2019年12月20日

右目の白内障手術を終えて

立川市に新しく開院した森山眼科クリニックで無事に両眼とも白内障手術を終えました。

これで目の前の「もやが掛かったような不快感」が消えて気分よく新年が迎えられます。それは体のほうで、精神的なもやもや・・・、2年間と1年間の滞納者、何人もいる半年くらいの滞納者への対応などは来年に持ち越しですし、まだ年賀状も制作できていませんが、ま、一段落というところですね。

ここで、あらためて森山眼科クリニックについて書いておきたいと思います。

11月6日に開院したばかりですが、白内障手術に特化している、ということで言えば、(もちろん、他の病院は知りませんので比較は出来ないと思いますが)日本一では、と言っても過言ではないと思います。院長先生はまだ40代半ばで、俗に言う「ちょうど脂が乗りかかってきたところ」で、これから四半世紀は第一線で活躍されることでしょう。日本の白内障手術の最先端を担うお医者様だと思います。

40代半ば・・・、私は何をしていたかなあ。宅建の試験に合格するために必死こいて勉強していた時期だったような。人間、若い時に勉強しておかないとダメですね。その差が今頃になって出てきますから。

前回の記事でも書きましたが、医師も医療スタッフも患者の気持ちに寄り添ってくれるのがとても有り難く、患者として安心感が持てます。開院したばかりなのによくこれほどのスタッフを集められたもの、と思うくらい、それぞれのスタッフが自分の持ち分を理解してキビキビと動いているのは見ていて気持ちいいですね。よほど以前から用意周到に仕組まれていたのでは、と思ってしまいます。そういう点から言えば、院長先生は医師にしておくのは勿体ないです。どこかの政情不安の発展途上国でクーデターを企てたとしたなら必ず成功して国の全権を掌握したのでは、と思えるほどであります (おい

冗談抜きにしてスタッフは美男美女揃いですし、ふつう「今日は病院に行かなければ」という日は憂鬱になるものですが、スケベな私はいそいそと出掛けて行きます。美人スタッフの笑顔に会えるのですから。

自分で体験して「このクリニックは素晴らしい」と思えたので、周りのいろんな人、同世代とか、まあ白内障予備軍の世代の人に勧めていて、クリニックの案内が入ったティッシュを2度に分けて100個くらい預かってきて私が体験談を交えて説明して配りました。はい、私は時に宣伝マンもします (^◇^)

で、私の手術の様子をうちのが手術室の隣りの部屋で見ていて、許可を頂いてモニター画面を動画で撮影しました。(何か方法は有るのでしょうけどファイルサイズの関係で)動画でアップすることが出来ないので、何枚かスマホの動画を静止写真に撮ったものを次ページで紹介したいと思います。ご興味のある方はご覧ください。グロテスクですからくれぐれも自己責任で、食事前にはご覧になりませんよう。

ちなみに、ブログの記事にすることは院長先生の了解を頂いております。失礼な言い方ですが、こういうことだけでなく、院長先生はとても器が大きな人物だと思います。だから人が集まるんでしょう。何の事業でも同じですが、トップの器が小さければ、カネで人が集まったとしてもやがて離散していくもの。

そんなこと言ってて、半年後に訪れたら今のスタッフ、誰もいなくなってたりして (なワケない)😃

次のページへ


続きを読む
posted by poohpapa at 07:03| Comment(2) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする