2019年06月28日

真っ当な判決と?マークの判決

真っ当なほうはこちら、

意図的に事実と異なる記事…元朝日記者の請求棄却  読売新聞  2019/06/27 08:53

裁判所も「事実と異なる」つまり「捏造」と認めたワケで、これで訴えるかねえ、という話。屋根裏から盗みに入ろうとして天井が抜けて床に叩き付けられた泥棒が家の持ち主に対して「管理が行き届いていない所為」だと慰謝料と損害賠償を求めるが如き訴えであろう。お笑い沙汰、狂っているとしか思えない。


? のほうは、賛否が分かれると思うけど・・・、

「夫に抵抗するのは困難」 母親に保護観察付き猶予 FNN PRIME 2019/06/26 05:19

情状酌量の余地はあるけど、求刑を上回る猶予判決・・・。心愛ちゃんが縋ることができたのは(教師も教育委員会も信頼に足らなくて)本来は母親しかいなかったのだし、個人的には、求刑より短くても実刑が妥当だったのでは。保護観察付きといっても猶予判決で娑婆で暮らすのは母親にとってもキツイだろうし喜べないんじゃないかな。自殺の恐れもあるし、しばらくは刑務所の中にいたほうがいいように思うんだけど・・・。

それにしても、父親・・・、最低の男だなあ。自分より弱い者に鬱憤をぶちまけて。このままでは死ぬ、と十分に予測は付いただろうから、傷害致死でなく「未必の故意」による殺人で裁いてほしい。

これ、むしろ、教師や教育委員会の面々こそ実刑にしろ、と言いたい。まだ職に就いているのかねえ。

posted by poohpapa at 05:10| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

これは驚き (^^♪

ご覧になった方もいらっしゃるでしょうけど、これは凄いです。

ま、ネタバラシはしません、最後までお聴きになってください。

脅威の歌唱力です!!!圧倒的な声量でした!!鳥肌ものです!!誰なのかな〜〜〜???

ほんと、鳥肌モノですよ (^◇^)


続けて、こんな動画も観ました。ご夫婦だとか、素敵ですね、こういうの。今も夫婦かなあ・・・(おい

雨の物語&22才の別れ〜カバー2011冬〜

私も40年ほど前、女房(元妻)と共通の趣味を持ちたいと思ってギターを教えようとしましたけど・・・、5分で諦めました。向き不向き、ってあるものですね。現妻とは全く趣味が合いませんが全然OKです。


記事をアップして1時間も経ってから追加。前にも貼ったっけかなあ・・・、これ。

輝&輝「津軽じょんがら節」


若い人が日本の伝統芸能を受け継いでくれるのは嬉しいですね。

Shamisen Girls Ki&Ki - Tsugaru Jongara Bushi

京都でしょうか、こちらはイイ雰囲気。入れられたコメントのほとんどが英語、というのも凄いです。


あかん、こんなの(超絶技巧のマリンバ演奏)もあったわ、続けて貼っちゃお、

なつ&かよ、上野公園「トルコ行進曲」

オバサンたちも頑張ってるなあ (^^♪

posted by poohpapa at 04:57| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

ジジイ(私)、電車で若者に席を譲る (^◇^)

昨日、町田支部長に夏のご挨拶に伺ってきた。町田支部のO支部長には大変な恩義がある。

何度も書いているけど、

以前に、私が立川支部に「支部の運営に関する改善提案など」を10項目ほどにまとめてFAXで送り、F前支部長から「少し時間をください」との返信をもらっていたが、その後、1週間ほどして「理事の総意として回答いたしません」と門前払いの回答が届いて、それを町田の支部長に相談したことがある。

私が立川支部の広報委員をしていた時に立川支部の機関誌の「他支部訪問」という企画でお邪魔させて頂き、町田支部がO支部長の発案と実行力で画期的な改革を進めているのを知り、「この方なら解かって頂けるのではないか」と思ったからである。O支部長は丁寧に私の話を聞いてくださり、賛意を示してくださった。

おそらく、支部役員の総意、ではなく、会議に諮らず顔役と相談して「無視してやれ」ということになったんだと思う。30名いる役員の全員が回答しないことに賛成するとは思えない。もしも会議で「それでいいか?」と問われて、誰も何も言わなかったとするなら、私が普段から言っているように「立川支部の役員は役立たずのポンコツ揃い」ということになる。いずれにせよ、役員、昔も今も上から下まで腐っている。

その後、人づてに、本部の会合でO支部長がF支部長と顔を合わせた時に「会員の真摯な提案を無視するというのはどういうことだ」と抗議してくださり、あわや取っ組み合いの喧嘩になるところを他の支部長が間に入って収めた、とのこと。O支部長は私にはそんなことは一言も仰らなかった。凄い人だな、と思った。

以来ずっと尊敬申し上げている。その後、東京都本部の副会長に就任なさっているが、役目を終えられた後、楽をさせてもらえることなく再び町田支部の支部長に就任している。普通はそんなことは有り得ないから、いかに仲間からの人望があるか、ということであろう。「他になり手がいない」ということではないと思う。

昨日、O支部長は本部の会合に出られていてお店にいらっしゃらなかったが、奥様が「主人は坂口さんと話をするのを本当に楽しみにしているんですよ」と仰って頂いて恐縮してしまった。とても嬉しいお言葉だった。


で、八王子から横浜線で「古淵」に向かう途中、私は座っていたのだが、一つ手前の「淵野辺」という駅から大量に女子大生と思しき人たちが乗り込んできた。たまたま私の隣の席が空いていて、二人組の一人が座ったので、「私は次の駅で降りますのでどうぞ」と席を譲った。最初は「いいです、いいです」と遠慮して手を横に振っていたが、私がドアのほうに向かって歩き始めたので観念して座ったみたい。

降りる際にその女子大生のほうを見ると笑顔で会釈してくれた。そう、それこそが私が期待していた「見返り」である。見返りはカネとかモノであるとは限らない、体・・・、でもない。老若男女を問わず、私が一番欲しているのは笑顔である。自己満足なんだろうけど、たったそれだけで一日気分よく過ごせたりして。

O支部長へのご挨拶を済ませて帰る途中、八王子駅の改札内で、またキャラメルウィッチを買うことにした。売店には、以前に「テキパキと手際よく仕事なさっていて感じがいいですね」と褒めたお姉さんがいた。お姉さん、最初は気づかなかったが、「お、いたね」と言うと、思い出して満面の笑み。「最近はよく(シフトが)入っているんですよ。ぜひまた買いに来てくださいね」と言う。そういうやり取りは楽しい。

まあね、景気も体調も良くなくて心配事もあって、最近はそういうことしか楽しみがない。考えようによっては、そういう些細なことを喜べるのだから私は幸せかも。贅沢は言わない、それだけでいい。

posted by poohpapa at 05:43| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

記事の更新が変則的に途絶えている理由・・・

今月の上旬に一週間ほど更新を休ませて頂きましたが、その時は本当に自律神経失調症で、時折、猛烈に(吐き気ではなく)気持ち悪くなっていまして、今は別の事情であります。

ノルンの命の灯火が消えようとしています。一週間ほど前から餌を食べなくなりました。

DSC07142.JPG
ま、眩しい・・・

DSC07163.JPG
水なら飲める・・・

ノルンは今14歳と2ヶ月。ノルウェージャン・フォレストキャットの平均寿命が11歳〜14歳ということですから、既に十分に天寿は全うしているのかも知れませんが、飼主からすれば「一日でも長く元気で生きていてほしい」と思うのが人情。1年ほど前から「キャットタワーから通路を挟んで1mほどの窓」に飛び移ることが無くなりました。飛び移ろうとして失敗したから、とかでなく、ピタッと無くなりました。

それと同時にオシッコの回数も以前は一日に2回ほどだったのが7〜8回に増え、オシッコの臭いもほとんどしなくなりました。最近はまた一日2〜3回になって臭いも戻っていますが、トイレじゃない場所ですることが多く、うちのが毎日、ペットシートを洗濯しています。

当社のお客様でもある掛かりつけの動物病院に連れて行っておりましたが、隣の国立市の動物病院ですし、ノルンの体力や精神的な負担を考えると、痛がったり苦しがったりしているなら話は別ですが、ノルンのストレスになるようなことは極力避けたい、と考えて、先生とも相談して、何かの際は近場の動物病院に連れて行くことにしました。と言っても、昔からノルンを知っているワケでもありませんし不安ではあります。

うちのといろいろ考え、相談して、「とくに痛がったり苦しがったりしないのであれば、点滴などを打ってもらう延命措置はせず、このまま見守っていてあげよう」 と決めました。それで一週間単位で最期の日が先延ばしになったとしても、もしかするとそういうのは飼主の自己満足、エゴかも知れませんね。そういうのは個々の飼主の判断で良い、とは思いますので、延命のための治療をするとかしないとかで他の飼主さんを批判したりはしません。「うちはしない」ということです。もちろん、ノルンと一日でも長く一緒にいたい、というのは我々の願いではありますが、ノルンが一番信頼しているうちのがずっと傍にいて最期を看取るのが最善でしょう。

こういうご報告をすると、いろんな方から「こうしてあげるといいですよ」とご厚意でアドバイスを頂いたりして、それはとても有り難いことですが、今はどんなに素晴らしいアドバイスを頂いても何も実行できないと思います。私たちにはただ見守ることしかできないのです。なので、この記事にはコメント欄を設けませんし、他の記事のコメント欄からも、この件に関してはコメントなさらないでください。

うちのにとってはノルンが一番の宝物で、今までもノルン最優先で生活してきました。私は「ノルンより下」の位置づけで、もちろん、私はそれでかまいませんし、僻んだこともありません 、当然です。まだ生きていますが、ノルンも、うちのから目一杯の愛情を注がれていて幸せだった、と思います。ペットは飼主を選べませんから、どこに(誰に)もらわれたかで幸不幸がハッキリ分かれるものでしょうね。

以前、孤独死したブログ仲間の Cyber (強烈な精神異常、サイコパスで、私も相当に苦しめられましたので敬称は付けません)の部屋で飼主の死後1ヶ月半も、餌も無く、洗剤の入った浴槽の水だけで生き延びて、先日、保護先で幸せな最期を迎えたエルちゃんの例があるので、餌を食べなくなって水だけでどれくらい生き延びられるのか分かりませんが、確実にカウントダウンが始まっていると思われます。

幸い、うちのが「もしかすると、いつもの固形の餌を水で柔らかくしてあげれば食べられるかも」と気付いて、一昨日やってみたら何回かに分けて食べるようになりました。それでも量的に言えば元気な頃の半分も食べていないでしょうけど、全く食べないよりいいでしょうね。それにしても、少し延びてくれるかな、という程度かも知れませんけど・・・。うちのがそっと撫でてやると喉をゴロゴロ鳴らすようです。

そういえば、(ノルンと一緒に生まれた)タクトくんとムーンちゃん、今頃どうしているかなあ・・・。ネットで探しても情報がありません。ブリーダーさんとも連絡がつかなくなってしまっていて・・・。

私が家にいる時は、奥の和室から出てきて餌を食べている様子の動画や写真を撮っています。そういえば、以前はうちのがPCをやっていると、ずっとうちのに寄り添って寝ていましたが、今は、リビングに置いてある餌と水を摂るとき以外は奥の和室で寝ていて、あまりに動かないので「冷たくなっているんじゃ・・・」と心配になるほどです。ま、一週間前より元気そうですが、それも束の間でしょうか・・・。

で、うちののノルンに対する愛情や接し方なんかを見ていて、私はつくずく思います。「私は本当にいい女房をもらったなあ」と。うちのにとってはノルンが一番大切で構わないし、私もそうあってほしいと思っていますが、ノルンには申し訳ないけど私にとっての宝物、うちのが一番です。ノルンには100%の愛情を注いでいるくせに「私はおとうちゃんの介護はしないからね」と言っていて、それでも、です。

ペットを挟んで、とか、子供を挟んで、とか、カネを挟んで、とか、そういうことで互いの真の人間性が判ってしまうことって有りますよね。うちの場合は、その試金石がノルンだった、ということでしょうか。

ということで、とりあえずのご報告と、更新をサボっている言い訳でありました。


posted by poohpapa at 06:25| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

kotako さんからの贈り物

昨日の朝、フジの「とくダネ!」を観ながら食事していたところにメールの着信音・・・、

誰からだろ?、家主さんかな、と思って開封してみたらブログ仲間の kotako さんだった。

「今日、メール便が届くと思いますが、覚えのない所から届いたら気持ち悪いかと思って」との事前連絡だった。メール便に納まるようなもので直接でなく他から届く・・・、心当たりが無いからそのほうが気持ち悪いかも。待てよ、先日、お子さんにお菓子を少し送らせてもらったから、それでかな、でもメール便・・・、

とあれこれ考えていると、テレビでは2020東京オリンピックのチケットの話題を取り上げていた。抽選結果も出たようで、あ、もしかして、義理堅い kotako さんのこと、自分たちが当てた開会式のチケット(ペアで60万円)を我々に送ってくれたのかも、きっとそうに違いない、と思っていると、

折しもテレビで、「当たった人は基本的にキャンセルできないし転売もできない」と言っていて、「誰かに譲る際には購入履歴から変更できるが、家族とか親族でないと・・・」と小倉さんがコメントしていて、ならばここは kotako 家に養子縁組してもらってでも行きたい。ま、とにかくメール便の到着を待つことに。

それにしても、開会式のペア60万円の席で観覧する人はマスコミからも注目されるだろうから、どんな服を着ていったらいいものか、真夏だし選択は難しいかも。いつも夏の海外旅行で着ているゴルゴ13のTシャツというワケにもいかないだろうし、洋服ダンスを覗いて悩んだりして・・・(気が早い)

夕方、帰宅すると、kotako さんからのメール便が机の上に置いてあった。封を切ると、思った通り開会式のペアチケット・・・、でなく、特注品の印鑑だった。直径が15mmもある実印みたいな印鑑で、しかも実印を入れるような立派な(朱肉付きの)ケースに収まっている。上に私の苗字、下には猫のイラスト。うちのが「目がノルンにそっくり」と言って喜んでいた。私も「ノルンにすごく似ているな」と思った。

kotako さんは「宅急便の受け取りにも銀行印にも使えますよ」と仰っているが、宅急便の受け取りになんか勿体なくて使えない。フルネームでなく、うちのでも私でも使えるものなので、うちのに「あなたが使って」と渡した。きっと、一生の宝物になると思う。

ここでバラしちゃうけど、毎年JCBザ・クラスの懸賞に応募していて、大阪のUSJの4人分入場券と宿泊券で、本当に、当たったら kotako さんにプレゼントしようと思っていた。kotako さん、USJはお好きみたいだし、当たる確率は低いけど、以前はTDLで応募して当てているから、無いとは言えない。毎年JCBがこの懸賞の企画を実施しているのでこれからも毎年応募するつもり。気長にお待ち頂こう (^^♪


kotako さん、お気遣いありがとう。涙が出るくらい嬉しいです。いや、ワケあって本当に泣いてました 💧

posted by poohpapa at 06:38| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

小樽三角市場の武田商店の気遣い

先日、恩師にお送りした毛ガニの分の請求書とコンビニ支払いの用紙が届いた。

のではあるが、普通に封書で届いたんじゃなく、なにやら厚みがある封筒・・・。

開けてみると、


DSC07152.JPG

「味付 帆立貝ひも」が同封されていた。そういえば前回もそうだったわ (^^♪

こういうのは、ほんと、気が利いている。ただ請求書と振込用紙が無機質に送られてくるより温かみがあって感じ良い。どこかに海産物を送る際にはまた武田商店を利用しよう、と思うもの。

我々も、申込みが入って精算書をお客様に送る際にはFAXでなく郵送にして、「味付 帆立貝ひも」を同封する・・・、なんてことはできないけど、お客様に「ああ、こういう気配りは嬉しいよね」と思って頂けるような工夫があってもいいような・・・。「安易なキャンセル」止めにも繋がるかも知れないし。

百均の商品券10枚を同封するとか、協会がダイソー等の百均と提携すればいい。不動産業界のイメージアップにも繋がるかも。それでもキャンセルになった場合は、返すかどうかは相手の良心に任せるしかないけど。いずれにしても、安い宣伝費で大きな効果が得られるように思うのだが・・・。



posted by poohpapa at 06:12| Comment(2) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

気になったニュースをいくつか

お気に入りに入れて「いつか記事にしよう」と思っていて、このままではお蔵入りになりそうなので、古い記事ばかりだけど並べてみる、その第一弾。少しだけ論評を添えたりして。前半はほぼ韓国絡み。


岩井志麻子氏が韓国人に差別発言。TV局がそのまま放送で賛否両論

これ、どこが差別なんだろ??、ただ正直に本音を言っただけじゃん!

岩井志摩子女史の年下の旦那は韓国人で、女史は何度も韓国を行き来していて誰よりも韓国人の気質を知り尽くしている。その女史が率直に例えた話で、実に的を射た感想。関西テレビの新社長が「差別発言」だと認めて謝罪したそうだが、その必要はなかったと思う。言葉尻を捉えて「差別だ」「人権があ」と騒ぐ奴にいちいち反応しなくていい。向こうのバラエティ番組はもっと日本を見下して貶めているのだし。もちろん、韓国が謝罪した、なんて話は聞いたことがない。同じ土俵に上がってもいい。

そうなってくると、志摩子女史の居場所はMXテレビしかないのか・・・。いや、レギュラーで出ている「有吉反省会」で、「私は関西テレビの番組で、ついうっかり、韓国人の気質について『手首切るブスみたいなもの』と本音で語って騒ぎを起こしてしまったことを反省しにやってまいりました」とかやってほしい。

志摩子女史の旦那、18歳年下、ということで、磯野貴理子氏と似ていて、どちらも「カネの切れ目が縁の切れ目」になるのかな。志摩子女史の場合はテレビに出続けていれば離婚はしないかも。


ライダイハンが韓国・文大統領に「DNA型鑑定と謝罪」求める  “迷走”する韓国・文政権

日本に対しては、デマをでっちあげて、高給取りでただの売春婦を「日本軍による強制連行があ」「補償しろ」といつまでも騒いでいるくせに自分たちのしでかした真実には目を瞑る・・・。韓国とはそういう国。とにかく「カネに汚い国民性」ということでいえば他国の追随を許さない。「恥の文化」など無いし。

ちなみに、私は売春婦を立派な職業だと認めている。風俗嬢から部屋の申し込みが入って「貸せるか」(審査を通すか)と言ったら、家主さんのご意向もあるので微妙だが、私は見下したりはしない。


韓国の空港で暮らす「アンゴラ人一家」の真実 日本人少女がメディアより先に情報を伝えた

昔、トム・ハンクス主演の映画で、母国に帰ろうとして直前にクーデターで母国が無くなってしまい帰国できなくなってNYの空港で暮らすハメになった男の物語があったけど、こちらは「母国に帰ったら殺されるかも」という真実の話。日本もたくさんの在日を受け入れて大変な迷惑を被っているんだから、韓国もこの家族くらい受け入れてあげれば?、と思う。韓国・・・、今はそれどころじゃないか (^◇^)

小説や映画化して、版権をこの家族に与える、というのも一方法かと思う。


もう一度言う「岩屋防衛相を罷免せよ」

激しく同意。地元選挙民に「私は頑張ってますよ〜」とアピールしているつもりなんだろうけど逆効果。


絶望的な日本。自民・二階幹事長を反米媚中にした中国の浸透工作

私は二階のことを「国賊」くらいに思っていて、安倍総理が二階を幹事長にした時に「なんで?」と驚いたほど。まあ、そこには安倍総理なりの計算があったと思うけど、二階の顔を見ているだけで不愉快。


読テレ「ten.」番組内で中谷しのぶアナ声震わせ謝罪「あいまいな態度を…」

記事の中で、コメンテーターとして出演していた作家・若一光司が「許しがたい人権感覚の欠如ですね」「こんなもんよう平気で放送できるね」と怒った、とあるけど、ふだん道を歩いていて「前を歩く人、男かな、女かな」と思うことはよくある話。それをバラエティ番組で使っただけ。声の大きな人たちにいちいち反応しなくていい。私は男みたいな恰好をしている女は何とも思わないけど、女みたいな髪形や恰好をしている男は嫌い。こんなところで「人権」を持ち出してくる若一光司、救いようのないアホと違う?


私は「人権」だの「グローバル」だのという言葉にアレルギーを持っていて、「人権」を声高に訴える奴らの思い通りの世界になったなら、逆差別が横行する社会が出来上がっていると思う。一つの例が、今現在家賃を18ヶ月も滞納している入居者がいて(弁護士に依頼中)、そいつの人権を思いやったなら、苦しい生活の中でちゃんと家賃を払い続けている入居者への逆差別になる、ということ。

基本的人権は誰にも無条件に与えられるものだが、それ以外の人権には条件が付いて当たり前。居住権なんてものは家賃を約定通りに払っている入居者が主張できるもの。貸す側にも人権はあるのだし。

いつも言っているけど、なんか、世の中、「プライバシーがどうの」 「人権がどうの」 「個人情報が・・・」などという言葉が蔓延してくると、どんどん住みにくくなっていくように思うのだが・・・。



この企画(?)は今後も続く

posted by poohpapa at 06:51| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

恩師に送った毛ガニ

かなり恩着せがましい自慢話になるけどお付き合い頂きたい。

私は中学を卒業して52年にもなるが、中学1年2年の時の担任の先生とは今もお付き合いが続いている。なぜ今もお付き合いさせて頂いているかは15年前の過去ログをご参照頂けたらと思う。

私にとっての恩師 (前編)

私にとっての恩師 (中編)

私にとっての恩師 (後編)

3年前の4月、北海道新幹線の開業に合わせて一人で北海道を旅した際に、小樽三角市場の武田鮮魚店から恩師に毛ガニをお送りして、後日、恩師からお電話を頂いて「もの凄く美味かったぞ〜」と仰って頂けたので、その後も(一年抜けたが)毎年お送りすることにした。「美味かった」というお言葉が外交辞令的なものでなく本当に美味しかったと思って頂けているのが伝わってきたから、である。

それ以外にも、京都展などで毎回お菓子を送らせて頂いていたが、少し糖尿病が入ってきたとのことなのでこれからはお菓子は見送ることに。で、毎年武田鮮魚店からDMが届く。スタッフのKさん、私が「なるだけ大きいのを」と言ったら、「大きさと味のバランスを考えたら600gくらいが一番いいです。タラバは大きいほど美味しいけど毛ガニは違うんですよ」と教えてくださったので、いつもKさんに依頼。

今年はたまたま電話した時にKさんが席を外していたので電話に出た男性に今年の毛ガニの相場を伺うと・・・、今年の相場は凄いことになっていた。今年の毛ガニは不漁で「数が入ってこない」とのこと。数日前、旅仲間の茨城の歯医者さんがメールで「アメ横で毛ガニを6杯買いました」と写真を送ってくれたのだが、(大きさが正確には判らないけど)一杯で8000円超え。ま、そんな年もあるだろう。

今年は他のものにしようかと思っていたのだが・・・、やはり毛ガニを送ることにした。実は、私は電話した際、「東京の坂口と申しますが」と名乗っていて、それ以外は何も伝えていないのに、直ぐに「ああ、立川の坂口さんですね。愛知のM様に昨年も毛ガニをお送り頂いていて・・・」と言う。そこまでバレているなら頼むしかない、と観念して、ちょうど良い大きさの600gのを2杯お願いした。

それが昨日恩師に届いたようでお礼の電話を頂いた。もちろん、まだお食べ頂いていないのだが凄く嬉しそう。3年前、「毛ガニ、ありがとな。美味しかったわ」と、通り一遍の儀礼的な挨拶の言葉だったならその後の毛ガニは無かったかも知れない。「あんな美味しいモンは今まで食べたことがない」というくらいのテンションだったので単純な私が喜んでいるだけのこと。昔も今も生活は楽ではないが、これからも毎年続けよう。恩師からは毎年元旦に届くよう日本酒を送って頂いているし。

恩師は退職までに1万人以上も卒業生を送り出しているだろうけど、互いにそんなふうに気に掛けたり、卒業後37年も経ってから恩師と二人で海外旅行に出かけたのは私だけだと思う。もしかすると、日本中を探してもそんな経験をしているのは私だけかも知れない。私が人生の中で一番自慢できるのはこのことである。

昨日の電話の中で、「(私が中学時代にイジメていた)ナカチュウの消息が少し判ったで、もう少し確かになったら連絡するわ」と仰っていて、それは朗報。ナカチュウ・・・、当時、私がイジメてもイジメても私に纏わりついてくる同級生で、元気でいるのかどうか凄く気になっていたから有り難い。

たぶん9月には郷里で高校時代の生徒会執行部の同窓会が開かれるから、帰省した際には恩師のお宅にもお邪魔させて頂こう。私も健康不安を抱えているので、もうあまり機会は無いだろうな・・・。

私の体の中を流れている血は半分は両親から、半分は生後に恩師から頂いたもの、と思っている。



posted by poohpapa at 05:59| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

たぁさんのリクエスト

立て続けに「かもめの玉子」のりんごバージョンやらメロンバージョンを送ってくれている岩手のたぁさんに、電話で「何か要るもの無い?」と訊いてみた。すると・・・、

「しいて言うなら果物かなあ・・・」とのこと。良かった、やっとリクエストが出た (^◇^)

私がリクエストを訊いたのは、たぁさんは好みとか「要る 要らない」がハッキリしているので、要らないものを送ってもしょうがないからである。他にも、そういうのがハッキリしているのは伊勢丹の腕利きマネキンのUさん。旅行のお土産なんかも予めリクエストを訊いたりしていて、私としては凄く気が楽。

たぁさん、とくに「メロンが食べたい」とのことなので、伊勢丹、高島屋、駅ビルのルミネ、同グランデュオを見て回ると、高島屋が一番コスパが良かった。最悪は伊勢丹。形や大きさから受ける印象がイマイチなのに強気の値段設定。ルミネやグランデュオは全体的に貧弱で、たぁさんの眼鏡に適わないだろう。メロン以外では「柑橘類も食べたい」とのことなのでデコポンや三河の温室ミカンも送ることにした。

店頭に宮崎産完熟マンゴー、さらに「太陽の卵」なんかもあって、見るからに美味しそうだったのでそれも送ろうと思いメールすると「食べない」とのこと。安堵した・・・、「大好き」と言われたら、訊いた手前送らなければならなくなる (おい)

佐藤錦も見かけたのでメールして売り場でしばらく返信を待っていたが間に合わず、食べないかも知れないから送らずにいたら、「サクランボなら食べる」との返信が遅れてあって、今回は断念。

メロンは当然にマスクメロンで物色。高島屋で一玉5000円(税別)のものが一番良さそうだったから、他の果物も高島屋で購入した次第。そんなもの、自分でカネを出して買うことはない。だが、待っていたらいつまで経っても口には入らない。入ったとしてもケーキの上に乗っている欠片程度。たぁさんだけに食べさせるのは納得いかないので清水の舞台から、いや、スカイツリーから飛び降りて我が家の分も購入した、ほんと。

その証拠写真がこちら、

DSC07146.JPG

DSC07148.JPG

二度に分けて1/4ずつ。至福の時間だった。うちはふだん、シャインマスカットとマンゴーでは贅沢している。外食には行くけど、とくに食べ物で贅沢はしていないから、それくらいは許されるだろう。

9月にはもしかすると田舎(知多半島)に帰ることになるかも知れないので、寄れたら「えびせんべいの里」からえびせん好きのたぁさんにお煎餅を送ってあげよう。ちゃんとリクエストを訊いて (^^♪

posted by poohpapa at 06:14| Comment(12) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

京都府警察特殊詐欺被害防止替え歌「サギの流行歌」

京都府警が作った(松坂慶子「愛の水中花」の)替え歌、よくできている (^^♪

https://www.youtube.com/watch?v=fPnpf62bjwg

posted by poohpapa at 09:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元自衛官、て情報は必要??

大阪で交番の巡査が刺されて拳銃を奪われた事件で、犯人が逮捕されたのは喜ばしいことだが、マスコミが容疑者を「元自衛官」と報道しているのはおかしい。自衛官を辞めて無職でいて、というならともかく、現在はゴルフ練習場のアルバイトなんだし。もし私が同じ事件を起こしたなら、元眼鏡卸会社社員などと呼ぶワケがない。待ってました、とばかりに今の仕事での「不動産会社経営」と言われるハズ。

「元自衛官」ということで拳銃の扱いにも慣れていたかも、というのも後で繋がったこと。

元教員、元警察官、元自衛官、なんかは仕方ないにしても、前職は事件と関係ない話。

マスコミの自衛隊に対する悪意を感じる。

posted by poohpapa at 08:35| Comment(12) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急遽、夏の旅行を申し込んだ

先日、JCBトラベルからハガキが届いた。

それによると、JCBトラベルで顧客に専属の担当が付くようになった、とのことで、私のご担当はYさん。丁寧に手書きで挨拶のメッセージが添えられているのに感激。

ザ・クラスカードの会員だけでも3万人ほどいるのだから、JCBトラベルの社員が何人いるか不明だが、もし100人だとすると、一人で300人を受け持つことになるし、プラチナ会員やゴールド会員を含めたら、一人で1000人以上を受け持つことになる。皆が皆、同じ時期に旅行するとは限らないから上手く回していけるものか。それにしても繁忙期は専任の担当者なんか付けていたら逆に大変だろう。

客の側からすると、いつも同じ人が担当してくれると安心感があるし相談しやすい。私の名前とカード番号を伝えると、いちいちパスポートナンバーなど伝えなくても直ぐに予約の手配ができる。

と勝手にあれこれ想像していたのだが・・・、

ご担当のYさんに伺うと、専任スタッフは10名ほどで、一人が最大15人ほどを担当していて、毎年利用して頂いているお客様に専任のスタッフが付くようになったとか。てことは、私はJCBトラベルの顧客の上位150名に入っているのか・・・、それは凄い優越感。それもこれも旅仲間さんのお陰。私一人が何度旅行したところで専任のスタッフは付かないものだろう。

で、早速、夏の旅行を予約した。この夏は諸般の事情で「どこにも行かない」と決めて諦めていて、いつもの旅仲間さんから誘われていた個人旅行でのドイツも断念していたが、やはり旅仲間でもある横浜のTさんから「台湾に行かない?」とお誘いがあって、台湾なら何とかなるかも、と考えた。親日的な台湾は2年半前の2017年のお正月に一人旅をしていて、何度でも行きたい、と思えるし。

個人旅行は楽できて良いが、ヨーロッパだと、航空券やホテル、ガイド料、土産物代なんかで一人40万は掛かるので今年は断念。だが、台湾なら8月に行っても何やかやで10万くらいで上がりそう。ペルー、クロアチア、そして去年のイタリア、と3年連続で海外をご一緒した横浜のTさんと二人参加。

内容は、「台湾縦断と台湾新幹線乗車体験・ライトアップ九ふん4日間

宿泊ホテルは1日目はスーペリアクラス、2日目はデラックスクラスにアップグレードされて、3日目は台湾で最高のホテルである圓山大飯店。観光バスは新幹線のグランクラスと同じで横に2−1の座席。ツアー定員もそれに合わせて26名。Tさんの歯ぎしりと私の鼾を互いに我慢すれば快適な旅になる。

それにしても、いくら土産物店に立ち寄ってバックマージンが入るからと言っても、LCCではない往復の航空券や3泊分の高級ホテルの宿泊代、添乗員や現地ガイドも観光も食事もすべて付いて59900円という旅行代金はどうやったら可能になるものか、まったくもって不思議である。帰ってこれるのかな。

ところで、茨城の歯医者さんご夫妻からも「夏にカンボジアをご一緒しませんか?」と誘われていて、それも辞退していたのだが、そのカンボジアツアーの成田帰着は我々の出発日。もしかすると空港で会えるかな、と期待していたのだが、帰着は早朝で我々の出発は夕方。なかなかうまくいかないものだ。

この夏、どこにも行かないつもりだったのに2ヶ月後には機上の人・・・、今からワクワクしている ♪


posted by poohpapa at 05:11| Comment(8) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

こんな年寄りにはなりたくないもの

先ず、更新を休んでいる間にお見舞いの電話やメールを頂いておりまして御礼申し上げます。症状は・・・、日々波がありますね。なのでしばらくは更新したり休んだりを繰り返すかも、であります。完全に途絶えたら、まあ1ヶ月くらい更新がなかったら、「野郎、ついに運が尽きたか」と思ってください。


さて本題、

数日前、駅前の銀行に行こうとして、表通りから路地に入ったら、引越し業者のトラックが2台停まって作業をしていた。歩行者や自転車は横を通り抜けられるが、バイクくらいになるとキツい。

私が横を通ろうとしたら向こうからライトバンが来て、トラックの後ろで年配の女性を降ろした。ライトバンを運転していたのは70歳くらいの老人で、女性の旦那であろう。方向転換するもの、と思って見ていたら、全く動かない。前方を塞いでいる引越し業者のトラックが移動するのを待っている。「公共の道路を塞いでいるのはアンタらのほうで、私は方向転換する気はないよ」と無言の圧力を掛けている。

ライトバンは裏の路地の四つ角で停まっていて、バックすれば簡単に右折できて表通りに出られる。遠回りになったとしても100mくらいのもの。引越し業者のトラック2台の作業を中断させて移動させるより、自分が回り道することのほうが合理的、とは考えないものだろうか。あるいは、バックや方向転換が苦手だったとしても、そして作業員が「直ぐ移動しますので」と言ったとしても、直進しなければ目的地に到達できない、というなら話は別だが、普通は「私が廻るから大丈夫だよ」と言うと思う。

だいたいが、移動して、また元の位置に戻って作業をやり直すのは大変、と想像できそうなもの。気になって、私が引き返して老人に「そこで簡単に方向転換できますよ。作業中の引越し屋さんのトラックを移動させなくても宜しいのでは」と言ってやろうと思ったが、もうトラックは2台とも動き始めていた。

表にいた作業員に「大変ですね」と声を掛けたら、「いいえ、こういう仕事をしていると、こんなことはしょっちゅうあるんで大丈夫ですよ、気にしていません」と言っていた。余計なお世話だったが、苦労を解かってくれている人もいる、ということで少しは気が楽になってくれたら嬉しい。私も、この仕事をしていて、家主さんや入居者さんが管理会社の苦労を解かっていてくださると凄く嬉しいから。

逆走とか、アクセルとブレーキを踏み間違えた、というのとは違うが、こういうのも老害なんだろうか。「公共の道路を塞いでいるのは引越し業者、だから引越し業者が移動すべき」というのは間違いではないが、正しくもない。ちょっとした気配りで互いに気持ちよく一日が過ごせるのに、その爺さん、無駄に歳をとっている。この爺さん、そういう人間性なら免許を返納したほうが良いだろう。

posted by poohpapa at 05:04| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

もう少し、記事の更新をお休みさせて頂きます、すみません

昨晩も、夕食をとり初めてすぐに自律神経失調症の症状が強く出て食事を中断しました。

出るか出ないか、いつ出るか、というのが全く分からなくて突然に表れます。気持ち悪いものです。

原因はストレス(ほぼ対人関係)で、誰もが罹りえる病気なので、皆さんもお気を付けください。

posted by poohpapa at 05:54| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

記事の更新をしばらくお休みさせて頂きます

なんか、ここ数日、自律神経失調症の症状が強く出ていて気持ち悪いのです。

「気持ち悪い=吐き気がする」ではありません。そういうのとは違います。心臓がこのまま止まるかな・・・、みたいな感じです。浴槽に浸かってリラックスしていても、トイレで座っていても、歩いていても、PCに向かっていても、その時にストレスを感じていなくても症状が出る時は出ます。突然に、です。

いつも訪問してくださっている皆さんには申し訳ありませんが、ご了承ください。

あと、沙耶さん、コメントの返信、お待ちくださいね、すみません。



posted by poohpapa at 06:08| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

かもめの玉子りんご&メロン

毎度のことだが、岩手のたぁさんから「かもめの玉子りんご」と、同じく「メロン」が送られてきた。期間も販売地も限定で、こちらではなかなか手に入らないもの。普通のと夏だより(レモン味?)は伊勢丹の地下でも見掛けるけど。りんご味は co-op の通販で予約して入手したらしい。

先週第一便で、りんご味とプーさんグッズと猫グッズがドーンと送られてきて、当然に「それで終わり」だと思っていたのだが、昨日、第二便でメロン味が(私がバラ撒くのを想定した量で)送られてきた。

頂くほうとしては凄く嬉しいんだけど、「これ、月収の半分くらい遣ってるんじゃないの?」と心配になるほど。後で「生活費を貸して」とか言ってこないだろうな・・・。いえね、うちの入居者の中には「カネを貸してもらえないか、でないと家賃が払えなくなるから」と言ってくる奴もいるし、まるで脅迫だわさ。

「知らねえよ、なんで不動産屋が、家賃を払ってもらうために生活費を貸さなきゃならないんだよ!?」と言いたくなったけど、家主さんのお人柄がとても良く、ふだんからこちらの苦労や辛さを解かっていてくださる人なので、その時は貸して家賃を払ってもらい、半年後くらいに返してはもらった。

その時の入居者が今どうなっているか、と言えば・・・、

昨年の1月から18ヶ月も、全く家賃を払わずに滞納している。もちろん、督促はしているが、その度に「来月の20日には必ず」「私が払うと言ってるんだから払うんだよ」と言いながら毎度毎度約束を違えている。今、弁護士さんに依頼中。凄く病弱な奥さんがいるし本人も88歳と高齢なので、追い出しを躊躇っていた私と家主さんの判断ミス。もっと早くに問答無用で弁護士さんに依頼して追い出すべきだった。

最後のほうでは私に、「私はアンタみたいなチンピラとは話をしない」などと言っていて、「ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありません」という態度ではないから、こんな年寄りは死んでくれたら有り難い。以前に AK さんからコメント欄でアドバイスして頂いたように、今までの滞納家賃は諦めて即時退去してもらうように話を進めることになると思う。だが、向こうは裁判に持ち込んで控訴や上告で時間稼ぎしてこの先も少しでも長くタダで入居しようとするだろうな、転居先など見つかるワケ無いのだから。

あ、たぁさんとその悪質滞納者が同じ、と言ってるんじゃないし、たぁさんが先々そうなるかも、と心配しているんじゃないよ。だけど、それくらい大量に送ってきてくれた。だいたいが、普通は「うちで食べる分」しか送ってこないよね。私の「バラ撒きクセ」を知っていて、その分まで送ってきてくれるのは、ほんと、たぁさんだけ。それこそ「知らねえよ、バラ撒く分は自分で買いなよ」になって当たり前なのだし。

「こっちから送ってもらいたいモン、何か無い?」と訊いたけど、「大丈夫、今のところ足りてるから」とのこと。それが怖い・・・。富士山の噴火も有り得るし近いかも、と専門家は予測しているから、それと似てたら怖いものがある。溜めに溜めてドッカーン、なんてならなきゃいいけど (^◇^)

ちなみに、私はアップルパイみたいに火を通した果実は好きではないのだが、この「かもめの玉子りんご」はそういう欠片が入っているけどメチャウマ。メロンは今日これから食べるけどもっと美味しいかも。

やはり、人間、美味しい物を食べている時が一番幸せ、だと思う。たぁさんに心から感謝 (^^♪



posted by poohpapa at 06:07| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

よくよく考えたら怖いメール

先日、こんなメールが届いた。


本日、5月31日(金)12時頃に配信いたしました埼玉西武ライオンズからのメールマガジンにおいて、本来お送りすべきではないメールアドレスに、誤って配信していることが判明致しました。
誤配信の対象の方々は、埼玉西武ライオンズのメールマガジンを過去に一度ご登録いただき、その後、配信停止の登録をされた方々でございます。

このたびは、お客様にご迷惑およびご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本日メールマガジンを誤って配信いたしましたが、お客様の配信停止の登録処理は完了しており、今後は同様のメールマガジンをお送りすることはございません。

誤配信の発生原因は、配信時の人為的な運用ミスによるものであります。なお、誤配信によるお客様の個人情報の漏洩などは一切ございません。

本件の事態を重く受け止め、今後このようなことがないよう、再発防止に努めてまいります。

本件につきまして、ご不明点がございましたら
大変お手数ではございますが、以下よりお問い合わせをお願いいたします。

===========
発行:埼玉西武ライオンズファンクラブ
電話によるお問合せ:
埼玉西武ライオンズファンクラブインフォメーションセンター
TEL:03-5697-3265(通常:10:00〜18:00)
※6月1日(土)・2日(日)はお休みを頂いております。
Webからのお問い合わせ:
https://www.seibulions.jp/expansion/inquiry.html
===========


私は西武ライオンズのファンクラブの会員ではない。なのに、どうして私のメールアドレスが西武ライオンズの会員名簿に登録されているのか。「本来お送りすべきではないメールアドレスに、誤って配信していることが判明致しました」とあるが、「本来お送りすべきでない」と言うより、ただ単に「会員登録されていないメールアドレスに」の誤りだし、どういう経緯で登録されているのか知りたいもの。

「誤配信の対象の方々は、埼玉西武ライオンズのメールマガジンを過去に一度ご登録いただき、その後、配信停止の登録をされた方々でございます」とのことだが、私は過去に埼玉西武ライオンズのメールマガジンを登録したことも、当然に配信停止にしたことも無い。言い訳からして間違っている。

「誤配信の発生原因は、配信時の人為的な運用ミス」と言うが、そうかも知れないけど、どうして会員登録していない私のアドレスが登録されているか、が問題。「誤配信によるお客様の個人情報の漏洩などは一切ございません」とも言うが、どこからか漏れてきて登録されているんだから説得力が無い話。そっちは漏らさないつもりでも易々と侵入されているのだから「絶対に情報は漏れない」という保証はない。

西武ライオンズ側としては、問い合わせや抗議の連絡があって初めて知ったんだろう。謝罪のメールは会員や会員とされている無関係な人に一斉に送られているもの。まさかに「会員でない人は名乗り出てください」とも書けないだろうけど、まあ、いろんな企業や組織に個人情報が漏れているんだろう。

この話、私は放っておくけど、やがてはクレジットカードの不正利用なんかにも繋がっていくんだろう。よくよく考えたら怖い話。そのうち、行ったことも無いキャバクラや使ったことも無いデリヘルから「いつもご利用頂きまして有り難うございます。当店のプラチナ会員様に特別割引クーポンをお送りします」とかの案内が届いたりして・・・。そういうのなら大歓迎なんだけどな (^◇^)


posted by poohpapa at 05:20| Comment(4) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

じゃがポックル狂想曲 2

先週の水曜日に伊勢丹の大北海道展で「じゃがポックル」を5箱買ってきて、うちら夫婦の分を2箱とった残り+金曜日に買い増しした5箱=8箱は私の周りの「じゃがポックル大好き」という人たちに分けて差し上げていて、昨日が最終日・・・。初日こそ900箱の販売だったが木曜日から日曜日までは一日200箱。そして、昨日は100箱しか販売しない。うちのお客さんが昨日、果敢にチャレンジしたようだ。

夕方、顔を合わせたので「どうだった?、結局、行ったの?」と訊くと、「行きました、ギリギリで買えました」とのこと。お一人様5箱まで、という制限があって、売り場に並んで自分の順番が来た時には台の上には10箱くらいしか残っておらず、自分の後ろには長い行列があった、とのこと。

それで、そのお客さん、どうしたかと言うと、後ろの人のことを考えて2箱しか買わなかったとか・・・。「そんなこと気にしなくて良かったのに。逆の立場で、他のお客さんが『自分の後ろにもじゃがポックルを買いたい』と並んでいる人がいても気を遣うか、と言ったら、たぶん『間に合って良かったあ』と5箱買ってしまうと思うよ。どうしても欲しいならもっと早く来て並べばいいだけの事じゃん」と言ってやった。

後ろに並んでいるのが知り合いだった、というなら話は別だが、私なら5箱ゲットして「ざまあみろ!」である。だいいち、自分が2箱で我慢したことで後ろに並んでいた人の全員がゲットできる、というなら話は別だが、そういうケースでは誰もそんなことを気遣ったりしないもの。まあ、根っから優しいんだろう。

さて、次回の大北海道展にも来るかどうかは不明だが、今回、何時までにどのようにして売り場に行けばゲットできるか、が判ったので、次回も来るならチャレンジしたい。皆に分けるために (^^♪

posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

こんな「お家騒動」

旅仲間の茨城の歯医者さんからメールが届いた。

私が愛知県の半田市出身とご存知で、「今日、ミツカン酢のお家騒動をワイドショーでやってました」と知らせてくださったのだ。「凄い敷地です。養子も大変ですね」とある。社長の自宅・・・、当時としては珍しく、いや、今でも希少だろうけど庭にテニスコートがあって、「ここは軽井沢かよ!?」って感じ。

番組は観ていなかったので、「どんな騒動なんだろ・・・??」と思って検索したら、

ミツカンでお家騒動 娘婿が会長の中埜和英氏夫妻を告発 文春オンライン

もし私の記憶どおりなら、今のCEOはアイツでは・・・、と思っていたら、当たっていた。

中埜和英・・・、私の半田中学校時代の1年上級生。先輩、と書かないのにはワケがある。

私は中学入学時の部活は、友達に誘われてフラフラと軟式テニス部に入ったのだが、そこに後から入部してきたのが2年の中埜和英。上級生ではあるが部活では後輩。とくにそんな序列が決まっていたワケではないが、「コイツがミツカンの跡取り、大邸宅の住人」と知って、当時「風呂無し、トイレは外で共同」という8畳一間に6人で暮らしていた私は「おい中埜、ボール拾って来い、モタモタするな」とイジメていた。

ハッキリ言って、どんクサいし、成績も悪かったと思われる。通信簿は5段階評価で2.5平均、つまり2と3が半分ずつくらいじゃなかったのかな、と思っている。「こんなのが跡を継いだら中埜酢店に将来は無いな」と当時から思っていたほど。ニュースを見て、「なんだ、今も同族経営かよ」と思った。それじゃ跡目争いが起きても不思議はない。まあ、あれくらいの企業になれば優秀なスタッフが周りを固めるだろうから安泰だろうけど。ただ、今の写真を見て、それなりに風格は付いてきたかな、とは思う。

それにしても、私は大失敗をやらかしたかな・・・、と後悔してたりして・・・。

中学時代、「おい中埜、ボール拾って来い」などと命令せず、今、ふだん仕事でそうしているように「中埜先輩、先輩がボール拾いなんかしなくていいんですよ。そんなことは僕がやります。先輩は木陰で休んでいてください。何かあったら何でも私に言いつけてください。先輩のことは僕が全力で護ります」とでも言って腰巾着になっていればミツカンの取締役になっていたかも知れないのだから。

そうなっていれば今頃は、何人かいる身勝手な家主や無責任な客、狡賢い同業者と関わりを持たずに済んでいたであろう。その代わり、素晴らしい家主さんやお客さん、友人とも巡り会うことも無かっただろうけどさ。何より、うちのとも巡り会えていなかったワケで、アイツの腰巾着にならなくて良かったのかも。

まあ、良くも悪くも「ご縁」、そういうことかな。

posted by poohpapa at 05:33| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

おもろい電話 (若干の下ネタ注意)

私には、「互いに何でも(下ネタ系のジョークでも)躊躇わずに話せる」若い女友達が何人かいる。

ある日の午後、そのうちの一人から電話があって世間話をしていたら、途中でこんなことを言う・・・。

「今、何してると思いますか?」

と、訊くということは、通常では考えられないことをしていながら電話していることになる。

「もしかして、シャワー中?」

「違います、そういう音はしていないでしょ?」

まあ、たしかに水の音はしていないか・・・。

「じゃあ、トイレの中?」 (どうしてもそっち方向に持っていきたい自分がいる 💧

「違います」

「じゃあ何してんの?」

「今、ノーブラです」、だと。

「今、何してると思いますか?」と訊いておいて「ノーブラです」という答は何か変。だが、お子さんを保育園に迎えに行くために着替えながら電話しているとのことなので、「ああそう、じゃ、早く行ってあげて。気を付けてね」と言って電話を切ったけど、何か引っかかる・・・。

夕方、改めて電話して、

「さっき、ノーブラ、って言ってたけど、ノーブラの上に何か着てるってこと?、それとも上半身裸だった、ってこと?」と訊くと、「裸でした。下はショートパンツ穿いてましたけどね」だと。

それで私は激怒した。そんなことを旦那でもない男に軽々しく言うことではない、何を考えているのか、ということでなく、「だったら写メ送ってくるとかテレビ電話機能で電話してきなさいよ」と・・・( こら

普通で考えたら、そんなことをあえて言う、ということは誘っているようなもの。しかも私は不動産屋である。そんな怖い話はない。だいたいが、そんなことを言われたら絶対にその姿を想像するもの。そりゃあ私も想像したよ。想像すればこの歳でもムラムラっとくるわさ、ほんと。

だが、以前に伊勢丹のソムリエールさんがうちのの目の前で言い放った「私は坂口さんとは幾らカネを積まれても(Hは)無理ですね」という言葉と同じようなことを彼女からも言われている。「坂口さんとは100%有り得ません、絶対に無いです」と・・・。

「その気が無いならそんな意味深なこと言うなよ」である。いい歳した男が完全に弄ばれている・・・。

ソムリエールさんには「告ってもいないのにフラれた」のだが、彼女には「僕は大好きですよ」と言ってある。それなのに思わせぶりなことを言って人の心を乱して喜んでいるのだから相当な悪女である。

いつか彼女に天罰が下ることを願っている。その時が来ても私は相談には乗らない、たぶん・・・。

posted by poohpapa at 04:57| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする