2019年07月20日

期日前投票に行ってきた

うちの投票所、ちょっと不便な、と言うか、駅とは反対方向なので、昨日、駅前の市役所の出張所で期日前投票を済ませてきた。期日前投票はこれで2回目。とくに「顔写真付きの身分証明になるものを見せろ」などと言われること無く、やる気無さそうな市職員の誘導で済ませたが、二つ目の投票で「候補者名か政党名を」というのが未だに意味不明。昔の全国区、地方区、のほうが解かりやすかったな・・・。

私は、衆議院議員選挙では小田原潔氏(自民党)に入れると決めているが、参議院議員選挙では直前まで誰に(どの政党に)入れるか決めていなかった。自民党の丸川珠代も武見敬三もどうも好きにはなれない。日本の為に一番伸びてもらいたい政党は維新だと思っているので、どちらも維新に投票。

というのも、中学時代に修学旅行で国会議事堂を見学した際、自民党の現職3人は5年後の有権者の為にわざわざ挨拶に来てお土産を全員に持たせてくれたけど、社会党の現職は秘書が挨拶に来た。それで、自民党の議員たちに不信感を持っていて、自民党に入れるようになったのは50歳を過ぎてから。ずっとマトモな(政権を任せられる)野党の出現に期待していたけど、民主党なんてタダの詐欺集団で左翼より酷かった。左翼よりもっと左翼だった、ということ。国民に期待をさせた分、罪は重い。

歴代の総理の中で最悪なのは菅直人、鳩山に至っては気違い、だと私は思っていて、まあ阪神淡路大震災の際に自らの主義に拘って自衛隊を救援に向かわせる命令を出すのが遅れ、多くの市民を見殺しにした村山富市なんかもお粗末だったけど、村山富市の場合は最初から期待していなかったから。

うちのが期日前投票所に着く頃になって、「誰に入れるか決めてないんだけど・・・」と言うので、「じゃあ維新の候補に入れとけば?、政党も維新でいいと思うよ」と言ったのだが、どうしたかは聞いていない。そういえば、元妻とは選挙の度に誰に入れるか若い頃は相談していたけど、別居の数年前には、私が「あなたは誰に入れるの?」と訊くと、「いいじゃん、誰に入れたって」と秘密主義に変わっていた。べつに、夫婦で支持する候補者や政党が違っていてもいいんだけど、隠すような話ではないと思う。

正直、こいつだけは落ちてくれ、というのがいて・・・、山本太郎。なんだろねえ、蓮舫と同じ臭いがしていて。一度当選して少しは勉強しただろうけど、あまり賢くはないし、身の程知らずと思える。

なんて選挙前に書いていたらマズイかなあ・・・。ま、いいや、指摘を受けたら消そう (^◇^)

で、意外な事実が判った。東京選挙区で、今回の参院選では一議席も獲れないのでは、と言われている某政党から立候補している女性候補者、うちの管理物件の入居者であった。ご主人もいるが、奥様が労働組合の役員をしていた関係から、らしい。ならばあちこちに声を掛けそうなものだが、うちには声が掛からない。私だったら、うちのが立候補したならあちこち電話を掛けまくって応援するんだけどな・・・。


posted by poohpapa at 05:36| Comment(13) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする