2019年11月14日

「金沢、片山津、東尋坊」一泊二日の旅行記 5

近江町市場で美味しいランチを頂いた次に向かったのは、ひがし茶屋街

レトロな街並みをそのまま保存している「金沢らしい」一角で、私が一番楽しみにしていた街。金沢は初めてではないけど、ひがし茶屋街を訪れたことはなかった。

で、今回の記事も写真の羅列、

近江町市場から徒歩で金沢の街を散策しながら移動、

DSC08284.JPG
蓄音機博物館、興味はあるけど時間がなくて入らなかった

DSC08286.JPG

DSC08287.JPG
やっと辿り着いたひがし茶屋街の入り口

DSC08289.JPG

DSC08309.JPG
こんな玄関の家に住みたいもの

DSC08302.JPG
外国人観光客も多い

DSC08301.JPG
ひがし茶屋街での一番の目的の店、金箔の「箔一

ここでのお目当ては、金箔の「あぶらとり紙」でなく、金箔のかがやきソフトクリーム。金箔に全く味は無いが、ほんのひと時「リッチな気分」になれる。ま、現代版「マッチ売りの少女」とでも言うべきか・・・。

DSC08290.JPG
これ以上に薄くはできない、というくらい薄っぺらい金箔をソフトクリームに乗せていく熟練の技

少しでも息がかかったり風が吹いたらパアになる。沙耶さんから「薄っぺらくて軽薄」と指摘された私とどちらが薄っぺらいか、という話。沙耶さんは「アンタのほうに決まってるでしょうが」と言うだろな・・・。

DSC08294.JPG
値段は、お店の名前「箔一」(はくいち)に因んで891円

DSC08297.JPG
店内で食べられるのは1階の一角と2階のみ

DSC08300.JPG
着物姿の若い女性客もチラホラ

DSC08311.JPG
ひがし茶屋街の外れにあった風情のある神社

DSC08317.JPG
ぶらぶら歩いていたら神社の守衛さんから「どちらからお越しになりました?」と声を掛けられた

念のため、顔出しOKとの了解は頂いている。石川県人はみんな優しくて大好き。

「この横の坂道を上っていくと右側に階段が30段ほどありますが、その上から金沢市街が一望できますよ」と言う。ならば、と行ってみたが、坂もキツくて階段は30段なんてモンじゃなかったよ。

DSC08312.JPG
長い坂道は、ここまで徒歩で来た人間には過酷、「なんだ坂、こんな坂・・・」と心の中で呟く・・・

DSC08314.JPG
おまけに逆光で写真が撮りづらく、右にカメラを向けると超逆光になってしまう・・・

DSC08315.JPG
こんな像もあったけど、なんだか分からない

でもまあ、せっかく来たのだから行っておいて正解だったとは思う。もう二度と行かないけど。

DSC08321.JPG
観光地定番の人力車、こっ恥ずかしいけど、次に訪れたら乗りたい


近江町市場とひがし茶屋街は、再び金沢を訪れたなら今度はゆっくり廻りたいと思う。


posted by poohpapa at 05:52| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする