2019年04月23日

正直で飾らない人

上田まりえ 小中学校で「ずっといじめ受けてた」…「ブス」に苦しんだ告白の「補足」
デイリースポーツ/神戸新聞社  2019/04/23 00:12

私はまりえちゃん大好き。ぶっちゃけ、アナウンサーとしては「容姿に恵まれている」とは言えず、本文中に「お前はビジュアルが中の下なんだから」とスタッフから面と向かって言われた、とあって、それは私も同感。100点満点で言えば40点くらいの器量かな、と思う。たぶん私も同じくらいのレベルだろう。

だが、彼女は裏表がなく正直で、嫌なことを言われたりして辛い思いをした経験(苦労)がしっかり身に着いていて、人に優しく出来る人。「5時に夢中!」をいつも観ていてそう感じていた。その「ゴジム」で本番前に震えがくるほどの緊張感で押し潰されそうになっていたのは、そういうことだったのかも。番組の雰囲気からして、あの番組のスタッフなら無造作に言いそう。MCの「ふかわりょう」氏が後に、「まりえちゃんを支えられなかったことを後悔」と述べているからそうなんだろうな。主犯格は大川プロデューサーだったりしてね (^◇^)

やはり本文中に「詳しい話は割愛しますが、私は小・中学生のときずっといじめを受けていました」と明かし「いじめられた側は、大なり小なり、一生消えることのない傷を負うのだと思います。私にも何かしらの原因があったかもしれない。だから、理由を知りたかったし、何かあるのであればきちんと謝りたかった」とあって、普通は自分をイジメていた奴らを恨みたいところだろうけど、そんなふうに思えるのは立派。

うちのがよく「言ったほうは忘れるけど、言われたほうは一生忘れない」と言っていて、その通り。刺したほう(加害者)は忘れるけど刺されたほう(被害者)は傷痕を見る度に思い出すから忘れることは無い。

ただし、韓国が日本のことを「千年経っても日本の植民地にされた恨みは忘れない」みたいなことを言っているのは論外。道で韓国人同士が喧嘩して、倒れている人を病院まで運んで治療費まで出してあげた日本人を恨み続けるようなものだから。いつの間にか「自分に大怪我させたのは、この(病院まで連れて行ってくれた)日本人」という話になっていて、お人好しの日本人にイチャモンをつけて、その後の生活費まで出させようとしていて本当の加害者(同朋)を吊し上げる勇気も無い。そもそも憎む相手を間違っていて根拠も嘘だし。

ま、それはともかく、まりえちゃんには「心を癒して新天地で活躍してもらいたい」と思う。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご参考までに、まりえちゃんのブログから、

#顔⠀今回撮った写真の中で、これが1番好きかも…!⠀私はずっと自分の容姿に自信が...

「補足」

ぜひお読みになってください。きっと、まりえちゃんのファンになりますよ (*^_^*)

posted by poohpapa at 06:10| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする