2021年03月12日

NPO 法人「百人の会」のメルマガから

いつも考えさせられることが多いNPO 法人「百人の会」のメルマガから2件、


まき やすとも 政経調査会

中野区から維新を発信
日本はすでに終わっている。絶滅危惧種となった我々、真性日本人が日本を立て直す。


 
2021年03月10日のつぶやき

2021.03.11 Thursday - 03:00 - - by まき やすとも

00:43
夫婦同姓が家族の結束となっているのか makiyasutomo.jugem.jp/?eid=2809 #jugem_blog
https://twitter.com/

夫婦同姓が家族の結束となっているのか

2021.03.10 Wednesday 教育・子育て 00:43 comments(0) - by まき やすとも

 男女が結婚して夫婦となればどちらかの姓に統一するのは当然と思っている。

それぞれが別々の姓を名乗っていたのでは家族としての結束が取れない、離婚を誘発する、家族がバラバラになる、というのは理解できる。

 しかし、現代社会においては同姓であろうと別姓であろうと、あまりにも安易に離婚が成立しすぎてはいまいか。

 元の姓に戻すための役所や銀行への届け出が大変だから、といった程度であり大した抑止効果は見られないのではないのか。

 そもそも離婚する事が悪、とまでは言わないが「極力避けるべきこと」と言った認識はないし、避けるべき事柄として教育されていない。

 むしろ結婚・離婚・結婚を繰り返すことが転職と同様に自身のスキルアップと捉えられ推奨するが如き風潮すらある、

 テレビのワイドショーでは芸能人の結婚・離婚が連日報じられているので一般人も感覚が麻痺しているのかもしれない。

 彼らは商売として結婚・離婚を繰り返している。テレビや週刊誌から報道してもらう為に、世間から名前を忘れられない為に繰り返している。特殊な人種であり一般人においては恥ずべき行為にさえ当たると認識せねばならない。

だからこそ従来より「私、一度失敗しているのよね」、などといった言い方がされている。



 今の議論では何のための夫婦同姓なのかが抜けている。

 一度結婚したら離婚してはいけない、と民法を改正するか。

少なくとも子供が生まれた以上、子供が成人するまで夫婦が離婚・別居する事を許してはならない。

離婚するなら子供を産んではいけない。離婚しない決意があるなら産みなさい。

この価値観を国民が共有していれば別姓も構わない。

そして、男性が女子の姓に換えることが現在よりも一般化しても良いだろう。

 要は夫婦の中身の問題なのだ。



<<少なくとも子供が生まれた以上、子供が成人するまで夫婦が離婚・別居する事を許してはならない。

離婚するなら子供を産んではいけない。離婚しない決意があるなら産みなさい。

この価値観を国民が共有していれば別姓も構わない。


一つの価値観を国民が共有する、などということは有り得ないし不可能。例えて言うなら、国民の全てが自民党の政策を支持することも共産党員になることも絶対に無い。だから逆説的に選択的夫婦別姓に反対している、とも読めるけど、「今の議論では何のための夫婦同姓なのかが抜けている」のでなく、今のままでどんな問題があるのか、何か困ることがあるのか、が問題。女性が仕事をしていて結婚によって姓が変わることが不都合、という理由は屁理屈。会社側が旧姓の利用を認めれば済む話。

様々な反日活動と一緒で、「選択的夫婦別姓」問題は一つの駒、最終的に日本を崩壊させるための道具でしかない。複合的にいろんな活動をして保守政権を倒すのが真の目的。万一、それを果たした時に日本を待っているものが何なのか、確たるビジョンを持って活動している人間がいるとは思えない。共産党員だって、日本が社会主義国になったらどうなるのか、ビジョンを持ち合わせていないと思う。末端の共産党員なんか、その日が来たなら「こんなハズではなかった・・・」と後悔すると思う。

ところで、自民党の茂木敏充外相が「選択的夫婦別姓」問題に理解を示したとかで、党内に作業チームが作られるらしい。声の大きな(けっして弱者ではない)一部の連中に配慮する必要があるのか。他にやることがあるだろ!?、と言いたい。自民党というミカン箱の中にも腐ってカビだらけのミカンがいくつも入っていて、そいつらが他のミカンを腐らせていく。信念や信条を持っていないのか <`〜´>

さて、大ウソつきの池上彰がテレビで「共産社会は理想!、ユートピアのようなものなんですよ!」と発言していて、最近はかなりメッキが剥がれてきている。今の北朝鮮を見ていれば解かりそうなものだが。


次の話題、

「日韓関係の日本側の違い」 長崎市議 浅田五郎Fb
こじれた原因をどこに求めるかでこれだけ違うのです。


朝日新聞の論調は、歴史問題で日本政府にも改めるべき点があるとして国連人権理事会で韓国政府が日本を名指しせずに「普遍的な人権問題」として慰安婦問題に言及したのに、

日本政府が2015年の合意に受け入れられないと反発したことを批判し更に1993年の河野談話にも逆行すると難じた。

朝日新聞は従軍慰安婦については謝罪していたのに、教科書問題でも今回従軍慰安婦が復活したことに対しての意見はされていなかったようです。

産経新聞では、被害者は日本だと明確にしており、文大統領が慰安婦問題をめぐる2015年の日韓両政府の合意をほごにしたことや、いわゆる徴用工訴訟での補償要求が1965年の国交正常化の際の日韓請求権協定に反していることなどを挙げている。

日本のマスコミの取り組みも、日本の新聞等考えさせられるだけにそれは自由な日本を示していると理解しなければならないのか。

それが日本の外交上いかにマイナスになっていることか我関せずだからどうしようもないのでしょうか。

領土問題、教科書問題は、国際社会から見た日中韓関係の極めて重要な課題であることを、もうそろそろ考えていい時代を迎えたと思います。

このコロナの人類への挑戦はまずそれぞれの民族が安心安全の立場から特に平和に戦後75年間ドップリつかってきた日本民族に取っていい宿題を後世の日本人の為に与えていただいたと思っています。



これねえ、「2015年の日韓合意によって解決済み」なんて言ってるからいけない。たしかに外交上は正しいんだろうけど、それだと、いつまで経っても「国は認めても個人としては認められない」という話になる。日本政府は「朝日新聞も吉田証言も、誤り、虚偽であることを認めていて、軍による強制連行の事実は無い。よって補償をする責任は無い」と突っぱねて、先ずは河野談話、村山談話を破棄すべき。

韓国なんて、日本が例え一兆円を支払っても「これで十分」なんて言うワケが無いのだから。

ところで、維新も時々おかしな政策を打ち出すことがあるように思う。橋下さんも自分は政界を引退して無責任な立場から発信しているけど、10のうち2か3くらいは「おいおい」という内容の発言。

大阪では絶大な人気の維新が首都圏で浸透していかないのは何故か、考えたほうが良いと思う。


 コメント欄は設けますがこの記事に関しては返信はいたしません。ご了承ください。

posted by poohpapa at 07:14| Comment(4) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

今日で東日本大震災から10年・・・

毎年そうさせて頂いているけど、2時46分・・・、どこにいても、黙祷させて頂こう。

でもって、サッカーの国際試合の客席で「日本の大地震をお祝います」(原文のまま)という垂れ幕を掲げた韓国人(韓国)を私は赦さない。中国と並んで世界で最も倫理観が欠如しているクズ国家だから。


ところで、今日、Yahoo! JAPANから「3.11」と検索すると、一人に付き10円寄付されるとか。うちは夫婦二人で検索させてもらいました。宜しければ、皆さんもご協力ください。9時現在で150万人ほどが検索して寄付に参加しています。

posted by poohpapa at 08:46| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拡散希望、ということでご協力、私も同感だから 6

これ、Facebook でも届いておりますが、NPO法人百人の会が「宣伝してくれ」と言うので、こちらの記事はNPO法人百人の会からの転載、ということに (^◇^)


川内時男先生の活動報告(基)
(元徳島県公立中学校校長)

84、胡散臭くなった人権と言う言葉(拡散希望)

 多くの日本人は人権という言葉に過大な幻想を抱いているようです。これさえ大事にしていれば自ずと明るい未来が開けてくるように信じているのでしょう。しかし、その人権があまねく浸透した今、社会はどうなったでしょう。

現代の人権は自分が気に入らない人間を攻撃する道具に成り下がっているのではありませんか。

 人権社会は不用意に他人に近づけばいつ相手から切りつけられるかも知れない怖い社会です。人間どうしの絆を深めるはずの人権も、原理主義に走れば「人権ナチズム」となり荒んでくるのです。「痴漢に間違われないように両手を上げてつり革につかまる」などは最早笑い話です。

どうしてこんなことに、と思われるでしょうが、実はこれは当たり前のことです。

日本人は「人権」と聞けばその中に崇高な理念が込められているように思うでしょうが、それは幻想に過ぎません。実は人権は自分の縄張りを主張するだけのものです。つまり「ここからは自分の領分、勝手に入るな」というだけのものです。

 狩猟民族にとっては縄張りは大切なのでしょうが、協調・共働で生きてきた稲作農耕民族である日本人からは生まれようのない概念です。第一「ここからは自分の領分」と主張するのは日本の村社会では無理なのです。

ところで、人権と道徳はどう違うのでしょう。同じもののように思われるかも知れませんが、本質は全く異なります。それどころか正反対な面もあるのです。権利は外に向けて主張しますが、道徳は内省的で自分に向けられます。権利は法的裏付けがあり強制力を伴いますが、道徳は法とは無関係で人に強制しません。人権どうしは時に衝突して対立を生みますが、道徳どうしは衝突しません。

 ある評論家が「人権が完全に守られるなら道徳は必要ない」と言いましたが、全く的外れです。これは裏返していえば「法に触れなければ何をやっても良い」と言っているに等しく、行き着く先は弱肉強食の荒んだ社会でしかありません。

以前私は「我が国には人権という概念はなかったが、義理・人情があった」と述べました。これを読んだ人の多くは「時代錯誤」と大笑いしたことでしょうが、実は義理・人情は日本人の古典道徳と言ってもよく、目指すところは人権よりも遙かに次元が高いのです。日本のお国柄を考えれば我が国は人権大国より道徳大国を目指し、道徳を軸とした健全な人権文化を広め、品格のある国家を目指すべきではないでしょうか。

 社会ではよく反戦・平和・人権などの言葉が飛び交います。実に美しい言葉です。しかし、これらをリベラルが好んで使うようになってからは、何となく胡散臭さを感じるようになりました。私だけでしょうか。



原文のままですが、改行は私が入れさせて頂きました。


「私は人権アレルギー」と何度も述べていて、私みたいな一介の市民ではなく、校長先生までなられた川内先生が主張なさると私なんかより遥かに説得力があります。まさに「我が意を得たり」です。

義理人情・・・、私は仕事でもプライベートでも、この「義理人情」を大切にしています。お年寄りに部屋を紹介する時に、いちいち「高齢者や弱者の人権に配慮して・・・」なんてことはありません。家主さんにも同じく人権がありますしね。間に入って落としどころを探る、なんてことはしょっちゅうです。どなたかが仰っていましたが、不動産屋は仲介業ではなく仲裁業なんですね。それに徹しています。

ついでに、私は「グローバル化」なんて言葉にも嫌悪感を持ちます。あ、もっと嫌いなのが「男女平等」です。「男女公平」「男女同権」なら賛成しますが、声の大きな連中が主張する内容の男女平等を推し進めたら、世の中、限りなく不公平な社会になります。今でも十分に女のほうが得をしているのですから男女格差が拡大するだけです。声の大きな連中の真の目的は「男女平等ではなく日本社会の崩壊」ですね。

ジェンダーフリーを訴える気違いたち、「オリンピックなどスポーツの国際大会で男女一緒に走らせろ、闘わせろ」とは言いませんし、ガソリンスタンドや居酒屋なんかの「レディースデイ」に文句をつけることはありません。女が得をすることにはダンマリを決め込んでいて、ダブルスタンダードです。

奴らがやっていることは、「学校のトイレや更衣室を男女で分けるな」くらいのもの。差別と区別、平等と公平、その違いも解かっていません。「頭が悪い」と言うより「気違い」なんですよ。

能力がある女性をしかるべきポストに登用しないのなら差別ですが、最初から「何割は女性に」などと目標設定するのは愚の骨頂。善良で良識ある市民は、そんなことで大声を上げません。声の大きな者どもに配慮してるんでしょうが、政治家や役人や公務員、何に怯えているのやら。

posted by poohpapa at 05:53| Comment(6) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

これ、どれもセンスいいわ (^◇^)

😇シルバー川柳 第3弾

♦️日帰りで 行って見たいな 天国へ
♦️延命は 不要と書いて 医者通い
♦️三時間 待って病名『加齢』です
♦️目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ
♦️改札を 通れず よく見りゃ診察券
♦️誕生日 ロウソク吹いて 立ちくらみ
♦️万歩計 半分以上 探し物
♦️この頃は 話しも入れ歯も かみ合わず
♦️目には蚊を 耳にはセミを 飼っている
♦️留守電に『ゆっくりしゃべれ』と どなる父
♦️いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦
♦️マイケルの 真似を発作と 間違われ
♦️名が出ない(あれ)(これ)(それ)で用を足す
♦️探し物 やっと探して 置き忘れ
♦️歳重ね もう食べられぬ 豆の数
♦️LED 使い切るまで ない寿命
♦️クラス会 食後は薬の 説明会
♦️立ち上がり 用事忘れて また座る
♦️無農薬 こだわりながら 薬漬
♦️妖精と 呼ばれた妻が 妖怪に
♦️眼薬を 差すのになぜか 口を開け
♦️少ないが 満額払う 散髪代
♦️景色より トイレが気になる 観光地
♦️厚化粧 笑う亭主は 薄毛症
♦️カード増え 暗証番号 裏に書き
♦️妻旅行 おれは入院 ねこホテル
♦️恋かなと 思っていたら 不整脈
♦️深刻は 情報漏れより 尿の漏れ
♦️へそくりの 場所を忘れて 妻に聞く
♦️これ大事 あれも大事と ゴミの部屋
♦️腰よりも 口につけたい 万歩計
♦️何回も 話したはずだが『初耳だ』
♦️婆さんよ 犬への愛を 少しくれ


三時間 待って病名『加齢』です」・・・、解かるわあ。なんでも「加齢」で済むなら医者など要らんだろ。私も「まあそれなりにお歳ですから、あちこち悪くなっても不思議ではありません」と言われたことがある。「治してくれる気が無いなら医者なんか辞めろ、診察代は無料にしろ!」と言いたい。

名が出ない(あれ)(これ)(それ)で用を足す」・・・、商売をしていてお客さんの名前が出ないことがあってマズイよなあ・・・。顔を見ても「なんてアパートに入っている人だか」思い出せなかったりして。適当に話を合わせながら探りを入れて、帰っていく頃になってやっと思い出したりして、で、すぐ忘れるんだけど。

カード増え 暗証番号 裏に書き」・・・、暗証番号をカードには書かないけど、先日もビック Suica カードをビックカメラで使おうとしたら「暗証番号が違いますね」と言われて頭の中がパニック。替えたような気もするけど、全く覚えていなくて焦った。店員さんが「暗証番号無し」で清算してくれて助かったけど、今も暗証番号が判っていない。次、「こないだは暗証番号無しでやってくれたよ」と言おう (こら

景色より トイレが気になる 観光地」・・・、バスから降りたら先ずトイレの場所をチェック ^-^;

それもこれも、みんな歳の所為、思い当たることばかりで笑うしかない 💧


posted by poohpapa at 06:23| Comment(8) | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

お隣のAさんの奥様から聞いた悲しい話

うちの庭に毎日来ている茶白の猫の「みーちゃん」(推定10歳)、悲しい過去があったみたい。

みーちゃんには弟猫がいて、野良にしてはちょっとトロかったようで、心無い人間に叩かれて腰を痛め、最後は毒のようなものを食べさせられて昨年亡くなったそうだ。弟猫が健在だった頃、みーちゃんは自分に与えられた餌を全部食べずに半分残して弟猫に食べさせていたのを奥さんは見ていたとか。

人間だって自分の腹を痛めて産んだ子を虐待して餓死させたりする「人でなし」もいるのに・・・。

だから、人懐っこい反面、凄く警戒心が強いんだろうな。人の手が見えると猫パンチしてくるから。

一昨日、うちのが外出しようとすると見送りでついてきて、縄張りの外まで(かなり遠くまで)ついてきそうな感じだったので、みーちゃんが自分の縄張りまで戻れるように適当なところで帰るように仕向けたとのことだが、昨日は雨・・・、姿を見かけていないので心配していた。

10年も交通事故にも遭わずにいたのだし、警戒心が強いから大丈夫だとは思うけど、私も心配。

うちの2階で預かっている猫(こちらも10歳くらい)がみーちゃんに会いたくて、「勝手口の窓を開けてよ」とうるさくて、勝手口の窓を開けてやると、その音でみーちゃんが寄ってきて、1〜2時間、お見合いをしている。ただし、みーちゃんは近くまで来ても背中を向けていたりするけど、お互いに威嚇しないが、2階の猫が鳴いて呼んでも反応しない。他の野良に対しては縄張り争いでよく威嚇していたけど。

以前は陽が当たる温かい時間帯しか庭にいなかったけど、最近は7時頃までいたりする。みーちゃんの縄張りは普通の野良より広いけど、うちの庭の居心地がいいんだろうな、そう思いたい。

本当は、うちの子にしたいけど、いろいろ事情があって今はできないでいる、それが辛い。いつか条件が整ったら、そして、それがみーちゃんの幸せに繋がるのなら是非そうしたい。


あ、先日、みーちゃんが私を見送りしてくれた動画、いろいろ工夫して見られるようにしようとしたけど、どうにも見られるようにできない。まことに申し訳ない。見送りの様子、凄く可愛いんだけどね。

posted by poohpapa at 07:28| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

昨日は、案内で埼玉の朝霞まで出かけた

昨日は、今回で3度目の部屋探しになるお客様の内見のために、埼玉の朝霞まで出かけた。およそ40年ぶりで、以前は所沢の隣の入間市に住んでいたし、東武東上線沿線の不動産会社に勤めていたので懐かしかったが、さすがに40年前とは街並みがすっかり変わってしまっていて「浦島太郎」状態。

武蔵野線の東所沢駅までお客様の車で迎えに来て頂いて、そこから現地へ。今月末までには引っ越ししていなければならず、ご希望条件は厳しくて、いろいろ調べていて「これしか無い」という好条件の物件に問い合わせると既決。それで「その物件とのご縁が切れる」と思っていたら、管理会社から連絡を頂き、「315号室は決まってしまったのですが、同じマンションの空き予定が何件かありますのでFAXします」とのこと。すると、実に面白い部屋が・・・。

一番の売りが、ルーフバルコニー。このマンションに一部屋しかないという広いルーフバルコニーがあって、その広さ16畳分。バーベキューもできそう・・・。お客様に連絡すると、「ぜひ内見したい」とのことで昨日の案内に。普通は「あ、それ、決まりました」で終わってしまうところ、わざわざ連絡をくださった担当者さんに感謝。通常は3件くらい比べて「どれにするか」選んで頂くのだが、昨日は一発勝負。お客様は「とくに問題が無ければこの部屋で決めるつもりで行きます」とのこと。

行ってみると、2面バルコニーからの眺望が素晴らしく、どの部屋からも朝霞市の街並みが見られて、夜はもっと綺麗だろうな、と思えた。なんせ、視界に高層ビルだの高層マンションが無い。それぞれの窓に明かりが灯ったら、大袈裟な話でなく、アテネのリカベトスの丘からの眺望と似ていると思う。遠くまで見渡せる(見おろせる)から圧迫感がない。6階の角部屋の3SDKで家賃83000円、共益費と駐車場を入れても月額99000円・・・。立川でなら20万はするだろう。

家賃の半分は「あの眺望」、と言えるかもしれない。だいいち、その部屋だけにある広いルーフバルコニーはもの凄い魅力。休日の朝、小さな白いテーブルと椅子を出してコーヒーでも飲んだら美味しいだろな、と思う。そうだ、コーヒーがお好きかどうか訊いておこう (^◇^)

ご予算は15万までだったから余裕である。私も、昨日は他の予定を入れていなかったから、お客様が採寸したり家具を置く場所を奥様と相談している間、ゆっくり待たせて頂くことができた。「この際ですから疑問点があったら全部解消したほうがいいですよ」と伝え、現地から管理会社に電話して質問したりして、丁寧に答えてくれたので、物件から130mの管理会社に行ってお申込みすることに。

終わってみたら、お客様の希望からはだいぶ違っていたのだが、それでも許容誤差の範囲。前の入居者は2日前に退去していて月末の最後の日曜日に引っ越せるかどうかは微妙だったが、担当者さんが「何とかします」と力強く請け合ってくれたので安堵。こういう管理会社なら入居後のトラブルは少ないと思われる。その物件に辿り着く前に何件かの問い合わせをいろんな業者に入れているが、すでに退去しているのに「今月末の入居?、業者も忙しいから無理ですね」の一言でお終いだった。

何やかやで、お店に戻ったのは6時過ぎ、心地よい疲れだった。お客様と管理会社に感謝 m(__)m

posted by poohpapa at 06:50| Comment(2) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月07日

クロネコヤマトの「いい仕事」

昨日の朝、「さて、お店に行こうかな」と思っていたら、玄関のインターホンが鳴る。

モニターで見たら、顔なじみのヤマトのドライバーのKさん。出てみると、「会社宛ての荷物でしたが、冷蔵便でしたのでご自宅にお持ちしたほうがいいかと思いまして・・・」とのこと。いいも何も、助かる。

「有り難いですね、ほんと、助かります」とお礼を言って、いつもの缶コーヒーを一本差し上げた。うちの地域、ヤマトさんでお顔と名前が一致しているドライバーさんは4人いる。みなさん、私が店にいなかったりすると、品物によっては自宅に届けてくれたりする。その判断は常に的確でプロの仕事。なので、コロナ以前から何か届けて頂くと缶コーヒーを差し上げている。それは、佐川急便も郵便局も同じ。

ネットなんかで、荷物がバレンタインデーのチョコレートだと分かった場合で、お届け先が不在だったりすると、「これは今日中に届けないと意味が無くなる」とのドライバーさんの判断で、再配達の要望が届かなくても再配達してくれたり、そういう気遣いの例はいっぱい出てくる。

まして、今はコロナのご時世、医療現場の最先端で働く人たちと同じく、感染リスクが高くなるにも拘わらず物流の最先端で経済を支えていてくれるのだから頭が下がる。なので、たった1本の缶コーヒーだけど、それで一息つけてくれたなら嬉しい。

昨日は、家賃の集金に行った帰り、大通りに朝のドライバーさんの車が停めてあるのに気付いた。しばらく待っているとドライバーさんが帰ってきて、離れたところから会釈する。「いや、車にKさんの名札があったから待っていたんですよ。これ、美味しいから食べてみて」と言って、たまたまポケットに入っていた「恋れもん」というお煎餅を差し上げた。「いつも済みませんねえ」と満面の笑み、それはお互いに。

ここんとこ、プライベートで「嫌〜なこと」があって、何人かの人に愚痴を零したら「あなたの判断は間違っていないと思うよ。気にすることは無いよ」と皆さん仰ってくれるけど、それでも後味が悪い。

だけど、今日のヤマトのドライバーKさんの笑顔でだいぶ気が楽になった。えっと・・・、私が救われるのは「可愛いお姉さんの笑顔によって」だけじゃないからね、男性の笑顔でも救われる時があるんだから。もちろん、私は両刀使いじゃないからね (なんのこっちゃ ^-^;

しかし、ヤマトさん、配達しているのは荷物だけじゃなく、ハートも届けてくれる・・・。

不要不急の外出を避けるのはもちろんだが、みんなそれぞれの職責を(お互いに)全うすることでコロナを克服しようではないか。私はそう思っている。


posted by poohpapa at 06:29| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

拡散希望、ということでご協力、私も同感だから 5

83、忽然と消える国旗(拡散希望)

 私が現役教師であった頃、学校現場で摩訶不思議な現象が起こっていました。それは県や市の研究会や講演会で、テーマが人権になっている時だけステージの国旗が消えてしまうと言う珍現象です。

 これらの会は学校の体育館が会場になることが多いのですが、当日会場に行ってみますと、つい先日まで確かにステージ中央に掲げられていた国旗がなぜか忽然と消えているのです。ミステリーではありません。実は主催者である学校が撤去していたのです。

 さらに不思議なこと、それは・・・日頃学校現場で目にする書類は日付が元号で表示されるのですが、人権関連の案内状だけは西暦で表示され、元号は表示されないか、あるいは表示されていても( )の中に別表示されるのです。グローバリゼーションの影響もあってか、近年は人権をテーマにしない研究会や会合でも西暦表示する例が増えていますが、人権関連の会合の案内状は昔から一貫して西暦表示でした。国旗が消えること、元号が西暦に変わること、なぜこんなことが起こるのでしょう。

 人権問題に関わる人達の中には左翼思想に染まった人達が多くいます。そう言う人達は国旗・国歌に反対し、皇室に反感を持ち、そして元号を忌み嫌います。こういう勢力から反発を受けないように、また会が穏やかな雰囲気で行われるようにと、国旗を外したり、西暦を使ったりなどの措置をするのです。

 こういうことが今も同じように行われているのかと思い、先日現役の元同僚に聞いてみたところ、「国旗を外しているかどうかは知らないが、以前より随分まともになってきた」とのことでした。これを聞いていくらか安心しましたが、考えてみれば当たり前のことです。会のテーマが人権であろうがなかろうが、教育現場で行われる研修会・研究会は政治思想とは無縁のはずです。特定のイデオロギーによって会のありようが左右されるなど、あってはならないのです。ということで、この件に関してはかなり正常化しているように思います。

 しかし私がここで指摘したいのは教育現場のこういう主体性のなさです。一部の人達の反発を怖れて原理・原則を変えるなど論外です。事なかれ主義の典型です。教育基本法第16条には「教育は、不当な支配に服することなく・・・」と謳われています。教職員組合などの左翼勢力はこの条文を振りかざし「政治は教育に介入するな」として的外れな主張しますが、本来この条文を遵守すべきは組合ではなく、教育現場であるはずです。その教育現場が「不当な声」に忖度し、自ら原理・原則を曲げているのですから話になりません。

 私は、現代教育を巡る様々な問題の多くは教育現場の事なかれ主義体質にあると思っています。世の批判に怯え、主張すべきことに口をつぐみ、ただ黙っているだけでは学校はサンドバッグにされてしまいます。学校は保護者の声や世間の声は謙虚に受け止めなければなりませんが、それらの声が常に正しいとは限りません。間違った声には毅然として反論しなくてはなりません。その役割を担うのはやはり校長です。校長は批判を怖れることなく、体を張って正しいことを主張し、学校を守る使命があります。優柔不断な姿勢では大きな声に振り回され、子供と教職員に被害が及ぶのです。



 読みやすくするために、私の独断で改行、空行を入れさせて頂きました。

私は、教師になった同級生から「卒業式なんかでも、国旗を掲揚しない、国歌を斉唱しない(させない)学校が多い」と聞いて、「お前ら、誰(どこ)から給料を貰ってんだよ!?」と思いましたね。そういえば、国歌斉唱の際に起立しなかった教師もいたような・・・。そんな奴らが子供たちに何(正しい道)を教えられるんだよ、って言いたくなります。どんな思想を持とうが個人の自由で勝手だけど、教育現場に持ち込むのは間違っている、そう認識していないなら教師を辞めるべきです。

posted by poohpapa at 05:19| Comment(21) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする