2020年09月27日

竹内結子さんが亡くなった・・・

今、スマホニュースで速報が入ってきた。竹内結子さん(40)が亡くなったとか・・・。なんで??

正統的かつ個性的な美人で、恋多き女性で、大好きな女優さんだったけど・・・、残念。

ご冥福をお祈りしたい。

今のところ死因は不明だけど、自殺の疑いがあるとか。ここんとこ有名人の自殺が多いなあ・・・。ふつうは、幼い子供を残して死ねないと思うんだけど、よほど何かで追い込まれていたものか・・・。

posted by poohpapa at 08:50| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は本来なら何だった日??

今日は、私が招かれていた結婚式、披露宴が執り行われるハズだった日、であります。

用意周到にスピーチも準備して、何度も布団の中で練習しながら寝落ちしていましたが 💧

当事者は、3歳の頃から当社に来てくださっている四半世紀のお付き合いになるMちゃんとご主人になられたJさん。あ、Mちゃんの歳が判ってしまうか・・・。ま、いいや (^◇^)

さっき、改めてのお祝いのメールを送らせて頂きました。まだ寝ていそうですけど、たかさんから送ってもらった猫の写真を転送したら夜中に「可愛い〜」とメールをくれたので、私も忘れないうちに返信を。

ま、きっと、20年も経ったら、お子さんたちに「お母さんの頃はこういうワケで大変だったのよ」と笑って話せる時が来ると思いますね。私には関係も影響もありませんでしたが、50年前、学園紛争のあおりで東大入試が中止になったのと同じく、「ほろ苦い思い出」に変わることでしょう。

お二人は記念写真の撮影は済ませていて、私にも LINE で送ってくださいました。お似合いでした。

これからの人生がお二人にとって幸多いものであることを願わせて頂きました。

posted by poohpapa at 05:15| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

閉店後の愉しい息抜き、たまたまだけど

夕方、店を閉めて、駅前の銀行に記帳しに行った帰りに伊勢丹の前を通ると・・・、

マスクをしていたけど見慣れた顔が・・・。向こうは私に気付かずに行き過ぎようとしていた。直ぐに声を掛けようかとも思ったが、相手は女性、もし人違いなら恥をかく。そこで、背後から小さな声で「Sさん」と声を掛けたら振り向いた。そう、いつも行ってる Jonathan's のスタッフのSさんである。

「あらあ、何、どうして?」と訊くので、「銀行に行った帰りで、伊勢丹の地下に行こうと思って歩いていたらどこかで見た顔が歩いてきたから・・・。時間ある?、お茶でもしてく?」と誘うと、主婦しているけどご主人はうるさい人ではないらしく「行きましょう」とのこと。

私がお茶に誘ったのは、この時期の飲食業の辛さとか Jonathan's の楽屋話が聞けるかな、と思ったからのこと。元々が明るくて性格のいい人だから、暗い話、辛い話はほとんど無かった。

前職はバーミヤンで9年もいたこと、娘さんも一緒に働いていたこと、新しいマネージャーと反りが合わなくて今の Jonathan's に移ってきたことなど、いろいろ語ってくれた。以前はレシートの下にアンケートが付いていて、回答するとドリンクバーが無料とか割引になるので私はいつも回答していて、それら全てがスタッフルームに貼り出されていた、という話が興味深かった。大半は些細な苦情だったとか。

私は良いことしか書かず、「あ、これは坂口さんのだな、と直ぐ判るものがありましたよ」とのこと。自由回答のスペースに「こちらの店のスタッフは皆さん感じ良いので時給をもっと上げてもいいのでは?」とか何度も書いていて、それでも1円も上がらなかったようだ。まあ、当然ではある。

Sさんが「昨日、Nってスタッフがいたでしょう?、あの子の印象はどうでした?」と訊く。「ああ、小柄で若い人ね」と言うと、「新人なんですが、あの子はいい子ですよ。可愛がってあげてください」と言う。ということは、「これからはNにもお菓子をあげて」というリクエストね (^◇^)

「Nさんは、Sさんみたいに(私が)いじくっても平気?」と訊くと、「あの子は大丈夫です」とのこと。よし、お菓子をバラ撒く対象が一人増えたけど、ストレス発散の相手が増えたのは嬉しいかな (おい

一昨日、次男を駅の反対側の南口の理容院に連れて行く際、凄い荷物の量で、「これを持って移動するのは辛いなあ」と思って、「ねえ、直ぐに取りに来るからこれ預かっててくれない?」とSさんに頼んだ時、傍にいたスタッフのこと。たしかに、明るくて愛嬌もあるから即戦力になりそうな印象。Jonathan's をコインロッカー代わりに使ってしまったのだが快く受けてくれて40分後に回収して帰った。

普段からいろいろ差し入れしていると、そう言う時に融通を利かせてもらえるのが嬉しい。たぶん、他の客なら断られていたんじゃないかな、と思う。もしかすると内規には違反しているかも知れない。

私が、ファミレスやスーパーやいろんな店で、こちらがカネを払う客の立場である時に常に心掛けていること、それは・・・、「客の心無い一言で前途(将来)のあるスタッフを潰してしまったり、逆に元気づけられることは往々にしてあるもの。だから良いサービスを受けたり感じ良く接してくれた時には感謝の気持ちをしっかり伝えて褒める」ということ。逆の場合は黙っていて「二度と行かない」だけのこと。間違っても「俺はカネを払っている客だよ」という横柄な態度は取らない。

喫茶店でのSさんとの会話は楽しく、すっかり話し込んでしまった。うちのは私の帰りが普段より遅くてもとくに心配はしないが、うちのに電話して、「今さあ、北口の喫茶店にいるんだけど、ちょっと代わるね」と言って、Sさんに電話を代わってもらうと、うちのも意外な相手に驚いていた。

思い出した・・・、前回、ファミレスのスタッフとお茶した相手は、(今はスタッフが全員入れ替わったので行っていないけど)ガストの超可愛いスタッフAさんとだった。楽しかったなあ・・・、私も男だから。

Sさんから「こないだ頂いたお菓子が凄く美味しかったんですが、あれはどこの店で売っているんですか?」と訊かれたので、「 Jonathan's の並びを少し下ったところにある店ですよ。戻りますか?、時間ある?」と訊くと「大丈夫です」とのこと。そこから戻って、ご家族にお菓子など買って差し上げた。

雨が降り始めたが、Sさんの折り畳み傘が上手く開かない。「私の傘に入っていけばいいじゃん」と言うと、「そんなところを Jonathan's のスタッフに見られたら大変」と言っていたが、それはお互い様。そんなこと言っていても、帰りは勤務先の Jonathan's の前を堂々と相合傘で歩いていた・・・、女は強い。

Sさんはバスで通勤しているので立川駅のバスターミナルまで一緒に行き、バスが出るのを見送った。

まあ、お互い、たまにはこういう息抜きが有ってもいいだろう。このくらいまでなら、という話だけど。

posted by poohpapa at 05:21| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

8年ぶりに次男と再会

ワケあって、次男と(電話では話しているけど)8年ぶりに会った。ワケ・・・、仲違いしているのでなく、次男曰く、嫁さんが私を避けているらしい。私からすれば「そんな理由で?、本当の理由は違うでしょ!?」という話だが。で、このブログは、次男はもとより嫁さんの親族も読まれているかも知れないが、話す機会も無いから本音を書いておく。強がりでなく、元娘同様、それで縁が切れても私はかまわない。

8年ぶりに会った次男、顔立ちは8年前のまま。「太ったなあ」と言ったら、「これでも8キロ落としたんだよ」とのこと。私より背が低いのに81kgもあって、今は73kgだと言う。それでも私より重い。

事前に「メシ奢るよ、洋食と中華、どっちがいい?」と訊いたら「どっちでもいい」とのこと。もちろん、洋食 = Jonathan's 、中華 = バーミヤンである。 Jonathan's は昨日も行ったが、無難なところで Jonathan's に。馴染みのスタッフSさんに「私の次男」と紹介したら、「ああ、お母様(うちの)に似てますね」だと。「前妻との間の子だよ」と言ったら「失礼しました」と笑って逃げるように去っていった。

別のスタッフS2さんに、ドリンクバーの所で「今日は次男と来ています」と伝えると、次男のところに行って丁寧に「お父様にはいつもよくして頂いています」と挨拶する・・・。よくはしていない、たまにお菓子をお裾分けで届けているだけなんだけど。でもって、なんと「お母さまに似てますね」と言う・・・。だいたいが、うちのとは10歳違い、10歳で出産したワケが無い。だったら長男は7歳の時に産んだことになる。

40代半ばと思しきSさんに、「幾つに見える?」と訊くと、しばし考えて、「私より若いですよね」と言う。「当り前じゃねえか、還暦前なんてことがあるワケないだろ」と言うとむくれていたが、「35くらいかなあ」との答え。「42だよ」と言うと驚いていた。ま、太ってるけど小柄だし童顔だからね。

で、嫁さんが私を避けている理由・・・、

私が、入籍前に「新婚旅行に海外に行くなら〇〇か○○がいいよ」と勧めたから。彼女は飛行機が(怖くて)大嫌いなんだとか。自分の嫌なものを勧められるから避けているらしい。次男も昔は「飛行機に乗るのが怖い」と言って、私に「俺を殺す気か!?」なんて騒いでいたけど、どうして飛行機が空を飛べるのか、私が原理を説明したら納得したし、読売新聞から新聞奨学生の卒業祝いで海外旅行をプレゼントされた際には飛行機に乗っている。しかも、専門学校を二つ出ているから2度も・・・。

私は、そっちではなく、次男が入籍する際に「結婚するなら新聞配達は辞めて、正職に就いたほうがいい」と勧めて、たまたま見掛けた多摩都市モノレールの「職員募集、1年後に正社員登用の道あり」という求人を伝えたら、本人は乗り気だったんだけど、彼女が「立川に住みたくない」と言う理由で反対して応募せず。その時で既に年齢制限ギリギリで、私からすると中途採用のラストチャンスくらいに思えたのだが見送ってしまった・・・。べつにモノレールの職員でなくてもいいけど、真剣に探せよ、という話。

それで「多摩都市モノレールに就職したからと言って立川に住まなくちゃならない、ということは無いのだし、自分の夫になる人が正職に就こうとするのをそんな理由で反対するんじゃ碌な女じゃない、下げ○ンだぞ」と私が怒ったのを次男がそのまま彼女に伝えたんだろな、次男は隠し事が出来ないから。

「立川に住みたくない」 = 「お父さん(私)の傍に住みたくない」と言ってることになる。次男も次男、である。何でもそのまま伝えればいい、というものではない。どんなに親しい間柄でも真意が伝わらずに曲解される、なんてことはザラにあるのだから。そんな体験してないのかねえ・・・。

だから、入籍して8年間、一度も私のところには挨拶に来ていない。元妻のところには行って、お披露目もしているようだけど、私は祝儀も出していない。だからと言って、次男との関係は全く壊れない。

次男に「子供は?」と訊くと、「嫁さんが、子供が大っ嫌いだから作らない、と言ってるから作らない」と言う・・・。次男がそれで良ければいいんだけど、「そういうのって入籍前に言っておいてくれなきゃダメじゃん」と言ったら笑っていた、笑える話じゃないんだけど。キツい例えだが、我々の仕事で言うなら、格安物件に入居して喜んでいたら後から「事故物件だった」と知らされるようなものである。

私はうちのと入籍する前に、本人はもちろんのこと、岩手の両親にも「この歳なのでもう子供はもうけてあげられないのですが宜しいでしょうか」とお伺いを立てて了解を頂いている。そういうのは先に聞いているのと後で知るのとでは大違いだと思うんだけどな・・・。事前に少しは聞いていて、結婚すれば変わるかな、と期待していたのかも知れないけど、老後の人生設計にも関わってくるから大事な話だと思う。

次男は27日に川崎から江戸川区に転居する、その引っ越し前に「川崎よりもっと遠くなるから一度会っておこう、お父さんも嫁さんのことを誤解しているみたいだし」と次男なりに気を遣ったんだろう。ハッキリ言う、もし次男の嫁さんが次男と巡り会っていなければ、もう ×2 くらいにはなってるんじゃないかな。次男は人間関係に対しては不感症で、よほどのことでも苦にしないからもってるようなモンで。

転居すれば次男は無職になる。どこかの企業で中途採用されるのは厳しいことだろう。次男だけのことを考えれば「どんな状況下でもどうにか生き延びるタイプ」だが、食べさせなきゃいけない相手がいる。

転居の理由は、嫁さんのご両親が高齢になってきたので、同居ではなく何かの際に直ぐお手伝いができるように備えたいから、とのこと。私も48年前、披露宴の控室で親父から「東京の人と結婚するということは、もう田舎に帰って生活することは無いんだな。だったら、わしらのことはいいから、〇〇さんの両親を自分の本当の両親だと思って尽くしてあげなさい」と言われているし、転居の理由に文句は無い。

今回はまだ同居ではないけど、「どんなに人柄の良い両親と一緒に暮らすとしても、一緒に暮らしている人間にしか解からない苦労や辛さというものは必ず有るもの」、それだけの覚悟は必要だろう。

次男に、「我々が府中で二世帯住宅に暮らし始めた時、もしも義妹たちから『お姉ちゃんとこだけで抱え込まなくていいんだからね、何かあったら私たちも協力するから遠慮なく声を掛けてね』と言われていたなら今の状況は違っていたと思う」と話した。似たような苦労はすることになるだろうから。

次男から、元義妹の長男(次男の従弟)が慶応大学を出てメガバンクに勤めてアメリカで為替のディーラーをしていて近々結婚する、と聞いた。元義妹も旦那もさぞかし鼻が高いだろうけど私からすれば「それが何?」くらいの話。もう関係が無いから、でなく、義父母と二世帯住宅で暮らしていた14年間の冷たさを思い起こせば、私にとってはどうでもいい。むしろ「不幸になればいい」と思っている (怖っ!

ま、そのおかげで今の私は(私にとって)最高の女房を得られたのだから結果オーライだけど。

会いに来たついでに、貸していたDVDなんかを返してくれたが、映画のDVDは Blu-ray で買い直しているので、「欲しい」と言うから持ち帰ってもらった。食事の後、私が行きつけの理容院に連れて行って、伸ばしていたポニーテールの髪もバッサリ切らせた。ランチと散髪代は私の奢り。以前に「銀行なんかに並んで交換してくれるよう」頼んでいた新幹線開業50周年記念硬貨30枚は代金を払わずに貰った。

帰宅して、うちのには話したが、次男には私の「心の声」は伝えていない。ま、解からないだろな・・・。

もう一生次男と会うことは無いかも知れないなあ・・・、ここまでに8年だし、この記事のこともあるから。

posted by poohpapa at 06:32| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

昨日、健康診断を受けてきた

極めて私的な記事になるけど、

何年ぶりかで健康診断を受けてきた。ここ数年、周期的に「気持ち悪い・・・」という症状が「出ては消え」していたので、早くちゃんと診てもらわねば、と思いつつ逃げていたが・・・、意を決して行ってきた。

市の健康診断で「どこがどう悪い」と特定してもらえる、ということはなく、問題ありそうな個所を発見してもらって、あれば専門医に診てもらう、その為の予備段階なんだろな。昨日は心電図もとったが、先生は「ふつうの波形で、とくに問題ないでしょう」とのこと。ただし、来月9日にエコー診断を受けるのと、状況によっては24時間心電図を記録する装置を身に着けて生活するかも知れない。

一括して健康診断を受けて、何か異常の兆しが見つかれば専門医に行く・・・、ではあるけど、私の「気持ち悪い・・・」の原因は解からずじまいになりそうな気がする。一生付き合っていくしかないかな。

採血と検尿の結果は1週間後に判るとのこと。事前の身体検査(身長と体重の測定)で身長が私の認識より2cm低くなっていてショック。歳を取ると背が縮む、という説は当たっていた。胴周りは97cm、体重は、着衣のままで71kg・・・、まあ、典型的な「チビでデブ」の体型。あと、禿げ(薄毛)も ^^;

お小水は、家を出る前に済ませてしまったので直ぐには出ず、クリニックと同じフロアの自販機でジュースを買って飲むことにした。その際、最初に入れた百円玉が、ジュースの購入ランプが点かなくて返してもらおうとしたが、どういうワケか返ってこなくて行方不明。凄く損した気分。

一気飲みして、しばらくしてクリニックのトイレ(個室)でカップにお小水を取ろうとしてふと床と便器を見ると前の患者のオシッコが凄く飛び散っている・・・。個室の中の洗面所の蛇口は自動だし消毒液も完備されていたので、感染が怖かったけど私が掃除した。後で利用する人のことは全く考えないのかよ、と腹も立ったが、受付のスタッフには話していない。今日はツイてないなあ・・・、と落ち込んでしまった。

そう言えば、歌手の故越路吹雪さん、毎年必ず健康診断を受けていたけどコンサートのスケジュールの都合で一度だけ受けずにパスして、翌年の検査で癌が発見されて、手遅れになって帰らぬ人になったとか。昨秋やはり癌で亡くなった私の友人も、仕事が忙しくて発見が遅れた。健康診断は毎年受けるべきだろうけど、受けるなら毎年必ず受ける、受けないなら一切受けない、そのほうが幸せだったりして。


ここからは、食事前には読まないで頂きたいのだが、

今回オプションで大腸癌の検査(検便)を頼んだのだが、その道具が面白かった。私の子供の頃の蟯虫検査の検便は、マッチ箱を再利用したものの中にひと塊を入れて卵が入っているかどうかを調べていたが、今の検便は違う。採便の為の容器も凄く進化していて楽に採取できる。

検便における正しい採便方法

たまたま、昨日は定休日で、2度の採便も朝と夕方に採れたので、即、クリニックに向かった。何事も決断が大事、心が決まったら直ぐに実行するに限る。いろいろあったけど、行って良かったと思う。

結果は後日ご報告・・・、興味ねえか・・・、重大な疾病が発見されるのを期待されてたりして (^◇^)

posted by poohpapa at 06:51| Comment(4) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

田中みな実を見直した

田中みな実、女性閣僚人数の話題に「違和感」
デイリースポーツ  2020/09/20

私が普段から抱いている違和感と全く同じ、まさに「我が意を得たり」で、女性の著名人が発言してくれたことの意味は大きい。

閣僚にしても大手企業の役員(管理職)にしても、「日本は女性の比率があ」 「諸外国に比べると低くてえ、北欧では〜」 「これからは〜半分は女性を登用しないと〜時代にそぐわなくてえ」などと、マスコミも著名人も、いかにも「人権や男女差別に真剣に向き合っています」というポーズだけ。しょうがないじゃん、使える女なんて圧倒的に少ないんだから。だいいち、男は単純だけど女は浅はかだからね。

政権に対してとにかく批判しかせず意識操作することに熱心な(産経を除く)大手新聞社、NHKも含めたテレビ局、クソの役にも立たない野党なんかと大違い。ここまでストレートに正論が言える、ということは、かなり頭が良くて、「あざとい女」は作られたキャラなんだと判る。


世の中には「女には無理」という仕事は多い。「女には無理」と言うより「女を棄ててなきゃ無理」という仕事(役職)が多いということで、何かにつけて「女性の比率が少ない」という意見を耳にする度に、「馬鹿だね、こいつら」と思っている。そんなことを言ってるから逆に女性の地位は向上しない。

いや、女性の地位なんて向上させなくていい。男女差別の社会の中であっても頭角を現すような能力のある女性がいれば登用すればいいだけのこと。毎度言ってるけど「女なんて何人集まっても屁のつっかいにもならないもの」であって、私は「女性は愛すべき対象、(母としては別だけど)弱いものだから男が護ってあげるのが当たり前」、世の中の3K(キツい、汚い、危険)の仕事は男がすべき、くらいに思っている。そういう仕事に女性は進出しないほうがいい。男に護られるのを望んでいないなら自立するのは勝手だが。だから、私の経験上は、中途半端に強い女が(プライドだけ高くて)一番扱いにくいかな。

「男らしさ」とか「女らしさ」という言葉は押し付けで差別に繋がる、なんて言う教育者や評論家がいるけど、元々体の作りも体力も違うもの。男らしくていいのだし、女らしくていいもの。世の中の男は、おすぎとピーコ、マツコ、ミッツマングローブみたいで良い、女はアジャコングでも良い、と言ってるようなもの。「らしさ」は必要。そういう存在、少しならいいが全部は困る。

男の「らしさ」は経済力と包容力、女の「らしさ」は愛嬌と可愛げ、それさえあればいい。

男女平等だの女性の権利だの、ジェンダーフリーなんかを声高に訴える奴、みんなダブルスタンダード。だったらオリンピックの陸上競技、男女一緒に走らせる?。女子はみんな予選落ちするよ。そいつらがガソリンスタンドや居酒屋のレディースデイなんかの特典に抗議するのを見たこと無いけど。自分たちの主義主張にとって都合が悪ければ「差別だ」と言い、都合が良ければ沈黙する、不思議な人たち。

差別でなく、区別することでこそ平等になる、それがまるで解かっていない輩は多い。

でもって、ついでに、「女には車の免許、選挙権、被選挙権を与えてはならない」、というのが私の持論。

それにしても、田中みな実、見直したわ、ほんと。

posted by poohpapa at 06:23| Comment(7) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

私は国勢調査記入代行業 ??

朝、家を出ようとしていたところに生活保護の老婦人から電話があった。

「店に行く前に寄ってくださる?、国勢調査の用紙が届いたんだけど、書き方が解からないのよ」だと。まあ、通り道だから寄るのはかまわないのだが、いつもの「嫌な予感」がする・・・。

その日は、自分で呼んでいながらチャイムを押しても出てこない。相手は高齢者だからそういうのは怖い。10分の間でも何が起きているか分からないのだから。元気だが80歳を超えていて耳が遠い、ということもあるが、3度目でようやく返事があって出てきた。「これなのよ、解かる?」と訊く。そりゃあまあ、うちにも届いてるし記入の仕方くらいは解かる。懇切丁寧な記入方法も添付されてるし、高齢者でも難しくはないと思う。だが、この老婦人は役所からの郵便物も自分では見ようとしない。間違いが有ってはならない、ということなんだろうけど、たいていは私がチェックして記入することになる。

それはいいのだが、国勢調査の封筒以外に大きなレジ袋を手にしている・・・。やっぱり・・・(*´з`)

「これさあ、食べてよ。ほんとは2枚買おうと思ったんだけど、レジでちょっと(おカネが)足りなかったから一枚返しちゃったんで一枚だけだけど」と言う・・・。てことは、ステーキ肉だな、と思ったらビンゴ!

正札がそのまま付いていて、「北海道産黒毛和牛サーロインステーキ用」274g、2685円(税別)、グラムあたり980円で、けっこういい肉、もちろん霜降り。それとは別に、「長野産ナガノパープル」一房1207円(税別)、とキウイ3個も。ただし、購入したのが隣町のスーパー、というのが不思議だけど。

国勢調査の用紙を預かって私が記入して郵送まで済ませたが、所要時間は10分。その対価にしては高すぎる。私にとってはそういうのも仕事のうちなんだし、ましてや相手は生活保護の老婦人。上前を撥ねるようで気が引ける。感謝してくれるのは嬉しいが程度問題。保護費は自分の為に使ってほしい。辞退すると怒るのでいつも有り難く頂いていて、そうすると凄く喜んでくれる。あ・・・、私と似てるわ (滝汗

いくらなんでも、それでは申し訳ない。そんなんでいいのかなあ・・・、いいワケないよなあ。

毎度「そのうち埋め合わせを」と思っているのだが、まだ果たせていない。いや、その必要は無いんだろうな。私もそうだけど、この老婦人は元々「見返り」や「お返し」など全く求めていない。相手が喜ぶ顔を見て自分も嬉しくなる、まあ自己満足だけで生きているような。その代わり、それも私と一緒だけど、もし裏切られたなら怖い人に変わると思う。頼まれたことを快く引き受けていれば大丈夫だろうけど。

posted by poohpapa at 05:40| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

危険なバイク

これは一昨日の昼頃のこと、立川通りを3台のバイクが駅方面に向かって並走していて、そのうちの1台はナンバープレートを着けておらず、ヘルメットも被っていなかった。後頭部に担いでいる感じではあったけど。爆音も凄かったなあ。3台とも途中で左折して国立方面に向かった。

後ろを走る車がドライブレコーダーに収めてないかなあ。他の2台のナンバーから本人を特定できると思うんだけど。110番通報しようと思ったけど、もう間に合わないからしなかった。

posted by poohpapa at 09:44| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは驚いた、昨日の出来事

お昼過ぎに私の携帯(スマホ)が鳴る。手帳型ケースを開くと・・・、

「小田原きよし事務所」と名前が出た。小田原きよし氏、地元選出の衆議院議員である。

「ああ、さっき政策第一秘書のYさんに、事務所のスタッフの方(3人)のお茶菓子にして、と言って『かもめの玉子』を一箱届けたので、そのお礼なんだろな」、と思っていたら違っていた。

厳密に言うと、届けたのは2箱。毎度たぁさんから送って頂いている季節限定の「かもめの玉子」、6割は行き先が決まっていて、4割がその時々にたまたまお世話になった人にお届けしているのだが、小田原きよし事務所は6割のほう。スタッフが3人だから一箱9個入りで分けやすいし。

今回は、Yさんにメールして「22日まで連休ですか?」と訊いたら「いいえ、私は今日も出てますよ。この後、出ますが」との返信。それで直ぐに2箱持参して、「こういうワケで、いつもドカン!と送ってくれる人がいるんですよ。一箱はおうちに持って帰ってご家族で食べて」と言って渡すと、「子供が喜びます」と笑顔。それで、仕事が一段落ついて、出先からお礼の電話なんだろな、と思ったのだが・・・、

「いつもうちのスタッフにお気遣いを頂き有り難うございます。小田原きよし本人です」と言う。

Yさんの携帯を借りて議員本人が掛けてきてくれたのだ。Yさんから「よく事務所のスタッフに、と言ってお菓子を差し入れしてくれています、今日も『かもめの玉子』を届けてくれました」と聞いたのだろう。ま、私が届けるのは立派な菓子折なんかでなく、少しの量をたま〜に届けるだけなんだけど。他の人へと同様、「これ、美味しいよ、食べてみて」と、味見できる程度に広く浅くバラ撒いているだけ。

それにしても、私も偉くなったモンだ、国会議員本人から直々にお礼の電話が入るとは (^◇^)

それで、ふと考えたことがあって、Yさんにこうメールした。

「小田原さんとご一緒なら、さっきYさんのご家族に、と言ってお渡しした『かもめの玉子』、小田原さんに渡してもらうことはできますか?。もちろん、Yさんのご家族の分は後で改めてお届けします」、と。

直ぐに「了解しました」との返信があった。連休明けにでも改めて一箱お届けしよう。

私が言うのもナンだけど、議員からしてみたら、自分に立派な菓子折が届くより事務所のスタッフを小まめに気遣ってもらうほうが嬉しいんじゃないかな、と思う。それで「支持されている」と判るのだし。

私は、うちの選挙区では「小田原さんに入れる」と決めている。ご本人の人柄もさることながら、奥様の人柄に惚れ込んだから。前回の選挙の時、奥様が一人でうちの店に「小田原きよしの家内でございます」と挨拶にみえた際、その気品に圧倒されたのだ。あくまで謙虚で、「この奥様が支えているのなら小田原さんも立派な方だろうな」と確信したから。間違いなく、私がこの歳までに出会った中で5指に入る気高い女性。それと、父親が元自衛官とのことだから間違った育ち方はしていないだろう、と思ったから。

あと3回か4回当選回数を重ねたら大臣になることだろうけど、だからと言って、小田原さんに限っては態度が変わって「ふんぞり返る」ようなことは無いと思う。そういうの、何人も見ているけど。

小田原さんの当選、Yさんの存在も大きいと思う。私みたいな枝葉の有権者の名前を覚えて気さくに声を掛けてくれるから。私はもう無理だけど、有権者の名前を覚えるのは選挙では非常に有効だろう。

そう言えば、衆院が解散されそうで選挙が近い、と踏んでいるからか、この一両日、立憲民主党がJR立川駅の北口でビラ撒きやら演説やら大々的にやっているし、街宣車も走らせている・・・。

「無駄な抵抗はよせ!」、と言いたい (爆




posted by poohpapa at 05:19| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

かもめの玉子 栗 秋 季節限定

当社で6回(7回?)部屋探しをさせて頂いた「たぁ」さん、5年ほど前に郷里の岩手に転居してからも毎年4回「かもめの玉子 季節限定モノ」が出る度にドーン!送ってくださっていて、この秋も届いた。

秋と言えば「栗」。もっとも、秋に旬を迎える果物は多いが、「かもめの玉子」の素材として最も適しているのは栗だろう。「かもめの玉子 シャインマスカット」など、作れなくはないだろうけど難しそう。

一昨日、おっきな段ボールで届いたのがこちら ↓

DSC09303.JPG

20箱・・・、売るほどある。一箱9個入りで、うちら夫婦が毎日1個ずつ食べても3ヶ月かかる (^◇^)

実は、この「栗 秋」、地元で発売になった初日に発送してくれて翌日の午前中にはうちに届いて、お昼前には半分バラ撒きが完了しているから、私が届けた人、地元以外で最も早く「栗 秋」を食べたかも。

上に乗っている漬物は、お店が「大量に購入してくれたから」とオマケしてくれたものとか。「弁慶の ほろほろ漬」とあって、私は初めて見た漬物。岩手出身のうちのも知らなかったそうだ。それも楽しみ。

毎度書いているが、たぁさんは、うちに全部食べてもらうためにそんなに大量に送ってくれているワケではない。私がいろんな人にバラ撒くのを承知で送ってくれている。私が届けるのは、例えば、困難な生活を抱えながら母子家庭で頑張っているお客さんや、私のいつもの訪問先のスーパーや伊勢丹、ファミレスなどで普段から気持ち良く接してくれるパートさんたち、とくに私が仕事でお世話になっている人たちで、送って頂いた6割くらいは毎回「行き先」が決まっていて、4割ほどはその時々によって変わる。相手によって箱で届けたりバラで届けたり。みんな凄く喜んでくれて最高の笑顔が返ってきて嬉しい。

普通なら「オタクの分はカネ要らないけど、仕事とかで配るんだったら、いくつでも送るけど代金もらっていいかなあ」になるもの、それで当たり前。だが、たぁさんからそんなこと言われたことは一度も無い。

「かもめの玉子」だけでなく、猫グッズとか水とか、いろんなものを大量に送ってくださっていて、

DSC09305.JPG

一年以上前、やはりドーン!と送ってくれた猫グッズの中で、うちのがとくに気に入って使っているトートバッグ。うちのが好きな黒だし、デザインのセンスもいいし、何より、使い勝手が凄くいいんだとか。

退去以降もお付き合いの残るお客さんはけっこういるけど、こんなふうにいろいろドカーン!と送ってくれるのはたぁさんだけ。正直、10人くらい欲しい。遊んでいても食べていけそうだから (おい

そうそう、思い出したんだけど、たぁさん、引っ越し魔で、うちで6回(7回?)も部屋探ししているけど、案内したのは6回(7回?)だけ。つまり、一度の部屋探しで1件しか案内していない。私が、「今はこれが一番かな」と思える部屋を紹介すると、その都度「あ、ここでいい」と決めてくれて、「他の部屋も見たいんだけど・・・」と言われたことなど一度も無い。そういう意味からも実に有り難いお客様である。もちろん、入居後に隣人が「クセのある奴」だったりしたこともあるけど、それでも文句を言われたことなど無い。嫌な思いをしたなら次回から他の不動産屋に行きそうなものだけど、私より義理堅いし苦労人。

以前も書いたけど、私は、女性では、たぁさんと伊勢丹のマネキンのUさんから「あの男はもうダメ」と烙印を押されたら、本当にダメな人間になった、と思える。男なら、そういうリトマス試験紙みたいな親友は何人もいるけど身近な女性では二人だけ。その二人以外からならどう思われようが気にしない。

まあね、過去には、私が変わったのでなく向こうが変わったのに私を非難するようになった奴もいたけど。自分の事情や立場や環境が変わって、周りに対して自分を正当化するためで、赦せないけど仕方ないとは思う。寂しいことではあるけど、人は変わるし人は裏切る、そんなものだから。

言えるのは、たぁさんやUさんに関しては、これからもそんな心配はしなくて済む、ということ、ほんと。

さて、今回のかもめの玉子も、うちら夫婦の分は一箱ずつカッピした。ゆっくり味わわせて頂こう ♪

posted by poohpapa at 05:46| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

昨日届いた詐欺メール

題名が、〔楽天〕パスワードの変更完了のお知らせ、となっていて、
差出人は、"myinfo"

本文は、

poohpapa@○○○.nifty.com様

平素より楽天グループのサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
ただいま、お客様からの変更処理に基づいて楽天会員アカウントのパスワード変更が変更されました。

※秘密の質問と答えをご登録されている場合は、不正アクセス被害防止のため、あわせてご変更頂くことをおすすめします。
以下の会員情報管理トップページより、秘密の質問と答えの登録・変更が可能です。

■楽天会員情報の管理画面
○ttps://rekutan.○klsdq.asia/rms/n○d/event/index.html

==============================================
※本メールはご登録いただいたメールアドレス宛に送信されています。
※このメールにお心あたりがない場合は、お手数おかけいたしますが本メールを破棄していただけますようお願いいたします。
※本メールは送信専用です。ご返信いただきましてもお答えできませんので、ご了承ください。
ご不明な点がございましたら、下記ヘルプページをご確認ください。
○ttps://i○hiba.f○q.rakuten.net/
※当社の個人情報の取扱いについては「個人情報保護方針」をご覧ください。
https://○rivacy.r○kuten.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
楽天株式会社 



楽天会員情報の管理画面の URL が、「 rakuten 」ではなく「 rekutan 」になっている。

でもって、なになに、

「秘密の質問と答えをご登録されている場合は、不正アクセス被害防止のため、あわせてご変更頂くことをおすすめします」って、そんなことしたら、部屋のマスターキーを全部そっちに預けて私は一本も鍵を持っていないのと同然。鍵交換(パスワード変更)も泥棒(詐欺グループ)の思いのまま。

だいいち、私はパスワードの変更手続きなどしていない。メールを受けた相手が「え?、なんのこと??」と、そこにある URL に進むよう誘導しているのはミエミエ。ところどころ日本語も変 (^◇^)

「お客様からの変更処理に基づいて楽天会員アカウントのパスワード変更が変更されました」・・・??

しかしながら、以前の各種詐欺メールより日本語らしくなっているし、工夫も凝らされてきている。

ついでに、

先日、私の携帯に国際電話が掛かってきて、出たら、中国語で録音されたメッセージが早口で流れてきたので直ぐ切った。すると、(番号が近い)うちのにも数秒後に同じ電話が・・・。片っ端から自動で掛けているみたい。うちのに「出るなよ」と言って放置させたが、何が目的なんだろ、通信料詐欺か。もしかすると、こちらは受信しただけなのに後日auから国際電話の通話料の請求が来るかも。これがフランス語なんかだったならあまり警戒しないのかも知れないけど中国語というだけで拒絶反応。

さらに、

0120-679-304 という番号から何度も着信が入るのだが、ワン切り。迷惑電話の記録サイトにもクチコミが出ていて、同様に「ワン切り」とか「掛け直したら直ぐ切られた」との話ばかり。これも、何が目的なのか解からない。呼び出し音が鳴った時点で「生きている番号」だと判るワケだし、折り返してきても用件に進まないなら通話料だけ負担することになる。何かの詐欺の事前リサーチか。

私なんかが注意喚起するまでも無いことだろうとは思うけど、お互い気を付けよう。

posted by poohpapa at 05:16| Comment(6) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

ジャパネットの回し者 (^◇^)

先日、Japanet TAKATA から連絡があり、「以前に購入したマッサージ器の【もみたいむ】が充電中に発火する危険性があり、該当部品を交換した新品と交換いたします」とのこと。で、「佐川急便で新品を届けるから今使っている製品はそのまま配達員に渡してほしい」と言う。しばらくして新品が届いた。

アルインコの「もみたいむ

うちのも私も凄く肩が凝るほうだから試しに使ってみようか、と思って購入したら・・・、

めちゃくちゃ具合がいい。まるで凄腕のマッサージ師にほぐしてもらっているかのような使い心地。機械の動きをどう計算して設計したかは知る由もないが、「モード」「はやさ」「ヒーター」のボタンが付いていて、揉み方やスピードも変えられ、ヒーターまで付いていて、それで1万円もしないのだから驚き。整体院に2度通ったと思えば元が取れてしまう。使っている最中に発火したとしても文句は言わない 。

もし、このブログをお読みの方で「慢性的な肩凝り」に悩まされている方がいらっしゃったらお試しになっては如何だろう。念のため言っておくけど、このブログはアフィリエイトと連動していないし、私はジャパネットの回し者でもない。だから購入してもらっても私には一銭も入ってこない、ほんと。

そう言えば、以前ジャパネットで BRAUN の髭剃り「S3」を購入して、アンケートに「具合が良かった」と回答して、アンケートの中に「 CM に出演して頂くことは可能か」と有ったので、「はい」と答えたら、連絡があって、スタッフが我が家に撮影に来た。同型の髭剃りをまた売り出す、との話だったが中止になった。後日撮影の様子を収めた DVD が送られてきたけど、CM 、出たかったなあ、ミーハーだから。

たまたま撮影に来た女性スタッフが、置いてあった「もみたいむ」を見て、「あああ、これ、私が担当していた商品です。凄く嬉しいです」と言って喜んでくれたっけ。

だけど、よくよく考えてみれば私は髭剃りの CM には向かないわなあ。髭、どこに生えているんだか分からないくらい薄いから。いくつになったってカーネル・サンダースみたいな立派な髭にはならない。

それはともかく、「もみたいむ」(税込9980円)は本当にお勧め。ご購入の際は、ジャパネットに「悪徳ブログで見た」と伝えて頂けると幸い (爆

そうそう、スマホにしても髭剃りにしても、充電中は外出したりせず、目の届くところで充電するに限る、と思った。充電できる製品は便利だが、「便利」は「危険(リスク)」と常に隣り合わせだったりして。

posted by poohpapa at 05:39| Comment(4) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

スマホのニュースで知った事件で思うこと

ネットでも詳細が出ていた。

「自分ばかり負ける」客が通報 賭博場の開設容疑で逮捕

朝日新聞 DIGITAL  2020年9月15日

これ、八百長を仕組まれた、というんじゃなく、たまたまその男に「ツキが無かった」だけのこと。なのに、「自分だけ10万も負けたのが悔しい、納得いかない、チクってやる!」 になったのかと。

当然に、自分が10万も儲けさせてもらったならチクったりはしない。中には、手持ち資金が無くて、言わば「ツケ」で賭けていて大負けして、後で支払わなければならなくなって、支払いたくないから「警察に通報して潰してやれ」という奴もいるらしい。賭博場の開設はもちろん違法行為ではあるけど、胴元より、自分も客として加担していながら負けたから通報する、そういう奴のほうが赦せない。


賭博ではないけど、こんなことを思い出した・・・。

私はよくいろんな人から相談を受けるのだが、相談者にとって都合が良い回答をすれば喜んでくれるけど、そうでなければ不快な表情になる人っているもの。ファミレスで食事しながら何度も相談を受けていて、その度に話が堂々巡りするので、言葉を選びながら、「それね、相手にはこんな事情が有るかもだし、あなたにもこういう間違いがあると思うよ」と伝えたら顔色が変わって、二度と連絡を寄越さなくなった。

正直に言えば、とても繊細なその人と話をするのは、傷つけないように言葉を選ばなくてはならないし私も疲れる。こちらが毎回しんどい思いをしながら食事をご馳走して時間を割くのは割に合わないなあ、と思っていたので、嫌われてもいいからハッキリ指摘しようと思った次第。

以前も書いたけど、相談者は私に相談してくる時点で最初から自分なりの答を持っている人がほとんどで、私から「あなたは間違ってないと思うよ」と背中を押してもらいたいのが本音だったりして。私が本人の結論と同じことを言えば「この人は私のことをよく解かっている」と思うし、「それは違うんじゃないかな、こう考えるのが妥当だと思うよ」などと本人の結論と違うことを言ったり指摘したりしたなら、「この人は私のことを何も解かっていない」と決めつけられたりして・・・。ま、それは仕方ない。

賭博も相談事も、自分に都合が良ければOKで都合が悪ければ赦さない、受け入れない、と目先の損得で判断するのはどうかな、と思う。私は大勢の良き友人知人に恵まれているけど、共通して言えることは、(言いにくいことであっても)私にハッキリ進言してくれる、ということ。

そう言えば、こないだ「頭が固いのは坂口さんのほう」と言った人がいたっけな(笑)、でも、「この人には何を言っても大丈夫」と信頼してくれているからハッキリ指摘してくださるもの。自分にとって不都合なこと、耳の痛いことを言う友人こそが、自分にとって最高の友人だったりして。

それにしても、この賭博場を警察に通報した男、最低だと思う。亡くなった親父が「いろんな借金があるけど、一番早く快く返さなくちゃいけないのは賭け事で負けて借りていたカネだよ。誰だって賭け事で負けたら気分良くないものだけど、それでも借りてた分を翌日にサッと返せば信用されるもの」とよく言っていて、私もそう思う。それを、一人負したからといって警察に通報・・・、ベクトルが狂っている、と言うか、馬鹿だねえ・・・。それで「ザマア見ろ!」にはならんだろうに。日本でなければ殺されてるよ、コイツ。

あ、ちなみに、親父が言っていた「賭け事」というのは賭マージャンのこと。土方仲間や近所の鉄工所のオヤジなんかとよく雀卓を囲んでいて、その中で、負けてもなかなかカネを払わない奴がいて、それが鉄工所のオヤジで、半島の人。そのオヤジが切った牌を見て誰かが「ロン!」と自分の牌を開けると、「あ、間違えた、ちょっと待て」といつも言うんだとか。「メンバーが集まらないからしょうがなくて誘うけど、朝鮮人はカネに汚くて、ほんとは仲間に入れたくないんだけど・・・」と、いつも親父がぼやいていた。

posted by poohpapa at 05:59| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

「気持ち悪い・・・」がバージョンアップ

一昨日あたりから、いつもの「気持ち悪い・・・」がスケールを増して出るようになった。

ほんと、早く終活をしておかなければ・・・。

なので、今日は(今日も)手抜き記事、

私の毎日の訪問先「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんで見た面白い図。

https://blog-imgs-135.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/EhcEt8ZUYAAoYYo.jpg

非常に解かりやすい「売国奴オールスターズ」の面々。このうち半分は半島の血が入ってるかな。

大村って、元々自民党だったんだよね、それが今じゃ左翼からの支持を受けている・・・、狂ったか。

「表現の自由を守れ!」と言っても、自由は無制限に保障されるものではない。自由や権利は「分別」(善悪を識別できる見識)や「義務」や「責任」と表裏一体。今の日本で、コイツらが処刑されずに生かせてもらっていたり、組織が解体されないだけで十分に自由は保障されている、と思えてならない。

米山隆一と室井佑月・・・、うちら夫婦を差し置いて日本一「気持ち悪い(気色悪い)夫婦」だし。


昨日は夕方帰宅してから入居者さんからの「水漏れ」や「ガスが使えない」というトラブル2件の対応。仕事とはいえしんどかった。相手には言えないしなあ・・・、体調が悪いのは私の事情(勝手)だから。

posted by poohpapa at 05:26| Comment(4) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

別件で緊急連絡先を頼まれて・・・、快く引き受けた

うちら夫婦と長男がいつも行っている理容院のお兄さんMさんからの依頼だから。居住用でなく店舗の契約。26年も経営していたマスターのKさんが引退することになり、そのまま店を引き継いでいて今回が最初の更新。その保証会社、当社も代理店になっていて、「緊急連絡先は親族に限る」と常々言っているから、私から先に電話を入れておくが私で通るかどうかは不明。ダメならお兄さんに頼むらしい。

連帯保証人でなく緊急連絡先というだけの話なんだから、最初からお兄さんに頼めば良さそうなものだが、そこは田舎の人、余計な心配を掛けたくないのと、いちいち説明しなければならず、「それが面倒」とのこと。その気持ちはよく解かる。だいいち、KさんとMさんには16年前に我々が婚姻届けを出す際に保証人になってもらっているし、長い付き合いの中で何かで迷惑を被ったことなど一度も無い。

ただ、心配していることもある。前マスターのKさんが店舗の賃貸借契約を個人の名前で結んでいるのか理容店の名前で結んでいるのか、ということ。理容店の名前で結んでいたなら「経営者が代わった」というだけのことで、保証会社を使うのだし特に問題は無いが、個人が借主になっていたなら、貸主から「改めて新経営者が契約を結び直してくれ」と要求されるかも知れない。26年も事故なく借りていてくれたのだし、このコロナ禍で「出て行かれても困る」だろうけど、貸主も最近代替わりしている・・・。

当社なら、家主さんと相談して承諾してもらい「新規に契約し直さなくても結構ですよ」と言うところだが。Kさんが引退する際、そのことも考えて「実質的には経営を退いて店の権利をMさんに譲渡するとしても、Kさんが健在である限り店舗契約書上はKさんが経営者ということにしておいたほうがいいかも」とアドバイスしている。幸い管理会社は実情を知っていて、「新たに契約締結し直すことなく借主名だけ替えて条件はそのまま」ということで了解しているから、「今回は黙って契約すれば良い」と伝えた。

管理会社は最近替わっていて、厳密に言えば、新規に契約し直すなら仲介料も発生するし保証金の清算も一度済ませなければならない。口約束ほど怖いものは無いし、そのままずっと、というワケにもいかないから、なるだけ早い機会に貸主の承諾をちゃんと取っておいたほうがいいとは思う。そのあたりは、全く無関係な人間に経営譲渡するワケではないから貸主も柔軟に対応してくれる、と思いたい。

もしかすると、貸主は管理会社から説明を受けて了解しているのかも。だといいのだが・・・。私の悪い癖で、良く言えば「阿吽の呼吸で進める」けど、悪く言えば「なあなあで済ませようとする」から、注意深く様子を見て、藪蛇にならないよう適切にアドバイスしよう。

本当は家賃の値下げ交渉もしたいところだが、それは既成事実を作って(次の更新まで)3年待ったほうがいいだろうな。契約者が代わっても「そのまま継続」させてくれるなら、そのほうが借主にとっては遥かに得だし面倒も少ない。Kさんは「経営を引き継ぐなら自分が預けている保証金を戻してくれ」とは言っていない。設備もそのまま置いていってくれて「造作譲渡」も無い。Mさんも不安があって悩んでいたが、こんな条件の良い独立話は無い。実のところ、私は双方から相談を受けていた。

KさんとMさんはどちらも沖縄の出身、同郷ということもあって互いの信頼関係は強い。マスターのKさんを指名するお客さんもいたから、Mさんが引き継いだ後、しばらくはKさんが店を手伝いに来ていたけど、今はもう来ないとか。うちのはとくに指名したワケではなかったが、ずっとKさんにやってもらっていて、これからはMさんにお願いすることになる。ま、中には、それで来なくなるお客さんもいるらしい。

「緊急連絡先に・・・」と言われて先日の一件を思い出してしまったけど、正直、Mさんなら連帯保証人でも引き受けられるほど。世の中に「信用」ほど尊くてイザという時に役立つものは無い、と思う。



posted by poohpapa at 05:07| Comment(8) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

実によく出来た動画

もしも、さだまさしが海外オーディション番組に出演したら・・

もしもIKZOがアメリカの有名オーディション番組に出演したら…

もしもIKZOが海外オーディション番組に出演したら…PART2

審査員や観客の表情や反応を上手く合せてあって秀逸。ま、本当に出ていたなら、言葉(歌詞)が解からないのだから始まって10秒くらいで「X」を出されてお仕舞いだっただろうけど。

ついでに、お色気バージョン。

IKZO x 太陽にほえろ

「太陽にほえろ」の伴奏で「おら 東京さ行ぐだ」を歌っても何の違和感もないのが面白い。



趣向を変えて、

登美丘高校ダンス部、ついにハリウッド映画「グレイテスト・ショーマン」とコラボ! 制服姿で踊る 感動のPV完成 The Greatest Showman

登美丘高校、高校ダンスの頂点。以前に平野ノラとコラボする動画を観たけど、超ハイレベル。女子生徒の半分くらいはダンス部に所属しているのでは?

【TDC】登美丘高校ダンス部 2017 バブリーダンス

このクオリティで、この年、準優勝。流している涙は悔しさ以外の何物でもないだろう。ならば、優勝チームのダンス、観てみたいと思って探したら直ぐ見つかった。同志社香里高校だった。どちらも、もうプロ。

一昨年、母校の創立100周年記念の「柊祭」を観る為に訪問した際、ダンス部があって驚いたっけ。

もう歳だからね、若い人たちの動画を観て元気を貰ってたりして。でもなあ・・・、

なんで高校生のダンス観て泣かなかんねん、とは思うけど (^^;

posted by poohpapa at 05:55| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

気になったニュース、記事

小池都知事が「ピークアウト」を無視する理由 反対する福祉保健局長は左遷され…
週刊新潮  2020年9月10日号掲載

この中で、

「世間の不安を煽り、火をつければ、怖くなって“国の対策は緩い”と感じる人たちが“小池さんはわれわれの味方だ”と思ってくれる。ワイドショーを見てコロナを実態以上に怖がっている情報弱者が、都民の半数を占めると思われ、そういう人がいま彼女の権力基盤を支えているのです」

とあって、まさに我が意を得たり。小池は都民を欺いている、あの女の頭にあるのは「自分」だけ。


ここにきて、10年前の沖縄・尖閣沖中国漁船衝突事件をめぐる記事が何本も出ている・・・。

菅直人元首相が「始末をつけろ」とゴリ押し 長島昭久議員激白!「中国人船長釈放」の舞台裏 (1/2ページ)
ZAKZAK  2020.9.9

私は、村山富市より鳩山由紀夫より、歴代最悪の総理は菅直人だと思っている。3.11の際の原発に対する対応で強くそう感じた。村山や(東大卒だけど)鳩山は頭が悪いだけ、菅直人は確信犯だから。


前原氏「仙谷氏への筋違い批判が心に」 尖閣衝突 産経に語った理由を投稿
産経.com  2020.9.8

前原が言うことだから「どこまでが真実か」怪しいものだけど、当時は私も「(最終的に)仙谷が命じた」と思っていて、でも、時の総理「菅直人」が命じた、という話はスンナリ納得できる。

と、思っていたら・・・、

【有本香の以読制毒】中国人船長を釈放したのは誰か…菅、前原両氏ら醜悪な「仲間割れ」 誰がウソをついたのか?証人喚問で真実を明らかにせよ (1/3ページ)
ZAKZAK  2020.9.11

なるほど・・・、1年以上かけて「森友だ」「桜だ」とネチネチ追及してるけど、こっちの真相を明らかにしてほしいものだ。誰が本当の売国奴なのか、ぜひ知りたいもの。菅直人が生きているうちに。


岡田克也元副総理、検察への圧力認める?「いろいろ言ったかも」 中国人船長釈放めぐり
ZAKZAK  2020.9.12

記事の中身より、「いつ見ても、岡田は嫌な顔してるなあ・・・」と気になった。


同じく、

「中国人船長、釈放以外に方法なかった」 尖閣衝突事件、当時外相の岡田克也氏が見解
ZAKZAK  2020.9.12

自分たちだって「忖度」してんじゃねえかよ、しかも中国に <`ヘ´>


話変わって、総裁選絡み、

有事対応に不安残る岸田氏 総裁選“3番手”なら党内生命危機 党内で人望に欠ける石破氏 (1/2ページ)
ZAKZAK  高橋洋一 日本の解き方  2020.9.11

【ニュースの核心】石破氏と岸田氏はなぜ勝てないのか 石破氏は、言行不一致で中身が怪しい 岸田氏は、とにかく話がつまらない (1/2ページ)
ZAKZAK  2020.9.12

どちらの記事も、言えてる (^◇^)

スマホのニュース(スポーツ報知)で知ったのだが、日本記者クラブでの公開討論で石破が、「一人一人に『居場所』があり、一人一人が『幸せ』を実感できる国」と書かれたフリップを掲げていたが、石破がそんなこと考えているワケがない。そんな崇高な理念の持ち主じゃない。ま、具体性など全く無い「絵に描いた餅」に騙される人は少ないだろうけど。石破は百合子と同じく冷淡で、あるのは「自分」のみ。


最後に、笑みが零れるお話、

外国企業173社、韓国から次々逃げ出し! 「反日」被害の日本企業のほか、米中ドイツも急ぐ脱韓国…そのワケは (1/3ページ)
ZAKZAK  2020.9.12

脱韓国だけでなく、脱中国も急いだほうがいいだろう。





posted by poohpapa at 06:39| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

ファミレスで、しばらくお目に掛かってなかったスタッフに再会

昨日、うちのと某ファミレスにランチに行ってきた。すると、あるスタッフから声を掛けられた。

「お久しぶりです」と言う。たしかに、見覚えのある顔だが、そういえば最近はずいぶんとお見掛けしてなかったような・・・。「実は9ヶ月ぶりに仕事に復帰しました」とのこと。私が「産休?」と訊くと、「大病を患ってお休みさせて頂いてましたがようやく働けるようになりました」だと・・・。

その割に仕事はテキパキこなすし、やつれてなくて元気そう。明るい笑顔は以前のまま。女性の体のことだから「どんな病気だったの?」と男の私が訊くワケにはいかないし、傍に私が居るのにうちのが訊いたら同じこと。だが、このスタッフなら訊いても大丈夫かな、と思い、訊いてみた。

「乳癌でステージVでした。転移もしています。5年間は経過観察しますが、さしあたっては大丈夫、とのことでしたので」と、まるで期間限定のメニューを説明するかのように明るく話してくれた。表情が明るい分、若く見えるが、お子さんは5人いて一人は既に独立しているとか。

ネットでは、「癌のステージV・・・、癌組織が浸潤しており、リンパ節への転移もある」とのこと。ご主人もお子さんもいて、医師から宣告された時に、どんな思いだったか想像に難くない。私も、昨年の11月に友人を癌で亡くしていて進行の経緯を見ているから心配になる。

持っていたお菓子を「これ、おやつね」と言って渡すと、「わあ、いつもすみません」と言うから、自分では意識していなかったが9ヶ月以上前からお菓子をバラ撒いていたと判る。二つ用意していたが、あげようと思っていたスタッフがお休みだったので、もう一つも彼女に差し上げた。

これからは週三日、短めの時間で復帰するらしい。我々が行く日とシフトが合わなければなかなかお目に掛かれないだろうし、うちのに「ここを出たら、後でお見舞いを届けていい?」と了解を求めると、「大袈裟にしないようにね」と意見されたが了解してくれた。ま、いつもの「余計なお世話」なんだろうけど。

で、一度帰宅して出直すことに。と言うのも、家には午前中に高島屋で買った(数量限定で入手が困難な)凄く美味しいシナモンラスクがある。それも届けて差し上げたかったから。それを持って、いつものフェイバース(信州物産専門店)に行き、いろんなお菓子を買い足した。

その足でファミレスに行くと、Oさんは既に上がっていたのでマネージャーさんに、「さっきOさんから事情を聞きました。これ、うちら夫婦からのお見舞いです。マネージャーさんから、『頑張ってください』でなく『頑張ろうね』と言っていた、と伝えて渡してください」とお願いすると快く受けてくださった。

これ、正直、もし彼女が「どうして私だけがこんな目に・・・」くらいに暗い表情だったなら、逆に「美味しいお菓子を食べて元気になって頂こう」などとは思わなかったに違いない。本当はどんなにか怖くて辛いことだろうけど、そんなことはおくびにも出さずに明るく前向きに生きている、その姿に感動したのだ。

どんな逆境にあっても前向きに希望をもって明るく生きる、そう努力している姿ほど美しいものは無い。私なんかはいろいろあってもまだ命の心配をしなくちゃならないほどではないから恵まれていると思う。

posted by poohpapa at 06:27| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

母娘の部屋探しの顛末

このブログは当事者である娘さんも読んでいらっしゃるので、この記事を見たなら不快に思われるだろうけど、このままだと私が一方的に悪者にされそうなので事の顛末を書いておきたい。

私とうちのがランチ後に買い物しているところに娘さんから電話があって、「今、南口のウェルシア・ホームさんに来ていて、良い部屋が見つかって決めたのですが、緊急連絡先を頼める人がいませんので、本当に申し訳ないのですが、緊急連絡先になって頂けませんか?」とのこと。

なるのは構わないのだが・・・、ウェルシア・ホームなんて不動産屋は知らない。「南口のマクドナルドの側」とのことで、とりあえず行けば分かるかな、と思って、うちのと別れて南口まで行ったが見つからない。それで電話すると、「あ、間違えてました、〇ホームさんでした」とのこと。それならよく知っている。当社の管理物件に社員の方が入っているし、当社の募集物件に何度も問い合わせを頂いている。

駆け付けると、平謝りで図面を見せてくれたのだが・・・、私もいろいろ検索していて出てきた物件の一つで見覚えがある。私が「間取り」で却下した物件でもあるし。その物件で決めたと言う・・・。

その間取りが、こちら ↓

DSC09302.JPG

先日も書いているが、部屋が「振り分けタイプ」でなく縦に繋がっていて、一つの部屋を通らなければもう一つの部屋に行けない造り。しかも、奥の部屋が和室で手前がフローリング。お母さんは和室(畳の部屋)を希望しているから、新婚さんの部屋を通って自分の部屋に行くことになる。そう指摘したら、お母さんは「私が真ん中の洋間で良いから」とのこと。この物件は娘さんよりお母さんが気に入ったとか。

それで、〇ホームの担当者(20代半ばと思しき男性)に、「うちは手数料は要りませんので、振り分けタイプで何かご紹介頂けませんか?」と訊くと、困ったような顔をしていたが2件出してくれた。そのうちの1件が間取り的にも駅からの距離も問題なく、当然に担当者は「お母さんの足が悪い」ことも承知していて、その物件も案内したとのことで「どうしてこの物件にしなかったんだろ」と思っていたら、

「風水、というほどでもないけど占いみたいなものを気にしていて、玄関周りを見てすぐに『これはダメ』と思ったとか。私も○ホームの店頭で初めて知ったのだが、二人が決めた物件は、図面には書かれていなかった情報で、部屋が縦に繋がっているだけでなく、2方向に向いて2ヶ所あるベランダは鳩避けのネットがしてあって、布団や洗濯物が干せないらしい。洗濯や買い物はお母さんの役割とかで、それでお母さん推しで決めた、とのこと。店長が出てきて、「うちも何件か案内していますので・・・」と言う。それはそうだと思う。「ようやく決まったのだから余計なことは言わないでくれ」と言いたかったんだろう。

私も「本当にこの物件で良いのか」念押ししたし、決めるのは当人たちなのだから、意思が変わらないのを確認して、私が到着する前に記入が済んでいた申込書の緊急連絡先欄に記入した。

私自身、壁でしっかり分かれている2世帯住宅でも義父母との同居が上手くいかずに破綻しているから、「いくら当人たちが納得していても、この部屋では幸せな生活は長続きしないだろう」と危惧していた。○ホームの担当者は若いし、そんな体験はしていないだろうから解からなくても仕方ない。それに、自営業の私と違って上からの「何やってんだ、まだ決まらないのか!?」という圧も半端なかったことだろう。

○ホームを出て、二人から「そこらでお茶でも」と誘われたが受けずに帰ってきた。駅の改札までお送りして、二人が改札の中に入るのを見届けたのが5時ころ。

帰宅して、さあ晩飯前に風呂に入ろうか、と思っていた6時半ころに娘さんから電話。

「あの物件は断ろうかと思っています」とのこと。その理由が・・・、

「坂口さんから難癖をつけられたから」というもの。「そういう物件で決めても『いいこと』は無いと思うので」と言う・・・。私のアドバイスを「難癖」だと言うのだ。この仕事を31年もやっているけど、そんな言われ方をしたことはただの一度も無い。「だって、私たちがいいと思って決めた物件をあそこまでケチをつけなくてもいいじゃありませんか。母も怒っていました」だと。「○ホームの店長さんも『お客さんがこれでいいと言ってるんだから』って怒ってました」だと。我々が店を出た5時から私に電話を掛けてくるまでの1時間半の間に(電話ででも)店長と話をしたとは思えないのだが・・・。

「坂口さんは『他の不動産屋さんに行ってもいい』って言ってましたよねえ」と言う。「うん、言ったよ。うちが儲かるかどうかでなく、お客さんにとって良い部屋が見つかるかどうかの問題だから、それはかまわないし、私はそんなことで文句を言ってませんよね」と確認すると、「他の不動産屋さんに行っちゃいけなかったんですか?」と言う。「だから、そんなこと言ってないでしょ?」と言ったのだが、何度も(4〜5回)その話をぶり返された。「うちで決めなかったから、その物件に難癖をつけて潰そうとした」と思っている、あるいは、そう思いたいみたい。何度否定してもその言葉に戻る。

もう一つ、その電話で何度も言われたことがある。「明日、○ホームさんに電話して『坂口さんから難癖をつけられたからあの物件はキャンセルします』と言いますけど、いいですか?」というもの。やはり4〜5回言われた。たぶん、何度も言うのだから、言ってみただけ、でなく本当に○ホームにそう伝えているんだろ。もしかすると、店を出た後もまだ私が反対したと思われるかも。

○ホームとは今まで良好な関係を築いていたが、そんなふうに言われたら、何年もかけて築いてきた信頼関係が一瞬で破壊されることになる。良いワケがない。私は○ホームの担当者にも、「この先、私はこのお客様に物件の紹介はしません。でないと、この話を潰してうちで決めさせようとしていることになりますから」と伝えてある。信じてくれたかどうかは分からない。

その電話ではこんなことも。「坂口さんは『(いっぱい見すぎるとワケが解からなくなって決められなくなるから)物件を見るのは5件までにしたほうがいい』と言ってましたけど、探すのは私たちなんだから、もっといい部屋があるかも知れないんだし、20件見たってかまわないじゃないですか」だと。既に10件くらいは案内されているのかなあ・・・。一社で2件案内されたとしても20件だと10社・・・、ま、どこかで決まるんだろうけど、業者からしても「良いお客さん」とは言えない。

娘さんが、「じゃあ、私と賭けをしませんか?、これから坂口さんが私たちにとって良い部屋が見つけられるかどうか賭けましょう」と言う・・・。意味が解からない・・・。「賭け」になってないし。

途中で母親と電話を代わって、「坂口さんから間取りのことでいろいろ言われたから、私は娘たちと一緒に暮らしてはいけないんだろうか、と悩んでいます」とのこと。「そんなことは言ってません。彼氏が『一緒に暮らそう』と言ってくれているのだから、娘さんたちの幸せの為にどういう部屋を選んだらいいか考えればいいだけのことですよ」と伝えたのだが・・・、なんか、私は、全て責任転嫁されてるみたい。

むしろ、お母さんの立場として娘さんに、「私は足が悪いので私から付ける条件はそれに関してだけ、あとはアンタたちが決めればいいよ」と言えばいいのに・・・、と思う。家賃を払うのは実質的にお婿さんだし。どんなに人柄の良い親と同居していても、一緒に暮らしている人間にしか解からない苦労や辛さはあるもの。今は無くても必ず出てくる。それが解かっているとは思えない。

もし仮に私が、占いとかお母さんの直観に合わない物件を勧めて、私の意見に従ってその物件に決めたとしたなら、例えばの話、もし娘さんが流産したりしたら「この部屋を勧めたアイツの所為」にされるんだろな。夫婦関係が破綻したなら「私たちが上手くいかなかったのは最初に難癖(ケチ)を付けた坂口の所為」になるんだろな。電話で何度も「こう言いましたよね」と念押ししていて、それは言質を取って「私たちは間違っていない」と自分たちの行為を正当化しようとしているのに他ならない。

私としては親身になって相談に乗っていたつもりだが、伝わらなかったみたい。私が娘さんに「Sさんは頭が固いと思うよ。もっと柔軟に物事を捉えるようにしたほうがいい」と言うと、「頭が固いのは坂口さんのほう。私は頭が柔らかいです」と反論。へえ、そうなんだ・・・。

電話は着信から1時間26分も経っていたけど、私の話を聞く耳は持っていないから同じ話の堂々巡りで、これ以上話しても伝わりそうもないので、「もう関わりたくないから電話を切ります」と言って私が一方的に電話を切った。そうしなければ2時間以上は続いていたと思う。なので、○ホームには「坂口さんから難癖をつけられたからあの物件はキャンセルします」と伝えていることだろう。

その物件で決める意志が固いと確認したので緊急連絡先になって、保証会社から確認の電話があれば承諾の意思を伝えるつもりでいたけど、翌日、もちろん保証会社からの電話は無かった。

posted by poohpapa at 07:18| Comment(12) | 嫌な客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

一人の日本国民として、やっと少しだけ恩返しができそう

うちの店頭には「当社はトルコと台湾のお客様からは仲介手数料は頂きません」と、それぞれの国の言語で貼り出していて、半年前に来店したトルコ人のお客様の物件購入の話がようやく動き出した。

仲介手数料を頂かない理由に関しては6年前の記事をご参照頂けたらと思う。 ↓ にも書くけど。

キッカケになったのは、台湾の人が東日本大震災(3.11)の後に北海道を旅していてラーメン店に入り、中国語で話していたら店主から「中国人か」と訊かれ、「台湾人です」と答えたら、「震災の際にいち早く多額の義援金を送ってくれた台湾の人からお代を頂くワケにはいかない」と店主がラーメン代を受け取らなかったという話を聞いて、私も自分の仕事を通じて何か恩返しができないか、と思った次第。

ま、ラーメン代と不動産の仲介手数料では桁が違うけど、私は全然かまわない。で、今、進んでいる話が7500万円くらいの物件の購入。手数料は税込みで250万ちょっと。もう1件同じような話があるとのことで、2件分だと仲介料は500万くらいになりそう。それを辞退する。1円も頂かない。

単に、当社を通して申し込みをすることで当社の仲介料がタダになる、というだけの話でなく、物件の案内もするし、必要に応じて調査や価格交渉もする。もしかすると私の「独り善がり」かも知れないけど、誰かに迷惑を掛けるワケじゃなし、問題は無いだろう。少なくとも、賃貸で(ADを当てにして)「当社は仲介手数料を頂きません。ゼロにできない物件は60%引きにします」と謳っているのとは違う。

おそらくは、一番難しいのは、キャッシュで買うのでなくローンを組む場合の手続き。別件で、ご主人がアメリカ人でアメリカ政府から給料を頂いているお客さんのケースでローンを組めなかったりしたから、そこは心配。現金で購入するのかローンを組むのかはまだ訊いていない。

景気は悪くて売り上げも低調、本年度は赤字続きだけど、日本人の矜持を示したい。トルコでは、江戸時代末期に和歌山沖で遭難した軍艦エルトゥールル号の乗員を村人が命懸けで救助してくれたことを今も忘れず教科書に載せて子供たちに教えていて、やせ我慢でなく、私も倣いたい思い。

トルコで大地震が起きて消防署が倒壊し、日本からの支援で建て直された消防署にはトルコ国旗と日の丸が並んで掲揚されていると聞く。トルコと日本が互いに真の友好国たる所以である。トルコが日本からの恩を仇で返すことは決して無い。どこぞの国とは大違い。どんなにカネを貰ってもやりたくない仕事(相手)もあれば、(宣伝の為とかでなく)一銭にもならなくてもやらせて頂きたい仕事(相手)もある。

だいたいが、その商談も、元々が当社に来ることになった話かどうかで言えば、きっと、どこか他の業者で決まっていたであろう話。だが、他の業者の利益を横取りしたワケではないのだし、トルコの人に喜んでもらえたなら凄く嬉しい。どんなに苦しくても「今、あの仲介料さえあれば・・・」などとは思わない。

こういうのも民間外交と言えるかな。少なくとも、日本から膨大な支援を受けながら事実と異なる話で反日教育を続ける国とは差を付けたいのが本音。早くトルコ人のお客さんの笑顔が見たいと思う。

posted by poohpapa at 05:26| Comment(10) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする