2021年03月28日

もしかして、鬱病なのかなあ・・・

一昨日、福岡在住の読み手さん(Мさん;人妻さん)から私の体調を気遣うお電話を頂いた。

その中で、もしかすると私が鬱病では、という話が出た。気圧が低くなるとテンションが下がったりすることから、正直、私も「もしかして」と疑ってはいたが、たしかに、そうかも知れない。たくさんの良き友人知人に恵まれているし楽天的だし、何より、私にとって最高の相性の女房も傍にいるから「自分は鬱病にはならない」、と信じ切っていたが・・・、一度専門医に診てもらおう。

ただ、仕事のストレスからではないと思う。仕事でもプライベートでも「嫌なこと」「辛いこと」は多いが、それだったら世の中の不動産屋はみんな鬱病になるもの。老化現象の一つで、脳からの或る種の分泌物が不足してくることでも起きたりする、と伺った。だから薬がよく効くケースがあるらしい。

鬱病で薬を処方してもらった、という話はよく聞くが、「心の病が薬で治るのかよ」とずっと思っていて、Мさんの話で腑に落ちた。試してみる価値はありそうだ。

実はМさんのご主人も鬱病で、朝、いつものように仕事に出掛ける際に脂汗をかいていて、「今日は大事な会議があるから休めない」と言うご主人に「会社はあなた一人がいなくても回るけど、あなたはあなた一人なのよ」(最後はうろ覚え)と説得して強引に休ませたとか。大正解、女房の鑑だと思う。ご主人、いい女房を持ったなあ、とつくずく思う。普通なら「大事な会議が・・・」と言われたら「そう、じゃあ気を付けてね」と送り出してしまうもの。もし会社に行かせていたら無事に帰ってこなかったかも知れない。

そうだ・・・、このブログのタイトルも「悪徳不動産屋の独り言」から「鬱病不動産屋の闘病記」に替えたほうがいいかも。ま、以前からこのブログでも度々書いているが、鬱病は真面目な人が罹る病気、「そんなこと言われても私の所為じゃないも〜ん」と責任転嫁できる奴は罹らない、と思っていて、私は真面目ではなく、どちらかと言うと後者のほう。なので、今も「そうではない」と思いたい自分がいるけど。

正直な話、この仕事をしていると、「鬱病で仕事が出来なくなって生活保護」というパターンの人が多く、「鬱病は怠け病」という先入観があった。病気を偽るのに最も簡単で医師の処方箋も容易に入手できるから。だから「自分は鬱病(怠け病)ではない」と信じたかったりして。本当の鬱病は責任を一人で背負い込むような真面目な人が罹るけど、仮病の鬱は不真面目な「人でなし」が装っている、ということかな。

Мさんからの電話は(こちらに)仕事関係のキャッチホンが入って途中で終わってしまうことになったが、ま、大事なところは概ね伺うことができたかな。それにしても、タイミングも最高で凄く嬉しかった。

この場からで申し訳ないけど、Мさん、本当に有り難うございました。

posted by poohpapa at 05:59| Comment(8) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする