2008年08月10日

田村でも金、谷でも金 ママでは・・・銅でした

我ながら不思議なくらい興味が湧かない北京オリンピックですが、日本人選手が出場する競技はついつい見てしまいます。中国人にアンフェアなことされてないか、とか、まあその、心配で・・・。


谷選手、結果は銅メダルでも、5大会連続の出場で、いずれもメダルを獲得しているのですから(好き嫌いは別にして^_^;)立派です。

本人は悔しいでしょうけど、自分の子供に将来、「これは金メダル、これは銀メダル、これは銅メダル」、と全部の色を(配分も良く)見せられるのだから楽しいんじゃないかと・・・、なワケないか(*^^)v

平岡選手、初戦敗退したことでこれからの4年間、自分を責め続けることになるんでしょうね。気が遠くなるくらい長い時間だと思いますが、ジャンプの原田選手のように、4年後、きっと雪辱してくれると信じています。まだ若いのだし。胸を張って帰ってきてください。


ところで、以前も触れたような気がしますが・・・、

全くもって柔道のルールはスッキリしません。相手にも同じルールが課せられるワケだから一見「平等」に思えますが、選手が「組み手に拘る」のは当たり前で、それを「早く責めろ」「何か仕掛けろ」と後ろからせっつかれたんじゃ「早食い選手権」です。消極的、と指導が宣せられるのも早すぎるし、それで無理して仕掛けて「返し技」喰らったからといって審判員が責任取ってくれるワケでもなし・・・。

最近の柔道は「セコい勝ち方」が多くて、なんか嫌だなあ・・・。「消極的」との指導(反則)は延長戦限定ルール、としたほうが本来の柔道の醍醐味が味わえるような気がしますが、如何なものでしょう。

posted by poohpapa at 05:57| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする