2019年09月30日

沙耶さんから極上の栗蒸し羊羹を2本頂いた

同じものでなく、別のお店のもの。我々が普通に考える羊羹(の値段)ではなく、私がこのサイトで「今まで食べた〇〇の中で一番美味しい」と書いているのを、(根拠を述べて)ケチョンケチョンに貶している沙耶さんがくださったものだから、美味しくないワケがない。ま、それでも、片方の評価は低いけど。

高級な羊羹を頂いたから言うワケではないけど、そして、何度も書いているけど、私は沙耶さんからは褒められたことは無く、コメントでは常に上から目線でボロクソ書かれていて、ま、私が上から目線でモノを言われても腹が立たないのは沙耶さんを含めて数人。この人から言われたらしょうがない、と思える。

なぜかと言うと、実際に会ってみた人でなければ判らないことだけど、コメントは沙耶さんのキャラでもあり本音でもあって、沙耶さんは壮絶な苦労をして、それがしっかり身に着いている人。私が一度も会ったことや直接お話ししたことが無ければ、沙耶さんからのコメントは全部削除していたかも (^◇^)

言い方を変えれば、とても合理的な人。人付き合いの上で、余計なものは足さないし、必要なものを削らない。ということは、本当の優しさの意味をちゃんと解かっている、ということ。そういう人は少ない。

昨日頂いた羊羹も、しっかり保冷剤を入れた袋に入れてくれていて、約束していた羊羹だけでなく、気を利かせて地元の超有名なパン屋さんの食パンとクロワッサンまでお持ち頂いている。そういう気遣いが自然に出来る人である。もしかすると、沙耶さんのコメントを読んだ人から、「なんだ、この高飛車な女は!?」と思われているかも知れないけど、そうではない。そういう人なら私も拒絶する。

ではあるが、昨日の夕方、沙耶さんから入ったコメント、「このアマ、いつか殺してやる!」と思ったりして。はい、そりゃあ疲れていますよ、私は。でも「見た目75歳」は無いでしょ!? <`ヘ´>

それでも、沙耶さんと私のコメントの応酬を楽しみにしている奇特な人もいて、そりゃあ読んでる分には気楽だろうけど、こっちは剥き身の真剣勝負。いつ心が折れても不思議はない闘いをしてんだよ!

まあ、毒舌を吐きながら心配してくれているのかなあ・・・、そんなタマじゃないか・・・ (ぷっ


脱線するけど、一昨日、Yさんのお見舞いに行って、ウオークマンを置いてきたけど、昨日奥様から電話があって「お返ししたいのですが・・・」とのこと。「え?、Yさんが使うって言ってたんだけど・・・」と思っていたら、「元気そうに見えたと思いますが、実は主人、モルヒネを使う量が増えていて、今日、息子も病院に呼んでいます」とのこと。と言うことは、いつ容態が急変してもおかしくない、あと数日の命かも知れない、ということ。私はそうとも知らずに「あれば退屈しないだろうな」と思って、親切の押し売りをしてしまっていたのだ。私にありがちなミス、ではある。

最初に奥様から電話を頂いて水曜日にお見舞いに伺った時、Yさんは私との最期のお別れのつもりだったんだろう。だから土曜日に再び伺った時、「あれ、なんで?」という表情だったのか・・・。私は間抜けにも「今生の別れ」を二度してしまったことになる。これが、手術して「後は快方に向かうだけ」というならかまわなかったんだろうけど、そこは緩和ケア、終末医療の病院。なので、もう伺うのはやめよう。


そういうことがあったりして、精神的には疲れていて、それが表情に浮いていたんだと思う。だからと言って、75歳は無いもんだ。そりゃあアンタは美魔女だろうけどさ。いや、ほんと、沙耶さんはオーラが凄くて、沙耶さんを中心としてバアーっと華やかになるんだけどね。私の経験では、30年前に名古屋の新幹線のホームでお見かけした女優の竹下景子さん、パリの三ツ星レストランで偶然隣の席になったリチャード・ギアくらいで、沙耶さんが3人目。美人には何人も出会っているけどオーラが出ている人は稀有。


さて、今日は頂いた栗蒸し羊羹の食べ比べをしよう。もちろん、蒸し羊羹なので、回進堂の岩谷堂栗粒羊羹とは別もの。それと比べたりはしない。あくまで栗蒸し羊羹同士の対決で、凄く楽しみ。

沙耶さん、有り難うね。次の「沙耶さんお薦めの美味しいもの」、待ってますよ〜 (こら

posted by poohpapa at 05:50| Comment(7) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする