa at 09:46| Comment(5) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未完に終わった親父の発明、と、いろいろ

この記事を見て、親父のことを思い出した。長々と思い出話になるけど・・・、

「義父の頭に液体500種類を塗布」がきっかけ、うどん店ママによる大発明とは
週刊女性PRIME [シュージョプライム] 2019/04/21 17:00

戦前は(お袋の地元の)大阪で八百屋をやっていて、戦後は愛知に流れ着いて日雇いの土方で(生活保護も受けずに)6人の子供を育ててきた親父が、一度だけ発明にチャレンジしたことがある。

うちの近所に、「イボタ」という植物があって、その葉っぱを疣(イボ)に貼ると、数日して嘘のように疣が落ちるのだが、親父が「その葉っぱの中に疣を落とす成分があるハズ」と考え、搾り取ろうとしたり煮詰めたり実験していたのを思い出した。まあ、この記事の母子のように執念も根気も無かったし、成分を抽出したとしても、その後どうしたら良いかも解かっていなかったから商品化は無理だったと思うけど。

日銭が入ると家計に入れるより先にパチンコ屋に行っていた親父が喜々として実験していたのを思い出す。おそらくは「疣取りの妙薬を発明して一攫千金」を狙っていたんだろうけど、今思えば微笑ましい。今は医療技術も進んでいるから疣で悩んでいる人などいないだろうけど、半世紀以上前の話だから当時もし発明していたら注目くらいはされたかも。

「イボタ」は通称で、正式名称は違うと思う。疣が落ちるからイボタと呼んでいただけではないか。親父が見れば「これがイボタだ」と判るだろうけど、それにしても、親父がどうして「イボタ」のことを知っていたものか。少し肉厚な普通の葉っぱで他に特徴は無かったから、私が今見ても解からない。

パチンコだけが楽しみだった親父には創意工夫も執念も根気も無く、有ったのは「あわよくば・・・」という夢だけ。それでも、私が子供の頃から「商売の秘訣」やら「人間の本質」、「戦時中の出来事」なんかを他の兄弟には一切話さず私にだけ話して聞かせてくれていたし、私は親父を尊敬している。

まあ、親父よりお袋かなあ・・・。間接リュウマチで手の指が曲がって肌はテカテカに光っていて、歯は虫歯で一本も無く、歯科医院にも行かず、根元が緑色になって残っている歯茎で噛んで食事していた。歯がそこまで溶けたなら虫歯の激痛もあったと思うし、間接リュウマチの痛さも半端ではなかっただろうけど、お袋から「辛い」だの「痛い」だのという愚痴を聞いたことはただの一度もない。洗濯機も冷蔵庫もガスコンロも無い家で、洗濯も買い物も洗い物もこなしていた。今は「どうして気付いてあげなかったんだろ。手伝ってあげなかったんだろ」という後悔ばかり。うちが生活保護を受けていなかったのが不思議。

私が元妻の実家での二世帯住宅を出て、うちのと同居し始めた頃、親父は既に他界していたが、うちのを一度だけ愛知の実家に連れて行ったことがある。もちろん、「今、この人と付き合っています」とは言えないから親友に同行してもらい、「親友の従姉妹」ということで紹介したけど、帰る際に離れの窓からずっと我々の姿が消えるまで見送ってくれていたから本当の関係に気付いていたと思う・・・、親だから。

今思えば、あの時、嘘をついてでも会ってもらっておいて良かった。例え気付いてなかったとしても。

実家(他の姉兄たち)との関係は自然消滅していて、お袋が無くなったことも知らせてもらえなかった。なぜそうなったか、は、たぶん元妻が原因だろうな、と思う。復縁を持ちかけられて私が断った際、うちの管理物件の大家さんや、うちの店の大家さん、仲良くしていた同業者さんなどを廻って、「自分がどんなに辛い思いをしているか、夫(私)からどんなに酷い仕打ちを受けているか」を話しているし、当然に私の実家にも電話して泣いて訴えていたと思う。元妻はまるで松居一代で、そうなるとどうなるか、

うちの家系は常に身内より他人を庇う傾向がある。どんなにこっちの言い分が正しかろうが、そんなことに関係なく「奥さんのほうが正しい、オマエが間違っている」になるもの。喧嘩はしていても仲が良い時ならそれでかまわないのだが、離婚話になっていても、理由に関係なく「オマエが悪い」は辛い。私が元妻の実家でずっと「どういう扱いを受けていたか」「元妻や元妻の親族が私に対して何をしたか、何をしなかったか」など関係ない。こっちの言い分など聴かないから完全に私が悪者。

それでも、実家(他の姉兄たち)との関係修復を図ろう、などとは全く考えなかった。うちのにそういう煩わしい親族と親戚付き合いさせたくなかったから、である。岩手と愛知では風習やしきたりなんかが違うもの。両方に合わさせていたら神経をすり減らしてしまうだけ。唯一、私が「申し訳ないな」と思っているのは、両親を最期まで看取ってくれた義姉さんに対してのみ。他の姉兄たちからどう思われていようが一向にかまわない。

同業者さんや家主さんからは、ずいぶん経ってから「実は、前の奥さんが訪ねてきたんだよ」と聞かされた。そのことで関係が壊れた人や会社は全く無い。私に今も話してない家主さんもいらっしゃることだろう。元妻は「関係修復は有り得ない」と知っていたと思う。もし復縁したならば、そして自分がしたことで関係が壊れた相手がいたならば、(私の)収入も減るだろうし自分の首を締めることになるのだから。

私が一番大切にしなければならないのは「うちのと私」という単位。そう思えなくなったから元妻とは離婚したのである。元妻は「関係が戻らない」と知っていて、私が良好なお付き合いをしている人たちとの仲を壊そうとしたのである。夫婦で築いた資産も「全部くれ」と言うから一円も貰わず置いてきたのに、私が全部持って行ってしまった、と周りに吹聴しているし・・・。ただ、それでも私はかまわない。そういう話にしてないと、自分は家に残っていて亭主が出て行ってしまったのだから世間体が悪いものだろうから。

まあ、私は、こうやってブログに愚痴を書けるしね (^◇^)


posted by poohpapa at 05:35| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

行きつけの中華料理店、最後の日

もう名前を出してもかまわないと思うので書かせて頂くが、うちの街で昨日店仕舞いした中華料理の名店は「香来」(しゃんらい)というお店。昨日の営業が最終日ということで時間をずらして1時40分頃ランチに行ったのだが相当に混雑していた。中にはランチなのに予約をしてきていた客もいて・・・。

4月20日で店仕舞いする、という話を聞いてから、我々(うちのと私)は週2〜週3で通っていた。ここでしか食べられない料理、ここのが一番美味しいと思える料理を食べて記憶に焼き付けておきたいからである。うちのがラストに頼んだのが担々麺と杏仁豆腐、私はタイ風焼きソバで、どちらも絶品である。

タイ風焼きソバはニンニクの茎がいっぱい入っていて口臭がもの凄いことになるので普段は水曜日しか注文しないのだが、最後の晩餐よろしくラストに食べるなら絶対それ、と決めていた。その後にうちの店に来たお客さんがいたなら「アンタの運が悪かっただけ、文句があるなら他の店に行ってくれ」くらいに開き直らなければ食べられない。幸か不幸か、と言うか、いつものこと、と言うか、その後の来店客はいなかったけど (おい

かれこれ18年くらいなるか、うちのとイタリアを旅した時に知り合った北海道(函館)の姉妹が立川まで遊びに来てくれて、どこにお連れしようか、何を食べて頂こうか、と考えて、「香来」にお連れしたっけ。いろいろ懐かしい。昨日は「今日で店仕舞い」と知らずに入った一見さんもいたようだが常連さんで大混雑。みんな同じ思いだったのではないか。ま、スタッフはそんな感傷に浸っている間もなくテンヤワンヤの様子だったけど。

3週間ほど前に、いつものようにパートさんに「送別会、慰労会をしようよ」と声を掛けていて、それは近々実現すると思う。客の視点でしか解からなかった苦労話が聞けると思うから楽しみ。

さて、うちにとっては「(何を食べるか)困った時の香来」だったけど、そういう店が無くなったのは辛い。立川にはいっぱい飲食店があるんだけど、これからはバーミヤンと Jonathan's 、それに coco 壱をローテーションして回るようかなあ・・・。偏食だから、ということもあるけど、馴染みのスタッフと「ちょっとした会話」を楽しむのが目的なので。それにしても、どこか新しい店を開拓しないと・・・。

posted by poohpapa at 04:36| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

32年ぶりくらいに会った実業家

昨日の朝、顔を洗っていたら携帯が鳴る。登録していない番号からだった。

出てみると、「〇〇の〇〇です」とのこと。相手は観光ホテルなどを経営している社長。32年前に当時の仕事でお付き合いしていたが、不動産業界に入ってからは年賀状だけのご交誼。当時の同僚に後で話したら「え?、まだ年賀状のやり取りをしていたの・・・?」と驚いていたほど。それもそのハズ、その社長とは考え方の相違から大喧嘩していて、そのまま別れたような感じではあったから。

「年賀状から、ご活躍のご様子で・・・、ちょっと相談に乗ってもらいたいことがあるんだけど、会えませんか」と仰る。社長は82歳。私より遥かに人生経験を積んでいるし手広く事業を展開している。お顔も広いから私なんかで相談に乗れるワケがないのだが・・・。まあそれでもお断りする理由は無いので中間点の新宿で会うことに。しかも待ち合わせ場所は新宿での待ち合わせの定番「新宿駅西口交番の前」で。

私が先に到着して待っていると、向こうから笑いながら近づいてくるオジサンが・・・。「坂口さんでしょ?」と声を掛けられたからその社長だと判ったけど、以前に先方の事務所でお会いした50歳くらいの時より若々しかった。それが「やるべき仕事を持っている」ということなんだろう。

「今も私のことを忘れずにずっと年賀状を頂いていて・・・」と言うが、それはお互い様。そうだ・・・、32年前、社長の事務所に伺った際、電通の部長にまでなっていた前回の東京オリンピックの金メダリストが来ていて、いつも持ち歩いている金メダルを首から掛けさせて頂いて感激したのを思い出した。当時は私が中一で、その人が表彰台で金メダルを首に掛けてもらっている映像は何度も見ていたから。

で、ご相談の内容は、社長が最近購入した1軒のホテルと1軒の研修センターをどう活かすか、売却するか、というもの。それなら、社長には不動産屋の知り合いがゴロゴロいるハズ。それが不思議である。良く解釈すれば、「一人で頑張っているみたいだから少し儲けさせてあげよう」ということかも。悪く考えれば「遊んでいてもカネは入ってくるから暇つぶしに話し相手にさせよう」ということだったりして。

実は、それ以外に茨城のスーパーの大きな建物を9億で購入すべく手付を打っている、という話もあった。82歳でこの意欲・・・、もう不動産業界から抜けようと思っている私からすると羨ましい歳の取り方。

とりあえず資料を頂いて帰って、これから検討することにした。もちろん、私の手には負えないだろうけど、ふだん仲良くしているお仲間さんに儲けてもらってもいい。元々自分の利益には固執しないから。


帰路、朗報が入った。以前に話があった山梨の別荘地を、当社のお客様が「購入することにしました」とのこと。私が紹介した物件ではないし、自分で現地を見に行っている。私は元付け業者に物件の有無を問い合わせただけ。にも関わらず、お客様は「どうせ手数料を払うなら坂口さんに払いたい」と仰ってくださる。なので、取引が成立したら手数料は半分にさせて頂くつもり。

他の物件を検討している時に一緒に山梨までご一緒しているが、今回の物件の商談で何もしないのも気が引けるので、契約には私も同行させて頂くことにした。おそらく、GW明けになるだろう。

posted by poohpapa at 06:09| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

昨日は日帰り海外旅行

え?、ソウルにでも行ったのか、ですって?

行くワケないでしょ。韓国(北朝鮮も含む)と中国だけはどんなに厚遇してくれても絶対に行かない。韓国は行ったことが無いけど、中国は二度と行かない。昨日行ったのは・・・、ワケあって、


原宿の表参道

ある家主さんと南青山の某法律事務所に法律相談に行ってきた。東京メトロなんかを利用して表参道まで行こうとすると乗り換えが煩雑で、東京暮らし49年であるのに田舎者でアナログの私には到着が困難。スマホを持ってないからプリントアウトした地図を握りしめ、地下鉄の表参道駅からは徒歩1分のビルだが、原宿から徒歩で表参道に向かう。距離は約500m。それなら原宿から歩いたほうが確実。ま、それでも間違えたんだけど(恥

地理不案内の右も左も判らない所に行って海外旅行をしたような気分になったのか、というと、そういうことでもない。表参道を歩いていたら、半分以上が外国人。しかも欧米人で、中国人や韓国人も大勢いたんだろうけど欧米人だけでも半分はいたくらい。たぶん、半分まではいないんだろうけど、そんな感覚。立ち並ぶビルも昔と違うし、ファッションセンスも違う。立川なんかとは大違い。街並みも違うし歩いているのも半分以上が外国人なら、海外旅行をしているのと同じ気分。平日の午後なのに物凄い人通り。

原宿は、うちのとギリシャを旅する直前にJALの「初日の出ツアー」に参加して羽田から送迎バスで原宿の駅前で降りて以来15年ぶりくらいかな。表参道は、東京の大学に進んだ高校時代の同級生の女の子二人と3人でティファニーという超高級フレンチレストランに行って以来だから48年ぶり。

その時一緒に行った相手は某一部上場企業の会長の孫娘と某一部上場企業の取締役の娘さん。いずれも一緒に生徒会の役員をしていたのだが、こっちは初任給28000円の身。当時はカードなんかも持っておらず、それでも「女になんかカネを出させるものか」と意地を張っていたので1品しか頼めず大恥をかいた。恥をかいても女には出させない。今ならねえ・・・、スマートに無表情でJCBザ・クラスを出すところなんだけど。

その時に、今も親友のMちゃんから、「坂口君、出させないのもケチのうちなんだよ」と諭されたけど、相手が女だから、というだけでなく、こっちは働いているんだから、大学生に出させるのも嫌だった。そのMちゃんからは今も折に触れ名言を頂いている。お嬢様なのに庶民感覚を忘れない人。

もう一方の I ちゃんも人柄は素晴らしいのだが、上京して原宿の「東郷女子学生会館」に入居した際、Mちゃんから「せっかく東京で一人暮らしを始めるなら、こんな至れり尽くせりのマンションでなく自炊したほうがいいと思う」と言われていて、それに対する I ちゃんの答が、「でも、私がここに入っていれば親は安心してくれるから・・・」というもの。どちらも一理ある。意見は言っても決めるのは本人。

「東郷女子学生会館」は個室でなく2人部屋、今で言うルームシェア。その時 I ちゃんとルームメイトだった女子大学生、私の高校時代の同級生のSと結婚して、今も幸せに暮らしている。もちろん、紹介したのは I ちゃん。ご縁というものは面白い。Sは私と友だちでなければ今の細君とも出会っていないし。

I ちゃんは一緒に生徒会の役員をしていた同級生のWと結婚。Wはイケメンで美濃の蝮こと斎藤道三の直系の子孫。どちらも優秀だったからお子さんも一流大学に行ったみたい。

表参道・・・、当時、蔦の絡まる古いアパートが建っていたところも今は近代的なビルになっていて、昔の面影はない。それでも、歳のせいか懐かしさが込み上げてくる。

表参道を歩いていて驚いたのは、女性の美しさ。立川とは全然違う。立川の女性も田舎暮らしの女性と比べると垢抜けているんだろうけど、レベルが違う。そりゃあ竹下通りや表参道に芸能事務所のスカウトが集まるワケだわ・・・、と思った。信号待ちしていて横に並んだ20歳くらいの娘さん、綺麗なんてモンじゃなかった。あのまま表参道を2往復くらいしていればその日のうちにスカウトされるだろう。

法律相談のほうは、経験豊富でとても素晴らしい弁護士さんだったので、後の処理を依頼して帰ってきた。ほぼ一日仕事だが、依頼主の家主さんの人柄が良く、いつも不動産屋の苦労をよく理解してくださっているので全く苦にならないし、お役に立てて嬉しく思えるほど。経緯と結果は落ち着いたら当サイトで報告したい。


posted by poohpapa at 05:45| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

これは逆セクハラだろ!? 

うちで管理させて頂いている貸家に入居している老婦人から「流し台の排水が詰まったから見てほしい」との電話があった。その日は今にも雨が降りそうな空模様で、直ぐに飛んで行くと、室内には「これでもか」とばかりに洗濯物が干してある。部屋も台所も何列にもロープが張ってあって、洗ったばかりの洗濯物がびっしり。

若いお姉さんの一人暮らしなら、役得、とばかりにしっかり見るが(おい)、何と言っても老婦人。まるで居酒屋の暖簾のように洗濯物をくぐり、流し台に進むと、たしかにシンクに水が溜まっている。

「以前も詰まって、そん時はジャバみたいなの買ってきて自分でやったんだけど、また詰まっちまったんだよ」と文句を言う。「家主さんに連絡して業者を来させますから」と言って後ろを振り向いたら・・・、

私の顔の真ん前に、年寄りのものとは思えないベージュ色の三角のパンティーが・・・。「年寄りなら、たいていは愛染恭子のトレードマークにもなっている腰まであるズロースだろが」、という言葉をグッと飲み込んで、何も見ていない顔で帰ってきたが、そういうのって逆セクハラじゃないのか。見たくないものを半ば強制的に見せられるのだから。いくら私がエロ爺でも女性の下着なら何でも見たい、てことは無い。

まあね、若いお姉さんなら下着は風呂場に干すとか工夫しているだろうな。アレを見せられるなら、血だらけの死体を見るほうがよっぽどマシ。その後は一日気持ち悪かった・・・。

その後、家主さんに自分で電話して部屋の窓の外に設置する物干し竿の台を買ってもらったようで、家の前を通る度に見ると、平気で外に下着を干している。歳を取ると恥じらいが無くなるみたい。管理会社と言えども男を家に呼ぶなら下着くらいは隠すか移動しておくものだろう。もしかして確信犯か <`ヘ´>

これから何かの用事で電話で呼ばれても、室内干ししてない晴天の時だけ伺うことにしよう。

posted by poohpapa at 04:32| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

整形の前と後の写真を見て考えたこと

整形手術に関しては、ふだんは「本人が納得してするなら他人がとやかく言えることではないかな」と思っているけど、この整形前・整形後の写真は凄い。ここまで違うと一人で二人分の人生を歩めそう。


「私は“普通の人”になりたかった」総額1000万円超えの整形YouTuber・轟ちゃんが明かすリアルな事情
ORICON NEWS

もちろん、左が整形前。いくらお笑い芸人を目指していたとしても、右(の写真)から左に整形はしないもの。このくらい変われたなら1000万の投資も惜しくは無いだろう。

YouTuber の轟ちゃん、とのことで、「轟、桃の木、山椒の木」、くらいの驚き (*^_^*)

ではあるが・・・、たぶん左の顔のままで大人になったとしても、「とても見られない」ということは無かったんじゃないか、とは思う。女に一番大切なのは「愛嬌」で、そりゃあ美人であることに越したことは無いけど、愛嬌さえあれば女性は可愛いと思う。よく美人ネタを書いているので「美人にしか興味がないんだろ」と思われているかも知れないけど、「世の中の基準で言う美人」から外れていても、私が大好きな女性は何人もいる。共通して言えるのは、愛嬌があって自然な笑顔が素敵、ということ。

何度か書いているけど、美人かどうかは「歳相応の分別や教養を身に着けていて、それが表情から滲み出ているかどうか」で決まる、と思っていて、そりゃあ、整形手術など必要ない美人に産まれただけでアドバンテージだと思うけど、どんなに美人でも性格が悪けりゃ魅力はないし、最終的には「女は愛嬌」だと思う。ま、私みたいな価値観は極めて少数派だとは思うけど。

左の顔でも前向きにハツラツと生きていれば、それを認めて愛してくれる人は必ず現れると思う。でもイケメンのハイクラスは寄ってこないかもだけど。合コンなんかでは常に引き立て役にされたりして・・。だいいち、整形で自分はキレイになっても、産まれた子供は元の顔にしか似ないワケで・・・。

いずれにしても、男としては、興味はあっても元の顔は知りたくないなあ・・・。整形したことを隠していても、結婚しようとして実家に挨拶に行ったら、「この両親からこの彼女は産まれんだろ!」とバレそう。

希ちゃんのポスターを机の前に貼っている私が言えることではないけど、親から貰った顔をそのまま大切にしてほしい、というのが本音。韓国みたいに男も女も国民総整形、なんてのは呆れるばかり。

posted by poohpapa at 05:35| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

いつもの msn から、不動産業者にとってはインパクトのある記事

「家賃100万円タダに 新家賃のカラクリ」 ※AERA 2019年4月15日号より抜粋

これが全て、最高のシステム、ということではないけど、我々のような従前の形態の不動産会社からすれば、研究しておくに越したことはない、と思う。以前に立川支部の役員にも「ネットを利用して貸主と借主を直接結び付ける新しいやり方で賃貸の仲介をする不動産屋が出てきていて、やがて業界を席巻するだろうから、備えておいたほうが良い」と話したのだが・・・、危機感が希薄な役員には理解できなかったみたい。

「備える」というのは、我々のほうも「食っていけている現状」に胡坐をかいているのでなく対応力や適応力をもって「改めるべきは改めなければならない」「柔軟な姿勢でなければならない」、ということ。

役員でさえ、「その時が来れば、上(協会本部とか監督官庁)が何とかしてくれる」、くらいに思っているか、あるいは何も考えていないか、おそらく後者だと思うけど。南の海上で発生した低気圧が勢力を増し史上最大の台風となって日本列島に近付いていて、気象予報士が「今晩から明日の朝に掛けて首都圏は暴風域に入ります。交通網が遮断されることも予想されます」と呼び掛けているのに「まさか、ここは通らないだろ」と何も備えないようなもの。無知無関心ほど怖いものは無い、という典型。

何度も書いているけど、うちの全宅立川支部は無能でポンコツな役員ばかり。一部の実力者で私物化されていて、会員の為、業界の為、消費者の為に何ができるか、何をしなければならないのか、ということなど全く考えていない。志のある役員も過去にはいたけど、役員を降りてしまっている。残っているのは「何かのお零れに与りたい」「そろそろ自分に支部長の椅子が廻ってこないかな・・・」と期待している奴だけで嘆かわしい。

一人だけ、役員の中に「この人なら・・・」と思える人がいるけど、支部長職は引き受けない(立候補はしない)だろうな・・・。今、私が具体的に名を挙げれば他の役員から反感を持たれて逆に支部長の目は無くなるし、迷惑を掛けることになるから言えないけど。志はあっても、あの中にポンと放り込まれたら何も出来ないかな・・・。とにかく、今の立川支部の役員は上から下まで腐っていて異臭が漂っている。

再三言っているけど、それは我々会員業者も悪い。1000万円を供託するところを協会に加入すれば60万で済むんで、とりあえず入るけど、あとは勝手にやってくれ、と無関心でいるのだから。見て見ぬフリ、おかしいと思っても声を上げない、そういう無関心がやがて自分たちの首を締めることに気付いていない。学校のイジメと同じ、事実から目を背けていた例の野田市教育委員会や学校と同じである。

などと批判していると、「じゃあオマエがやってみろ!」と言う奴もいるだろうけど、うん、いいよ、今の無能な役員が全員辞任して二度と役職に就かない、と約束してくれるなら置き土産代わりに私がドブ掃除をしてもかまわない。上から下りてきた案件を追認するだけなら馬鹿でも出来るしね (^◇^)


で、こういう会社がある。

ウチコミ

我々不動産屋はこの会社(のシステム)を十分に研究したほうがいい。

非常に目の付け所が良くて、これから益々伸びていくことだろう。逆に、旧態依然とした業態の不動産屋はシェアを奪われることになると思う。ここの社長、以前にマツコさんのトーク番組の収録でご一緒していて面識がある。とても有能な社長である。

「OYO」も「ウチコミ」も、我々は危機感を持って研究すべきだろう。

posted by poohpapa at 05:47| Comment(6) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

あわや救急搬送・・・

昨日、お客様のお車で物件を案内した。場所は立川の外れ。お客様は私の店が車を保有していないのは承知しているので、いつも店まで迎えに来てくださる。実は、その物件を案内するのは、この一週間で4回目。なぜ4回も案内しているか、と言うと、最初が奥様のみ、次が伯母様と、次が長男のお嫁さんと、そして真打がご主人。それぞれに見てもらわなきゃならない事情が有るが全員の都合が合わない。

それで、昨日は午前中(3回目)と午後(4回目)の2回案内したのだが、その4回目の時、マンションの駐車場で「先に、現地にセッティングしてある鍵を取り出してドアを開けておかなければ」と小走りで部屋に向かおうとして車止めに気付かず躓いて吹っ飛んだ。目の前にはマンションの壁の角・・・。

吹っ飛びながら「どこかで見た光景だな・・・」と思った。ちょうど1年前の4月6日、テレビ朝日のバラエティ番組の収録に呼ばれてタワービルの入口で躓いてビルの角に頭をぶつけて虎の門病院に救急搬送されて、頭蓋骨の骨折と6針縫合していて、その時と同じ吹っ飛び方。違っているのは建物の角までの距離くらい。

いや、距離的にはそんなに違わなくて、向かっていたスピードでの勢いの差だったかも。今回は顔面や頭には損傷は無かったが、右側の腰を強打して、左の手首は「骨折したか、ヒビくらい入っているかな」と思えるほど痛かった。直ぐには立ち上がれず、お客様がビックリして狼狽えていたほど。

大袈裟な話でなく、倒れた瞬間は「うわっ、救急車呼んでもらうようかな」と思ったほど。昨日より今朝のほうが痛い。これから腫れてくるのかなあ・・・。若い頃と違って回復が遅いからなあ・・・。

それでも、案内は無事に終え、4時には早仕舞いして(店仕舞いじゃないよ)徒歩3分の家に帰って床についた。ここんとこ睡眠不足が続いていた、ということもあるし・・・。

だが、そういう時に限って何度も電話やメールが入る。普段はプスンとも鳴らないのに・・・。まるで様子を見ていて「嫌がらせしてやろう」と狙っていたかのように・・・。ウトウトしかかったところで電話、その後もメールラッシュ。「それ、今じゃなくてもいいでしょ!?」と言いたくなるような用件もいくつかあった。

極めつけは岩手のたぁさん。「独活が届いたよ」との連絡。へ・・・?、国分寺農協は「20日から順次発送します」と言ってなかったっけ??、である。そりゃあね、早く着く分にはいいことだし文句は無いけど、予定外に今日着いちまったら今日電話が入るもんだろ、と文句を言いたくなった。ま、安心はしたが。

一番大きな4kg の箱で頼んでいたら、立派な独活が8本入っていたらしい。地方によってはあまり馴染みの無い野菜だろうけど、ま、知り合いにお裾分けしてもらえたら嬉しい。


今朝は、まだ手首と腰が痛い。右腰を下にして横になれなかったし・・・、睡眠不足は続いている。歳を取ると、どうも注意力散漫になっていかん。今日は一日安全運転で仕事しよう。

posted by poohpapa at 05:54| Comment(9) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする