2019年12月01日

またしても、ビートたけしの意見に全く同感

今日も真夜中の2時半にトイレに起きて、その後で再び布団に戻ったけど寝られなかった。この1週間は9時に寝ても5時くらいまでトイレで起きることはなかったんだけど、またノコギリヤシのお世話になるようかなあ・・・。寒くなってくると夜中にトイレに行かされるのは辛い。そろそろ大人用のパンパ・・・💧

さて、本題、

ビートたけし「不祥事芸人をしゃぶり尽くすテレビ」を批判
週刊ポスト  2019/11/30 16:00

以前に、たけしは「プライバシーだの個人情報だのというのが世の中を住みにくくする」と言っていて、それも全く同感。昔は近所に世話好きオバサンやお節介なジイサンがいて、よその子供でも悪いことをすれば叱ってくれていたけど、今は、教師がちょっとこづいただけで「暴力だ」「体罰だ」と騒いで、校長や教育委員会が謝罪会見を開く時代。学校が父兄の、いや子供の顔色を窺っているのだから満足な教育などできやしない。

厚労省がタレントの小籔千豊を起用して、終末医療の意義、終活の大切さなどを啓蒙する「人生会議」のポスターを作ってPRしようとしていたが、患者団体などからの抗議やSNSで批判が相次ぎ、厚労省は自治体への発送を中止、たった1日で同省のHPからも削除されたとか。なんで??、である。

ちょっと抗議が寄せられたくらいで消すなよ。そんなの想定してただろうに。今の世の中、騒ぎを起こして自分の主張を通させて喜ぶ声の大きな輩が多すぎる。そんな抗議や反対意見など極めて一部だろう。大多数は気にしていない。似非弱者にいちいち配慮しなくちゃならないものか。毅然とした態度で臨めよ。ほんの一部の奴らの批判で簡単に方針転換するから、この手の話は後を絶たなくなる。

昔、私が高校生だった頃、毎週日曜日の6時半に「シャボン玉ホリデー」というバラエティ番組をやっていて、その中で、ハナ肇が寝たきりの父親、ザ・ピーナッツが娘で、「おとっつぁん、お粥ができましたよ」 「苦労を掛けてすまないねえ・・・」というお決まりのセリフが売りのコーナーがあったけど、今、そんなコントをやったなら大炎上するだろう。制作会社や局の責任者、タレントが並んで謝罪会見を開くことになるのは間違いない。

映画「座頭市」でも、毎度、敵役のヤクザが座頭市に「このドめくらが!」と吐き捨てる場面があって、テレビで放映される際には「ドめくら」の部分にピー音が入っていて興醒めする。主役級の例えば将軍様が「ドめくらが」と言っているならともかく、敵役のヤクザが言っているのだから子供にも「こいつらが言ってることは良くないことだ」と解かるだろう。ピー音を入れても盲目の人には判っているだろうし。

「ドめくら」と聞いて傷つく盲目の人、どれだけいるんだろ・・・。その「ドめくら」が悪い奴らをバッタバッタと斬り倒していくんだから、むしろ勇気をもらえそう。そりゃあ「盲目の人たち、障害を持つ人たちの人権に配慮して」とか言われたら反論しにくいだろうけど、抗議するほうが間違い。保護団体なんかのほうが、むしろ障害を持つ人たちの人権を踏みにじったり、甘やかして増長させていることもある。

どうして、みんな「ゆとり」が無くなってしまったんだろう・・・。ネット社会になって身分を明かさず好き放題が言えるようになったことで日本人全体の性格が悪くなったような感じ。発言主が誰だか分からない意見は無視して良いと思う。どうせ、声が上げられない弱者でなく卑怯者の意見なんだから。

いろんな立場の人への配慮というものは必要ではあるが、「気になる」 「不愉快だ」という意見が少しでも出たら、大多数が「かまわない」という意見であっても削除、というのでは逆に民主主義に反する。

私には、ちょっとしたことで「差別だ」「人権問題だ」と大声で騒ぐ連中こそが反社会的勢力だと思える。それは私が(いちおう)健常者だから思うことかも知れないが。

posted by poohpapa at 06:46| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする