2019年05月23日

生き方の参考になる「いい話」

あの松下幸之助が新人研修で語った、「自分の運を良くする方法」 MAG 2 NEWS 2019.05.21

長く生きてきた私からすると至極「当たり前の話」ではあるけど、大いに参考になる。

文中の、「人間、9割は自分ではどうにもならない運命のもとに生きている。その運命を呪ってはいけない。喜んで受け入れる。すると、運がよくなる」という松下幸之助氏の言葉は、私が感銘を受けて常に心掛けている西洋の諺「現状を受け入れられる人は楽しめる分だけ得である」と通じているもの。

要は「前向きにポジティブ思考で生きている人は、ネガティブ思考で生きている人より幸せになれる」ということ。「何をもって幸せと思うか」の基準は人それぞれなので、他人が人の幸不幸を判断するのはナンセンスだけど、周りを見ていると、ほぼ100%当て嵌まる。

高校時代、成績優秀なKという在日の同級生(女子)がいた。高校生だし、今と違って整形しているワケでもないが凄く綺麗で、韓国人特有の顔立ちではなかったので同級生から在日と聞かされるまで私は知らなかったのだが、知ったからといって彼女に対する見方が変わった、なんてこともない。だが、どうにも好きになれない一面を持っていた。それは、彼女が僻みっぽくてネガティブで、根暗なこと。反日感情も持っていたと思う。

放課に男子生徒がバカっ話をして笑っていると、ボソッと「男は単純でいいよね」と暗い目をして卑下して言う。そういう輪の中には入ってこない。ずっと「いやな顔」をしているのだ。気になって、友達(女子)に「何か知ってる?」と訊くと、「彼女は在日なのよ」とのこと。だからどうだって言うのか、である。我々が差別したり仲間外れにしたり、なんてしてないのだし、自分から輪の中に入ってくればいいだけの事。

昔の思考回路と変わっていなければ、今も幸せにはなっていないと思う。と、偉そうに言っているけど、私がポジティブ思考になったのはかなり大人になってからの話。若いころは私も、家が貧乏だったこともあって、わりとネガティブだった。今、「自分はすごく幸せ」と実感できるのは、古くからの友人や、転職した先々での先輩や仲間、いろんなご縁で繋がっている人たちのおかげ。私が感謝の気持ちを忘れないで気に掛けているから相手も気に掛けてくださっている。カネとか物ではなく、ハートの話。これは夫婦間にも言えると思う。

話が飛ぶけど、なので、韓国が日本の粗探しをしたり嘘の話をでっち上げてまで反日行動に励んでいるうちは韓国は一流国家にはなれないし今以上に発展することはないと思う。日本人の中にも悪い奴はいるから併合時代に朝鮮半島で「悪さ」した日本人もいるだろうけど、少なくとも欧米諸国が行った植民地政策のように現地の人を奴隷のように扱ったり資源などを搾取するようなことはしていなかったであろう。

インフラを整備して学校や病院に現地の人も通えるようにして選挙権まで与えていたのだから、恨まれる筋合いはない。韓国人のDNAとも言える「妬み」や「僻み」の国民性が反日に向かわせていて、それは韓国人のDNAなのだから未来永劫消えることはないと思う。ならば付き合うのは無理。

旅行会社から送られてくるパンフに、よく「ソウル3日間19800円」とかあるけど、現状の日韓関係で、よくツアーを組めるもの、と「何でもアリ」の旅行会社に呆れている。ま、韓国を旅行しようと思う日本人がいるのも事実で、差別はしないけど、私なんか傍に韓国人がいるだけで気持ち悪くなる。

韓国人、過去も現状もポジティブに受け止めて、日本のいいところも率直に認めて、妬み僻みの根性を捨てればもっと発展すると思う。ま、無理だろうけど。先ず「カネに汚い」ところから改めてもらいたい。


本題に戻って、

「もう1つは、社会人になってお金が一番大事と思ったらあかんぞ。もちろんお金も大事やけどな、お金は失くしても取り戻せるんや。しかし、人生にはこれを失うと取り戻すのに大変苦労するものがある。それは信用や。信用を大事にせなあかん」

そう、信用は築くのに何年も何十年も掛かるけど失う時は一瞬。だから怖いし、大切で重要。

記事本文のネオンの話も参考になる。私が以前に勤めていた建売会社の社長が二言目には「コスト意識を持て」と言っていて、それは自分が経営者になって初めて解かること。だが、それでは遅い。若いころから染み着いていれば、将来は立派な経営者になれることだろう。

高校時代はPHP(小冊子)をよく読んでいたなあ・・・。市の図書館に置いてあるみたいだから久しぶりに読んでみよう。松下幸之助氏の経営理念・・・、もう今の役員たちには受け継がれていないかも。



posted by poohpapa at 06:09| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする