2019年09月26日

Yさんの姿に驚きと安堵

昨日の記事の続編

最寄駅からのシャトルバスも出ているが、奥様が車で駅まで迎えに来てくださって病院に向かう。

だいたいの様子は伺ってはいたが、実際に会ってみないと状況は掴めない。駅も駅周辺の環境も素晴らしくモダンで、お洒落なマンションが林立していて、「この駅のこんなマンションの上階に住んでみたいなあ」と思うほど。「もしかすると、今は徐々にゴーストタウン化が進んでいると言われる多摩ニュータウンも、出来たばかりの頃はこんな雰囲気だったのかなあ・・・」と、ちょっとセンチな気分になった。

病院に着くと、広い空間にスタッフは僅か。眺望も素晴らしく、不思議なことに、Yさんの病室に入るまでドクターらしき姿は見かけなかった。久しぶりに会ったYさん、想像していたより元気で安堵した。今までに一度も電話が掛かってきたことなど無かった奥様からの電話で「会いに来てやって」とのことだったので、もっと重篤な状態か、もしかすると私が誰かも認識できないかも、と思っていたが杞憂だった。

それはすごく嬉しい誤算。以前にご自宅に伺った時より血色も良く、ふくらはぎなんかも太くなっているよう。そう指摘したら、頭の上を指差す・・・。点滴のような袋が提がっていて、奥様が仰ってた(胃に直接流し込む)高カロリーの栄養剤の効果のようだ。前回の見舞いと変わったところは、声が出なくなっている、ということ。それ以外は前回よりむしろ回復しているような気がする。ただし、体に栄養を与える、ということは癌細胞にも栄養が行く、ということで、痛し痒しかも。

声は、息が漏れるような感じで、私には聞き取れないが、奥様が間接的に私に伝えてくれた。枕元の少し上にテレビと Blu-ray の機器があったので「ああ、DVDも観られるんだ・・・、映画なんかのDVDはいっぱいあるから持ってこようか?」と訊くと、手を横に振る。「時代劇の鬼平犯科帳とか剣客商売とか、古畑任三郎とか、コロンボもあるよ」と言ったが、観ているだけで体力を消耗するのか辞退された。

2時間近く病室にお邪魔している間に何度か看護師さんが回ってきて、薬を飲ませたりしていた。この病院では「治療をする」のでなく、「なるだけ苦痛を和らげて現状を少しでも長く維持する」ことを主眼に置いているんだ、と思えた。Yさんが私には見せないようにしていたからかも知れないが、痛そうだったり苦しそうな様子は無かったので、本人は辛いだろうけど、このままの状態が長く続いてくれたら、と思う。

病室では、私より奥様がよく話していて、経営していらっしゃるお店のスタッフの裏話を聞かせて頂いた。こちらの不動産業界の愚痴も聞いて頂いて、普通に「介護」や「死」に関する話題も飛び交って、Yさん、気にしていらっしゃらなければいいのだが・・・。そういえば、笑顔は一度も見られなかったし。

お暇する際にガッチリ握手をして別れた。病院への行き方も分かったし、これからは奥様の送迎無しでお見舞いに伺おう。帰りも「駅まで送りますよ」と仰って頂いたが、ちょうど出口のところにシャトルバスが来ていたので辞退。それより前に、「めったに会えないから宜しければお寿司でも」とお誘い頂いたが、「すみません、私は刺身がダメなので・・・」と辞退。すると「じゃあ肉なら・・・」と仰って頂いたが、それも辞退した。お気遣いはとても嬉しいけど、Yさんはもう何も食べられないのに、それでは気が引ける。それに、どうにでもなるんだけど、帰ったらうちのとランチする約束もしていたし。

そうだ・・・、DVDも本もダメ、とのことだったけど、ウォークマンなら体力を消耗せずに時間を過ごせるかも・・・。たまたま往復の電車の中で楽しもうと、いろんなジャンルの曲が4000曲入っているウォークマンを持って行っていたので、それなら大丈夫か訊けば良かった・・・。世代も同じだからたぶん趣味も合うだろう。今日にでも奥様に電話してお使いになるかどうか訊いて頂こう。「貸して」と仰ったなら直ぐにお届けしよう。

ウォークマンは会社に1個、家に2個あって、イヤホンも相当に良い物を着けているんで、いい音で楽しめると思う。充電コードともども1セットはお貸しできるから、使ってくれたら嬉しい。

行く前は「どんな顔をして会えばいいんだろ・・・」と悩んだけど、とにかくホッとした。

posted by poohpapa at 05:30| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする