2019年05月09日

住宅新報版ブログがGW中に満10周年を迎えました

業界紙である住宅新報さんで連載させて頂いているブログ(コラム)が満10周年を迎えました。

このGW中に500話に到達して、今は501話になっています。連載が始まったのは平成21年5月12日で、今日まで一回もお休みしたことがありません。このブログはちょいちょい休みますが (^^;

当然に、政治や芸能、プライベートなことまで綴っているこのブログと違って、書かれている話は全て不動産ネタであります。どんなことにも言えることですが、続ける、ということは大変なこと。

過去ログでも書いていますが・・・、立川支部の現副支部長からは「坂口社長、嫌われてますねえ。坂口社長の名前が出ると『ああ、ブログの人ね』と言ってる人がいますよ」と小馬鹿にされましたけど、ならばブログでも何でも、何か続けてみてから言えばいい、と私は思いますね。

話が横道に逸れますが、

私は、「人間、ある程度の割合の人から嫌われてこそ社会の役に立つ」 「誰からも嫌われない人は、クソの役にも立たない」と思っていて、大人の社会で嫌われるのは、痛いところを突くから、だと思うのです。嫌われるのを承知でリスクをしょって意見してくれる人、というのは自分にとって非常に有益な人ですね。まあ、現副支部長は誰からも嫌われていませんが、反面、心から信頼して慕ってくれる人もいないんじゃないかな・・・。

「相手が嫌がることは言わない」というのも一つの処世術だとは思いますが、本質的に「冷たい」のであって、付き合いは長く続かず人は離れていくもの。だから、私みたいに半世紀以上も付き合いが続いている友だちが何人もいる、なんてことはないでしょうね。本人がそれで良ければかまいませんが。もしかすると、宅建の支部(小さな組織)の役員にはそういう人のほうが向いているかも知れませんけど。

こういうところで書くのは反則なんでしょうけど、本人に直接言っても理解することも認めることもないでしょう、今は私のことを嫌っているみたいですから。私は嫌われること自体は何とも思っていません。そんなのは「嫌われる勇気」なんて本など読むまでもないこと。人間、本当に相手のことを思ったら、例えリスクがあっても真剣にぶつかるべきだと思うのです。それをしない人、結局は「御身大切」なのですから信頼もされるワケがありません。私が本音でぶつかった相手の中には離れていった人もいますけど、それは仕方ないこと。冷たいようですが、そもそも「それだけの付き合いだった」ということですね。

だいたいが、大人なのですから「本当に自分のためを思って意見してくれたのか、腹立ちまぎれに言っているのか」なんてことはすぐ解かること。親や教師に叱られている子供と同じかな。年端のいかない子供だってちゃんと解かっているもの。ただし、相性というものがあって、どうしたって互いにそういう信頼関係に至らない、というケースもあるものですが。

もちろん、もう付き合いを切るつもりで最後に言いたいことを言って・・・、というのはダメであります。言葉は選んでいても、ここ一番という場面では真剣に本音で対峙しなければならないもの。現副支部長が「ああいうこと」を私に言ったのは、「こいつとは縁が切れてもいい」と思ったからでしょう。自分が目を掛けていた支部の若い役員を私が辞任に追い込んだので相当に憤慨していましたから。大切なのは、好き嫌いとは関係なく「誰が正しいか、でなく、何が正しいか」なんですけどね。

私は「友人知人に恵まれている」ということでいえば、確実に、日本で上位1%、いや0.1%に入っている、と確信しています。みんな(皮肉など言わずに)ハッキリ意見してくれます。信頼関係がしっかり築けていれば、皮肉やキツイ冗談を言われても互いに赦せますしね。


話を戻して、思えば、10年前に「住宅新報にコラムを連載しませんか?」と声を掛けてくださったS記者は既に退社していらっしゃいますが、御恩は忘れていません。始めた当初は、「10話か20話くらいで打ち切りになるのでは」と思っていて、こんなに続けさせて頂けるとは思ってもいませんでした。心から感謝しています。

実は冷や冷やしていたりします。住宅新報さんのスタンスと私の考え方が必ずしも一致しているとは限らないからです。もちろん、大幅に食い違っている、ということはありませんけど・・・。この先、何話まで続けさせて頂けるか不明ですが、お許し頂けるなら一話でも長く続けさせて頂きたいと願っています。

住宅新報版ブログ(週刊)が10年で501話、当ブログが15年で5750話・・・、今後ともどうぞ宜しくお付き合いのほど、お願い申し上げます m(____)m



posted by poohpapa at 06:10| Comment(6) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする