2019年05月17日

江原さんのちょっと残念な発言

「5時に夢中!」の水曜日のコメンテーターである江原啓之さん、私は好きだけど、先日の丸山議員の発言に対していつになく血色ばんで強烈に非難していて、ちょっとガッカリ。思ってたより賢くないかも。

北方領土が外交交渉や話し合いで平和的に戻ってくる、と思っている人がいたなら「お花畑」でオイオイである。もし、戦争しないで戻ってくる日があったなら、その時には日本は(いろんな意味で)物凄い対価を支払わされている、ということだろう。

これ、日本を「馬鹿でスケベな客」、ロシアを「超高級クラブのホステス」に例えると解かりやすい。

つまりは、超高級クラブの売れっ子ホステスの常套手段と一緒。足繁く通って「同伴」もして、「いつかやらせてくれそう」「もう落ちそう」という雰囲気を醸し出して期待させ、客に目一杯注ぎ込ませて最後までやらせない・・・、ロシアの魂胆はそれと全く同じ。まあ、ホステスのほうは「やらせてくれない」までも楽しい時間を過ごせて夢を見させてもらっただけマシだが。ロシア、「還す還す詐欺」の実行犯と言える。

今の段階は、「お母さん、今、おうちに現金はいくらありますか?」と訊いている場面かな。


維新の松井代表、火の粉が飛んでくるのを恐れて丸山議員を即行で除名処分にしたけど、判断を誤ったと思う。むしろ「丸山議員の言わんとしたことはこういうことであって、あながち間違いとは言えない。外交交渉や話し合いで、というのは、むしろ現実的でなく、ロシアに、いいように我々の税金を毟り取られるだけ。憲法の縛りがあって日本から戦争を仕掛けることは出来ないが、領土の奪還は戦争でしか成し得ない、と我々は認識すべきであろう」くらいに言えば良かったと思う。

それにしても、日本の政治家、マスコミ、テレビのコメンテイターのレベルの低いこと。自分が標的になって炎上しないよう視聴者受けを気にして「耳障り」のいいことしか言わない。本当にそう思っているとしたら全くの能天気。ネットでは見かけるものの、テレビでは丸山議員を擁護する発言は聞こえてこない。

ま、DHCテレビの「ニュース女子」に期待するしかないか・・・。

posted by poohpapa at 06:03| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする