2019年12月28日

ついでにもう1本

堀内恒夫氏、ロボット審判導入なら「もはや野球じゃない」
サンスポ  2019/12/26 15:27

現役時代の堀内は(巨人軍だし)あまり好きではなかったけど、この意見には大賛成。

人(審判)が判定することだから時に間違いはあることだろう。「今のがストライク?」 「振ってないだろうよ」「外野手、落球してるよ、どこ見てんだよ」と文句を言いながら楽しむのも野球観戦。誤審が無いに越したことはないけど、それも含めて野球というスポーツ。堀内が言うようにコンピュータで判定するならコンピュータゲームでしかないと思う。間違いがあっても、人がやるから面白い。映像判定は、ギリギリ否定しないけど。

教育も、同じことが言えるかも。生身の教員によるのでなくPCの画面でDVDを使って講義をすれば教え間違いも無いかもだけど、人が教えることで人間関係を学ぶのも教育というもの。間違いが無ければそれが一番いい、というのでは「ゆとり」も失われてしまう。適当な誤りがあって、それを受け入れて許容したり修正していくことで人として成長できるような・・・。教育はアナログのほうが良いだろう。

(致命的な誤りさえなければ)ハンドルの遊びのようなもので、優勝が掛かった試合での判定とかならまだしも、目くじら立てなくても、誤審をも楽しむくらいのゆとりが欲しいもの。


posted by poohpapa at 09:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舌の根も乾かぬうちに・・・

この記事、AERA dot. の記事なんだけど、生き方の参考になるから是非お読み頂けたらと思う。

66歳男性が風呂場で涙… 友人もいない老後を憂う相談者に鴻上尚史が指摘した、人間関係で絶対に言ってはいけない言葉【2019年ベスト20 5月6日】 2019/12/27 07:00

この記事であっても12位・・・、間違いなく1位でしょうよ、他の記事は読んでないけど (おい

鴻上尚史氏って、こういうふうに解かりやすい文章を書くんだ・・・。モノの見方も適切だし。

ここでも何度も書いているけど、歳を取って、どこで勝組と負組が分かれるか、と言えば、

健康で老後の資金が潤沢であることに越したことはないけど、そりより何より、自分の話を聞いてくれる人が何人いるか、互いに気に掛け合う相手がどれだけいるか

だと私は思っている。負け惜しみでなく、超が付く一流大学を出て、外資系企業や官庁に就職して、出世を果たし、資産を築いていても、「友達はいないだろうな・・・」と容易に判る同級生はいっぱいいる。「何をもって幸せと思うか」の基準は人それぞれだけど、傍から見たら寂しく不幸な老人でしかない。

自分が勝組だと思えるから言うのでなく、私の同級生の男子、60歳で定年退職して、その後嘱託として5年間勤め、家に入って3年・・・、ほとんどがそろそろ奥さんから鬱陶しがられているだろう。お茶を入れてくれながらも「シルバー人材センターにでも登録してくれればいいのに・・・」と思われていたりして。

鴻上氏の仰ってることは非常に適切ではあるけど、65歳を過ぎて「考え方を変える」ことなど容易ではない。それができるくらいなら風呂場で泣いていたりはしないもの。冷たいようだけど、ま、無理だね。

私は根っから男尊女卑の考え方で、「女なんか何人集まっても屁のつっかいにもならない」 「女に選挙権、被選挙権、車の免許を与えてはならない」と本当に思っていて、周りの女性の友人知人はそのことをたいてい知っているけど、今は男性の友人知人より女性の友人知人のほうが多い。自分で言うのもナンだけど、ただ単に見下すのでなく、「女性はか弱いもの、だから世の中のキツい仕事、辛い仕事は男が引き受けて、男が庇ってあげなければならない」と気遣うのを忘れないからだと思う。

だから私が家に入り込んだとしても鬱陶しがられることは無いと思う。少なくとも今と同じ状態が続くだけじゃなかろうか。共通の話題もあるしね、日ごろの会話が大切。寝たきりになったら分からないけど。

鴻上氏の記事にある66歳の男性、日常的に「思いやりに欠けていた」のであって、つまりはハートが無かった、ということ。今からハートを持とうと努力しても追いつかないし、周りが「変わったかも」と認知してくれることはないと思う。素晴らしいアドバイスではあるけど、やはり、本人次第かな。

私は、10年ほど前に当社の入居者である若い奥様から「人生に大切なものはGNP(義理と人情とプレゼント)ですよ」と教えて頂き、なるほど、と感心したので、それを実践して生きている。自分のことだけ考えて、自分のチンケなプライドだけで生きている奴が幸せになれるワケがない。

ハート、といっても常に一方通行では付き合えないし、見返りを求めたら人は離れていくもの。商売をしていても、利益を追求したら利益は得られず、お客さんが喜んでくだされば利益は求めなくても後から付いてくるもの、だと思う。そのバランスが難しい。エヘン!、ま、私は成功しているほうだと思う。






posted by poohpapa at 06:38| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道の読み手さんKさんから ROYCE' のチョコと新巻鮭に続いて届いた物

どうしてだろ??、今年の暮れはお歳暮だけでなく頂き物が多いような・・・。

昨日、北海道の読み手さんKさんから、この冬3度目のプレゼントが届いた。

DSC09159.JPG

ほぼフルセットでは、と思えるほどの ROYCE' のチョコに続いて新巻鮭、そして昨日の荷物には北海道銘菓と特別なお醤油、ドレッシングまで入っていた。一通り食べれば北海道の銘菓を全制覇できそうなくらい。これ、ご主人が知ったなら、私と奥様の仲を疑うかも、というくらいで怖くなる。たぶんご存知だとは思うんだけど・・・、そうでなかったらどうしよう、って感じ。それにしても散財させてしまったなあ・・・。

あまりに申し訳ないので正月用に、ちょっと高級なワインと、(私のお気に入りの) BUTTERBUTLER の詰め合わせと francais. (フランセ)の洋菓子の詰め合わせを送らせて頂いた。年内に届くと思う。

昨日は、うちのの岩手の実家からもいろいろ届いた。中身は、リンゴと切り餅、自家製の干し柿、と、先日、生活保護の高齢女性から頂いたものとほぼダブっているけど、多すぎて困ることも無い。あと、近所の家主さんからも「田舎(信州)から届いたから」とリンゴを頂いて、今年はリンゴが例年の倍くらいの値段なので助かる。たぁさんからドーンと送って頂いた分と併せたら一冬分くらいになりそうで幸せ。

リンゴ・・・、そういえば私の長男は「食感が嫌」だと言って食べられない。そんなモンかねえ、私は大好き。「一日1個のリンゴは医者を遠ざける」だったか「一日1個のリンゴは医者を殺す」だったか、とにかく体に良い果物だし、食べないのは勿体ない。ま、オマエが言うな、という話ではあるが。

そうそう、クロネコから元旦配送の連絡メールが届いた。私の中学時代の恩師が今年も日本酒を送ってくださるみたい。卒業して53年も経っているし、たぶん私だけだと思う。私は問題児だったから(滝汗

食糧庫のお菓子も物凄いことになってて賞味期限に追われているほどだし、極貧だった私の子供の頃を思えば嘘のよう。今年はとくにいろいろあったけど、いろんな方のお陰で良い年の瀬と新年を迎えられそうで、心から感謝。まあね、何年ぶりかで黒字で年を越すことができたし。

来年1月分の(アパート11件の)管理家賃の家主さんへの振り込みも25日には全て終えて報告書も発送した。その時点ではまだほとんどの入居者さんから振り込まれていなかったが、支払いは早いほうが良い。信用問題だし・・・。当社は零細企業だけど、基本的に「支払いが早い」のだけが取り柄。

不動産会社も、早い会社は明日から冬休みだけど、うちは29日に引越しの立ち会いがあるから29日まで。新年は6日から開けようかな、と思っている。ブログは・・・、いちおう冬休みということにして、思い立ったら何か書かせて頂くかも。なので、いちおう年末のご挨拶を。


今年一年、いろいろなご厚意(ハート)を頂き、心から感謝と御礼を申し上げます。来たる年も何卒宜しくお願い申し上げます。そして、お互いに健康に留意して良い年を迎えましょう (^^♪

posted by poohpapa at 05:30| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする