2021年01月27日

また「二度と来ません」と言い残して帰ってきた

2週間ほど前、薬をもらうべく泌尿器科に行って、私以外は時間帯予約の患者で、そうとは知らず1時間も待たされて、最後に名前を呼ばれたけど「もういいですから」と怒って帰って来たのだが・・・、

昨日、行きつけのバーミヤンにランチしに行って、レジで清算する際に「二度と来ない、って怒って帰っていったとマネージャーさんに伝えておいて」と言い残して帰ってきた。

歳をとると、いろんなことで思うようにならず、些細なことで腹を立てるようになる。昔はもっと気が長かったんだけどなあ・・・。今から50年前、スマホも何もない時代に中学校のテニスコートで、来ない彼女を4時間以上待ち続けても平気だったのに、今は5分でも怒ることがある。

え?、注文した料理がなかなか出てこなかったのか、ですって?

違うよ、4回連続でマネージャーさんが休みの日に当たってしまって、そのことで、マネージャーさんがいる時にしか注文できない料理を食べそこなったから、だよ。本来は火曜日と木曜日が休みで、いるハズの金曜日に2回続けてお休みで、その後も「ならば曜日を変えよう」と別の曜日に行ってみたけど休みで、4回連続ですれ違い・・・。避けてんじゃねえのか、と言いたくなった。その料理を食べる気満々で行って、食べられないのは辛い。

仕方ないので2回連続で回鍋肉を食べた。ま、美味しかったからいいんだけど、若くて美人のマネージャーさんが不在で、からかえないのは寂しい。そういうのも「食い物の恨み」になるかも。

マネージャーさんがいる時にしか注文できない料理、と言ってもメニューに載っている料理で、私のためにひと工夫して頂く、ということ。他の客が頼んでも断られるだろな、と思う。

で、レジで清算する際に、馴染みのSさんに、「二度と来ない、って怒って帰っていったとマネージャーさんに伝えておいて」と伝言をお願いした次第。Sさんも大笑いしていたがマネージャーさんが聞いたら噴き出すだろう。意味は十分に伝わると思う。

泌尿器科では「本当に二度と来ない」つもりで言ったけど、昨日のバーミヤンのはもちろん冗談。


さて、ファミレスでの出来事を書いたついでに、こんな記事を紹介したい。アメリカでの話、

レストランで食事する親子を見て警察に通報したウエイトレス 理由に称賛の声
By - grape編集部  公開:2021-01-25

このマネージャーさんは「いい働き」をしたと思う。気付いても、「面倒に巻き込まれたくない」と我関せずで知らん顔してしまう人が99.99%だろな、プライバシーを盾に自己弁護して。

北朝鮮で、収容所に入れられた空腹の受刑者に食べ物の匂いだけ嗅がせて食べさせない、という拷問があるそうだけど、それと似ている。それにしても、男は継父だとしても、女のほうは自分がお腹を痛めた子なんだから、庇ってやらないのが不思議。妹も将来的に傷つくことだろう。

私も、お客さんや知人のプライバシーにズカズカ入り込んでいくタイプ。昔から、そのことで私を敬遠する人も多い。だが、「あなたと巡り会えたお陰で死なずに済みました」と言ってくれたお客さんも二人いる。もっとも、今が不幸なら私がしたことも意味が無くなってしまうけど、大丈夫そう。998人から嫌われても2人を助けられたならいいじゃないか、と自分では納得している。

私は「事なかれ主義」の奴が大嫌い。やらないことの言い訳はいくらでもできる。失敗したとしても、相手と十分に話し合って行動した結果なら仕方ない。私は途中で投げ出さずに最後まで付き合うし。

それにしても、今度(5回目)マネージャーさんがお休みだったら、ほんと、二度と行かねえぞ!

posted by poohpapa at 06:31| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

大阪の普通のおばちゃんが頑張ってるみたい

今日も「NPO法人 百人の会」のメルマガから、

私には「大阪都構想」がどんなものなのか、良いのか悪いのか解かっていないんだけど、

この「大阪の明日を考えるおばちゃんの会」のおばちゃんたちの行動力は凄いと思う。


本日、大阪市に対し、監査措置請求を提出しました。
 大阪の明日を考えるおばちゃんの会       代表  谷 野 米 子            
 http://mid.parfe.jp/kannyo/oosakaasuobatyann/top/top.htm

大阪市職員措置請求書

大阪市長に関する措置請求の要旨

1 請求の要旨
(1) 対象となる財務会計上の事実
 大阪市が、今春退職するであろう財政局長 東山 潔 に対し、退職金を支払うこと。

(2) その行為が違法又は不当である理由
財務局長が、毎日新聞等に全く根拠のない、虚偽の情報を提供し、それによって掲載された記事によって、多くの大阪市民は「大阪都構想」の真意を誤解し、賛否を問う住民投票で判断を誤り、公正な判断ができなかった。その結果、「大阪都構想」は否決された。このような、大阪市民による公正な判断を妨げた責任は重大である。

(3)その結果、大阪市に生じている損害
 このような市政を歪める重大な違法行為を行った、財政局長は、3〜4000万円と言われる高額な
退職金を受給する資格がない。そのような職員に退職金を支払うことは大阪市民の損失である。
財政局長は減給処分に処せられたが、処罰としてはあまりに軽すぎ、また、市の損失はこの程度で
済むわけがない。

(4)請求する措置の内容
 大阪市は、財政局長 東山 潔 に対し、退職金を支払ってはならない。

2 請求者
(代表)氏 名              谷野 米子
住 所 大阪市港区市岡元町3-6-7
TEL・FAX 0#0-3#1#-48#5  FAX 06-6#35-09#74

以下7名

地方自治法第242条第1項の規定により別紙事実証明書を添え必要な措置を請求します。

                令和3年1月25日
大阪市監査委員御中



(電話番号とFAX番号だけ加工)


この財務局長の退職金の問題と、虚偽の情報を毎日新聞に流したことは別に考えたほうがいい、とも思える。退職金はルールに則って支払い、大阪府民に損害を与えた分は補償させる、ということ。財務局長のしたことが懲戒免職相当でないのであれば、そうすべきではないか。

損害の実証も難しいだろうな、と思う。却下されそうに思える。こんな監査請求を出されても、財務局長は「俺が退職金をもらって何が悪い!?」と言って反省することは無いだろうな、役人だもん。

東京都や立川市でも「こんな奴に多額の退職金を払うのかよ」という人物はたまにいるけど、こんなふうに声を上げる人はほとんどいない。だから(主張の中身は不明だが)立派だと思う。

まあ、「大阪都構想は、大阪府と大阪市の二重行政を無くして無駄を省こう」くらいにしか理解してないんだけど、部外者からすると、長年「大阪府」と呼んでいたのに「大阪都」になったら「どっちが首都?」て感じでピン!とこない。なんか「夫婦別姓問題」(の逆)と似ているかも。

以前にも書いているけど、今から半世紀も前、私が通っていた半田高校の修学旅行は真冬に山陰山陽を訪れていて、うちの学校は「質実剛健」が建前で、真冬でも男子はコートの着用は禁止。さすがに真冬の山陰に行くのだからセーターの着用は許可されたのだが、ワイシャツの上に着るのでなくワイシャツの下に着なければならなかった。つまり、肌着→セーター→ワイシャツ→詰襟、の順。

みんな「そんなのおかしい、モコモコで着心地が悪いだろ」と文句を言っていたけど、誰も先生を問い詰めたりはしなかった。職員室に文句を言いに行ったのは私だけ。学年主任の教師は「皆が宿に着いて、一斉に学生服を脱いだ時、学生服の下が白いワイシャツだったら、宿の人たちから『この学校の生徒さんは規律正しくて偉い』と思ってもらえるだろ」との回答。「こんな馬鹿が教師をやってんのか」と落胆した。

それより、「おかしい」と思っても声を上げないで、私みたいな半端モンが声を上げるのを待っているのだから、劣等生の僻みでなく、「こいつら(同級生男子)がどんなに優秀な大学を出ても社会に役立つことは無いな」と思った。出世した奴もいるけど、社会に役立ったかどうかは別の話。結局、私は修学旅行に行かなかった。おかしなルールを押し付けられて、それで行っても楽しくはないだろうから。

てなワケで、この監査措置請求の中身が妥当な意見かどうかは解からないけど、自分が過去に体験したことを重ねてみて、この大阪のおばちゃんたちを応援したいと思う。

posted by poohpapa at 07:35| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

あるアパートへのゴミ不法投棄に対する警告

立川競輪の正面入口へと続く道(競輪客の帰り道でもある)に面して当社管理のアパートがある。

そこに、ペットボトルやら空き缶などが投げ入れられていて、いつも住人からクレームが寄せられていた。主催者側は開催終了後の夕方、競輪客の通り道のゴミ拾いをしているが、建物の敷地の中に投げ入れられた物を敷地に入って拾ってくれることは無い。だいいち、競輪客が捨てたものかどうか定かではない。それでも、そんなことは言わずに「競輪客が捨てたもの」として拾ってくれるが、見えていても、アパートの敷地にまでは入らない。それは仕方ないと思う。

駅から送迎バスも出ているが、歩いて帰る人も多い。儲けた人が送迎バスを使うのか、損した人が使うのかは不明。儲けたなら競輪場の近くにある飲み屋に寄るような気もするから、帰りのバスに乗る人は損した人なのかな、と思う。どっちにしても、そんなバスには私は乗りたくない。

夕方、銀行に記帳しに行こうとして、競輪場から駅に向かうグループに混ざってしまうと、傍目からは私が競輪客と思われかねないから記帳しに行くのを諦めることもある。競輪場に来ている奴、みんな私と同年代だから。ハッキリ言うと、競輪は客層が悪い。競艇も同じ。人生に疲れて表情に虚無感が漂っている。競輪が開催されていない日はパチンコ屋に入り浸っているんだろうな、と思う。偏見ではないだろう。

それはさておき、ゴミの話。先日も入居者の方から、「アパートのゴミが凄いことになっているんですが、何とかなりませんかねえ」とのご相談があった。私は、当初は「また競輪の客が投げ込んでいるんだろ」と思っていたが、見に行くと、いつもの投げ込みと様子が違う・・・。

投げ込みならバラバラに捨てられているのだろうけど、市指定のゴミ袋でないビニール袋にいろんなゴミが入っていて、収集日とは関係なく捨てられている。収集日まで自分の家に置いておきたくないから、よそのアパートに夜中のうちに置いていった感じ。おそらく近所の奴だろう。いや、もしかすると、入居者かも知れない。そう疑りたくなる入居者がいる。ま、訊いても白状はしないだろうけど。

家主さんに現地から電話して「汚いし、このままだと入居者が出て行ってしまうことも考えられますから、ダミーでもいいので監視カメラを設置しては如何でしょう?」と進言したが、とりあえず、業者に片付けてもらって、警告の貼り紙をすることになった。私が何往復かすれば片付けられないこともないが、この時期、たとえビニール手袋をしていても、誰が捨てたか判らないものを触る勇気はない。

そのアパートの家主さん、飛び切り人柄が良い。「この家主さんのためなら(何か仕事しても)手間賃は要らない」と私が思える人。失礼ながら、特別裕福ということはないと思うのだが、「おカネが掛かる相談」でも、一度も嫌な顔をされたことは無い。それどころか、「全てお任せします。掛かった費用があったら遠慮なく請求してくださいね」と仰る。だからこそ請求したくない、私はヘソ曲がりなので。

昨年だったか、その家主さん宅を訪問して、お暇して駅に向かって歩いていると、もうほとんど駅に着くあたりで後ろから私を呼ぶ声がする。家主さんの娘さんだった。「たまたま実家に帰ってきたんですが、母が『さっきまで坂口さんが来ていらっしゃって・・・、あの後姿がそう』と言うものですから、私もご挨拶しないと、と思って・・・」と仰る。そのために追いかけて走ってきてくださったのだ。そういうことで、聞かなくてもふだんから娘さんに私のことをどう話していらっしゃるかが解かる。

で、とりあえず、警告文を書いたA4の紙をクリアファイルに入れて、雨水が浸み込まないようセロテープを貼り、アパートのフェンスに貼ってきた。これでしばらく様子を見たいと思う。


DSCN2416.JPG

DSCN2418.JPG
アップで

DSCN2420.JPG

DSCN2421.JPG

一枚は強めの警告文、一枚は川柳ふう。強い調子で「警察に通報するぞ!」だけでは相手の心に響かずに、「知らねえよ、警察に通報してみろよ」で終わってしまうもの。私は日頃から、そういうことを平気でする奴こそがゴミみたいな人間、と思っているので、砕けた調子のも並べて貼ってみた。

で、出来は良くない、と自分でも思っている。どなたか、「こんなのは如何?」と自信作を送って頂けると嬉しい。直ぐに作り直して貼り替えてきたい、と思う。その・・・、恥ずかしいので ^-^;



posted by poohpapa at 06:35| Comment(8) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

ちょっと長くなるけどご紹介

私が拝読している「NPO法人 百人の会」のメルマガから、同じテーマで3話、


「徴用工問題」日本は一ミリも譲ってはならない  2021.01.19

やまと新聞

コロナ騒ぎの陰で、いわゆる「徴用工裁判」で韓国側に差し押さえられた日本企業の資産が売却されようとしている。日本政府が再三「韓国政府の責任で解決せよ」と促しても、文在寅政権は「司法の決定を尊重する」と他人事のような回答を繰り返すばかりだ。

立て続けの失政によって文大統領は八方塞がりに陥っている。最低賃金を二年間で29%引き上げたために、たまりかねた自営業者が人減らしに走り、若年失業率は実質25%に達した。頼みの輸出も昨年1〜9月は前年同期比8.6%減少し、
回復の見込みはない。その一方でマンションなど不動産価格は3年間で30〜50%上昇し、バブル崩壊が目の前に迫ってきた。加えてコロナウイルス拡大で社会的混乱が拡大し、あれほど恋い慕った北朝鮮からは見捨てられ、本年初頭の時点で文大統領の支持率は就任以来最低の34%まで低下した。

今や文大統領に残された道は、国民の反日感情に訴える以外になく、日本から金をむしり取って民心を繋ぎ止めようとするだろう。

日本は歴史問題を持ち出せば何でも言うことを聞いてきた。今回は「日韓が未来志向の関係を築くために、
徴用工問題をめぐって共に知恵をだそう」と日本に持ち掛ければよい。すると日本のテレビ番組では軽薄なコメンテーター連中が、良識派を気取って韓国を擁護し、左翼の大手マスコミも韓国を代弁してくれるだろう。たちまち日本の世論は韓国寄りになり、日本政府は折れてくるはずだ。文在寅はそのように踏んでいるに違いない。

しかし徴用工問題は外交的にも韓国国内でも完全に解決した問題である。ここで日本が新たな交渉に応じれば、その瞬間に「補償問題は解決済み」という日本の立場は崩壊する。そして韓国の最高裁が下した「不法な植民地支配に対する慰謝料を払え」という判決が生きてくるのだ。

日本統治が「不法な植民地支配」であれば、日本統治時代の日本人によるあらゆる行為が訴訟の対象となるだろう。大戦末期に行われた徴兵も強制連行であり、朝鮮総督府が朝鮮人から徴収した税金も不当な収奪となる。「創氏改名」で名前を奪われ、民族のプライドを傷つけられた、朝鮮語を奪い日本語を強要された等々、韓国が勝手に歪曲した歴史観に基づいて、
「被害者とその遺族」は補償金や慰謝料をいくらでも請求できることになる。その額は天文学的数字となり、日本は永久に韓国の「金づる」になるのだ。それこそが文在寅政権の最終的狙いではないか。文在寅政権の狡猾な魔手から日本を守り、誇りある国を子々孫々に残すために、すでに解決済みである「徴用工問題」で日本は韓国に一ミリも譲ってはならない。


【続】 「徴用工問題」日本は一ミリも譲ってはならない  2021.01.21

所感

韓国ドラマやK-popの好きな人には申し訳ないが、韓国と友好関係を持つ必要を感じない。
拉致問題で韓国と協力、と言っても今まで実質的協力を受けられただろうか。文政権の下で冷や飯を食わされている韓国の拉致被害者の支援者から協力は得られているようだが。
日本海で働く日本の漁師が韓国の官憲に襲われる可能性があるので、海上保安庁と場合によっては自衛隊の防御と拉致された際に抗議するための外交ルートは必要だろうが。

日本国内の感覚では、お前の親父は悪い奴だ、と言いふらされ謝罪と賠償を求められたら、その都度反論はするし謝罪と賠償は相手にしないが、自分としてはそんなことを気に病むより世のため人のために尽くした方が建設的だと思う。日本人の感覚では、人の悪口を言い何かと要求ばかりしている人間よりも建設的に活動している人が評価されるし、前者のような人間は相手にされなくなる。
ところが、世の中にはいじめというものがあり、意識高い系の人や潔癖な外国人は己の正義を貫くためにそれをやる。例えば、貴方がみんなの役に立つだろうと思って作ったものを「貴方の親父は悪人だったから貴方の世話にはなりたくない」と言ってぶっ壊す。
親父の名誉は大事だが自分の名誉はどうでもよい。しかし、正義の名のもとに(しかも勝手な思い込み)、社会の一員としての自分が否定される。韓国人が意識的にか無意識的にか日本人に対してやろうとしていることはそういうこと。

南アフリカでアパルトヘイト政策が行われていたころ、ゾーラ・バットという白人の南アフリカの女子長距離走選手がいた。ジュニアのころから世界記録を出し、ロスアンゼルス・オリンピックではトラブルでメダルは取れなかったが、
一世を風靡した選手だった。南アフリカで出した記録が世界記録としては認められず外国の競技会での記録がようやく世界記録として認められる、世界で活躍するために已む無くイギリス国籍を取得するなど、議論を巻き起こした選手だった。
アパルトヘイト政策自身現実にあることで人種差別はよろしくないので、南アフリカ政府に圧力を掛けるために南アフリカの白人に厳しい扱いをする、というのは行き過ぎか仕方がないか微妙なところだろう。韓国人が広めようとしていることはありもしないことで、自分のことを棚に上げた意識高い系により支配されている外国や世界が真に受けたら、日本人にゾーラ・バット選手にしたような扱いをしかねない。
ひどい話だが既に韓国人は日本人の事績や業績を否定したり自分のものにしつつある。起源主張をして日本文化を無意味な模倣であると唱える。明治時代、日本人は犠牲を払い努力をし40年かかってロシアに追いついたが、朝鮮を搾取したから出来たことだという。近年では、日本の事物で世界遺産登録されたもの(個人的には、外国人がどう思おうとも日本人が大事だと思う事物の価値は変わらない、と考えるが)の登録をはく奪しようとする。

在日韓国人の知り合いとか韓国旅行中世話になった人とか良い人々を少なからず知っているが、個々の人々の振る舞いと集団になった時の振る舞いとは違う。目の前の金さん朴さんになんか言ってもしょうがないが、韓国政府の人とか韓国人として振舞うなら不信の念を抱かざるを得ない。

(岡崎市・水谷雅一)


【続々】「徴用工問題」日本は一ミリも譲ってはならない  2021.01.23

永井さん

有り難う、現在の中国は、怖いですよ、現在の国際社会は、国の憲法で好きに出来る
時代です。
拒否権を駆使して国内法を正義としているのが国際法の実態です。
過去の大英帝国もそうでしたが、日本も日米通商条約で相手が気が付かない内容の条約
(約束)を駆使して、不平等を押し付けたのが白人社会の歴史です。
日本は世界から爪弾きされた一方で、笑顔で握手されて、相手に悪意はないと油断し
たのが明治の日本です。

これを勉学している中国は、海警法で自国が主張する法律を正義として、尖閣の日本
人が上陸した際、銃撃や攻撃する可能性を秘められて居ます。このように危機感を抱
いています。

世界は日本人のように、相手思いが出来る歴史ではありません。
状況次第で相手をペテンに掛けて相手を攻撃する歴史が、世界の欧米や中国(支那)の
歴史です。

この程度疑った方が良いと考えますが・・・・。

高橋


全く同感ですね。ここで1ミリでも譲れば、月まで往復するくらいの長さに匹敵する譲歩を日本に求めてきます。それが朝鮮人です。日本から国家予算の1年半分もの支援を受けながら感謝することもなく「もっと出せ!」と、日本が最大限の譲歩をして解決済みの話で訴訟を起こして原告が勝訴してしまうし、当然にこの後、ならば私も、と、いろんな難癖訴訟を起こしてくるでしょうね。

スマホのニュースで、従軍慰安婦(売春婦)訴訟で原告が勝訴したことで、韓国の糞大統領が「困惑している」と言っているとか・・・。なんで??、原告が敗訴したならともかく、オマエが望んだ通りの判決が出たのだし、これから日本が強硬姿勢で臨んでくるのが怖いだけ。自分たちが選んだとは言え、こんなノータリンが大統領をやってるんだから、そりゃあ韓国民は不幸だわなあ (爆

あ、今の日本は韓国を笑えないか・・・^-^;


 「ノータリン」、私が子供のころ、「脳足りん」つまり馬鹿のことを指した愛知製英語


posted by poohpapa at 06:21| Comment(12) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

再び上がった「給付金10万」要望の声

昨年の特別給付金(国民一人当たり10万円)はもうとっくにどこかに消えてしまっていて、またまた「もう一度10万ずつ配れ」という声、支持率の低下に歯止めが利かなくなっている政権を脅迫しているかのような声が上がっているが・・・、

私は国民一人当たり一律10万円、なんてのは必要ないと思う。なぜなら、それは「平等ではあっても公平ではないから」である。だからと言って、「誰が(どこが)どれくらい困っているか」など調べようがないのだし、大きなくくりで、「ここに投入すべき」というところに注ぎ込んだほうがカネが生きる。だいたいが、国民一律10万円給付なんて、政権与党の立場を利用した贈賄でしかない。

もちろん、それで「一時の急場を凌げた」という人もいるだろうけど、そういう人は直ぐまた行き詰る。

うちの入居者に元ホームレスの生活保護受給者がいて、その男性(私と同世代)は給付金の10万を、自分を助けてくれたNPO法人にそのまま寄付したそうだ。「私はこうして見つけてもらって今は雨風凌げて食うのにも困らないけど、まだまだ以前のホームレス仲間が困っているのだから、その人たちを救うのに役立てて欲しかったから」と言う・・・。「それは自分のために使えばいいんだよ、おカネが世の中に回ることで助かる人たちもいるんだし」、と言ったのだが「いやいや、そんなことできません」だと。

毎月の保護費も、生活を切り詰めて残った分はその都度寄付しているし、こういう生活保護受給者ばかりなら、世の中の生活保護受給者への冷たい視線は消えるだろう。うちの入居者(在日)にはBMWを乗り回していて「ほんなもん、貰わな損やないか」と言ってる奴もいたけど。

で、えへん!、私は昨年3月以降、美味しいお菓子をネットで取り寄せたり買いに行って、このコロナ禍で頑張っている友人知人に配ったり送ったりした。「これ、美味しいよ、食べてみて。お互いに頑張ろうね」と言って。途中で給付金が入ったけど、その額、34万円くらいになった。人間、美味しいものを食べれば笑顔になる、笑顔になれば元気も出る、元気が出れば免疫力も上がる(たぶん ^-^;)、と思っているから。

うちも生活は楽でなく、昨日の給料日も、うちのに渡す時に「稼ぎが悪くてごめんね」と謝ったほど。でも、もっと大変な思いをしている人たちがいる。うちは十分に恵まれているほうだと思う。

ファミレスのスタッフもスーパーのスタッフも、シフトを削られたり、最悪、解雇されることもあるかもしれない。だから、「不要不急の外出は避けるよう」言われても、うちは今まで通りのパターンで出掛けている。あるスーパーの責任ある立場のスタッフに、「うちはいつも夫婦二人で買い物に来るけど、店側からしたら一人で来てもらいたいものかなあ?」と訊いたら「全然気にしないで」と言われたし。どうやら、家族4人とかで、小さな子供を連れて来られるのが困るみたい。そっか、なるほど・・・。

話を戻して、今、「再び10万円(それ以上)を配れ!」と要求している人、平等と公平の違いが解かっているんだろうか。そんなの、タダのバラ蒔きで、そんなことしてもおカネは生きない。安定して収入が入る国会議員や公務員、生活保護受給者、(本来は自国が支援すべき)日本で暮らす外国籍の人には支給しない、というなら賛成してやってもいいけど、「一律に支給」では賛成しかねる。

というか、再び給付金を出したなら25兆円を拠出することになるけど、それで財政破綻しないのが不思議。2020年の国家予算が102兆6580億円で、「10万では足りない、一人100万支給しろ」と騒いでいる奴もいるけど、そうしたなら国家予算を超える。10万円でも国家予算の一割以上になる。もしかして、一人に付き100万円を支給しても国の財政は破綻しないのではないか。

よく、「国の借金が1000兆円を超えて利息が一秒ごとにいくらで・・・」とか言われているけど、日本は世界に冠たる債権国家だし、給付したカネが世の中で回るなら心配することは無いのかなあ・・・、どなたか経済に詳しい人、教えて頂けませんかねえ。

とにかく、私は、もう「一人一律〇万円支給」なんてしなくて良い、と思っている。足りない人はいくら支援したって足りないのだし。どうせ税金を使うなら生かして使ってほしいから。いや、特別給付金は、べつに税金から出しているんじゃないか・・・。う〜ん、解からん。

posted by poohpapa at 07:06| Comment(11) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

文科省の大臣もクソ役人どもも、しっかり仕事せえよ <`〜´>

アップする記事の予定を変更して、私の毎日の訪問先「ナニワの激オコおばちゃん」の記事から、

山川出版社の教科書にウソの「従軍慰安婦」記述が復活したんやで。萩生田くん、ちゃんと働いてや。

いやホント、最高裁でも「嘘」と認められたのに、なんで教科書で中学生に嘘を教えんの!?

あ、ついでに、これも貼っておきたい。

萩生田くん、7年間何をして来たんや?文科省にスパイを入れてしもても、知らん顔ですか?【追記】

山川出版社の教科書は当然に読んでないけど、「長年韓国が『日本軍により韓国人女性が強制的に連行されて従軍慰安婦にされた』との話が事実無根であって、朝日新聞も誤報と認めて謝罪し、最高裁でも『嘘』と認められました。日本は韓国の慰安婦団体に10億円もの支援をしていますが、うち5億円は韓国内で行方不明になっています」と書かれているならともかく、そうでないから批判が出ているんだろう。

教科書に書かれていれば、中学生は「正しい」「事実だ」と捉えてしまうだろう。まるで池上さんの番組「そうだったのか」みたいに、「池上さんが言っているからそれが真実なんだろう」と信じ込んでしまうように。池上さんが解説している内容、池上さんが自ら調べたものでなく、番組制作側が集めた資料に基いて池上さんが他人の意見を「自分の意見」として発言していることもあるとか。だから事実誤認もあるし。

その最たるものが、「3.11の際、真っ先に救援隊を派遣してくれたのは韓国」という話。本当は台湾が一番早く救援隊を送ってくれたのに、時の総理「クズ菅」菅直人が中韓に気兼ねして台湾の救援隊を成田で足止めして韓国を先に入れただけ。菅直人は国民の命より自分の思想を優先したのだから、私は歴代最低の総理だと思っている。村山富市も似たようなものだけど。ちなみに、親日の台湾と反日の韓国では、救援隊がやったこと、まるで違っていたようだ。

ま、そんな教科書、採用しなければいいだけの話だけど、教育委員会にも左翼は多いからなあ・・・。

いつから日本は韓国になったの?、萩生田は目玉と頭が付いてんの?、と言いたい。今までにいろんな文部大臣がいたけど、トップクラスの役立たずじゃないかなあ。法務大臣になっても「信仰上の理由から死刑執行命令書に判は押さない」と言ってる法務大臣と似たようなもの。「仕事しないなら受けるなよ」という話。萩生田にも「山川出版社の教科書にウソの従軍慰安婦の記述がある話」は届いているだろうに。

「コロナでそれどころじゃありません」は通用しないよ。これ、コロナよりもっと禍根を残す話だから。

今の内閣を見ていると「国民のために働く」なんてスローガンはウソで、「仕事しない内閣」というスローガンのほうが相応しい。コロナへの対応にしても、対案は持たずに結果だけ見て政権を批判している野党もお気楽な税金泥棒だと思うけど、政治家ならしっかり俯瞰して物事が見られるようにならないとね。そんなだから、責任転嫁しかしない小池百合子が「さも仕事しているかのよう」に国民の目に映ってしまうもの。

コロナ対策は誰がやっても満点は無く、「あちらが立てばこちらが立たず」になるものだから、結果だけ見て批判はしないけど、やっばり菅さんは官房長官どまりの器だったんだろな、と思う。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(7) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

Facebook、「お友だちかも」のリストが・・・

今朝は334人も並んでいて・・・、

大半は私にとって「面識が無い人」で、多くの外国人が含まれています。「友だちリクエスト」を頂いていて私が悩んでいる外国人が5人います。いろんな大陸の方たちで、もしその国の言葉でメッセージが届いたらどうしようかな、と考えちゃうので保留中です。

誰かを経由して繋がっている、というのでもなく、なんで私に「友だち申請?」と思ってしまいます。今のところ、私のほうからリクエストしてお友だちになった方は26人、あまり増やすと後が大変そう。

傑作なのは、その334人のリストの中に、勘当した元娘が入っていることで、もし私が友だち申請したら面白いだろうな、と思います。元娘にも私が Facebook を始めた通知が届いているんでしょうかね。「知り合いかも」のリストに入っていたりしてね。向こうも速攻で削除しているでしょう。

たしか、Facebook は、本名でするもの、と聞いていましたが、中には「あ あ」とか、ニックネームで登録している人もいて、誰だか判っていても、ふだんから親しくしていても、「友だち」にはなりません。昔っから、こっちは何も隠さないで晒け出しているのに「自分の情報(プライバシー)を隠そうとする人」は大嫌いでしたので。私の同級生にもいました。プライバシーを護ろうとするのも解かるし、尊重もしなければならないもの、とも理解していますが、そういう奴とは本音で話せませんもんね。

日ごろから言っておりますように、この国は「プライバシー」だの「人権」だのと欧米の流儀が入ってきてから「住みにくい国」になった、と私は考えています。今は他人の子が悪さしていても迂闊に叱れませんもんね。貧しくても、昭和の時代のほうが今より遥かに暮らしやすかったと思います。だから、「どうぞ勝手にプライバシーを護っていてください、私は貴方とは付き合えませんから」というスタンスでいます。

私は、そういう意味では「相手に合わせる」ということをしません。他人様のプライバシー(心の中)にも土足で(本音で)ズカズカ入り込んでいきます。仕事の上でも同じです。私の流儀で助かった人、何人もいます。夫婦間でも同じで、本音が飛び交っていますが喧嘩にはなりません。

話が脱線しましたが、さて、一日で倍にもなった「知り合いかも」リスト、明日はさらに増えるだろな・・・、少なくとも、会ったこともない外人さんからの申請は受けないようにしようかな。

とにかく、様子を見ます (*´Д`)


posted by poohpapa at 06:35| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

この歳で Facebook を始めることになりました

ワケあって、この歳で Facebook を始めることになりました。mixi なんかも、いろんな人から誘われても一切やらなかったくらいですが、「いいね!立川」で隣の珈琲豆の店が紹介されていて、Facebook で新着情報なんかを知らせてくれるもので、そのため、であります。間違っても、綺麗なお姉ちゃんと繋がりを持とう、などと邪悪な心からではありません。だいいち、友だち申請しても承認してくれないでしょうしね。

Twitter もやってないなあ・・・。最近は懸賞の応募も「 Twitter から」というのが増えてるけど。

で、Facebook に登録したら、ズラーっと(PCの画面の左側に)「友だちになる」というリストが出てきて、今も増え続けています。知らない人が半分以上。私の知人の誰かとの繋がりがあって、とか、私が携帯の番号を登録しているから、という間柄でも出てきますので相当な数。

でね、聞いてくださいよ💧、一番最初に「お友だち」になったのが、このブログのコメントの常連「たか」さんでした。でもまあ、10年ぶり、いや、それ以上ご無沙汰していたブログ仲間の「 kako 」さんと Facebook でお友だちになれました。それはもの凄く嬉しいですね。

kako さんは凄い人で、美人だし、国立大学の東北大学を出られた後で、東京大学に入りなおして大学院まで出ておられます。「私には全く無いもの」を持っている人には強い憧れがありますね。

高校時代の同級生(主に生徒会執行部仲間)とも改めて「お友だち」になれました。ただ、こちらから友だち申請する際に(挨拶の)コメントを入れるのが礼儀だと解かってはいましたが、順番が前後して礼を失してしまって申し訳ないことをしました。まだ仕組みがよく解かっていません。コメントを打っている最中に、変換が完了して Enter キーを押すと、途中でも送信されてしまいますし、凄く厄介。自分では「改行する」つもりでも、「送信する」になっちゃうみたい・・・。

家主さんや入居者さんのお名前もたくさん並んでいましたが、現地の様子などを知らせるなら LINE のほうが便利だし、あまり広げてしまうと自分の首を絞めることになりかねないかな、と悩んでいます。スマホの使い方も未だに慣れていないので、それに時間を取られたら辛いかな、と・・・。

どなたかアドバイスをして頂けると助かります、宜しくお願いします



posted by poohpapa at 08:09| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

こんな奴、大学に行かなくていい

寝坊しました。4時に尿意で目覚めて、布団に戻ったら、次に起きたのが7時過ぎ・・・、トホホ。

なので、手抜き記事


鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も
毎日新聞  2021/01/18

鼻まで覆わなければ、ということに合理性があるかどうかは不明だが、試験官の指示には従うべき。

でもって、40歳・・・、他に意図があって受験してたんだろな。これ、威力業務妨害だと思う。他の受験生に対しても大迷惑。こんな大人にはなりたくないもの。きっと、野党の支持者だろうな。


こちら ↓ の記事が詳しい、

試験場で大暴れ!? 共通テスト「鼻出しマスクで失格」に受験生らの本音は
MAG2NEWS  2021.01.18

みんな同じ条件で受験しているのだし、失格になるのと息苦しい(?)のを天秤にかけて「どっちが大切か」が解からないんじゃ、そして、騒ぎになったら他の受験生に迷惑を掛ける、と思い至らないようじゃ、大学に行っても無駄になる。40歳・・・、元々が大学に行く気は無くて妨害が目的だったかも。


16時58分に追記、

共通テストで「鼻出しマスク」の49歳受験生、不退去容疑で現行犯逮捕…トイレ個室に閉じこもる
読売新聞  2021/01/19

やはり、目的は受験ではなく別のところにあったみたい。49歳にもなってコレかよ!?

posted by poohpapa at 07:51| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

「小梅の珈琲焙煎所」が「いいね!立川」で紹介されました

立川に密着して新規開店する店舗や店じまいする店舗を丁寧に取材して記事にしている「いいね!立川」で、当社の隣に1月8日にオープンした「小梅の珈琲焙煎所」が紹介されました。

こういうのは嬉しいですね。

一昨日も、私の罹り付けの歯科医院の先生から「お隣、コーヒー屋さんになったんですね。こないだ買って飲んだら美味しかったので、また買いに行こうと思っています」と声を掛けられました。商売は、先ず地元の方たちに認知してもらうところから始まりますから、幸先良いスタートです。

昨日は、伊勢丹の売り子さんで「最も評価が厳しくて常に本音を言ってくださる」Uさんから「香りが良くて凄く美味しかったから、最初はいつもどおり牛乳を半分くらい足して飲んでたけど、次からはストレートで飲んだよ」とのこと。あんなに喜んでくれたなら、また届けてあげよう。

先に言っておきますが、「いいね!立川」の写真をたかさんが見たら、「隣の小汚い不動産屋はナニ?」とかコメントが入りそう。はい、はい、私の店ですよ、それが何か!? <`〜´>

posted by poohpapa at 06:20| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

少し真相が見えてきた

昨日の記事の泌尿器科クリニックでの出来事の件、少し真相が見えてきた。

たかさんがコメントで、「後から来た者が先に呼ばれたら、それは時間予約していたのではないでしょうかね?」と指摘してくれて、その後、当社の管理物件に入居している医療関係従事者の方から(記事をお読みになって)メールを頂いた。

私はそのクリニックの(診療順に関する)システムの説明を受けていないが、もしかすると、時間帯予約(なんて言葉があるかどうか不明だが)になっていて、患者には、診療が終わるごとに「次回は〇日の10時から11時の間に来てください」と言っていたり、電話で予約を受けているのかも。私は、予約の説明は無く「次は1週間後に検査の結果を聞きに来てください」としか言われていない。

当該クリニックのHPを昨日見てみたら、

「受診方法・ご予約について
当院は完全予約制ではありませんので、予約なしでも受診できます。ただし、原則として予約の方が優先となります。予約に空きがあれば、お電話での予約を受付けます。
また、現在、土曜日は予約なしで診療しております。」


と謳ってあるが、私は聞いていない。そういうのは初診の際に患者に伝えるべきではないか。だから予約しないで行ったのだが、私が診察券を出した時点で、(当然にそういうシステムを理解してもらっているハズ、と決めつけないで)「まだおみえになっていませんが、この時間帯で予約をしていらっしゃる患者さんが他に5名いらっしゃいます。予約優先なので、もしかすると診察が受けられるまでに1時間ほどお待たせしてしまうかも知れません。もし緊急性が無くて、今お急ぎでいらっしゃるなら、予約をして来て頂いたほうが宜しいかと思いますが、如何いたしましょう?」と言ってくれるのが親切というもの。

患者が必ず「HPを見てからくる」とは限らないし、待合室で待っている患者には、誰が予約で誰が飛び込みだか分からないのだから。

私は私で、大学病院でもない街場のクリニックが「ほぼ予約制」で診療している、などとは思ってもみなかった。初診の際に、そういう注意書きとか説明が書かれた案内を一枚渡して、少しくらいは説明すればいいのに・・・、と思う。クリニック側からすれば「そんなの常識」かも知れないが、私からすれば「知らねえよ、そんなの」である。ま、他の患者には説明していたのかも知れないが。あ・・・、ちゃんと説明してくれていたのに、私の頭から吹っ飛んでた、ということもあるか・・・(おい


ちなみに、うちの入居者の医療関係従事者の方からのメールには、こうあった。

そこのクリニック
ほんとに予約なしなんですか?

完全予約制ではないにしろ
基本予約制なのでは?
その場合
予約なしの人は予約の人の後になります

その予約
病院・クリニックによって違いますけど
だいたい30分刻みとか60分刻みとかで区切っていて
その30分〜60分の間に何人入れるかはそれぞれの科や施設で違います

時間通りに診察が進めばいいですけどそうでない時もよくあります
なので例えば
診察開始の9時から10時までの予約の患者の診察が10時過ぎに数人ずれ込み
さらに12時からにその倍ずれ込み…なんてことも多々あります

それから
今はほとんど電子カルテになっていますから
受付にも端末があって
来院したら医師もそれを同時に確認できるし
診療内容によって医師が診察の順を決めているとこが多い
感染予防対策で順を変えることもありますし
患者ごと処置ごと診察ごとに手洗いと手指消毒と処置台などの消毒は必ずやらなければならないですからね
特に皮膚泌尿器科はね


なるほど、さすがにご指摘が的確で鋭い!

ただ、医師が診察の順番を決めている、と言うより、受付のスタッフに「こういう順番でカルテを持ってきなさい」と予め指示をしているみたい。私の診察中に先生が「今、患者の誰と誰が待っている」なんていちいちチェックしていなかったから。

私は不動産の賃貸仲介管理をしていて、「これくらいのことは常識で、説明しなくても解かっているハズ」などとは考えない主義。私はプロだから知っていて当然、だが、お客様は知らなくて当然、だと思うようにしている。だから重要事項説明をする際に必ず言っていることがある。以前も書いたが、

「これから、どういう物件をどういう条件でお借り頂くか説明します。私はプロですから、日常的にこんなことをやっていて、書類を見なくても説明できますが、お客様は素人ですから、私から一通り説明を受けたからと言って全て理解できるとは思っていません。ですから、説明の途中で遮って質問して頂いてもかまいませんし、家に帰った後で疑問点が出てきたら遠慮なくお電話くださいね。間違っても、『アンタ、了解して署名も押印もしてるじゃないか』などとは言いませんから」、と。

それくらいだから、不動産屋と客、診療側と患者、で、常識が違っていることも有り得る。自己弁護、弁解と思われるかも知れないが、そのクリニックの対応は不親切だと思う。ただし、再度言うが、先生は患者の気持ちにしっかり寄り添ってくれるし腕もいい、と私は思っている。それでも、私は二度と行かない。

いくら凄い美人でも、私に抱かれた後で「早い」だの「小さい」だのと言う女など二度と抱く気はしないのと同じであ・・・、違うか (こら


posted by poohpapa at 06:18| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

昨日、クリニックから怒って帰ってきた

私は右の腎臓が機能していないので、普通の生活はしていても健康にはそこそこ気を遣っている。

時折り出る原因不明の「気持ち悪い・・・」という症状がどこから来ているのか知りたいし、日常生活で何に気を付けるべきか知りたいので、最近になって各科専門のクリニックに通うようになった。

昨日は朝一番で一仕事片付け、立川駅南口すぐの皮膚泌尿器科のクリニックに10時40分頃到着。私の前に3組が待っていた。その後、ポツポツと患者が入ってきて、予約制ではないから30分も待たずに済むだろな、と思っていたのだが・・・、私の後から診察券を出した患者が次々に呼ばれる。

先生は一人だから診察室は一つ。「診療の内容によって診察の順番が前後することもあります」と書いてあって、それは理解しているつもり。よく、レストランの中にも「ご注文の料理によって提供する順番が前後することがあります、ご了承ください」と掲示があって、それは当たり前だと思う。

だが、私が一番最後になってしまった。先生が順番を決めているのではないのは解かる。次々に来る患者の診察順を、診察室から先生が「この人は3番目にして、こっちの患者を先」などと指示することは無い。順番を決めているのはスタッフ。ただし、救急車で運ばれてきたワケでなく、年寄りもいれば若い男性や女性もいる。どうやって順番を決めているのか基準が解からない。ともかく、私が最後になった。

クリニックに入って1時間近く・・・、一人二人ならともかく、後から診察券を出した患者が3人先に呼ばれたので「帰ろうかな」と思って、コートーを着たり脱いだりしていたが、我慢をして、残った二人のうち別の患者が呼ばれた時に意を決した。もう他に誰もいなくなったから次は私、と判っていたけど。

受付に行って、「すみません、先ほどお預けした保険証を返して頂いていいですか?」と言うと、「ああ、こちらですね」と何の疑いもなく返してくれた。その時に「保険証と診察券を返してください」とは言っていない。二度と来ないつもりだから診察券はもう必要ないから。

受付の目の前のエレベーターホールに向かったら、受付のスタッフが少しザワついているのは分かったが無視。ちょうどその時、診察室のドアが開いて私の名前が呼ばれて、受付のスタッフが飛んできた。エレベーターのドアが開いて私が中に乗り込んだので、「先生がお呼びですけど」と必死でエレペーターのボタンを押してドアを閉めさせない。何度も「先生がお呼びです」と言っていたが戻る気は無い。

この時期、泌尿器科といっても、クリニックの待合室で長く待たされるリスクは避けたいところ。ただし、待たされるのはお互い様だから先に呼ばれた患者さんたちには何の責任もない。

受付のスタッフとしばし睨み合いが続いたが、「もういいですから」とエレベーターのドアを閉めさせてもらって帰ってきた。スタッフは私がどうして怒ったのか理解していないと思う。単に「長く待たされたから怒っている」くらいにしか思っていないだろう、そのほうが自分たちも楽だから。保険証を返してもらう時も穏やかにお願いしているし、怒鳴りつけてもいない。二度と来ない、というだけ。

以前も、グランデュオ(駅ビル)のレストラン街の大戸屋で似たようなことがあった。客席は半分も埋まっていないのに狭い席に通されて、後から来た若い男性が一人なのに広い席に通されているのを見て「なんだかなあ〜」と思っていた。我々が席に着いて20分後、女性の二人組が隣の席に着き、そのうちの一人が我々と同じものを注文。そっちが先に出てきた。なんで?、である。

その時もスタッフにクレームを付けずに黙って帰ってきた。スタッフは「え?」という顔で慌てて厨房に入っていったが、時すでに遅し、である。何も食べずに帰ってきて、それ以降、(別の店舗にも)大戸屋には二度と行かない。一度不快な思いをしたら二度と行かない。

私は「怒るポイント」というか「沸点」が他の人とズレていると思う。「よくそれで怒らないでいられるね」というくらい我慢することもあるし、「なんでそれくらいのことで怒るの?」という時もある。元妻の実家で陰険な仕打ちに14年間も耐えてきたくらいだから相当に我慢強いとは思う。

レストランで、たまにオーダー間違いされても絶対に怒らない。他に(その料理を)注文している人がいなければ私が食べる。客の心無い一言で前途あるスタッフを潰してしまったりすることはよくある話。私がスタッフにお菓子を届けるのは「励みになってくれたら嬉しい」からに他ならない。

まあ、温厚な私が(どこが?、という突っ込みは無しね)腹を立てるくらいだから、クリニックは自分たちで理由をよくよく考えて、修正してくれたら嬉しい。先生の腕は凄くいいのだから。

posted by poohpapa at 08:05| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

開店からちょうど一週間、小梅の珈琲焙煎所

うちの店の隣は長くスナックだったけど、ママさんが体調を崩して営業しなくなって二年経つ。私が今の店舗をお借りした平成5年より前から営業していて、地元で愛されていたスナックだった。

一昨年の暮れ、連帯保証人ではないご親族がキレイに片付けてくださったが、掃除や原状回復等はしておらず、放置していた。昨年の11月に、当社管理のアパートに入居している女性が来店して、「勤務先を辞めましたのでご報告に伺いました」とのこと。契約書にも「申込時の内容に変更があった場合は速やかに届け出ること」と謳ってあるが、この仕事をして32年になるが、報告してくれた入居者は一人もいない。

「失業したので、家主さんが(家賃を払ってもらえるか)心配するといけないので、何ヶ月分かをまとめて前払いすることもできますが」と言う。そんなふうに言ってくれる人が家賃を滞納するワケがないから「その必要はありません」とお伝えした。で、次の仕事が決まっているか訊くと・・・、

「実は、長年の夢だったコーヒー豆を焙煎して販売する店をやりたいんです」とのこと。まだどこでやるかは決まっていないとか。それで、「うちの隣りの元スナック、明け渡してもらったままの状態で掃除も何もしてないけど、家主さんには一切負担を掛けない、全部自分でやる、ということなら家賃3万円でどうか、と交渉してみるけど、見てみる?」と訊くと、「ぜひ見たい」とのこと。見せたら一発で気に入ってくれた。「いくらなんでも、これでは・・・」と断られるかと思っていたのだが。

元々のスナック当時の賃料は7万である。家主さんに相談すると・・・、

「あら、3万も頂けないわよ、うちは何もしないでいいなら1万でいいわよ」とのこと。それには、私も娘さんも驚いた。元々、家主さんは欲の無い方で、そういう交渉事にも柔軟に対応してくださる人で、私も、家を買う時に頭金をかき集める必要があって、保証金の100万を敷金2ヶ月に変更してもらって、差額の86万を快く返して頂いたことがある。日本中探しても、そんな家主さんは稀だろう。

それで、契約成立。と言っても、礼金も敷金もない。契約書もなく、用意したのは覚書だけ。保険に入ってもらう分とか諸々で初期費用は6万弱。いくら全て自分でやらなければならない、と言っても破格の条件。それに、連帯保証人も立ててもらっていない。それ、実質的に私だから。

食品(口に入るもの)を売るのだから店内をキレイにしなければならないのは当然の話。保健所の検査もあるし・・・。ところが、である。毎日やってきて、友人の力も借りて、もの凄くキレイにしてしまった。前の状態を知っているから、とにかく驚いた。私もできる限り協力しようと思って、家にある高圧温水洗浄機を貸したりした。本人の一生懸命さが伝わってくるから周りも協力したくなるもの。

だいたいの掃除は年内に済ませ、美大生が店舗デザインを担当し、1月4日と7日にプレオープンをして、ちょうど1週間前の1月8日(大安吉日)に「小梅の珈琲焙煎所」として正式オープンした。

その様子がこちら、


DSC09385.JPG

DSC09391.JPG

DSC09387.JPG

DSC09386.JPG

DSC09388.JPG

DSC09389.JPG
奥にいるのが店主、右端の女性は隣町の国立の花屋の店主ルミちゃん、大変な苦労人

一口に「コーヒーの焙煎」、と言っても非常に奥が深く、娘さんも長く修行をしていたとか。正式オープン前に、私も連日、何杯も試飲させて頂いた。今では隣からコーヒーの香りが漂ってきて幸せ。

オープンしたら私が最初の客になろう、と思って、いろんな人に声を掛けて、20人からコーヒー豆の注文を取った。家にコーヒー・ミルがあるかどうか確認して、豆のままでよいのか挽いたほうがよいのか、ふだんどんな飲み方をしているか事前に聞き取りをして、オープン当日に配って歩いた。もちろん、全て私の奢り。この後もさらに増えるだろう。喜んで頂ければ十分に元は取れる (^◇^)

毎日、通行人が中を覗いていくし、お客さんが絶えない。「へえ、コーヒー豆って、こんなに需要があったんだ・・・」と驚いている。伊勢丹などにもコーヒー豆専門店は有るが、小さな個人商店で店主と会話を楽しみながら、そしてコーヒー豆の豆知識(あの・・・、これ、駄洒落ね)が得られる、希望すれば店頭で試飲(有料)もできるから、コーヒー好きには有り難いお店。

私も、今までは「美味しいお菓子」を主にバラ撒いていたけど、新たにコーヒー豆が加わって嬉しい。

人柄の良い人は得である。これからもずっと応援してあげよう (^^♪

posted by poohpapa at 06:10| Comment(10) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

昨日聞かされた寂しい話

昨日の定休日、うちのと Jonathan's にランチに行って美味しい食事を楽しんだのだが・・・、

ショッキングなことがあった。

仲良くさせて頂いているスタッフNさんから「今月いっぱいで退職することになりました」と挨拶されたのだ。Jonathan's には他にも仲良くさせて頂いているスタッフが何人もいるが、Nさんの退職は寂しい。

実は、私の「お菓子のバラ蒔き先」には Jonathan's も入っている。最初の緊急事態宣言より前から、「これ、凄く美味しいから食べてみて。辛いこともあるだろうけど頑張ろうね」と声を掛けて、いつも営業用の笑顔でなく心からの笑顔で感じよく接してくれる4人のスタッフに渡していた。しょっちゅう届けているから、まあ愛想よく迎えてくれること。この歳になると食い物で釣るしかない。黙っていても、我々が好きな(ドリンクバーの様子が見える)席に通してくれるし、空いてなければ他の席にいったん通して、空いたら移動させてくれる。もちろん、料理を注文したら移動はしないけど。

先週からベトナム人留学生のスタッフGさんが加わって、お菓子を配る対象が5人になった。名札を見なければ日本人だと思ってしまうほど流暢な日本語を使う。「異国の地で辛いこともあるだろうけど、頑張っていればその姿は誰かが必ず見ているものだから頑張ろうね」と言って、かもめの玉子(みかん)を1個差し上げると凄く喜んでくれた。たった1個のお菓子でも、励みになってくれたら嬉しい。

で、Nさん、他にやりたいことがあって、その準備のために、退職することを先ず決めたようだ。いつも明るい笑顔で、裏表がない人柄で、店に入ってNさんがいるとホッとする。だから寂しい。

先輩スタッフSさんも「性格がいい子なんですよ」と言っていて、それはよく解かる。だが、今度店に行ってSさんと顔を合わせたら、こんなふうに言ってやろうと思う。

「Nさん、今月いっぱいで辞めるんだってね。『辛いことあったの?』と訊いたら、『Sさんが、Sさんが・・・』と言ったきり、あとは嗚咽で言葉が出なかったんだよね。明るい職場だろな、と思っていたけど、中にいる人間にしか解からないパワハラなんかもあるんだね」と・・・。Sさん、怒るだろうな (^◇^)

実際にはNさんは「Sさんには凄くお世話になっているんですよ」と言っていたけどね。Sさんはノリが良く冗談も通じるから大丈夫だろう。ちなみに、Sさんのご主人は、私がSさんの愛人だと思っているらしい。家に帰って「今日、お客さんからこんなお菓子を頂いたよ」とご主人に見せると、「ああ、あなたの愛人さんね」と言われるんだとか。光栄ではあるが、私はマニアではないからそんなふうに言われたくはない。

最後の日には、お菓子をバラでなく箱で届けてあげよう。「長い間ありがとう、お疲れさま」と言って。

まだ先の話だけど、Sさんが退職する時も何かしなければ・・・。家の生ゴミを適当な箱に詰めて、綺麗にラッピングして、「宜しければ、おうちに持ち帰ってご主人と食べて」と言って渡したりして。箱を開けた瞬間の怒りの表情を隠しカメラを仕掛けて見てみたいもの。私は性格が悪いので。

そうだ、大きい箱と小さい箱を用意して、大きい箱のほうには生ゴミを詰めて、「どっちにする?」と訊くのも面白いかも。舌切り雀のお婆さんみたいに、きっと「おっきいほう」と言うだろうから (ぷっ

念のため、私はSさんと仲が良い。腹の中で嫌ってたりもしていない。先方の本音は知らないけど。


そう言えば、昨日、店頭に貼り紙がしてあって、2月7日まで閉店時間が夜8時になるらしい。ラストオーダーは7時半だと。居酒屋もファミレスも、それじゃ商売にならんだろ、と思う。何かおかしい。


posted by poohpapa at 05:53| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

今日で配信終了

TVer で古いドラマを再配信していて、そのうちで、私が最も好きな番組「イノセンス 冤罪弁護士」の配信が今日終了します。宜しければ、最終回だけでもご覧頂けたらと思います。

私は・・・、最終回だけでも10回は視ました。今日21時59分配信終了、とのことです。その前の9話からご覧頂くと流れが解かっていいのでしょうが、最終回だけでも感動モノです。

うちのが夕食の支度をする時、「ああ、おとうちゃんが泣いてるからもうすぐ終わるな」と判断して準備を始めていたとか。全く、デリカシーも可愛げもない女です <`〜´>

「イノセンス 冤罪弁護士」最終回

このドラマで川口春奈ちゃんを見て、大ファンになりました。細くないのがいいですね。


posted by poohpapa at 07:35| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイノリティ(少数派)による「人権」という名の暴力

1月5日づけの記事、「拡散希望、とのことでご協力、もちろん私も概ね同感」を読んだ友人から電話があって、「なるほど、そういうこともあるか・・・」と驚き、納得もしたのでご紹介したい。記事の中で私はジェンダーフリーについて批判的に書いていて、友人は実体験を聞かせてくれた。

友人はいつも通り仲間(女性)とウオーキングをして、帰りに Jonathan's でお茶を飲んでいて、相手がトイレに行ったんだと。すると、そこに、女性の格好をしているけど明らかに男と思われる人物が・・・。女性は(用を足したくてトイレに来たのに、そんなのがいたからといって用を足さずに戻るのは不本意だから)とボックスに入って、その人物がトイレから出ていく気配を待って用を足したとか。

洗面所の鏡の前で化粧でも直していたものか、でも、そんなのがいたらさぞかし驚くことだろう。その人物が単なる女装趣味なのか、LGBT の 「T」、つまりトランスジェンダー(性同一性障害)かは不明で、そういう雰囲気を醸し出しておいて盗撮や悪趣味な録音をしようとしているのかも知れない。相手がもし「私はトランスジェンダーなのよ」と言ったなら許容しなくてはならないのか、疑問である。

性転換の手術をして、おチン〇ンやタマ〇マを切り落としていて、誰が見ても女性と認識するのならともかく、ゲイバーにいるような、明らかに「アンタ、本当は男じゃん!?」と直ぐ判るようなのが女子トイレに入るのは如何なものか。そういうのが男子トイレに入っていても、男性なら「おおおっ」と思っても受け入れると思うが、逆は無い。個人的には、まだおチン〇ンやタマ〇マが付いているなら、いくら女性の格好をしていても女子トイレを利用すべきではない、と思う。確認しようがないけど。

ファミレスなんかで用を足したくなったら、スタッフに事情を話し、トイレの前で待機していてもらうとか、他の客に迷惑を掛けない方法、マイノリティの側が配慮できる方法が何かあると思う。

昔は大多数の「普通の人」(そういう問題を抱えていない人)の陰に隠れて生きていたのが、人権活動家のお陰で「LGBT 」の人たちも大っぴらに権利を主張できるようになってきた。そのこと自体は悪いことでは無いが、被害者意識が強すぎて、度を越して権利を主張しているような。

部落差別問題と似ている。「今も差別がある、差別されている」と主張する人たちがいて、利権に目を付けた人たちに後押しされて国や自治体に補償や特権を求めたりしている。筋違いも甚だしい。

少数派にも人権があって、多数派は少数派にも配慮するのが当然だとしても、少数派による権利のゴリ押しは一種の暴力。まあ、公共施設でのトイレに「男性用」「女性用」の他に「B・T用」があれば解決するのだろうけど、スペースも費用も必要。だいいち、そんなのを設けたら「入る時に好奇の目に晒された」と文句を言うことだろう。

現代は、いろんな場面で、もう「少数派=弱者」ではない。声の大きな弱者が(本当は理解しているワケでなく利権に群がる)支援者の後ろ盾を得て、(誰もが反論しにくい)「人権」を盾に、多数派(自然に普通の人たち)の権利を侵害して不快な思いをさせている。

これ、少数派の人たちが「私は極めて少数派の人間であって、多数派の人たちに少なからず不快な思いをさせているかも知れない。そのことを認識してなるだけご迷惑を掛けないように生きていこう」と考えているのが伝わってくるなら、多数派の人たちも快く受け入れられると思う。それが今では「そうだよ、私たちにも人権というものがある!」と声高に権利を主張し始めると不快になる。

炎上覚悟で言うと、車椅子や要介助の人が国会議員の選挙に当選したことで、国会議事堂の中の階段をスロープにしたり、様々な改修工事が必要になるが、衆議院議員465人のうちの一人のために、であるから、自分が国会議員になろうとするのでなく、ちゃんと理解をして代弁してくれる支援者になってもらおう、と、どうして考えないものか。もちろん、権利は有るのだが、いつでもどこでも権利を行使していい、にはならないもの。少数派が遠慮すべき場面、というものは有ると思う。

川崎市のヘイトスピーチ禁止条例が典型的な例だが、逆差別が世に蔓延っている。嫌な時代だ。


posted by poohpapa at 06:12| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

気になった記事とニュース

昨日は成人の日。式典は中止になったけど駅前に行くと晴れ着姿の20歳がチラホラ。世間がこんなことになって新成人の皆さんは気の毒だと思う。20年、40年経って、「お母さん(おばあちゃん)の頃は大変だったのよ」と子供や孫に笑って思い出話ができるようになっていたらいいけど。

石田ゆり子「成人の日」にメッセージ あたたかな言葉に新成人から感激の声
ザテレビジョン  2021/01/11

「本日は成人の日。今年はこんな世の中でたくさんの成人式がキャンセルされてしまっていますが新成人の皆さんおめでとうございます」「わたしはあなたがたのお母さんより年上かもしれないけどわたしはいつも若い人たちの力と才能を尊敬しているし素晴らしい力をたくさん貰って生きています」「自分を信じて自分を諦めずみんなそれぞれ自分を育てていきましょう」とのメッセージが温かい。


「親が離婚した子」が大人になって思うあの頃 責める気持ちはない、SOSが届く場所にいて
東洋経済 上條 まゆみ  2021/01/11

身につまされる話。それぞれの家庭に人知れず事情があると思う。私は「女(今のうちの)をつくって出て行った」のだけど、もしも「義父母の老後のお世話を(元妻が3姉妹の長女である)うちで看させて頂こう」と考えて2世帯住宅で一緒に暮らしていなければ、今も夫婦だったと思う。ま、今後のために後で「経緯を整理して書き残すつもり」ではいる。とりあえず、一部だけ。

同居に際して私が出した条件が二つ。

一つは「相続は受けるな、それを義妹夫婦にも伝えておいてくれ。でないと、義父さん義母さんに旅行に行ってもらったり美味しいものを食べに連れて行ったり観劇に行ってもらっているのを妹夫婦が見たら『財産目当て』だと思われて、俺もやりにくいから」ということ。使い切ってほしかったし。

もう一つは「どんなに人柄の良い両親と暮らしていても、一緒に暮らしている人間にしか解からない苦労や辛さというものは必ずあるもの。それを、あなたや妹夫婦がちゃんと解かっていてくれてるな、と思えたら、俺はどんなに嫌なことがあっても我慢するから」というもの。

もし、一緒に暮らし始める時に妹夫婦(2組)から、「一緒に暮らしているからと言ってお姉ちゃんとこが全部背負わなくていいんだよ。何か困ったことがあったら遠慮なく言ってね、私たちも協力するから」と声を掛けてくれて何でも相談できたなら、ずいぶんと気が楽になったと思う。


世間は怒! 序二段力士の「コロナ引退」騒動で改めて露見した相撲協会のズレっぷり
東スポWeb  2021/01/12

相撲協会は「本場所を開いてナンボ」だろうけど、今場所は上位に休場力士も多いし、初場所そのものを中止したほうが良かったと思う。まあ、夏に予定されている東京オリンピックも同様。無理に開催して今後さらに1兆円のカネを掛けるなら、開催は諦めて、コロナ対策に充てたほうがいい。それにしても、東京が開催地に決まった時は喜んだけど、日本は貧乏籤を引かされたものよ。

この序二段の力士が引退したのは正解。相撲協会の所為でなく、角界にいても上位には上がれないだろうから。相撲協会もズレているけど、この力士は勝負の世界に身を置くのは不向き。


最後は、何でもカネがモノを言う、という話、

ハリウッドから「中国が悪者」の映画が消えた訳 逆にどんどん増える「中国人が大活躍」の映画
東洋経済  福原 秀己  2021/01/11

「中国人が大活躍」の映画なんて観たくもない。

中国が名目GDPで日本を抜いたのが2010年、名目GDPが世界の10%を超えたのが2011年である。第2次世界大戦以降、世界のGDPで10%以上のシェアを取った国は、アメリカと旧ソ連、日本、そして中国だけ。そして、いまはアメリカと中国だけだ。

へえ、日本は10年前にGDPで中国に抜かれたのか・・・、もっと前だと思ってた。それにしても、2020年現在、中国の名目GDPは14,731.81(10億米ドル)、日本の名目GDPは5,079.92(10億米ドル)で、中国は日本の3倍弱。抜き去った後は置き去り、という加速度。ちなみに、4位のドイツは 3,861.55 (10億米ドル)で、日本の76%。5位はインドで、イギリス、フランス、イタリア、と続く。

ただ、近い将来、中国がアメリカを抜くことがあっても、そのまま中国が世界第一位の経済大国として未来永劫君臨し続けることができるか、と言えば、そんなことは無いと思う。何らかの要因で必ず凋落することだろう。人口だけ多い最貧国の中国が半世紀でここまで来た・・・、逆も起こり得る。

中国の行く末


posted by poohpapa at 06:54| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

なんという偶然か

昨日、あんな内容の記事をアップしたのだが、昨日の午後、店の郵便受けにこんなチラシが、

ノーベル平和賞候補者の独立調査を基に制作
米ピーボディ賞・英 AIB 賞その他受賞ドキュメンタリー
『ヒューマン・ハーベスト』
中国の違法臓器収奪の実態


というドキュメンタリー映画の立川市上映会・意見交換会の案内。

2月6日(土)14:00〜16:00 たましん RISURU ホール(小ホール)入場無料、先着順

とのこと。なんという偶然・・・、怖いもの見たさでなく、人としてぜひ知っておきたいから私は行く。

チラシでは、心臓が6万ドル、肝臓が5万ドル、腎臓が4万ドル、となっていた。中国の富裕層だけでなく、いろんな国の人が、そして日本人も臓器移植ツアーに参加しているようだ。カネにまかせて自分だけ助かれば良い、ということか。そういう奴が生き永らえても社会の役には立たないが。

ちなみに、(ネットで探した)上映会の様子の動画が こちら

私は、「人間、親からもらった体で、(親族を含めて)他人の臓器をもらわないと生きていけなくなったら天命が尽きた時」、と思っているので、臓器移植は受けない。ただしそれは「自分は受けない」ということであって「提供」はする。そうは言っても、この年齢なので若い人に移植しても直ぐに提供した臓器の寿命が来てしまうだろうから、もう断られるだろう。遺体は手術の練習台にしてもらおう。

posted by poohpapa at 06:33| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

怖い、と言うか、戦慄の写真

昨日、マスキさんから頂いたコメントで紹介されていた写真、

出所がどこなのか、真相はどうなのか不明だが、「中国なら有り得る」と思える写真。

「食事中には開かないこと!」とあったけど、食前、食事中、食後、いずれであっても、気の弱い人は見ないほうがいいと思う、トラウマになるだろうから。開いてから後悔しないように、内容を先に言っておくと、中国人が子供(胎児とか出産直後の乳幼児)を食べている写真。

「だったら記事にするなよ」とのご意見もあろうかと思うけど、目を逸らさず知っておいたほうが良い、と私は思う。日中友好親善を声高に叫ぶのもいいけど、中国がどんな国か、その一端くらいは知っておいたほうがいい。とくに、二階には見ておいてほしいものだ。


http://mid.parfe.jp/siryou/china-taiji/pic.htm

人間て、残酷な生き物だよな、と、つくづく思う。自分が生き延びるためなら何だって食べる。

ある方に事前に話したら、「昔、毛沢東の大躍進の裏で飢饉になった時、飢えで人肉を食べていた写真が出てました。人肉は子供で、自分の子と他人の子を交換して食べたそうです」と教えてくれた。カラーだし鮮明なので、これらの写真はその時のものでなく、わりと最近のものかも、そこが怖い。

人類滅亡の危機になっても最後まで生き延びるのはアフリカの原住民でなく中国人だろうな。それは、今のコロナ騒動を見ていてもよく解かる。

あくまで、開くなら自己責任で

私は・・・、もう北京ダックは食べられない。

posted by poohpapa at 06:22| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

一日も早い韓国との国交断絶を望む

他の記事をアップするつもりだったんだけど・・・、

野党も慰安婦判決を批判 立民「日韓関係悪化」 共産は理解
産経新聞  2021/01/08

「モリ・カケ・サクラ」の立憲でさえこの判決を批判しているというのに、共産党は理解・・・、

どこの国の政治家、政党だよ!?、と言いたい。

韓国与党は「図々しい日本は歴史直視せよ」と言っていて、日本は韓国と良好な関係を続ける意味なんて無い。乞食が、お椀の中に万札を入れてくれた紳士に「もっと出せるだろ!?」と要求しているようなもの。未来永劫たかられるだけ。もし良好な関係になっても、南北統一を果たしたら北朝鮮と一緒になって日本に「南北に分断されたのは日本の所為。日本は統一のために掛かる膨大な費用を全額負担すべき」とか言い出すだろう。韓国から「統一難民」が大挙して(在日特権を当てにして)日本に押し寄せてくる可能性もある。朝鮮人は暴力団よりタチが悪い、ま、日本の暴力団の幹部はほぼ朝鮮人、とのことだが。

ただし、「最終的かつ不可逆的な解決を確認した平成27年の日韓合意によって最終的に決着したから日本は補償をしなくていい」のでなく、本来は「日本軍が韓国の女性を強制連行して慰安婦にしたという事実など無いから補償しなくていい」という理屈でなければならない。「日韓合意で・・・」を理由にしていたら未来永劫「カネ寄こせ」「これでは足りない、もっと出せ」と言われるだけ。

強請り集りは韓国人の十八番、事実なんかどうでもよくて、日本が何かにつけて一方的に資金提供させられるだけの関係。日本人の血税は溝(どぶ)に捨てることなく先ず日本人のために使おうよ。

「他者を思いやる謙譲の心」が日本人の国民性で、戦後の自虐教育で「韓国に対して多大な迷惑をかけた」と教えられれば、そのまま信じてしまうもの。だから、日本ができることがあればお手伝いしよう、と考えてしまうが、相手(韓国)は全く感謝などしない。一度カネを出したら「こいつは未来永劫カネ蔓になる」としか考えない。日本が今苦しめられているのはアメリカの占領政策の所為。もっとも、北方領土を奪われたことなんかも含めて、それが「戦争に負けた」ということだろうけど。

徴用工判決の分も早いとこ換金してもらって「カネに汚い韓国」とは一日も早く国交断絶してほしい。

posted by poohpapa at 06:06| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする