2020年08月03日

これも感動モノ

音楽つながりで、もう一話、  

【和訳】夢を追いかけ続ける30歳クリスが歌う"イマジン"で、会場は感動に包まれる|
AGT 2019

歳をとってきて、なんだか涙もろくなっちゃってダメだね。

それにしても、この人のギターの音色が柔らかくて凄くキレイ (^^♪


posted by poohpapa at 07:47| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇気と希望がもらえる曲

実は、9年前にも記事にしているのですが、今、みんな苦しい道を歩んでいるので再度ご紹介。

日野てる子さんの「」という曲で、半世紀以上も前の曲ですが、打ちひしがれて落ち込んでいる時なんかに聴くと救われる曲です。私くらいの年代の方なら聴き覚えがありますでしょうか。

曲名をクリックして頂くと、YouTube で聴くことができます。

例えば、好きな曲があってカラオケなんかで歌う際に、モニターに歌詞が流れますよね。それを部分的に見るのでなく、歌詞全体を先ず読んでみることが大切なんですが、ほとんどの人、「予め詞だけを読んでみる」なんてことしません。詞の意味を理解して歌えば当然に上手く歌えたりもしますが。

最近の曲はリズムや音、乗り、で評価されることが多いですけど、本来は、歌詞を聞いて「この気持ち解かるわあ、私も同じ気持ちになったことあるもん」などと多くの人が共感してヒットするもの。なので、自分の青春時代の思い出と重なっているから、ということもあるでしょうけど、昔(昭和の頃)の曲はいつまでも覚えていたりしますが最近の曲は心に残りません。詞の内容が安っぽいからでしょうね。

以前も書きましたが、最近の曲はストレートに愛情表現をしていて「好きだ」 「抱きたい(やりたい)」ばかりですもんね。情緒もへったくれもありません。青春時代の淡い思い出と重なっていても、10年20年経って思い出すこと、無いんじゃないでしょうか。聴けば思い出す程度で。

で、この「道」という曲も、先ず、歌詞を読んでみてください。感動的な歌詞です。


  「道」   唄 日野てる子

一、 この道はどこへ続くの
    私が選んだ一つの道は 
    悲しみばかり続く道
    夕風に涙も枯れて
    はるばると海山超える

二、 この道は一人行く道
    苦しみ悩んで傷つく時も
    それでも一人歩く道
    行き暮れて沈む夕日に
    幸せの遠きを思う

三、 この道に花はいつ咲く
    優しい心と小さな夢を
    温めながら辿る道
    いつの日か愛する人の
    胸深く抱かれる日まで


「私が選んだ一つの道は 悲しみばかり続く道・・・」
「苦しみ悩んで傷つく時も それでも一人歩く道・・・」

人間、支え合って生きていくものですが、どんなに家族や友人に恵まれていても所詮は一人、「だから自己責任」と言うのでなく、誰かに責任転嫁などしないでしっかり前を向いて歩かなければならないもの。そうしていれば「幸せが待っている可能性が高い」と思いますね。まあね、ここでブチ込んでくるか、という話ですが、枝野や蓮舫や安住には解からないでしょうね、この歌の良さは (^◇^)


前の記事では触れませんでしたが、洋楽でなら、私は「レット・イット・ビー」が元気になれます。ちなみに、私同様「英語じゃ意味が解かんねえよ」という方のために和訳の動画もサービスしときますね。

人生なんて9割以上が辛いことで、楽しいことのほうが遥かに少ないですけど、俗に言う「朝の来ない夜は無い」ですね。でも、ネガティブな人にはいつまで待っても朝(幸せ)は来ないし、ポジティブ思考の人の道は必ず開けるように思います。今、苦しいのは皆同じ、不平不満は言わずに頑張りましょう♪



posted by poohpapa at 04:59| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

今ね、茨城の歯医者さん夫妻からメールが入ったんだけど

私の旅仲間の歯医者さんご夫妻、月に一度の贅沢、ってことで焼肉屋にいるんだと。しかも、毎回、焼肉屋から写真を送ってくるんだけどさ、今日なんか私の晩飯はバナナ2本だけ。チンパンジーかよ、って話。向こうは特上霜降り和牛で、私は東急ストアの値引きシールが貼ってあるバナナ・・・。

「月に一回の贅沢」って言うけど、あんなに美人で気立てのいい女房をもらってるんだから「毎日が贅沢」じゃねえか、って話。「これから帰ります」って LINE が届いたんで、悔しいからこう返信してやった。


「脱輪しろ、脱輪しろ」

posted by poohpapa at 20:40| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは壮観

もっと良く撮れた写真や動画があると思うんだけど・・・、

産卵のため集まった6万匹のウミガメ、ドローンで撮影に成功 豪

6万匹ものウミガメが同時に産卵できる砂浜なんてあるのかねえ・・・。

私も、昨年の12月に沖縄を訪問した際、橋の上を走行するバスの車窓から、ウミガメが泳いでいるのを一度(一瞬)だけ見たことがあるけど、たった1匹でも感動した。それが6万匹・・・。願わくば、「ウミガメの産卵を見学するツアー」(産卵ウオッチング)なんてものが現れなきゃいいんだけど。

阪急交通社ならやりそう (^◇^)

posted by poohpapa at 07:29| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある家主さんの予言

うちで家賃管理させて頂いている家主さんで、もの凄く占いが当たる家主さんがいらっしゃる。

とくに男女の相性。会ったこともない夫婦のことも、何も事前に情報を伝えていないのにズバリ言い当てる。個々の性格まで「ご主人はこういう人だね、奥さんはこういう人じゃないかな」、と、まるで長年親交があったかのように正確に言い当てるのだから凄い。あまりに当たるものだから、疎遠になった人もいるらしい。結婚前に相談されて、傍目からは男性の学歴も収入も羨ましく思えるほどで理想的な相性と思われるような内容だったが「上手くいかないから結婚しないほうがいい」と助言していて、結果はその通りになったとか。なので、女性が再婚する際には相談してこなかったとか。

私なら、前回当たったなら今回も相談するけど。ま、占った結果が良ければ「この占い(あの人の占い)はよく当たる」と信じたり、結果を不快に思うと「占いだからね、そんなもんは当てにならないよ」と言ったりする。占いを信じるかどうかは別にして、占いの結果に謙虚に向き合うことは大切だと思う。

それはともかく、コロナに関しても、先月23日に8月分の管理報告書を届けた際に、占った結果ではないが「8月に入ったら、皆が驚くほどの感染者が出るよ。東京都はそのことが判っているんだと思う。おそらくは1日の感染者が600人を超えてくるだろうね」と予測していて、そうなりそうな勢い。さらに「5年以内に大地震が起きるんじゃないかな」とも。それは、科学的な根拠からでなく占った結果みたい。

ところで、東京都の医師会の会長が会見を開いて「国会を開け」と激怒していて、一見すると極めてマトモなことを言っているように聞こえるのだが・・・、私には「もしかすると、この人、何も見えていないかも」と思える。根拠は・・・、無い。いつもの「ただの 直感」である。私は皆が(大多数の人が)「そうだ」と断定したり同調する時は疑って掛かることにしている。皆が「絶対にクロ」と思っている時は「もしかするとシロではないか」と・・・。実際にそういう経験は何度もしているし。

コロナ対策にとって一番邪魔なもの、それは、安倍憎しのマスコミや簡単に洗脳されて騒ぎ立てる世論じゃないかと思う。コロナ対策が正しいかどうかは結果でしか判らないこと。「あちら(経済)が立てばこちら(安全)が立たず」とか、逆もあるのだし。全員が喜ぶ対策など無理であって望むべきも無いこと。誰が舵取りしても上手くはいかない。でね、「私は賢い、だから騙されない」と言っているのではない。

そうそう、先日、お店に、地元選出の立憲民主党の衆議院議員(女性)からアンケートがFAXされてきた。いろんな支援金について必要かどうか、どういう対策を望むか、という内容だったので、ちゃんと身分を明かした上で、「何でも国に支援を求めてカネを出させようとするのが間違い。立憲民主党が消えて無くなってくれるのが日本にとっての最善策」と書いて返信しておいた。キツかったかなあ・・・(^◇^)

ま、家主さんの予想が外れてくれたら嬉しいのだが・・・、きっと当たるだろうな。

posted by poohpapa at 05:53| Comment(6) | 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

昨日、ビックカメラで受けた最高のサービス

昨年の4月にスマホ・デビューをして、アプリも最低限しか入れてなくて、まだほとんどスマホの機能を使いこなしておらず「宝の持ち腐れ」状態になっているのだが、今話題の、新型コロナウイルス感染症の接触確認アプリ「COCOA」を入れてみようかと思い、うちのに「入れてよ」と頼んだら・・・、

iPhone のPWが合わなくて入れられない。以前は幾つか入れられていたし、PWもいじってないから、合わないのはおかしい。だが、合わないものは仕方が無い。それで、本体を購入したビックカメラに持って行って相談することにした。当時の担当者(女性)は退職しているが、上司のUさんはまだいる。

行ったら、ちょうど店頭にUさんがいた。「こういう用件で・・・」と声を掛けると、商談用の席に案内してくれて、PWの変更手続きをしてくれて、さらに、「今チラッと見えたのですが、危ない設定が一つ入っているので解除しておきましょう」と言って、それも済ませてくれた。危ない設定、というのが何のことだか訊かなかったけど、たぶん、何かで「常に有効」とかになっていたんだろう。

それにしても、テーブルを挟んで私のスマホはUさんとは反対向きになっているのに、つまりスマホの画面が逆さまの状態で手際よく作業をこなす・・・、その状態に慣れているとはいえ神業である。画面が逆でも、チラ見しただけでそんな細かなところを見逃さないのだから本当にプロの仕事、凄い。

作業を終えて、Uさんに「助かりました。お幾らですか?」と訊くと、笑顔で「我々にはそういう費用を頂く権限が与えられていません」と言う。つまりはタダ、ということ。そして、こうも言う、「2階に行かなくて良かったですよ」と。ビックカメラの2階では iPhone に関する様々なサービスを提供しているのだが有償で、今回の作業も2000円くらいは支払うことになる、とのこと。Uさんを訪ねて良かった (^◇^)

たまたま持ち合わせていた美味しいお菓子を、「お世話になったので、良かったらどうぞ」と渡そうとすると、「そういうのもダメなんですよ」と辞退。そっか・・・、以前の担当者さんの時も、売り場の責任者の了解を取って渡したんだっけ。次の機種変更の時もビックカメラを使うことで恩返ししよう。

我々の商売でも、お客様から「オタクに伺って良かったです」と言われる時があって、お世辞でも凄く嬉しい。商売をしていると、そういうのは最高の褒め言葉の一つ。うん、Uさんを見習おう (^^♪

posted by poohpapa at 05:29| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする