2020年10月15日

えっと、無断で拡散させて頂きます

私がいつも読んでいる「百人の会」のメルマガから、

最近は何かと丸山穂高議員への風当たりが強いけど、これは賛同。

「誰が正しいか、でなく、何が正しいか、が重要」てことで。



丸山穂高議員 学術会議問題で首相批判の野党は「しょーもないレベル」

10/13(火) 16:47配信
947



東スポWeb

丸山穂高氏

 衆議院の丸山穂高議員(36)が12日、ツイッターで日本学術会議に関する野党の主張を批判した。

 野党側は日本学術会議が提出した105人の推薦リストについて、菅義偉首相が「見ていない」と発言しことに反発。攻勢を強めている。

 しかし、丸山議員は「日々大量の資料を見て指示をする総理や官房長官が学術会議メンバーを子細詳しく精査する訳ないし添付資料の名まで見て覚えておけと?日銀総裁とかなら兎も角、学術会議レベルの人事で?大枠の指示で当然。逆にマスコミや立憲議員は国会同意人事の年間何十人何百人名、全員覚えてるの?意味不明な批判」とあきれた様子。

 続けて「昭和国会の社会党じゃないんだからこんなしょーもないレベルの重箱の隅批判するより、コロナ関連とか増やしてるアイヌ予算の学業優遇とか消費税とか中途半端な規制改革とか、なんぼでもあかんやろ的なもんがあると思うんだが。まーた次の臨時国会も学術会議ガーで貴重な予算委の時間が消費される訳か」と皮肉たっぷりに言い放った。

 野党側は105人のうち、6人を菅首相が確認せずに任命を拒否したことについて「法律違反だ」と批判。対して自民党の加藤勝信官房長官は「詳しくは見ていなかったということだろう。決裁までの間に首相には任命の考え方の説明は行われている」と話している。


posted by poohpapa at 07:41| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声の大きいモン勝ち <`ヘ´>

慰安婦像「当面認める」 許可取り消しの独自治体
ZAKZAK  2020.10.14

「ドイツも日本と同じで反省していない」と騒ぎになるのが嫌だったものか。

友好国と言っても、国家間では「完全に信頼などできない、してはならない」と知るべきなんだろう。

ベルリンにどれだけの韓国人がいるのか知らないけど、自治体も企業も、たかだか5%でも(声の大きな)朝鮮人がいたら、もう乗っ取られたも同然。日本も、甘い顔をしていたらやがて乗っ取られるだろう。

TBSや電通がいい例で、他にもありそう。5%もいなくても、あのザマだから。

声の大きい奴・・・、日本の左翼も同じだけどね。名前は言わないけど蓮舫とか辻元清美とか・・・(ぷっ

posted by poohpapa at 07:30| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理屈抜きで楽しめるのでお勧め

2年前にテレビ朝日系で放送されていた「リーガルV〜元弁護士〜小鳥遊翔子」が TVer で観られる。

作りとしては、「SUITS/2 スーツ」のほうがリアル度が高いんだろうけど、肩が凝らなくていい。

私は、始まって直ぐに「犯人が誰だか」判ってしまうような陳腐な刑事ドラマは好きでない。それが2時間モノだったりしたなら残りの1時間45分ほどは退屈でしかなくなる。それより、人情を絡めた法廷ドラマが好き。一番好きなのは、子供の頃に見ていた「弁護士ペリー・メイスン」で、日本のドラマと違ってリアルで、シナリオが実に良い。子供心に「こんなのは日本には無い、日本人には無理」と思っていた。

まあ、明らかに黒、と思われる容疑者の弁護をして、裁判の過程で真犯人を炙り出すのがお約束。てことは、毎回、真犯人は容疑者の身近な人物で、真犯人が常に傍聴に来ているのはオイオイだけど。

ペリー・メイスンを演じていたのはレイモンド・バーという俳優で、後に「鬼警部アイアンサイド」で車椅子に乗った警部を演じていて、私の大好きな俳優さんだった。

で、「リーガルV〜元弁護士〜小鳥遊翔子」は、シナリオの緻密さではどう逆立ちしても「ペリー・メイスン」には勝てないし、リアルさには欠けるけど理屈抜きで楽しめる。初回から一通り観て、最終回のクライマックスのシーンは10回以上も観ている。出演者もそれぞれに良い味を出している。

ネタばらしになるといけないけど、最終回の最後のほうで弁護士会会長が秘書の女性に〇〇されるシーンはとくに好き。あ、〇〇・・・、卑猥なシーンじゃないからね。

録画してなくて「もう観られないか・・・」と諦めていたドラマが無料で観られるのは嬉しい。

posted by poohpapa at 06:40| Comment(4) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする