2019年10月25日

節税と脱税は紙一重

チュートリアルの徳井の申告漏れ(?)、私は「脱税とまで言えなくとも限りなくクロに近い脱法行為」だと思っている。我々の業界で既定ルール化しているAD(業法で定められた仲介料の上限を超えて、広告料だの業務委託料だのと、こじつけの名目で受け取る、言わば営業担当者ボーナス)と根っこは同じ。

法に違反していないとしたなら「脱税だ!」と非難してはならないんだろうけど、いろんな使用用途のカネを経費で落としたりして「いかに、払わなければならない税金を少なくするか」というのを目的に会社を設立している時点で、どんな言い訳をしてもアウト。税理士の責任も重い。うちの税理士さん、ハッキリ「ここまでしか経費としては認められません」と指摘してくださるタイプの方だから私は信用している。

ま、以前、税務署出身の税理士にお願いしていて、二言目には「それじゃ税務署は納得しませんよ」と言っていて、私が「脱税を指南しろとは言っていない。節税したいだけなんだから、それを伝授するのもアンタの仕事だろ!?」と怒って大喧嘩したことがあるから徳井のことばかり責められないけど(滝汗

徳井の一件なんか小さな話で、こんな記事を見た。事実かどうかは確認しようがないので不明だが、

純益2兆円なのに。トヨタが5年も法人税を免れた税法のカラクリ

事実なら国民に対する背信行為で、トヨタは「あいちトリエンナーレ」のスポンサーにもなっているが、「そんなモンにカネを出すなら税金逃れなどしてないでちゃんと納税しろよ」と言いたい。トヨタがちゃんと納税していれば、あと何年かは消費税を上げなくても済んでいたかも知れない、それくらいの話。

当ブログでよく書いているけど、「法に違反していなければ何をやってもいい」 「間違っていなければ正しい、とは限らない」と私は思っていて、企業が巨大化してグローバル企業になってしまうと、他人を思いやる日本的精神なんかは吹っ飛んでしまうものか。そりゃあ何かの際のために内部留保しておく必要も当然にあるとは思うけど、程度問題。内部留保から各被災地に「これをお役立てください」と1000億くらいずつ寄付しても罰は当たらないだろうに、と思う。というのは零細企業経営者の発想だろうけど。

徳井の件は、爽やかなイメージで「きっと悪意はなくて知らなかっただけだろう」と国民は赦してしまいそうだが、同じことを小沢仁志がやったらどうなるか・・・。「ああ、アイツならやりかねないよね、悪そうな顔してるもん。そんなの脱税に決まってる」と赦さないに違いない。人間なんてそんなものだと思う。

それにしても、あの吉本興業で徳井はそんなに貰ってたんだ・・・、と驚き (^◇^)

posted by poohpapa at 05:17| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする