2019年09月25日

とても心配なこと 2

一昨日、癌で闘病中の友人Yさんの奥様から携帯に電話が入った。

一年前に胃癌であると判って八王子の病院に入院した際、見舞いに行っていて、その時でステージ4。それにしては元気そうだったが、春先にご自宅に伺った際には上半身は普通だが、脚の付け根から下は私の手首くらいになっていて、もう筋肉は無くなっていた。「何処に行くにも車椅子だよ」と明るく笑っていて、ここんとこお見舞いに伺ってないから「そろそろまた伺わなければ」と気になっていたところだった。

そんなところに(番号が登録してある)奥様から電話だったので、「もしや・・・」と思ったが、「主人が〇〇病院に入院していましたが近所のM病院に転院しました。良かったら会いに来てやってください、主人も喜びますので」とのこと。奥様からそういう電話が掛かってくるということは、相当に重篤な状態だと解かる。「それではなるだけ早くお邪魔させて頂きます」と伝えたのだが・・・、

奥様が、「なんか、声が変ですね」と仰る。一昨日は風邪で臨時休業していたから声がガラガラ。すると奥様が「主人は今、免疫力がありませんので、お風邪を治されてからお越し頂けますか?」とのこと。昨日にはどうにか治ったので、今日、これからお見舞いに伺ってこようと思う、いちおうマスクをして。

ただ、病床のYさんと私の間には見えない線が引かれている。Yさんは命の期限が切られていて、私も明日事故で死なないとも限らないが、いつ死ぬ運命なのかは判っていない。どんな顔をして見舞ったら良いものか。ま、普段のままが一番いいんだろうな。もちろん、聡明なYさんのことだから、覚悟もして、しっかり身辺の整理はなさっているとは思う。そういうことでは全く心配してはいないけど。

Yさんが仰ったのか奥様が気を遣われたのかは判らないが、そんな時に「会いたい」 「会いに来てやって」と仰って頂けるのは凄く嬉しいし光栄なこと。私が生涯で最も自慢できる逸話になるかも知れない。

Yさん、以前はミサワホームに勤めていて、かれこれ25年くらいの付き合い。国立大学出身で人柄が頗る良く、嫌味なところは全く無いし価値観も公正で、初めて会った時から親友付き合いさせて頂いていて、うちのもお会いしている。息子さんが一人暮らしをする際の部屋探しも、今までに取引で知り合ったであろう多くの不動産業者の中から私に依頼してくださった。ミサワホームを退職後も親しくお付き合いさせて頂いている。

念のため病院に面会時間を問い合わせると、「原則、10時から20時まではいつでも面会をして頂けます。最寄りの駅からシャトルバスが出ていますのでご利用ください」と丁寧に教えてくれた。昨晩、奥様に電話すると「面会はいちおう10時から20時ということになっていますが、24時間OKなんですよ」とのこと。一般的には、見舞客が治療の邪魔になったり、かえって患者を疲れさせることになるので「15時から20時まで」とかの制限が設けられているものだが・・・。

ということは「会える時に会っておいてください」ということで、その病院はホスピスなんだろうか・・・。

奥様に「Yさんが欲しがっているもの、何かありませんか?」と訊くと、「食べ物は受け付けません。胃に管を通してカロリーの高い栄養を流し込んでいて、ほとんど寝たきりです。お風呂もストレッチャーの上で横になったまま入れてもらっています。体を40度くらいまで起こすのが限界で、60度まで起こすと吐き気がするみたいで・・・」とのこと。それだと、口から何か飲ませたら誤嚥性肺炎が怖いか。

本を読んだり好きな映画のDVDを観たり、ということもできないだろうな・・・。

うちのは普段から(寂しがり屋のノルンがいたので自分は行けないのに)「元気なうちに行きたいところに行っておいたほうがいいよ。あちこち具合が悪くなったら何処にも行けなくなるんだから、家計のことやおとうちゃんが死んだ後のことは心配しなくていいから」と言って、私だけ海外旅行に出かけるのを快く送り出してくれていて、うちのが言うように、健康は何より大切だと思う。

だから、うちのの思い遣りに応えるためにも、うちのの名前で組んだ住宅ローンだけは私が生きているうちに完済しておいてあげなければ、と思っている。貧乏は自己責任、家長である私の責任だから。

Yさんは私と同い年で話も合う。もう何も食べられないとのことだから、今日は手ぶらで行ってこよう。

posted by poohpapa at 05:34| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする