2019年07月24日

ワイドショーの違和感

今、一連の闇営業の問題で、ワイドショーが宮迫と田村亮、吉本興業の岡本社長の会見の様子や仲間の意見を取り上げているが、私からするとすごい違和感がある。

ワイドショーではすっかり「傲慢な社長」と、「涙ながらに会見する宮迫と亮」を対比させて、まるで加害者と被害者の関係であるかのように伝えているが、そうだろうか。たしかに、岡本氏は(以前は上場までしていた)大企業の社長には相応しくない人格で、社長と言うより組長という感じ。私からすると、この男が一介のマネージャーから社長にまで上り詰めた理由が分からない。「政治力」と「押し」は備わっていたからか。ただし人望は無さそう。こんな男には誰も付いていかないだろうな、と思う。

自身がマネージャーを経験しているからタレントの気持ちが解かるのか、と言えばそうでもない。社長になったことでますます横暴になってしまっている。苦労をしてもそれが身に着いておらず、手にした権力を振り回すタイプの人物。そんなのが会見で「しどろもどろ」になっているのだからマスコミやワイドショーの格好の餌食で、恥の上塗り、あんな会見ならやらないほうが良かった。しかも5時間も・・・。

世間はすっかり宮迫や亮に同情的で「引退させずに戻させてやれよ」という流れになっていて、社長も「契約解除の撤回」を諮詢しているけど、私は違うことが気になっている。

そもそも、この問題は「反社会的組織の宴会に、事務所を通さず出席してカネ(祝儀)を貰っていた」ということが発端。当初はマスコミも「宮迫には脱税の疑いもある」とか追い詰めながら、涙の会見を受けてすっかり宮迫と亮を社長のパワハラの被害者扱いにして、問題の本質がズレてしまっている。

私はそのことより、もっと前の部分で「宮迫も亮も人として失格だろ」と思っている。

そもそも宮迫も亮もコンビの片割れであるはず。自分のところに事務所を通さなくてもよい美味しい話がきたなら、「アンタ一人でいい」と言われたとしても、どうして「私はコンビなので相方と一緒に呼んでほしい」と言わないんだろう。どちらも相方には話していないと思われるが、どうして相方に「一緒に行かないか」と声を掛けないんだろ、ということ。相手が反社会的勢力だったかどうか、より、私はそのほうが気になる。自分だけ裏金が入ればいいのか、冷たいじゃないか。それじゃ蛍原や淳が気の毒である。

もうその時点で、宮迫も亮も、苦楽を共にしてきた相方を裏切っていたのではないのか。

呼ぶほうも、宴会で芸を披露させるならピンで呼ぶよりコンビで呼んだほうが良さそうなもの。それで祝儀の額が変わる(2倍になる)なんてこともないだろうし。

ハッキリ言って、宮迫はあのキャラだから引退させるのは惜しいけど亮の代わりはいくらでもいるかも。どのみち、引退といっても、他の事務所が手を差し伸べて復活してくるんだろうけど。逆に、宮迫は芸能界を引退したら潰しが利かずに食い詰めるだろうけど亮はサラリーマンでも食べていけるかな。


で、関連して興味深い記事があった。私は番組を観ていなかったけど、

清水圭の18年前の「岡本社長から恫喝」告発にサバンナ高橋が疑義
デイリースポーツ  2019/07/23 15:47

サバンナの高橋は清水圭の後輩だし、周りが宮迫擁護に傾いている中で、よく言った、と思う。清水圭は、う〜ん、卑怯かな。この機会に便乗して古い話を持ち出して、だったらその時に言えよ、という話。


こんな記事も、

島田紳助さん「宮迫を辞めさせないで」と連絡か
日刊スポーツ新聞社  2019/07/24 04:00

宮迫のことはいいからアンタが帰って来いよ、と言いたい。紳助の話芸を超える芸人、いないのだから。


私は宮迫や亮には同情しない。女の涙には騙されても男の涙には騙されない・・・、ち、違うか・・・💧


posted by poohpapa at 05:59| Comment(8) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする