2019年07月15日

おめでたい、と言うか、なんと言うか (ぷっ

輸出規制、米側に説明=「共感得た」と韓国高官  時事通信社 2019/07/14 20:36

短いので、時事通信社の記事の内容をそのまま貼ってしまうけど、

【ソウル時事】日本政府による半導体材料の輸出管理強化措置などを協議するため訪米していた韓国大統領府の金鉉宗国家安保室第2次長は14日、「ホワイトハウスや上下両院関係者らに会い、日本の一方的措置の不当性を十分に説明した」と強調した。仁川国際空港で代表取材陣に語った。

 また、「このような措置が北東アジアの安保協力に及ぼす影響について懸念を伝えた」と述べ、「米側関係者は例外なく、われわれの立場に共感した」と主張した。

 金氏は「特に、(米側関係者は)韓米日協力を損なってはならないという点や、(日本の措置が)半導体、ディスプレーの世界的な供給網に影響を与え、米企業が打撃を受けかねないという点について憂慮を表し、われわれの立場を十分に理解した」と語った。


こういうふうに「なんでも自分に都合よく解釈して周りに言いふらす奴」ってよくいるよね。会社でも、同僚OLがたまたまお茶を入れてくれただけなのに「俺に気がある」と決めつける(そう思いたがる)奴。

レベルが低すぎて笑うしかない。今後のアメリカの対応で「本当に韓国の立場に共感してくれたのかどうか」が判るだろうけど、今の米韓の立場でアメリカが韓国を支持することは有り得ないだろう。

ま、外交はどこの国も「ご都合主義」で回しているからアメリカといえども信用できないけどさ。


posted by poohpapa at 06:03| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに美味しいラーメンを食べた

伊勢丹立川店で10日(水)から今日まで開催されている「日本のおいしいもの展」に行ってきた。本当は、お昼の弁当を買いに行ったんだけど、イートイン・コーナーを覗いたら、直ぐに入れそうだったので予定変更。チラシを見て少し気になっていたラーメンを食べることに。それが「メチャうま」だった。

銀座8丁目にある「麺処 銀笹」というお店のラーメン。うちのが頼んだのは「特製醤油ラーメン鯛茶漬けセット」(税込み1450円)で、私が頼んだのは「塩ラーメン味玉つき」(税込み1000円)で、いずれも銀座の店で食べるより1割ほど高い。その1割は「伊勢丹の場所代」ということなんだろう。ま、銀座まで交通費を掛けて行かずに食べられるのだから良しとしよう (^◇^)

魚介系の出汁が効いたスープは、塩、醤油、どちらも美味しくて、塩は透明感のあるスープでなく醤油っぽい色。「醤油ラーメンです」と言って出されても気づかず食べてしまいそう。ラーメンのスープを鯛飯に掛けて鯛茶漬けにするのだが、そちらもすごく美味しかったらしい。

で、行ったのは最終日の前日の昨日。今日は祝日だし最終日だから混んでいるだろうけど、あんなに美味しいラーメンなら2日続いてもいいかな、と思う。あまり混んでなくて直ぐ入れるようなら、今度は私が「特製醤油ラーメン鯛茶漬けセット」を頼んで、うちのが「塩ラーメン味玉つき」を頼んで、「鯛茶漬け」をうちのに回せばいい。もちろん、ラーメンも鯛茶漬けも単品で頼めるし料金も同じなんだけど。

ご主人が高齢で今は店閉まいしてしまったが、うちのの岩手の実家の近くの「二見屋」さんの中華そばと(スープの系統は違っているものの)甲乙付け難い美味しさ。ほんと、久しぶりに美味しいラーメンを食べた。

行って混んでいたら、昨日予定していた「新潟みかづき焼きそばイタリアン」を買って帰ろう。



posted by poohpapa at 05:49| Comment(1) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする