2021年12月04日

✕2になっちゃうのかなあ・・・

ここんとこ、うちのとの夫婦関係がギクシャクしている。

原因は、私の浮気がバレた・・・・・んじゃないよ。うちのはそんなことでは驚かないから。

うちら夫婦は何でも本音で話せるし、そのことで尾を引くことは無い。相性は抜群だと思う。

では、何が問題なのか・・・、

うちでお世話させて頂いている野良のみーちゃんの飼育方針が合わないのだ。ここんとこ、この5日間は(一日を除いて)みーちゃんは夜の餌を食べた後で家の中に入ってきて朝まで、つまり「お泊り」している。

私は、「これから冬に向かうし、早く家猫になってもらおう、そのためには、夜、みーちゃんが外に出たがっても出さないほうが良い。我々が寝てしまったら、みーちゃんが帰ってきても入れてやれないのだし、昼間は自由に外に出させるけど、夜は外に出させないで4〜5日閉じ込めれば家の中の快適さ、安全さが解かってもらえるのではないか、餌も水もトイレも用意してあって、危害など加えないのだから」、という考え方。

うちのは、「みーちゃんの自由を認めてあげて、夜でも出て行きたがったら出してあげる、つまり、出たいと思った時に出させてくれるからこそ家に戻ってくる、閉じ込めたら戻ってこなくなる。元々が野良で、もう10年くらい真冬でも台風の時でも生き延びてきたんだから心配は要らない。これからも、みーちゃんが出たがったらいつでも出してあげる」、と言っていて、一昨日の夜、私が風呂に入っている間に外に出していた・・・。その日は朝まで戻ってこなかった。いや、戻ってきたのかも知れないがしっかり施錠して住民(我々)は寝ている。

それで「なんでだよ、クソ寒いのに、なんで外に出しちゃったんだよ」と言う私と衝突した。静かに意見がぶつかるから、それが怖い。こういう場合、取っ組み合いで殴り合ったほうが後に残らない。

窓ガラスなんかに、猫が自由に出入りできる出入口を設けることも可能だが、それだとシャッターは下ろせないし防犯上の不安がある。何より、この先何年使えるか分からないから、そこまでの工事費は掛けたくないのが本音。で・・・、解決策が見つかった。折衷案、とも言うが、

いつも晩ご飯の後で、家の中に入ってきても、縄張りの見回りでもしたいと思っているのか外に出たがるので、出してやって、ウッドデッキのシャッターを完全に下ろさず、下から30cmくらいのところで止めておいて、中の窓は施錠して、うちのが寝る前までの間に戻ってきたら入れてあげる、というもの。もし戻らなければ締め出しを喰らうことになるけど、それは学習してもらうしかない。今のところは上手く行っている。私が寝るのは9時くらいで、うちのは12時近くなので、2時間半くらいの猶予しかないけど。

今朝も、トイレに行きたくて目が覚めて、うちのの布団を見たら、足元に丸まって乗っていた。みーちゃんの夜の指定席である。私が体を起こすと布団から下りてリビングや勝手口のほうに行って「出してよ」となるから、そおっと起きて目を合わせないようにしている。

昨晩は、いつもなら(早い時は)4時半、だいたい5時半までには晩ご飯を食べに来るのに7時過ぎても来ないから物凄く心配していたのだが、シャッターの下を開けておいたら7時15分に戻ってきた。うちのが窓を見て「みーちゃん、帰ってきた」と言うんで入れてあげた。事故にでも遭っていないかなあ、と二人で心配していたので涙が出た。

映画「海街diary」のセリフではないが、「ここはオマエの家なんだよ、好きなだけ、ずっとずっといていいんだからね」とみーちゃんに心の中で声を掛けている。

うちは、餌と水とトイレと、快適な塒(ねぐら;うちのの布団の上)を提供して、(とくに昼間は)自由にさせてあげることが、みーちゃんの幸せなのかも。人間(私)の価値観を押し付けるのは間違いか。

どちらの言い分にも一理あるとは思うけど、うちのの考えが正しいんだろな。世の中で、野良猫の飼育方針を巡って離婚した、なんて夫婦、いるものだろうか。と、ちょっと気になった。

それにしても、危ない危ない 💧、私が引かなかったら「✕2」になるとこだったよ(滝汗

posted by poohpapa at 07:23| Comment(4) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月02日

吉右衛門さんの訃報に接して

中村吉右衛門さんの(歌舞伎を離れての)代表作と言えば「鬼平犯科帳」で、池波正太郎さんの本は全巻、家と店に置いてある。私にとってのバイブルだから。DVDも全話揃えてあって、いつでも観られる。

最終シリーズの後で、特番なんかを観ていたら、すでにセリフ回しが覚束なくなっていたので、「もう難しいんだろうな」と思っていたのだが、こんなに早くお亡くなりになるとは思わなかった。享年77歳・・・、私もあと7年か、怖い。

鬼平のシリーズの中で、特に好きなのが「間取りの万三」、密偵の大滝の五郎蔵から「絶対にお縄にしないとの約束を頂きたく願います」と請われ、「分かった」と約束をし、五郎蔵の情報から大盗賊を捕らえ、最後に観念して両手を揃えて差し出した(労咳に罹っている)万三に「何の真似だ」と言い、呼び寄せた万三の女と用意した籠を指差して、「あの女とどこにでも好きな所へ行け。来年の桜が咲くころまで元気でいろよ」と金子を渡して逃がしてやる。「これでいいか?、なあに、約束ってのは上様との約束も盗人との約束も同じ、守らなくちゃならねえものさ」と事も無げに言う平蔵に、肩を震わせて泣く五郎蔵・・・、最高の見せ場で、何度観ても涙が出る。本で読んでも同じ。

何人もの俳優が平蔵を演じているが、吉右衛門さんが最高。粋で、華があるから。

今日は更新をお休みさせて頂こうと思っていたけど、吉右衛門さんの訃報はスルーできないわ。

心からご冥福をお祈りしたい。

posted by poohpapa at 09:17| Comment(2) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

珍しく善行を施した(おい

一昨日、伊勢丹で弁当を物色していた時、ある売り場に馴染みのUさんがいて話していたところに杖をついた高齢の婦人がやってきて、「エレベーターはどこでしょう?」と訊く。Uさんが売場から出て懇切丁寧に教えたのだが、伊勢丹のエレベーター乗り場は(階によっては)分かりにくいので、果たしてちゃんと飲み込めたか不安に思えた。それでUさんに、「私がそっと付いて行って、何となれば案内します」と言って後を追うことに。

エレベーターホールにはどうにか辿り着いたものの、そこでグッタリと椅子に座り込んでしまった。私が「何階に行かれますか?」と訊くと、「1階に」とのこと。さらに、「電車とかバスにお乗りですか?」と訊くと、「モノレールに」と言う。モノレールに乗るなら1階でなく2階のほうが便利、伊勢丹の出口が直接、モノレールの乗り場に繋がっているハズ、と思って一緒にエレベーターに乗り込んだら、3階のボタンの横に「モノレール改札口」とある。

3階で降りて、婦人服売り場のスタッフに、「モノレールに乗るにはどの出口から出るといいですか?」と訊くと、親切に出口まで案内してくれた。目の前は切符売り場で、すぐ横は改札口。「Suica カードとかはお持ちですか?」と訊くと、「はい、持っています」とのこと。「どちらまでお帰りですか?」とさらに訊くと、「多摩センターまで帰ります、終点です」と言う。こんな高齢のご婦人が多摩センターくんだりから一人で立川まで来ていることに驚いた。

高齢婦人が改札口を入って、エレベーターでホームに上がるところまで見届けて伊勢丹の地下に戻ったが・・・、足元も覚束ないし、ちゃんと帰れたか心配ではあった。伊勢丹の地下のUさんの店に戻ると、Uさんから丁寧にお礼を言われた。そして、「本来なら私たちがしなければいけないのですが、今日はこの売り場が私一人なので、すみませんでした」とお詫びの言葉も頂いた。べつに気にして頂くほどのことはしていないのだが。と言いつつ・・・、

いけねえ、高齢婦人に手間賃を請求するのを忘れてたわ。仕方ない、伊勢丹に請求しよ (こら 💧

ところで、今日はお昼頃まで雨の予報。いつもなら Jonathan's のモーニングに行くところだけど、今日は諦めた。昨日、いつもモーニングで会う高齢婦人と道でバッタリ。「明日は雨みたいですけど、いつもどおりモーニングに行かれますか?」と訊くと、「はい、私は雨でも行きますよ」とのこと。私より元気がある。まあ、うちと Jonathan's の中間くらいの場所にあるマンションにお住まいだしね。それにしても、立川は「年寄りが元気な街」だ。

posted by poohpapa at 07:21| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする