2019年08月28日

今日がノルンの最初の月命日

早いもので、もうノルンが亡くなってちょうど1ヶ月、今日が最初の月命日です。

なので、ノルンが我が家に来るずっと前に買ってあった「プーさんのキャンドル」に火を点けました。こういう機会でもないと、ただ飾っておくだけになってしまいますから。

後で、しっかり手を合わせます。

DSC08220.JPG

お皿の上の球体は「またたび」です (^^♪


posted by poohpapa at 07:55| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立川市長選の2候補・・・

どちらもロクなもんじゃないから今回は棄権しようかな・・・。

先ず現職で4期目を目指す清水庄平、過去にこんなことがあった。

今からちょうど5年前のこと、以下の記事をご参照頂きたい。

昨日、「市長と語ろう」という企画に参加してきたのだが・・・

こいつが市民のことを最優先で考えてくれるとはとても思えない。某市議によれば、「清水さんは自分では何も提案したりする人ではないんですよ。全て市議会や市職員に丸投げして、いいところは全て自分の手柄にする人です」とのこと。それは実によく解かる。

地元選出の衆議院議員の小田原潔氏(自民)の政策第一秘書のYさんに、「小田原先生があんなのと並んでいる写真のポスターは見たくないですね。互いの選挙協力とかあって仕方ないとは思いますが、清水庄平はロクな人間性ではありませんよ」と伝えておいた。間違いなく、親友はいないだろうな。


一方で、酒井大史、旧民主党の候補者で、支援者はみんな真っ赤っかな人たち。

公約の一つに「ヘイトスピーチ禁止条例の成立」というのを掲げていて、それは、韓国人や中国人がどれだけ口汚く日本や日本人のことを罵っても、あるいは日本の国旗や元首の写真を焼いたりしても罪に問われないが、日本人がやったら逮捕されて法外な罰金を科される、というもの。ここは何処の国?、と言いたくなる。どうして中韓にそこまで気を遣わなければならないのか。同じように処罰する、というなら賛成だが不平等も甚だしい。酒井大史は立川を川崎市のようにするつもりなのか。

他にも「人権」「人権」「人権」のオンパレード。「似非人権」アレルギーの私は支持できない。


こんな二人の一騎打ちじゃどちらにも投票できない。いや、期日前投票に行って、投票用紙に「どちらもクズ」と書いて、市の職員に「これ、折り曲げて入れたほうがいいですか?」と訊いて、見せてやろう。

posted by poohpapa at 07:28| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする