2020年10月01日

歳を取ったという現実

昨日、先週の水曜日に受けた健康診断の結果を聞きに行った。笑っちゃうような結果だった。

「どこも悪いところが無い」

でなく、「いいところが見つからない」というくらいの惨憺たる結果。

先ず、血液検査の結果から、「中性脂肪が正常値の5倍くらいありますね」だと。当然に中性脂肪を抑える薬を処方された。以前飲んでいたのは発疹が出たので別の薬にしてもらった。それにしても、たしかにお腹は出ているけど、中性脂肪が正常値の5倍・・・、危険水域、いや、危険油域じゃん (*´з`)

「少し心臓が肥大していますが心配しなくて大丈夫でしょう」とのことで、「歳ですから」と言いたそう。この歳になってくると、たいていの病気は「歳ですから仕方ありませんよ」で片付けられそう。それで済むなら医者なんか要らない、と思うのだが、それが現実、と受け留めよう。

次に、尿検査の結果・・・、「蛋白がおりてますね」とのこと。それは予測していたことではある。先生に、「最近、早朝に尿意で目が覚めて、二度寝できないから辛いのですが・・・」と言うと、「ここでは原因が特定できないので泌尿器科に行ってください」とのこと。まあ、そりゃそうか。

ついでに、「あのお・・・、レディ(若い看護師さん)がいらっしゃるので言いにくいのですが・・・」と言うと、看護師さんが気を利かせてサッと診察室から出て行った。性病とかインポの相談でもすると思ったのかも。「ここんとこ陰嚢湿疹で4日に一度くらい猛烈に痒くなって、市販のデリケアを塗って凌いでいるのですが、何か良い薬があれば処方して頂けませんか?」と訊くと、「それも泌尿器科に」とのこと。

以前に掛かっていた泌尿器科の病院では、何かで相談していた際に医師が、病院で一番の美人看護師の前で「ああ、坂口さんは仮性包茎なのでそれは仕方ありませんね」と言い放った。看護師がクスッと笑って口を押えていて、凄い屈辱。その病院には二度と行っていない。ま、他にも理由はあるけど。

紹介してもらって、「一度に片付けよう」と思い、一度帰宅して準備して、昨日のうちに駅の南口にある「立川駅南泌尿器科皮膚科クリニック」に行ってきた。実は、健康診断を受けたクリニック、良いクリニックではあるが、待っている患者が3人(うち一人は清算待ち)しかいなかったのに、後からポツポツ入ってきた患者を先に診察していて40分も待たされた。私は「どこが辛い」というのでなく健康診断の結果を聞きに行っただけだから後回しにされるのは仕方ないが、何もすることが無い40分は辛い。

そして、南口の泌尿器科クリニックの場所が解かりにくかった。事前にネットで場所を確認したのだが見つからない。駅前の交番に飛び込んで訊ねると、「ああ、その先の信号を渡って左に行くと、〇〇ビルというビルが有って、そのビルか隣のビルですね。ただ、その一角が全てその番地なので他のビルも当たってみてください」と丁寧に教えてくれた。ところが、後で判ったのだが全然違う場所だった・・・。私も不動産屋にあるまじき方向音痴だけど、警察官が違う場所を教えてどうする!?、という話。

うちのに電話して調べてもらって、ようやく見当がつき行ってみると、とにかく解かりにくい場所。看板が出ていたので「ここかな、でも、なんか変だな」と思いつつ3階に上がったら、そのビルは立体駐車場。隣のビルにも同じ看板が出ていて、通路の奥まで行ってエレベーターで3階に上がり、ようやく入口を発見。こんな判りにくい場所にあるんじゃ患者も少ないだろう、と思っていたらけっこう混んでいた。

混む理由・・・、よく解かった。受付のスタッフの対応からして素晴らしく、先生の説明も解かりやすい。患者の気持ちに寄り添っていてくれるのが十分に伝わってくる。病院も不動産屋も、どんな商売も、患者(お客様)の気持ちに寄り添う、ということはとても大切なこと、と、当たり前のことを再認識。

尿を取り、改めて尿検査をしてもらい、しばし待たされた後、呼ばれて診察室に入ると、先生が「先ほどの尿から白血球が相当(正常値の10倍くらい)出ていますね。細菌は出ていないので原因を調べてみましょう。先ずエコーを見ます」とのこと。

ベッドに横になり診てもらうと直ぐに原因が判った。PCの画面で丁寧に説明してくれたのだが、「右の腎臓は全く働いていません。(左の腎臓と比較して)正常な腎臓はこのように映りますが、右の腎臓は真っ黒です。結石で尿の通路を塞いでいるのが原因でしょう」とのこと。33年前に防衛大学病院で右の腎結石の手術を受けて以降その状態。「今までよく頑張ってくれていたんだね」と左の腎臓に感謝。

それで細菌がほとんど出ていないのに白血球が異常に出ていて、蛋白も下りている、との診たて。だが、「前立腺肥大もなく、心配は要らない」、とのことで少し安心したが、体はあちこちボロボロみたい。


病院通いと薬局通いだけで休みがまるまる潰れてしまった。私のカード入れ、今はクレジットカードや各種ポイントカードの枚数よりいろんな病院の診察券のほうが多い。それも「歳を取った」ということか。

posted by poohpapa at 06:55| Comment(6) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする