2008年08月12日

敗れても、立派な監督

ネットでスポーツ関連のニュースを見ていたら・・・、

北島康介選手の水泳百平連覇のニュースで歓喜一色の中、高校野球のこんな記事を見かけて、ちょっと感動しました。試合自体は5日に行われたものですが、

東愛知代表の大府高校のO選手がラフプレーをし、その裏の回に集中打を浴び敗戦したのですが・・・、

試合後の、大府高校の竹前俊宏監督の言葉です。

「謙虚さに欠けるプレーが出た。今日の試合は恥ずかしかった」

この言葉で、監督は日頃から生徒に「フェアプレーの精神」を説いて指導していたのが解かります。それでも、中には心得違いをする不孝者が出てくるものですね。

その昔(正確には1976年)、長崎海星高校に酒井圭一という豪腕ピッチャーがいて、予選大会では最初のバッターから16人連続で三振を奪ったりもして鳴り物入りで甲子園に来ましたが、今回の大府高校のO選手と同じく、ランナーとして三塁ベースに滑り込む際に乱暴なスライディングをして審判から厳重な注意を受け、そこから崩れて敗退しました。ドラフトではヤクルトに一位指名されて入団したものの、引退までに挙げた勝ち星は僅かに6勝でした。

以前も書いていますが、私は大のアンチ巨人です。大した実績もないのに現役時代からタレント面してテレビに登場している選手を見て虫唾がはしってました。えっと、まあその、具体的には(もう引退してますが)元木とか宮本とか・・・(*^^)v

ですが、桑田真澄だけは別です。彼ほど「自己管理」を徹底し、真摯で謙虚な態度でプレーした選手は非常に少ないと言えます。彼だけは巨人のユニフォームを着ていても応援していました。プロ野球選手の鑑、とも思っています。

体格や素質だけで比較したなら圧倒的に桑田より酒井のほうが上だったでしょう。プロ通算成績に大きな違いが出た理由は、心(謙虚さ)にある、と言えます。何より、桑田は自分自身を知っています。

高校野球とはいえ勝負事ですから選手たちが「勝ちに拘る」のは仕方ありません。ですが、甲子園も教育の場なので「して良いこと、良くないこと」を試合や練習の中でも指導する必要があります。竹前監督の「恥ずかしい」との言葉は大人には実によく解かります。監督は試合に負けたことよりそっちの方が悔しく情けなかったことでしょう

竹前監督は、選手たちに、こうも語っているとか、

「今日の試合は、野球の神様がおまえたちに『勝ってはいけない』と言っているんだよ」

後は、O選手だけでなく、教え子である選手たちが、監督のこれらの言葉をどう受け止めて今後の人生の糧にするか、ですね。

竹前監督、また新しいチームを率いて甲子園に出てきてください。
待ってますよ。
posted by poohpapa at 07:24| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする