2019年07月21日

伊勢丹での出来事、ふたつ・・・

昨日、弁当を買いに伊勢丹に行った。

とんかつの和幸で弁当とコロッケ(税込み159円)を購入して家に帰って袋の中を見ると・・・、私の大好物のコロッケが入っていない。この場合、選択肢は5つ。私がコロッケを受け取りに行くか、届けてもらうか。その分の代金を返してもらいに行くか、届けてもらうか、諦めるか、である。向こうも人手不足だし、たかがコロッケ1枚で、まさかに「届けてくれ」などとは言えない。いちおう直ぐに電話をした。

早く弁当を食べてしまいたいし、弁当を食べ終えたのに改めてコロッケ一枚を食べる気にもならないから代金を返却してもらうことにした。ただし、そういう話は早いほうがいい。「昨日電話した者ですが・・・」でなく、「さっき電話した者ですが・・・」のほうがいい。日が経つと「たかがコロッケ一枚で」感が増す。

それで、食べ終えて直ぐに伊勢丹に行ってレシートを見せ、代金を返してもらったのだが・・・、ちょっと気になったことがある。店長もレジのスタッフも低姿勢で平謝りだったが、159円が戻ってきただけ。ミスをしたのは向こうで、こちらが出向いている手間が掛かっているのだから、何か + アルファを付けたほうがいいのではないか、ということ。それで店長に率直に話した。「何か頂戴よ」でなく、「こういう場合の対応は個々の店に任せられているものでしょうけど、伊勢丹として、ある程度の指針を示したほうがいいように思いますね。謝罪を受けて代金を受け取って納得する人もいれば、二度と来ない、という人もいたりすると思います。こちらの弁当は大好きだから私はまた来ますけどね。この件はフロアマネージャーにも話してみますね」と。

嫌な顔をすることなく快く了承してくれた。私の話し方で、「こいつはきついクレームをマネージャーに言ったりしないだろな」と分かってくれたんだろう。直ぐにサービスカウンターに行ってマネージャーさんを呼んでもらい提案させて頂いた。幸い、サービスカウンターのスタッフにはよくお菓子を差し入れしているから、そんなことを事前に伝えておいてくれたみたいで、話は友好的にスムーズに運んだ。

マネージャーさんと話している最中も、レジのスタッフのお姉さんが私に「こんにちは」と笑顔で挨拶して行き過ぎていったから、そういうこともプラスに作用していることだろう。

とにかく良かった・・・、クレーマーにされなくて (滝汗

こういうケース、何度かあったが、対応は店それぞれ。その昔、マックで、持ち帰った商品が隣の人のオーダーと入れ替わっていて、電話したら直ぐにうちが頼んだ商品を届けてくれて、「間違えてお渡しした商品はもう売り物にはなりませんので、宜しければそのままお食べください」と言われ、さらに商品券まで付けてくださったことがある。数ヶ月前、持ち帰った商品に何かのハンバーガーが抜けていて、電話すると、抜けていたハンバーガーだけを1個届けに来た・・・。味を占めていた、ということでなく、「おいおい」と思った。本社の方針が変わったのかマネージャーが変わったのか、経営が苦しくなったか・・・。

実は和幸に行く前に、馴染みのスタッフのUさんにその話をすると大笑い。結果を伝えに再び行くと、「私が毎月買ってる雑誌があって、読者の食パンの人気投票で1位になったのが『俺の Bakery 。』の食パンで、凄く美味しいのよ。今日一日だけここの地下で売られていて、買っておいたから持ってって」と2斤を持たせてくださった。何枚切りとかでなく2斤単位で売っているので限定300だと600斤。

「俺の・・・」というのだから、俺のフレンチとか俺のイタリアンとか、予約が取りづらい、知る人ぞ知る人気のレストランが焼いて売り出している食パン。値段も値段(2斤で1000円)だが、おそらくアッという間に売り切れたであろう。Uさんに感謝。いろんな人と仲良くしていると、互いに幸せである。

夕食に食べてみると、柔らかくて「本当のパンの味」がする。いつも買いに行ってるフェルマータのパンと甲乙つけがたいが・・・、フェルマータの食パンは1斤230円、俺の・・・のほうは1斤500円。倍以上するから、自分で買うなら断然フェルマータ、ということになるかな。文句なく美味しいし。

最近は、素材や焼き方に拘って1斤千円もする食パンを売り出しているパン屋さんが何軒か誕生したけど、高いから旨い、とは限らないようだ。中には「ヤマザキのほうが美味しい」というのもあるみたい。もちろん、個人の好みにもよるだろうけど、私もうちのも、フェルマータが一番。

ちなみに、Uさんがこんな話をしてくれた。「俺の、のレストランが大阪に進出したんだけど、3ヶ月で店仕舞いしたらしいよ。大阪の人は東京とはカネに対する価値観が違うから、値段が高けりゃ美味しくて当たり前、それをいかに安く提供するか、に価値を見出すから、東京みたいに高いものを有り難がって食べる、なんてことは無いから、そりゃあ潰れるよね」と。なるほど・・・、そりゃそうだ(^◇^)


いつもの伊勢丹で、「ちょっと面倒な出来事」と「幸せな出来事」があって、でも、良い一日になった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

後で知ったこと、

「俺の Bakery 。の食パン」は3種類あって、頂いたのは銀座の食パンの「香」というもの。おすすめの食べ方は「焼かずにそのまま」らしい。

「なかほら牧場」の牛乳を贅沢に使用し、ほのかな甘さと、ふわっふわもっちもちの食感が特徴で、みみはクッキーのような香り。贅を尽くした、ミルクの風味がしっかり感じられる究極のミルク食パン。

と説明書にあった。銀座の食パンにはもう一種類、「焼いてもそのままでもOK!」という「夢」、というのがあって、残りの一種類は「山型の食パン」というもの。どれもきっと美味しいことだろう。




posted by poohpapa at 05:52| Comment(5) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする