2020年10月04日

先日の健康診断の結果

しばらく鳴りを潜めていた「気持ち悪い・・・」が出るようになりました。

1ヶ月おきとか2週間おきとか、出ては消え、してましたが、数日前から症状が出ています。出るのは一日一度か二度、1分にも満たないのですが、仕事中、街を歩いている時、食事中、テレビを視ている時など、いつ出るか解からないのも気持ち悪いですね。症状が出てない時はいつもと全く変わりありません。医師と相談して9日にエコーをとることになっていますが、原因不明のまま終わりそうです。

ちなみに、先日の健康診断で数値が悪かったものをここに記します。私のPCからメールを送れないので、いろいろメールで教えてくださっている専門家の方に、この記事で返信させて頂きます。


ヘマトクリット  53.4 (男性の平均40.4〜51.9)
中性脂肪     657C  (50〜149)
クレアチニン   1.25  (男性の平均0.65〜1.09)
尿酸        7.5  (男性の平均3.6〜7.0)

あと、LDL(悪玉コレステロール)は、 95 (平均70〜139)で平均内に収まっていますが、HDL(善玉コレステロール)が35(男性の平均40〜80)を下回っています。

ちなみに、Wikipedia によれば、

ヘマトクリット値は、血液中に占める赤血球の体積の割合を示す数値。貧血検査などに利用される。全ての血液100ml中の赤血球容積の割合を%で表現している。 成人男性で40-50%、成人女性で35-45%程度が正常値であるとされる。生後間もない頃は成人時の値よりも高い値を示すが、15才頃になると成人の値に近づいてくる。

とありまして、

他サイトによれば、「基準値以上では、真性多血症、脱水、ストレスなどが考えられる」、とのことです。

クレアチニンは、

筋肉を動かすためのエネルギーを使った後に出てくる老廃物の一つです。 このクレアチニンは体にとって不要なもので、尿として体の外に出ていきます。 腎臓が悪くなるとクレアチニンが体の中に溜まり濃度が高くなります。

とありまして、「クレアチニンは尿以外では体の外に排出されません」と書かれています。

泌尿器科でも検尿して頂いていて、「蛋白多め」「白血球多め  50〜80(平均は10)」とありました。腎臓が片方しか働いていないのですから、全て納得がいきます。

とにかく、脳や心臓に血栓ができたら脳梗塞や心筋梗塞になるワケですから注意が必要ですね。

この歳で、まだまだ背負っているもの、これから背負うものもありますので、気を付けます。

posted by poohpapa at 06:36| Comment(2) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする